TOP美術館HOMEアートライブラリ

現代の眼・目次一覧

 覆刻 隈元謙次郎「連載 日本における近代美術館設立運動史」(2012.10.23)

 『現代の眼』総目次(PDF)1号(1954年12月)_第594号(2012年6_7月)の総目次 (2012.12.1)
 『現代の眼』著者名索引(PDF)上の総目次対象号の著者名索引 (2012.12.1)
 『現代の眼』特集名一覧(PDF)上の総目次対象号の特集名一覧 (2012.12.1)


 一覧
※号数をクリックすると、号数単位記事ページを表示します。
775件のレコードがあります。

ページ最下部 

年月 記事 著者
1 551 2005.4-5 特集1 : 伊砂利彦--型染の美/特集2 : 平成16年度の新収蔵作品
2 551 2005.4-5 <表紙>伊砂利彦 《序(花のほかには松ばかり)長唄 娘道成寺より》 1988年 福島県立美術館蔵 伊砂,利彦 P.[1]
3 551 2005.4-5 私の制作 型絵染 松--水--音楽--沖縄--無機的表現(<特集1>伊砂利彦--型染の美) 伊砂,利彦 P.2-3
4 551 2005.4-5 イメージの根源を探る--追体験の愉しみ(<特集1>伊砂利彦--型染の美) 藤本,恵子 P.4-5
5 551 2005.4-5 平成一六年度の新収蔵作品(美術作品)について (<特集2>平成一六年度の新収蔵作品) 古田,亮 P.6-8
6 551 2005.4-5 平成一六年度の新収蔵作品(工芸作品)について (<特集2>平成一六年度の新収蔵作品) 金子,賢治 P.9-10
7 551 2005.4-5 [作品研究] 変容する眼 : 瑛九のフォトコラージュについて 大谷,省吾 P.11-13
8 551 2005.4-5 「東京国立近代美術館の半世紀」連載26/写真部門の発足とその前史 増田,玲 P.14
9 551 2005.4-5 本館 (INFORMATION) P.15
10 551 2005.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
11 551 2005.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
12 551 2005.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
13 551 2005.4-5 伊砂利彦--型染の美 (展覧会予告 ) 今井,陽子 P.[16]
14 551 2005.4-5 小林古径展 (展覧会予告) 尾崎,正明 P.[16]
15 552 2005.6-7 特集 : 近代日本画の名匠--小林古径
16 552 2005.6-7 <表紙>小林古径 《髪》 1931年 永青文庫蔵 小林,古径 P.[1]
17 552 2005.6-7 「小林古径展」によせて : 小林古径記念美術館からの発信 (<特集>近代日本画の名匠--小林古径) 笹川,修一 P.2-4
18 552 2005.6-7 晩年の小林古径 : 表装師川崎忠彦氏に聞く (<特集>近代日本画の名匠--小林古径) 古田,亮 P.5-7
19 552 2005.6-7 [所蔵作品展 こども工芸館--動物とあそぼう] 自然を描くこと、自然から学んだこと 木村,政司 P.7-9
20 552 2005.6-7 [在外研修報告] イギリスでの研修を終えて : ホワイトチャペル・アートギャラリーおよびエンゲージ 蔵屋,美香 P.9-11
21 552 2005.6-7 [在外研修報告] イギリスにおける工芸の状況について 今井,陽子 P.11-13
22 552 2005.6-7 [教育普及リポート] 春休み!こども美術館 【<見る>を育む鑑賞プログラム】 白濱,恵理子 P.13-14
23 552 2005.6-7 [教育普及リポート] どきどき!こども工芸館【ガイド&ワークショップ】 今井,陽子 P.14
24 552 2005.6-7 本館 (INFORMATION) P.15
25 552 2005.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
26 552 2005.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
27 552 2005.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
28 552 2005.6-7 アジアのキュビズム (展覧会予告) 松本,透 P.[16]
29 552 2005.6-7 日本のアール・ヌーヴォー 1900-1923 (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
30 553 2005.8-9 特集1 : アジアのキュビスム/特集2 : 日本のアール・ヌーヴォー
31 553 2005.8-9 <表紙>ジョージ・キート 《反映》 1947年 ギャラリー・ケルモド蔵、板谷波山 《葆光彩磁チューリ キート,ジョージ / 板谷,波山 P.[1]
32 553 2005.8-9 一九七八年アジアへの旅/アジアのキュビスム展に想う (<特集1>アジアのキュビスム) 後小路,雅弘 P.2-3
33 553 2005.8-9 キュビスムの意味 (<特集1>アジアのキュビスム) 本江,邦夫 P.4-6
34 553 2005.8-9 東西交流のなかのアール・ヌーヴォー (<特集2>日本のアール・ヌーヴォー) 稲賀,繁美 P.6-8
35 553 2005.8-9 新美術はどこから : アール・ヌーヴォーと日本 (<特集2>日本のアール・ヌーヴォー) 森,仁史 P.8-10
36 553 2005.8-9 [作品研究] 原田直次郎作 《騎龍観音》 について : ミュンヘンと護国寺と 蔵屋,美香 P.10-13
37 553 2005.8-9 [所蔵作品展] 沈黙の声--遠藤利克 ビル・ヴィオラ キムスージャ 中林,和雄 P.14
38 553 2005.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
39 553 2005.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
40 553 2005.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
41 553 2005.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
42 553 2005.8-9 ドイツ写真の現在 : かわりゆく「現実」と向かい合うために (展覧会予告) 増田,玲 P.16
43 553 2005.8-9 アウグスト・ザンダー : 時代の顔 (展覧会予告) 増田,玲 P.16
44 554 2005.10-11 特集1 : ドイツ写真の現在--かわりゆく「現実」と向かいあうために/特集2 : アウグスト・ザンダ
45 554 2005.10-11 <表紙>トーマス・デマンド 《浴室》 1997年 Coutesy 303 Gallery,New Y デマンド,トーマス / ザンダー,アウグスト P.[1]
46 554 2005.10-11 特集にあたって (<特集1>ドイツ写真の現在--かわりゆく「現実」と向かいあうために) 増田,玲 P.2
47 554 2005.10-11 文法と、もうひとつの物語 : ベッヒャー以後のドイツの写真表現のゆくえ (<特集1>ドイツ写真の現 杉田,敦 P.2-5
48 554 2005.10-11 死んだ物象の支配と資本主義への到着--なぜ夢は実現されなかったか? (<特集1>ドイツ写真の現在-- ベルント,エンノ P.5-7
49 554 2005.10-11 [文献再録] ケルン芸術協会での個展にあたって (<特集2>アウグスト・ザンダー) ザンダー,アウグスト / 増田,玲 (訳・解説) P.7-8
50 554 2005.10-11 our face プロジェクト・・・見知らぬ誰かに会う肖像写真の旅(<特集2>アウグスト・ザンダー) 北野,謙 P.8-10
51 554 2005.10-11 [作品研究] 今日の安井曽太郎 : 肖像画と風景画 中林,和雄 P.10-13
52 554 2005.10-11 [報告] 国際シンポジウム「アジアのキュビスム」 松本,透 P.14
53 554 2005.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
54 554 2005.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
55 554 2005.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
56 554 2005.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
57 554 2005.10-11 須田国太郎展 (展覧会予告) 山野,英嗣 P.[16]
58 554 2005.10-11 渡辺力のデザイン (仮称) (展覧会予告) 北村,仁美 P.[16]
59 555 2005.12-2006.1 特集1 : 須田国太郎/特集2 : 渡辺力 : リビング・デザインの革新
60 555 2005.12-2006.1 <表紙>須田国太郎 《書斎》 1937年 東京国立近代美術館蔵、渡辺力 《小さな壁時計》 (服部時計 須田,国太郎 / 渡辺,力 P.[1]
61 555 2005.12-2006.1 遺族から見た「須田国太郎」 (<特集1>須田国太郎) 須田,寛 P.2-3
62 555 2005.12-2006.1 須田国太郎の位置 (<特集1>須田国太郎) 山野,英嗣 P.4-6
63 555 2005.12-2006.1 [渡辺力インタビュー]デザインと私と : 一九三〇年代 (<特集2>渡辺 力 : リビングデザイ 渡辺,力 / 北村,仁美(聞き手) P.6-8
64 555 2005.12-2006.1 剣持勇と渡辺力 (<特集2>渡辺 力 : リビングデザインの革新) 松本,哲夫 P.8-10
65 555 2005.12-2006.1 [所蔵作品展 近代工芸の百年] 明治時代前期の陶磁分野における西洋との出会い 佐藤,一信 P.11-12
66 555 2005.12-2006.1 [教育普及リポート] KIDS★MOMAT 2005 東京国立近代美術館のなつやすみ P.12
67 555 2005.12-2006.1 美術館 「夏休み! こども美術館」 ([教育普及リポート] KIDS★MOMAT 2005 東京国立 白濱,恵理子 P.12-13
68 555 2005.12-2006.1 工芸館 「夏のこども工芸館~動物とあそぼう!」 ([教育普及リポート] KIDS★MOMAT 200 今井,陽子 P.13-14
69 555 2005.12-2006.1 フィルムセンター 「こども映画館 二〇〇五年の夏休み」 ([教育普及リポート] KIDS★MOMAT 板倉,史明 P.14
70 555 2005.12-2006.1 プリントスタディ(写真作品閲覧制度)のご案内 P.14
71 555 2005.12-2006.1 美術館(INFORMATION) P.15
72 555 2005.12-2006.1 工芸館(INFORMATION) P.15
73 555 2005.12-2006.1 フィルムセンター大ホール(INFORMATION) P.15
74 555 2005.12-2006.1 フィルムセンター小ホール(INFORMATION) P.15
75 555 2005.12-2006.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
76 555 2005.12-2006.1 所蔵作品展 近代工芸の名品 2001-2004年の新収蔵作品から (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
77 556 2006.2-3 特集 : 藤田嗣治 パリを魅了した異邦人
78 556 2006.2-3 <表紙>藤田嗣治 《カフェにて》 1949-63年 個人蔵 藤田,嗣治 P.[1]
79 556 2006.2-3 パリの藤田画伯と日本 (<特集>藤田嗣治 パリを魅了した異邦人) 高階,秀爾 P.2-4
80 556 2006.2-3 藤田嗣治 パリ周縁へのまなざし (<特集>藤田嗣治 パリを魅了した異邦人) 林,洋子 P.4-6
81 556 2006.2-3 [所蔵作品展 現代の版画--写真の活用とイメージの変容] 見ることと意識の覚醒 : 写真映像と版画 都築,千重子 P.6-8
82 556 2006.2-3 [所蔵作品展 花より工芸 : 新収蔵品作品を中心に 二○○一-二○○五]ハンス・ベルメール《人形》 今井,陽子 P.8-9
83 556 2006.2-3 [所蔵作品展 花より工芸 : 新収蔵品作品を中心に 二○○一-二○○五]ルーシー・リー《鉢》 北村,仁美 P.10-11
84 556 2006.2-3 [作品研究]吉川霊華の人と作品 古田,亮 P.11-13
85 556 2006.2-3 「東京国立近代美術館の半世紀」連載27/五十年の歩み--最終回によせて 尾崎,正明 P.14
86 556 2006.2-3 美術館(INFORMATION) P.15
87 556 2006.2-3 工芸館(INFORMATION) P.15
88 556 2006.2-3 フィルムセンター大ホール(INFORMATION) P.15
89 556 2006.2-3 フィルムセンター小ホール(INFORMATION) P.15
90 556 2006.2-3 フィルムセンター展示室(INFORMATION) P.15
91 556 2006.2-3 藤田嗣治展 パリを魅了した異邦人(展覧会予告) 蔵屋,美香 P.[16]
92 557 2006.4-5 特集 : 平成17年度の新収蔵作品
93 557 2006.4-5 <表紙>イヴ・タンギー 《聾者の耳》 1938年 東京国立近代美術館蔵、ユッタ・ジカ 《ティー・コー タンギー,イヴ / ジカ,ユッタ P.[1]
94 557 2006.4-5 平成一七年度の新収蔵作品(美術作品)について : 日本画・油彩・版画・素描・彫刻 (立体造形) ( 中村,麗子 P.2-3
95 557 2006.4-5 平成一七年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集>平成一七年度の新収蔵作品) 増田,玲 P.3-5
96 557 2006.4-5 平成一七年度新収蔵作品について(工芸館) (<特集>平成一七年度の新収蔵作品) 金子,賢治 P.5-7
97 557 2006.4-5 [所蔵作品展 花より工芸 : 新収蔵品作品を中心に 二○○一-二○○五]父・藤田喬平の遺したもの 藤田,潤 P.7-9
98 557 2006.4-5 [解説プログラム] アーティスト・トークの一年を振り返って 大谷,省吾 P.10
99 557 2006.4-5 堂本右美(画家) : 2005年6月10日 ([解説プログラム] アーティスト・トークの一年を振り 堂本,右美 / 荒木,和 (編集) P.10-11
100 557 2006.4-5 石内都(写真家) : 2005年7月29日([解説プログラム] アーティスト・トークの一年を振り返 石内,都 / 荒木,和 (編集) P.11-12
101 557 2006.4-5 黒川弘毅(彫刻家) : 2005年10月14日([解説プログラム] アーティスト・トークの一年を振 黒川,弘毅 / 荒木,和 (編集) P.12-13
102 557 2006.4-5 日高理恵子(画家) : 2006年1月13日([解説プログラム] アーティスト・トークの一年を振り 日高,理恵子 / 荒木,和 (編集) P.13
103 557 2006.4-5 吉原治良の円環 : 「生誕一〇〇年吉原治良展」によせて 松本,透 P.14
104 557 2006.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
105 557 2006.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
106 557 2006.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
107 557 2006.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
108 557 2006.4-5 生誕100年記念 吉原治良展 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
109 557 2006.4-5 所蔵作品展 近代工芸の百年 特集陳列ルーシー・リーとハンス・コパー (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
110 558 2006.6-7 特集 : 吉原治良
111 558 2006.6-7 <表紙>吉原治良 《手とカード》 1930年頃 大阪市立近代美術館建設準備室蔵 吉原,治良 P.[1]
112 558 2006.6-7 「近代画」としての円 (<特集>吉原治良) 平井,章一 P.2-3
113 558 2006.6-7 吉原治良の新発見作品《朝顔と土蔵》と鈴木三郎 (<特集>吉原治良) 大谷,省吾 P.4-5
114 558 2006.6-7 [特集展示 ルーシー・リーとハンス・コパー]近代から現代への架け橋 : ルーシー・リーとハンス・コ 三浦,弘子 P.6-7
115 558 2006.6-7 [「萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪」展によせて]三輪壽雪の茶陶 杉浦,澄子 P.8-9
116 558 2006.6-7 [在外研修報告]イギリスでの研修報告 -- 近・現代陶芸における個人作家的活動を軸として 唐澤,昌宏 P.10-11
117 558 2006.6-7 [作品研究]毛利武士郎 -- 素材の変貌 三輪,健仁 P.12-14
118 558 2006.6-7 美術館(INFORMATION) P.15
119 558 2006.6-7 工芸館(INFORMATION) P.15
120 558 2006.6-7 フィルムセンター大ホール(INFORMATION) P.15
121 558 2006.6-7 フィルムセンター展示室(INFORMATION) P.15
122 558 2006.6-7 モダン・パラダイス 大原美術館 + 東京国立近代美術館 東西名画の饗宴(展覧会予告) 中林,和雄 P.[16]
123 558 2006.6-7 萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪の世界(展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
124 559 2006.8-9 特集1 : モダン・パラダイス : 大原美術館 + 東京国立近代美術館 -- 東西名画の饗宴/特集
125 559 2006.8-9 <表紙>ジョヴァンニ・セガンティーニ 《アルプスの真昼》 1892年 大原美術館蔵、 三輪壽雪 《白 セガンティーニ,ジョヴァンニ / 三輪,壽雪 P.[1]
126 559 2006.8-9 反転する楽園 -- ポール・ゴーギャンの《テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア(かぐわしき大地)》 (<特集 喜多崎,親 P.2-3
127 559 2006.8-9 近代と写真的知覚 -- スティーグリッツとシュトゥルートの作品から (<特集1>モダン・パラダイス) 竹内,万里子 P.4-5
128 559 2006.8-9 三輪壽雪の鬼萩茶碗 (<特集2>萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪の世界) 林屋,晴三 P.6-7
129 559 2006.8-9 三輪壽雪先生とご家族 (<特集2>萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪の世界) 池内,淳子 P.8-9
130 559 2006.8-9 [作品研究]きもののもよう -- 伊佐利彦の型染 今井,陽子 P.9-12
131 559 2006.8-9 [私の一点]絵を描くという行為は、呪術なのではないか 岡村,桂三郎 P.12-13
132 559 2006.8-9 [コレクションによる小企画]ばらばらになった身体 蔵屋,美香 P.14
133 559 2006.8-9 美術館(INFORMATION) P.15
134 559 2006.8-9 工芸館(INFORMATION) P.15
135 559 2006.8-9 フィルムセンター大ホール(INFORMATION) P.15
136 559 2006.8-9 フィルムセンター小ホール(INFORMATION) P.15
137 559 2006.8-9 フィルムセンター展示室(INFORMATION) P.15
138 559 2006.8-9 揺らぐ近代 : 日本画と洋画のはざまに(展覧会予告) 古田,亮 P.[16]
139 559 2006.8-9 ジュエリーの今 : 変貌のオブジェ(展覧会予告) 北村,仁美 P.[16]
140 560 2006.10-11 特集1 : 揺らぐ近代 : 日本画と洋画のはざまに/特集2 : ジュエリーの今 : 変貌のオブジ
141 560 2006.10-11 <表紙>狩野芳崖 《仁王捉鬼》 (部分) 1886年 個人蔵、森淳一 《untitled -- or 狩野,芳崖 / 森,淳一 P.[1]
142 560 2006.10-11 はざまの画家たち (<特集1>揺らぐ近代 : 日本画と洋画のはざまに) 木下,直之 P.2-3
143 560 2006.10-11 日本画と洋画のはざま : そのゲリラ的要素 (<特集1>揺らぐ近代 : 日本画と洋画のはざまに) 菊屋,吉生 P.4-5
144 560 2006.10-11 装いと装身具 : 身体化する装身具・装身具化する身体 (<特集2>ジュエリーの今 : 変貌のオブ 津田,紀代 P.6-7
145 560 2006.10-11 日本のジュエリー・アート (<特集2>ジュエリーの今 : 変貌のオブジェ) ファルク,フリッツ P.8-9
146 560 2006.10-11 現在をめぐる態度としての写真 [写真の現在3 臨界をめぐる6つの試論] 日高,優 P.10-11
147 560 2006.10-11 [作品研究] 内藤春治の《壁面への時計》 : 「人間生活の拡充」をめざして 木田,拓也 P.12-14
148 560 2006.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
149 560 2006.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
150 560 2006.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
151 560 2006.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
152 560 2006.10-11 都路華香展 (展覧会予告) 小倉,実子 P.[16]
153 560 2006.10-11 人間国宝 松田権六 (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
154 561 2006.12-2007.1 特集1 : 人間国宝 松田権六の世界/特集2 : 柳宗理 : 生活のなかのデザイン
155 561 2006.12-2007.1 <表紙>柳宗理 《コーヒーポット(ボーンチャイナ)》 1990年 個人蔵、松田権六 《三保の富士蒔絵 柳,宗理 / 松田,権六 P.[1]
156 561 2006.12-2007.1 松田権六先生 (<特集1>人間国宝 松田権六の世界) 平山,郁夫 P.2
157 561 2006.12-2007.1 松田権六の二重像について (<特集1>人間国宝 松田権六の世界) 柳橋,眞 P.3-4
158 561 2006.12-2007.1 母性的なものへの目覚めのかたち (<特集2>柳宗理 : 生活のなかのデザイン) 杉浦,康平 P.4-6
159 561 2006.12-2007.1 使って分かる柳宗理デザインキッチン道具のよさ (<特集2>柳宗理 : 生活のなかのデザイン) 大橋,歩 P.6-7
160 561 2006.12-2007.1 [「都路華香展」によせて]日本画の歩みの中での都路華香の存在 原田,平作 P.8-10
161 561 2006.12-2007.1 [教育普及リポート]美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修 一條,彰子 P.10-12
162 561 2006.12-2007.1 「モダン・パラダイス展 夏休み! こども美術館」 ([教育普及リポート]KIDS★MOMAT 200 白濱,恵理子 P.12-13
163 561 2006.12-2007.1 「萩焼って面白い! ワクワク! こども工芸館」 ([教育普及リポート]KIDS★MOMAT 2006 三上,美和 P.13
164 561 2006.12-2007.1 フィルムセンター「こども映画館 二〇〇六年の夏休み」 ([教育普及リポート]KIDS★MOMAT 2 赤﨑,陽子 P.14
165 561 2006.12-2007.1 美術館 (INFORMATION) P.15
166 561 2006.12-2007.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
167 561 2006.12-2007.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
168 561 2006.12-2007.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
169 561 2006.12-2007.1 柳宗理 : 生活のなかのデザイン (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
170 561 2006.12-2007.1 特別公開 横山大観《生々流転》 (展覧会予告) 中村,麗子 P.[16]
171 562 2007.2-3 特集 : 青磁を極める : 岡部嶺男
172 562 2007.2-3 <表紙>岡部嶺男 《粉青瓷大砧》 1969年、岡部嶺男 《織部縄文瓶》 1964年 岡部,嶺男 P.[1]
173 562 2007.2-3 端正優美な青磁、気迫みなぎる縄文 : 岡部嶺男展によせて (<特集>青磁を極める : 岡部嶺男) 渡部,誠一 P.2-4
174 562 2007.2-3 嶺男さんのこと (<特集>青磁を極める : 岡部嶺男) 鶴岡,健吉 P.4-6
175 562 2007.2-3 [「揺らぐ近代 : 日本画と洋画のはざまに」展を見て] 表現の広がり 齋藤,敦 P.6-8
176 562 2007.2-3 [解説プログラム] ニ○○六年のアーティスト・トークから : 池田良二・村岡三郎・丸山直文・鷲見和 荒木,和(構成) P.8
177 562 2007.2-3 池田良二(版画家) : 二〇〇六年三月三一日([解説プログラム]ニ○○六年のアーティスト・トークか 池田,良二 P.8-9
178 562 2007.2-3 村岡三郎(彫刻家) : 二〇〇六年六月九日([解説プログラム]ニ○○六年のアーティスト・トークから 村岡,三郎 P.9-10
179 562 2007.2-3 丸山直文(画家) : 二〇〇六年八月一一日 ([解説プログラム]ニ○○六年のアーティスト・トークか 丸山,直文 P.10-11
180 562 2007.2-3 鷲見和紀郎(彫刻家) : 二〇〇六年一一月一〇日 ([解説プログラム]ニ○○六年のアーティスト・ト 鷲見,和紀郎 P.11-12
181 562 2007.2-3 [作品研究] 萬鉄五郎と垂直性 中林,和雄 P.12-14
182 562 2007.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
183 562 2007.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
184 562 2007.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
185 562 2007.2-3 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
186 562 2007.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
187 562 2007.2-3 生誕100年 靉光展 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
188 562 2007.2-3 青磁を極める : 岡部嶺男展 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
189 563 2007.4-5 特集1 : 生誕100年 靉光/特集2 : 平成18年度の新収蔵作品(1)
190 563 2007.4-5 <表紙>靉光 《自画像》 1944年 東京国立近代美術館蔵、ジャン・デュビュッフェ 《草の茂る壁際》 靉光 / デュビュッフェ,ジャン P.[1]
191 563 2007.4-5 「戦争犠牲美術家」「抵抗の画家」靉光 (<特集1>生誕100年 靉光) 江川,佳秀 P.2-3
192 563 2007.4-5 《眼のある風景》と《牝牛》 (<特集1>生誕100年 靉光) 出原,均 P.4-6
193 563 2007.4-5 平成一八年度の新収蔵作品(美術作品)について : 絵画・版画・水彩・素描・彫刻(立体造形) (<特 鈴木,勝雄 P.6-7
194 563 2007.4-5 平成一八年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集2>平成18年度の新収蔵作品(1) 増田,玲 P.7-8
195 563 2007.4-5 [所蔵作品展I 友禅と型染] 型絵染に魅せられて 釜我,敏子 P.9-10
196 563 2007.4-5 [所蔵作品展II 元祖インダストリアルデザイナー : クリストファー・ドレッサー] クリストファー 佐藤,秀彦 P.11-13
197 563 2007.4-5 [コレクションを中心とした小企画] 「リアルのためのフィクション」覚書 大谷,省吾 P.13-14
198 563 2007.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
199 563 2007.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
200 563 2007.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
201 563 2007.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
202 563 2007.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
203 563 2007.4-5 アンリ・カルティエ=ブレッソン : 知られざる全貌 (展覧会予告) 増田,玲 P.[16]
204 563 2007.4-5 所蔵作品展I友禅と型染/II元祖インダストリアルデザイナー : クリストファー・ドレッサー (展覧 木田,拓也 P.[16]
205 564 2007.6-7 特集1 : アンリ・カルティエ=ブレッソン : 知られざる全貌/特集2 : 平成18年度の新収蔵作
206 564 2007.6-7 <表紙>アンリ・カルティエ=ブレッソン 《サレルノ、イタリア》 1933年、岡田裕 《白釉窯変壺》 カルティエ=ブレッソン, アンリ / 岡田, 裕 P.[1]
207 564 2007.6-7 「HCB」私感 (<特集1>アンリ・カルティエ=ブレッソン : 知られざる全貌) 久保田, 博二 P.2-3
208 564 2007.6-7 粗雑さと猥雑さ : アンリ・カルティエ=ブレッソンの初期写真 (<特集1>アンリ・カルティエ=ブレ 楠本, 亜紀 P.4-6
209 564 2007.6-7 平成18年度の新収蔵作品(工芸作品)について (<特集2>平成18年度の新収蔵作品(2)) 金子, 賢治 P.6-8
210 564 2007.6-7 [所蔵作品展II 世界のガラス] ガラスは静かな時を迎えているのか 伊藤, 孚 P.9
211 564 2007.6-7 [在外研修報告] メディア・アートの越境性 : フィンランドでの在外研修を終えて 保坂, 健二朗 P.10-11
212 564 2007.6-7 [作品研究] 岡部嶺男の陶芸 : 《練込志野縄文花器》から 唐澤, 昌宏 P.12-14
213 564 2007.6-7 美術館 (INFORMATION) P.15
214 564 2007.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
215 564 2007.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
216 564 2007.6-7 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
217 564 2007.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
218 564 2007.6-7 アンリ・ミショー展 : ひとのかたち (展覧会予告) 中林, 和雄 P.[16]
219 564 2007.6-7 平山郁夫 : 祈りの旅路 (展覧会予告) 鶴見, 香織 P.[16]
220 565 2007.8-9 特集 : 平山郁夫 : 祈りの旅路
221 565 2007.8-9 <表紙>平山郁夫 《仏教伝来》 1959年 佐久市立近代美術館蔵 平山,郁夫 P.[1]
222 565 2007.8-9 平山郁夫とカッパドキア (<特集>平山郁夫 : 祈りの旅路) 真室,佳武 P.2-3
223 565 2007.8-9 平山郁夫の原風景 (<特集>平山郁夫 : 祈りの旅路) 別府,一道 P.4-5
224 565 2007.8-9 [アンリ・ミショー展 : ひとのかたち] アンリ・ミショーの手紙 鶴岡,善久 P.6-7
225 565 2007.8-9 [工芸館開館三十周年] 工芸館の開館 : 三十年記念展に際して 金子,賢治 P.8
226 565 2007.8-9 [工芸館開館三十周年] 思い出すこと : 「近代日本の漆芸」展のことなど 白石,和己 P.8-9
227 565 2007.8-9 [報告] 第二回アジア次世代美術館キュレーター会議に参加して 中村,麗子 P.10
228 565 2007.8-9 [作品研究] 立ち上がる水 : 《舞妓林泉》をめぐる対話 蔵屋,美香 / 三輪,健仁 / 中村,麗子 P.11-14
229 565 2007.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
230 565 2007.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
231 565 2007.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
232 565 2007.8-9 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
233 565 2007.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
234 565 2007.8-9 日本彫刻の近代 (展覧会予告) 松本,透 P.[16]
235 565 2007.8-9 工芸館開館30周年記念展I 工芸館30年のあゆみ (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
236 566 2007.10-11 特集1 : 工芸館開館30周年 : 工芸館30年のあゆみ/特集2 : 日本彫刻の近代
237 566 2007.10-11 <表紙>東京国立近代美術館工芸館正面、橋本平八 《幼児表情》 1931年 東京国立近代美術館蔵 橋本,平八 P.[1]
238 566 2007.10-11 工芸館開館30周年をふりかえって : 長谷部満彦氏(元東京国立近代美術館工芸課長)に聞く (<特集 長谷部,満彦 / 諸山,正則[文責] P.2-3
239 566 2007.10-11 工芸館開館30周年に寄せて : 工芸館開館三十年に思う (<特集1>工芸館開館30周年 : 工芸 北村,武資 P.4-5
240 566 2007.10-11 工芸館開館30周年に寄せて : 黒・朱・金 (<特集1>工芸館開館30周年 : 工芸館30年のあ 小森,邦衛 P.5
241 566 2007.10-11 工芸館開館30周年に寄せて : 工芸館との関りと自作について (<特集1>工芸館開館30周年 : 新里,明士 P.6
242 566 2007.10-11 戦後の抽象彫刻における記念碑性について (<特集2>日本彫刻の近代) 藤嶋,俊會 P.7-8
243 566 2007.10-11 ガンベッタとカフカス人 : 彫刻を表現する時間 (<特集2>日本彫刻の近代) 田中,修二 P.9-10
244 566 2007.10-11 [作品研究] 東京国立近代美術館と梅原龍三郎 都築,千重子 P.11-13
245 566 2007.10-11 [コレクションによる小企画「崩壊感覚」] 「崩れゆくもの」に流れる時間 鈴木,勝雄 P.14
246 566 2007.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
247 566 2007.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
248 566 2007.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
249 566 2007.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
250 566 2007.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
251 566 2007.10-11 わたしいまめまいしたわ : 現代美術にみる自己と他者 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
252 566 2007.10-11 開館30周年記念展II 工芸の力 : 21世紀の展望 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
253 567 2007.12-2008.1 特集1 : わたしいまめまいしたわ : 現代美術にみる自己と他者/特集2 : 工芸館開館30周年
254 567 2007.12-2008.1 <表紙>ビル・ヴィオラ 《追憶の五重奏》 2000年 東京国立近代美術館蔵、北川宏人 《TU0770 ヴィオラ,ビル / 北川,宏人 P.[1]
255 567 2007.12-2008.1 なにものでもない (<特集1>わたしいまめまいしたわ : 現代美術にみる自己と他者) 樋口,直哉 P.2
256 567 2007.12-2008.1 「私らしさ」の陥穽 (<特集1>わたしいまめまいしたわ : 現代美術にみる自己と他者) 斎藤,環 P.4-5
257 567 2007.12-2008.1 日常の網の目の中の絶対運動 (<特集2>工芸館開館30周年 : 工芸の力 : 21世紀の展望) 橋本,真之 P.6-7
258 567 2007.12-2008.1 「工芸の力 : 21世紀の展望」展によせて (<特集2>工芸館開館30周年 : 工芸の力 : 田口,善明 P.8-9
259 567 2007.12-2008.1 私の作品について : 「工芸の力 : 21世紀の展望」展によせて (<特集2>工芸館開館30周年 北川,宏人[インタビュー] / 唐澤,昌宏[文責] P.9-10
260 567 2007.12-2008.1 研修をハブとしたゆるやかなネットワークづくりへ ([教育普及リポート] 平成19年度美術館を活用した 一條,彰子 P.11
261 567 2007.12-2008.1 夏休み!こども美術館 ([教育普及リポート] KIDS★MOMAT 2007 東京国立近代美術館のな 山口,百合 P.12
262 567 2007.12-2008.1 工芸の“ナゾ”に挑んだ夏休み : たんけん!こども工芸館 ([教育普及リポート] KIDS★MOM 齊藤,佳代 P.13
263 567 2007.12-2008.1 [コレクションによる小企画] 天空の美術 蔵屋,美香 P.14
264 567 2007.12-2008.1 美術館 (INFORMATION) P.15
265 567 2007.12-2008.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
266 567 2007.12-2008.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
267 567 2007.12-2008.1 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
268 567 2007.12-2008.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
269 567 2007.12-2008.1 特集国吉康雄 : 寄託作品を中心に (展覧会予告) 蔵屋,美香 P.[16]
270 567 2007.12-2008.1 所蔵作品展 近代工芸の名品 : 花と人形(仮称) (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
271 568 2008.2-3 特集 : 2007年のアーティスト・トーク
272 568 2008.2-3 <表紙>秋岡美帆 《そよぎ》 1988年 東京国立近代美術館蔵、伊砂利彦 《奥入瀬》 1975年 東 秋岡,美帆 / 伊砂,利彦 P.[1]
273 568 2008.2-3 所蔵作品展のアーティスト・トークから : 秋岡美帆(画家) : 二〇〇七年一月一二日 (<特集> 秋岡,美帆 / 荒木,和[構成] P.2-3
274 568 2008.2-3 所蔵作品展のアーティスト・トークから : 児玉靖枝(画家) : 二〇〇七年三月三〇日 (<特集> 児玉,靖枝 / 荒木,和[構成] P.3
275 568 2008.2-3 所蔵作品展のアーティスト・トークから : 野田哲也(版画家) : 二〇〇七年六月二二日 (<特集 野田,哲也 / 荒木,和[構成] P.3-4
276 568 2008.2-3 所蔵作品展のアーティスト・トークから : 宮本隆司(写真家) : 二〇〇七年八月二四日 (<特集 宮本,隆司 / 荒木,和[構成] P.4-5
277 568 2008.2-3 所蔵作品展のアーティスト・トークから : 小林正人(画家) : 二〇〇七年一一月二日 (<特集> 小林,正人 / 荒木,和[構成] P.5-6
278 568 2008.2-3 「工芸館30年のあゆみ」展ギャラリートークから : 畠山耕治(金工家) : 二〇〇七年一〇月二一 畠山,耕治 / 諸山,正則[記録] P.6-7
279 568 2008.2-3 「工芸館30年のあゆみ」展ギャラリートークから : 伊砂利彦(染色家) : 二〇〇七年一〇月二八 伊砂,利彦 / 諸山,正則 / 木田,拓也 / 三上,美和[構成] P.7
280 568 2008.2-3 「工芸館30年のあゆみ」展ギャラリートークから : 室瀬和美(漆芸家) : 二〇〇七年一一月四日 室瀬,和美 / 諸山,正則 / 木田,拓也 / 三上,美和[構成] P.8
281 568 2008.2-3 「工芸館30年のあゆみ」展ギャラリートークから : 田嶋悦子(陶芸家) : 二〇〇七年一一月一八 田嶋,悦子 / 諸山,正則 / 木田,拓也 / 三上,美和[構成] P.8-9
282 568 2008.2-3 [近代工芸の名品 : 花と人形] 見えざるものへの化身 : 人形と花についての幻想譚 新見,隆 P.9-10
283 568 2008.2-3 [作品研究] 志村ふくみの作品における「暈し」技法について 北村,仁美 P.11-13
284 568 2008.2-3 [報告] 「日本彫刻の近代」展 : パネル・ディスカッション 松本,透 P.13-14
285 568 2008.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
286 568 2008.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
287 568 2008.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
288 568 2008.2-3 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
289 568 2008.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
290 568 2008.2-3 生誕100年 : 東山魁夷展 (展覧会予告) 鶴見,香織 P.[16]
291 569 2008.4-5 特集1 : 生誕100年 : 東山魁夷/特集2 : 平成19年度の新収蔵作品(1)
292 569 2008.4-5 <表紙>東山魁夷 《道》 1950年 東京国立近代美術館蔵 東山,魁夷 P.[1]
293 569 2008.4-5 喪失と再生 : 《残照》雑感 (<特集1>生誕100年 : 東山魁夷) 柏木,智雄 P.2-3
294 569 2008.4-5 東山魁夷《冬華》をめぐって (<特集1>生誕100年 : 東山魁夷) 星野,良史 P.4-5
295 569 2008.4-5 平成19年度の新収蔵作品(美術作品)について : 日本画・油彩その他・版画・水彩・素描・彫刻 (< 三輪,健仁 P.6-8
296 569 2008.4-5 平成19年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集2>平成19年度の新収蔵作品(1) 増田,玲 P.8-9
297 569 2008.4-5 [所蔵作品展I ヨーロッパの近代工芸とデザイン : アールデコを中心に]アールデコと都市の輝き 三上,美和 P.10-11
298 569 2008.4-5 [開館30周年記念展II 工芸の力 : 21世紀の展望]トークイベントから : 前田昭博×今井陽 前田,昭博 / 今井,陽子[構成] P.11
299 569 2008.4-5 [開館30周年記念展II 工芸の力 : 21世紀の展望]トークイベントから : 北川宏人×金子賢 北川,宏人 / 金子,賢治[構成] P.11-12
300 569 2008.4-5 [開館30周年記念展II 工芸の力 : 21世紀の展望]トークイベントから : 橋本真之×唐澤昌 橋本,真之 / 唐澤,昌宏[構成] P.12-13
301 569 2008.4-5 [開館30周年記念展II 工芸の力 : 21世紀の展望]トークイベントから : 留守玲×北村仁美 留守,玲 / 北村,仁美[構成] P.13-14
302 569 2008.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
303 569 2008.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
304 569 2008.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
305 569 2008.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
306 569 2008.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
307 569 2008.4-5 カルロ・ザウリ展 : イタリア現代陶芸の巨匠 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
308 569 2008.4-5 建築がうまれるとき : ペーター・メルクリと青木淳 (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
309 570 2008.6-7 特集1 : カルロ・ザウリ : イタリア現代陶芸の巨匠/特集2 : 平成19年度の新収蔵作品(2)
310 570 2008.6-7 <表紙>カルロ・ザウリ 《形態のうねり》 1979年 カルロ・ザウリ美術館蔵 ザウリ,カルロ P.[1]
311 570 2008.6-7 彫刻と陶芸とアルビゾーラ・マリーナ : カルロ・ザウリ展によせて (<特集1>カルロ・ザウリ : 渡部,誠一 P.2-4
312 570 2008.6-7 ファエンツァのカルロ・ザウリ (<特集1>カルロ・ザウリ : イタリア現代陶芸の巨匠) 谷岡,知子 P.4-5
313 570 2008.6-7 平成19年度の新収蔵作品(工芸作品)について (<特集2>平成19年度の新収蔵作品(2)) 金子,賢治 P.6-9
314 570 2008.6-7 [建築がうまれるとき : ペーター・メルクリと青木淳] 展覧会がうまれるとき 西澤,徹夫 P.10-12
315 570 2008.6-7 [在外研修報告] コミュニティとともに歩む写真部門 : サンフランシスコ近代美術館での研修を終えて 増田,玲 P.13-14
316 570 2008.6-7 美術館 (INFORMATION) P.15
317 570 2008.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
318 570 2008.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
319 570 2008.6-7 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
320 570 2008.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
321 570 2008.6-7 現代美術への視点6 : エモーショナル・ドローイング (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
322 570 2008.6-7 所蔵作品展 : こども工芸館[装飾(デコ)] (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
323 571 2008.8-9 特集1 : 現代美術への視点6 : エモーショナル・ドローイング/特集2 : 現代工芸を語る
324 571 2008.8-9 <表紙>辻直之 《エンゼル》 (スチル) 2008年、ホセ・レガスピ 「粘液質」より 2000-02 辻,直之 / ホセ,レガスピ P.[1]
325 571 2008.8-9 北斎の獅子の筆跡 : エモーショナル・ドローイング展によせて (<特集1>現代美術への視点6 : 石田,尚志 P.2-4
326 571 2008.8-9 定義(ディファイン)と正当化(ジャスティファイ)を越えて (<特集1>現代美術への視点6 : エモ 高橋,瑞木 P.4-6
327 571 2008.8-9 「工芸的造形」の意義と展望 (<特集2>現代工芸を語る) 須田,悦弘 / 冨田,康子 / 新里,明士 / 橋本,真之 / 唐澤,昌宏 P.6-10
328 571 2008.8-9 [こども工芸館[装飾(デコ)]] 模様の創作 : 写生から模様へ、混沌から秩序へ 木田,拓也 P.11
329 571 2008.8-9 [コレクションによる小企画] 壁と大地の際で 三輪,健仁 P.12
330 571 2008.8-9 [アートライブラリから] <連携>する美術情報 : 国立美術館の公開情報資源 : 所蔵作品と図書 水谷,長志 P.13-14
331 571 2008.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
332 571 2008.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
333 571 2008.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
334 571 2008.8-9 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
335 571 2008.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
336 571 2008.8-9 沖縄・プリズム1872-2008 (展覧会予告) 鈴木,勝雄 P.[16]
337 571 2008.8-9 小松誠展 (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
338 572 2008.10-11 特集1 : 沖縄・プリズム1872-2008/特集2 : 小松誠 : デザイン+ユーモア
339 572 2008.10-11 <表紙>平良孝七 《『パイヌカジ』より 72.7 多良間島》 1972年 名護市蔵、小松誠 《クリン 平良,孝七 / 小松,誠 P.[1]
340 572 2008.10-11 南洋群島から沖縄へ : 三人の画家をめぐって (<特集1>沖縄・プリズム1872-2008) 滝沢,恭司 P.2-3
341 572 2008.10-11 記憶のかなたに (<特集1>沖縄・プリズム1872-2008) 山本,秀夫 P.4-5
342 572 2008.10-11 世界変容の器 : 批評的な、あまりに批評的な、小松誠の仕事の現代性について (<特集2>小松誠 新見,隆 P.6-8
343 572 2008.10-11 精緻な手が生みだす機能を越えた機能 (<特集2>小松誠 : デザイン+ユーモア) 山田,節子 P.8-9
344 572 2008.10-11 [かたちのエッセンス : 平松保城のジュエリー] 平松保城との対話 横溝,廣子 P.10
345 572 2008.10-11 [かたちのエッセンス : 平松保城のジュエリー] 平松保城氏へのオマージュ クリスティアネ・ヴェーバー=シュテーバー P.11-12
346 572 2008.10-11 [作品研究] 川合玉堂《行く春》について   鶴見,香織 P.12-14
347 572 2008.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
348 572 2008.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
349 572 2008.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
350 572 2008.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
351 572 2008.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
352 572 2008.10-11 所蔵作品展 : きものの輝き/漆・木・竹工芸の美 (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
353 572 2008.10-11 高梨豊展 (展覧会予告) 増田,玲 P.[16]
354 573 2008.12-2009.1 特集 : 高梨豊 : 光のフィールドノート
355 573 2008.12-2009.1 <表紙>高梨豊《地名論》より 明石町 1996年 高梨,豊 P.[1]
356 573 2008.12-2009.1 狙いの屈曲 : 高梨豊写真集をデザインして (<特集>高梨豊 : 光のフィールドノート) 鈴木,一誌 P.2-3
357 573 2008.12-2009.1 一九九五年の高梨さんの回答 (<特集>高梨豊 : 光のフィールドノート) 鳥原,学 P.4-5
358 573 2008.12-2009.1 [所蔵作品展「きものの輝き」] まとう美術品 林,真理子 P.6
359 573 2008.12-2009.1 [コレクションによる小企画「コラージュ : 切断と再構築による創造」 それでも創る : コラージ 都築,千重子 P.7
360 573 2008.12-2009.1 [教育普及リポート] KIDS★MOMAT2008 東京国立近代美術館のなつやすみ 山口,百合 / 齊藤,佳代 P.8-10
361 573 2008.12-2009.1 [作品研究] 北村武資の<羅> 今井,陽子 P.11-13
362 573 2008.12-2009.1 [作品研究] 柳瀬正夢《門司港》一九一九年八―九月 金成,圭章 P.13-14
363 573 2008.12-2009.1 美術館 (INFORMATION) P.15
364 573 2008.12-2009.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
365 573 2008.12-2009.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
366 573 2008.12-2009.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
367 573 2008.12-2009.1 所蔵作品展 近代日本の美術 : 特別公開 横山大観《生々流転》 (展覧会予告) 都築,千重子 P.[16]
368 573 2008.12-2009.1 所蔵作品展 近代工芸の名品 : 花 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
369 574 2009.2-3 特集 : 美術館と学校II
370 574 2009.2-3 <表紙>「美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修」(2008年7月、筑波大学附属小学校4年 P.[1]
371 574 2009.2-3 それぞれの「生きる力」と<美術> : 美術館と学校の連携とその可能性 (<特集>美術館と学校II) 長田,謙一 P.2-3
372 574 2009.2-3 学校と美術館の連携 : 鑑賞する子どもの発見を通して (<特集>美術館と学校II) 奥村,高明 P.3-4
373 574 2009.2-3 「みる」を楽しむ子どもたち : 連携によって生まれる、充実した学び (<特集>美術館と学校II) 西村,德行 P.4-5
374 574 2009.2-3 [所蔵作品展「近代工芸の名品 : 花」] 富本憲吉の「花」 : その描線のジレンマについて 冨田,康子 P.6
375 574 2009.2-3 [解説プログラム] 二〇〇八年のアーティスト・トークから : 菊畑茂久馬(画家) : 二〇〇八年 菊畑,茂久馬 / 荒木,和[構成] P.7
376 574 2009.2-3 [解説プログラム] 二〇〇八年のアーティスト・トークから : 鈴木省三(画家) : 二〇〇八年四 鈴木,省三 / 荒木,和[構成] P.8
377 574 2009.2-3 [解説プログラム] 二〇〇八年のアーティスト・トークから : 畠山直哉(写真家) : 二〇〇八年 畠山,直哉 / 荒木,和[構成] P.8-9
378 574 2009.2-3 [解説プログラム] 二〇〇八年のアーティスト・トークから : 元永定正(画家) : 二〇〇八年八 元永,定正 / 荒木,和[構成] P.9-10
379 574 2009.2-3 [解説プログラム] 二〇〇八年のアーティスト・トークから : 辰野登恵子(画家) : 二〇〇八年 辰野,登恵子 / 荒木,和[構成] P.10-11
380 574 2009.2-3 [作品研究] 荒川豊蔵の<志野> 唐澤,昌宏 P.11-13
381 574 2009.2-3 [イベント報告]「現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング」展関連パフォーマンス : 「エ 中村,麗子 P.14
382 574 2009.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
383 574 2009.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
384 574 2009.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
385 574 2009.2-3 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
386 574 2009.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
387 574 2009.2-3 ヴィデオを待ちながら : 映像、60年代から今日へ (展覧会予告) 三輪,健仁 P.[16]
388 575 2009.4-5 特集1 : ヴィデオを待ちながら : 映像、60年代から今日へ/特集2 : 平成20年度の新収蔵作
389 575 2009.4-5 <表紙>ロバート・スミッソン 《スパイラル・ジェッティ》 1970年、シュテファン・バルケンホール P.[1]
390 575 2009.4-5 「ヴィデオを待ちながら」を待ちながら (<特集1>ヴィデオを待ちながら : 映像、60年代から今日 野々村,文宏 P.2-3
391 575 2009.4-5 とぼける身体 (<特集1>ヴィデオを待ちながら : 映像、60年代から今日へ) 伊藤,亜紗 P.4-5
392 575 2009.4-5 平成20年度の新収蔵作品(美術作品)について : 日本画・油彩その他・版画・水彩・素描・彫刻・資料 蔵屋,美香 P.6-9
393 575 2009.4-5 平成20年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集2>平成20年度の新収蔵作品(1) 増田,玲 P.7,9
394 575 2009.4-5 [作品研究] アメリカにおける「日本近代陶芸」の概念形成 : 浜田と魯山人の優位性 メガン・ジョーンズ P.10
395 575 2009.4-5 [コレクションを中心とした小企画「木に潜むもの」] 木に何を「潜ませる」か? : 素材との付き合い 中村,麗子 P.11
396 575 2009.4-5 [作品研究] ジャン・デュビュッフェ 《草の茂る壁際》 : 主体性と装飾 中林,和雄 P.12-14
397 575 2009.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
398 575 2009.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
399 575 2009.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
400 575 2009.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
401 575 2009.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
402 575 2009.4-5 所蔵作品展 : ヨーロッパの工芸とデザイン : アール・ヌーヴォーから現代まで (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
403 575 2009.4-5 ゴーギャン展 (展覧会予告) 中林,和雄 P.[16]
404 576 2009.6-7 特集1 : <連携>する美術情報/特集2 : 平成20年度の新収蔵作品(2)
405 576 2009.6-7 <表紙>『展覧会カタログ総覧』、北村武資 《六耀梅文羅金裂地》 1997年 東京国立近代美術館蔵 P.[1]
406 576 2009.6-7 <連携>する美術館図書室(アートライブラリ) : 『展覧会カタログ総覧』から見るアートライブラリの 水谷,長志 P.2-3
407 576 2009.6-7 国立美術館版「想--IMAGINE」の開発 (<特集1><連携>する美術情報) 丸川,雄三 P.4-5
408 576 2009.6-7 国立美術館所蔵作品総合目録検索システムと国立国会図書館デジタルアーカイブポータル(PORTA)との連 柴田,昌樹 P.5
409 576 2009.6-7 MLA連携に向けた国立国会図書館の取組み (<特集1><連携>する美術情報) 佐藤,毅彦 P.6
410 576 2009.6-7 平成20年度の新収蔵作品(工芸作品)について (<特集2>平成20年度の新収蔵作品(2)) 金子,賢治 P.7-9
411 576 2009.6-7 [作品研究] 高松次郎の《日本語の文字》はなぜ版画でなければならなかったのだろう? 大谷,省吾 P.10-12
412 576 2009.6-7 [こども工芸館~? ! コレクション] 「こども工芸館」の挑戦 齊藤,佳代 P.13
413 576 2009.6-7 [コレクションによる小企画] 寝るひと・立つひと・もたれるひと 蔵屋,美香 P.14
414 576 2009.6-7 美術館 (INFORMATION) P.15
415 576 2009.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
416 576 2009.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
417 576 2009.6-7 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
418 576 2009.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
419 576 2009.6-7 所蔵作品展 : おとな工芸館~涼しさ招く (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
420 577 2009.8-9 特集1 : ゴーギャン/特集2 : 染野夫妻陶芸コレクション : リーチ・濱田・豊藏・壽雪
421 577 2009.8-9 <表紙> ポール・ゴーギャン 《エ・ハレ・オエ・イ・ヒア(どこへ行くの?)》 1892年 シュトゥッ P.[1]
422 577 2009.8-9 タヒチというモデル : ゴーギャン、ランボー、そして写真 (<特集1>ゴーギャン) 鈴木,和成 P.2-3
423 577 2009.8-9 《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへゆくのか》をめぐって (<特集1>ゴーギャン) 岡谷,公二 P.4-6
424 577 2009.8-9 「染野夫妻陶芸コレクション展」によせて (<特集2>染野夫妻陶芸コレクション : リーチ・濱田・豊 渡辺,浩男 P.6-8
425 577 2009.8-9 染野夫妻の陶芸収集 : 表現者との邂逅 (<特集2>染野夫妻陶芸コレクション : リーチ・濱田・ 石崎,泰之 P.8-10
426 577 2009.8-9 [権鎮圭展] 権鎮圭の回顧展に寄せて 松本,透 P.11-12
427 577 2009.8-9 [作品研究] 皇居宮殿の《瑞鳥》 木田,拓也 P.12-14
428 577 2009.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
429 577 2009.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
430 577 2009.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
431 577 2009.8-9 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
432 577 2009.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
433 577 2009.8-9 河口龍夫展 : 言葉・時間・生命 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
434 577 2009.8-9 現代工芸への視点 : 装飾の力 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
435 578 2009.10-11 特集1 : 河口龍夫 言葉・時間・生命/特集2 : 現代工芸への視点 : 装飾の力
436 578 2009.10-11 <表紙> 河口龍夫 《COSMOS-Cygnus (白鳥座)》 1974年 東京国立近代美術館蔵、徳 P.[1]
437 578 2009.10-11 「河口龍夫展」によせて : 視覚をこえて (<特集1> 河口龍夫 : 言葉・時間・生命) 市川,政憲 P.2-3
438 578 2009.10-11 交叉する<言葉・時間・生命> : 河口龍夫の伏流に沿って (<特集1> 河口龍夫 言葉・時間・生命 馬場,駿吉 P.4-6
439 578 2009.10-11 装飾の力 : 大学の「やきもの」から (<特集2> 現代工芸への視点 : 装飾の力) 森野,彰人 P.6-8
440 578 2009.10-11 「装飾の力」展に寄せて : 《天女(まごころ)像》の僕(しもべ)より。 (<特集2> 現代工芸への 徳丸,鏡子 P.8-10
441 578 2009.10-11 [「権鎮圭」展によせて] 権鎮圭とモデル、そして作品 朴,亨國 P.10-13
442 578 2009.10-11 [鑑賞をたすけるツール(1)] 「鑑賞ノススメ」と音声ガイド 荒木,和 P.13-14
443 578 2009.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
444 578 2009.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
445 578 2009.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
446 578 2009.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
447 578 2009.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
448 578 2009.10-11 ウィリアム・ケントリッジ -- 歩きながら歴史を考える : そしてドローイングは動き始めた…… (展 牧口,千夏 P.[16]
449 578 2009.10-11 早川良雄 : “顔”と“形状” (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
450 579 2009.12-2010.1 特集1 : ウィリアム・ケントリッジ--歩きながら歴史を考える : そしてドローイングは動き始めた
451 579 2009.12-2010.1 <表紙> 早川良雄 《第5回東京国際版画ビエンナーレ (英語版)》 1966年 大阪市立近代美術館建 P.[1]
452 579 2009.12-2010.1 ケントリッジを日本で視る (<特集1> ウィリアム・ケントリッジ--歩きながら歴史を考える : そ 吉岡,洋 P.2-3
453 579 2009.12-2010.1 定点観測--ウィリアム・ケントリッジ《プロジェクションのための9つのドローイング》について (<特集 土居,伸彰 P.4-5
454 579 2009.12-2010.1 早川良雄先生のこと (<特集2> 早川良雄--“顔”と“形状”) 黒田,征太郎 P.6-7
455 579 2009.12-2010.1 イラストレーター早川良雄のデザイン (<特集2> 早川良雄--“顔”と“形状”) 菅谷,富夫 P.8-9
456 579 2009.12-2010.1 [教育普及リポート] トークラリー : 今どきの中学生のための、逆ギャラリートーク 一條,彰子 P.10
457 579 2009.12-2010.1 [教育普及リポート] 工芸の鑑賞を考える--教職員のための研修会から 三上,美和 P.11
458 579 2009.12-2010.1 [作品研究] 北川民次《メキシコ静物》--近代精神のユートピア 鈴木,勝雄 P.12-14
459 579 2009.12-2010.1 美術館 (INFORMATION) P.15
460 579 2009.12-2010.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
461 579 2009.12-2010.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
462 579 2009.12-2010.1 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
463 579 2009.12-2010.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
464 579 2009.12-2010.1 「生誕120年小野竹喬展」 (展覧会予告) 鶴見,香織 P.[16]
465 579 2009.12-2010.1 所蔵作品展 近代工芸の名品--花 (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
466 580 2010.2-3 特集1 : 「生誕120年小野竹喬」展によせて : 竹喬と西洋近代絵画--そこからなにを学んだか
467 580 2010.2-3 <表紙> 小野竹喬 《春耕》 1924年 笠岡市立竹喬美術館蔵 P.[1]
468 580 2010.2-3 ルッソーの率直 : 竹喬との接点 (<特集> 「生誕120年 : 小野竹喬」展によせて : 竹 遠藤,望 P.2-3
469 580 2010.2-3 竹喬のセザンヌ受容再考 (<特集> 「生誕120年小野竹喬」展によせて : 竹喬と西洋近代絵画-- 永井,隆則 P.4-5
470 580 2010.2-3 [解説プログラム] 二〇〇九年のアーティスト・トークから : 白木ゆり(版画家) : 二〇〇九年 白木,ゆり / 荒木,和[構成] P.6
471 580 2010.2-3 [解説プログラム] 二〇〇九年のアーティスト・トークから : 岡村桂三郎(画家) : 二〇〇九年 岡村,桂三郎 / 荒木,和[構成] P.7
472 580 2010.2-3 [解説プログラム] 二〇〇九年のアーティスト・トークから : 田中信太郎(美術家) : 二〇〇九 田中,信太郎 / 荒木,和[構成] P.7-9
473 580 2010.2-3 [解説プログラム] 二〇〇九年のアーティスト・トークから : 中川佳宣(美術家) : 二〇〇九年 中川,佳宣 / 荒木,和[構成] P.9
474 580 2010.2-3 [作品研究] 鑑賞の位相--土門拳と藤本四八の仏像写真をめぐって 増田,玲 P.10-12
475 580 2010.2-3 [所蔵作品展 : 近代工芸の名品--花] 欅(けやき)の"花" 稗田,竜子 P.13
476 580 2010.2-3 [コレクションによる小企画] 「水浴考」へのプロローグ 鈴木,勝雄 P.14
477 580 2010.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
478 580 2010.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
479 580 2010.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
480 580 2010.2-3 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
481 580 2010.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
482 580 2010.2-3 建築はどこにあるの? : 7つのインスタレーション (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
483 580 2010.2-3 所蔵作品展 : アール・デコ時代の工芸とデザイン (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
484 581 2010.4-5 特集1 : 建築はどこにあるの? : 建築とインスタレーション
485 581 2010.4-5 <表紙> アトリエ・ワン 《リンツ・スーパー・ブランチ》 (「Hohenrausch」展、OK現代美 P.[1]
486 581 2010.4-5 全体主義とアヴァンギャルドのアマルガム : 一九三七年パリ万博ソ連館 (<特集> 建築はどこにある 鈴木,佑也 P.2-4
487 581 2010.4-5 建築展の新しいあり方を求めて (<特集> 建築はどこにあるの? : 建築とインスタレーション) 寺田,真理子 P.5-6
488 581 2010.4-5 [在外研修報告] ブリティッシュ・ミュージアムでの研修を終えて : 海外での「工芸」の展示を考える 北村,仁美 P.7-9
489 581 2010.4-5 [所蔵作品展 アール・デコ時代の工芸とデザイン] アール・デコをめぐって 池田,まゆみ P.9-10
490 581 2010.4-5 [コレクションを中心とした小企画] いみありげなしみ 蔵屋,美香 P.10-11
491 581 2010.4-5 [コレクションによる小企画 テーマで歩こう] 実験の場としての庭 : 「庭--作家の小宇宙」にちな 中村,麗子 P.11-12
492 581 2010.4-5 [作品研究] 菱田春草 《賢首菩薩》 : 朦朧体の次にあるもの 鶴見,香織 P.12-14
493 581 2010.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
494 581 2010.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
495 581 2010.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
496 581 2010.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
497 581 2010.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
498 581 2010.4-5 所蔵作品展 こども工芸館/おとな工芸館 : イロ×イロ (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
499 582 2010.6-7 特集 : 平成21年度の新収蔵作品
500 582 2010.6-7 <表紙> 森口邦彦 《友禅着物 流砂文》 1984年、鏑木清方 《晩涼》 1920年 P.[1]
501 582 2010.6-7 平成21年度の新収蔵作品(美術作品)について : 日本画・洋画・水彩・素描・彫刻・立体造形 映像・ 蔵屋,美香 P.2-4
502 582 2010.6-7 平成21年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集>平成21年度の新収蔵作品) 増田,玲 P.3,5
503 582 2010.6-7 平成21年度の新収蔵作品(工芸作品)について : 陶磁・ガラス・木工・染織・人形・金工 (<特集> 唐澤,昌宏 P.5-8
504 582 2010.6-7 [所蔵作品展 こども工芸館/おとな工芸館 : イロ×イロ] 秘する色 築城,則子 P.9
505 582 2010.6-7 [鑑賞をたすけるツール(2)] 『現代の眼』 : ニュースレターのポジション 荒木,和 P.10-11
506 582 2010.6-7 [作品研究] 木工芸の創造 : 大坂弘道の新収蔵作品について 諸山,正則 P.12-14
507 582 2010.6-7 美術館 (INFORMATION) P.15
508 582 2010.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
509 582 2010.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
510 582 2010.6-7 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
511 582 2010.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
512 582 2010.6-7 上村松園展 (展覧会予告) 中村,麗子 P.[16]
513 582 2010.6-7 現代工芸への視点 : 茶事をめぐって (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
514 583 2010.8-9 特集1 : 上村松園/特集2 : 現代工芸への視点 : 茶事をめぐって
515 583 2010.8-9 <表紙> 上村松園 《焔》 1918年 東京国立博物館蔵、畠山耕治 《四つの面》 2009年 個人蔵 P.[1]
516 583 2010.8-9 上村松園 : 近代美術制度と成功の軌跡 (<特集1>上村松園) 児島,薫 P.2-4
517 583 2010.8-9 倣古画 : 松園が伝統から学んだもの (<特集1>上村松園) 増渕,鏡子 P.4-6
518 583 2010.8-9 <鏡>としての茶道具 (<特集2>現代工芸への視点 : 茶事をめぐって) 柏木,麻里 P.7-8
519 583 2010.8-9 現代陶芸を茶の湯で生かす : 智美術館の試みから (<特集2>現代工芸への視点 : 茶事をめぐっ 花里,麻理 P.9-10
520 583 2010.8-9 [手探りのドローイング] たとえば照明を暗くしてみる : 美術館での共感覚的体験を目指して 保坂,健二朗 P.11-12
521 583 2010.8-9 [作品研究] 榎倉康二のしみ : 「いみありげなしみ」展覚え書き 蔵屋,美香 P.12-14
522 583 2010.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
523 583 2010.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
524 583 2010.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
525 583 2010.8-9 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
526 583 2010.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
527 583 2010.8-9 麻生三郎展 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
528 583 2010.8-9 鈴木清展 (展覧会予告) 増田,玲 P.[16]
529 584 2010.10-11 特集1 : 麻生三郎/特集2 : 鈴木清写真展 : 百の階梯、千の来歴
530 584 2010.10-11 <表紙> 麻生三郎 《ひとり》 1951年 個人蔵、鈴木清 《「天幕の街」より》 1980年 個人蔵 P.[1]
531 584 2010.10-11 《ひとり》が描かれた頃 (<特集1>麻生三郎) 野見山,暁治 P.2-3
532 584 2010.10-11 麻生三郎の立体デッサンについて (<特集1>麻生三郎) 麻生,マユ P.4-5
533 584 2010.10-11 「写真集」へと躙(にじ)り寄る : 鈴木清の仕事 (<特集2>鈴木清写真展 : 百の階梯、千の来 飯沢,耕太郎 P.6-7
534 584 2010.10-11 「劇場・鈴木清」(<特集2>鈴木清写真展 : 百の階梯、千の来歴) 大西,みつぐ P.8-9
535 584 2010.10-11 [特集展示「石膏原型のオリジナリティー」] 塑像という迷宮 鈴木,勝雄 P.10-11
536 584 2010.10-11 [作品研究] 長谷川利行《カフェ・パウリスタ》収蔵の経緯と修復・分析の報告 保坂,健二朗 P.12-14
537 584 2010.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
538 584 2010.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
539 584 2010.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
540 584 2010.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
541 584 2010.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
542 584 2010.10-11 「日本画の前衛」1938-1949 (展覧会予告) 鶴見,香織 P.[16]
543 584 2010.10-11 栄木正敏のセラミック・デザイン : リズム&ウェーブ (展覧会予告) 北村,仁美 P.[16]
544 585 2010.12-2011.1 特集1 : 栄木正敏のセラミック・デザイン : リズム&ウェーブ/特集2 : 「日本画」の前衛19
545 585 2010.12-2011.1 <表紙> 山岡良文 《シュパンヌンク》 1938年 個人蔵、栄木正敏 《天目ディナーウェアー》 19 P.[1]
546 585 2010.12-2011.1 私の陶磁器デザインと「三つのびっくり」 (<特集1>栄木正敏のセラミック・デザイン : リズム&ウ 栄木,正敏 P.2-3
547 585 2010.12-2011.1 栄木正敏・自己主張する産地型デザイナー (<特集1>栄木正敏のセラミック・デザイン : リズム&ウ 井上,隆生 P.4-5
548 585 2010.12-2011.1 丸木位里と船田玉樹についての覚書 (<特集2>「日本画」の前衛1938-1949) 出原,均 P.6-7
549 585 2010.12-2011.1 丸木位里の「前衛」と歴程美術協会 (<特集2>「日本画」の前衛1938-1949) 岡村,幸宣 P.8-9
550 585 2010.12-2011.1 [所蔵作品展「現代の人形」] 所蔵作品展「現代の人形」によせて 北村,仁美 P.10-11
551 585 2010.12-2011.1 [教育普及リポート] KIDS★MOMAT2010報告 夏休みの教育普及活動 一條,彰子 P.11-12
552 585 2010.12-2011.1 [教育普及リポート] KIDS★MOMAT2010報告 夏の工芸館プログラムリポート : 藍染ワー 齋藤,佳代 P.13
553 585 2010.12-2011.1 [イベント報告] 「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」イベント : ダンスパフォーマン 保坂,健二朗 / 柴原,聡子 P.14-15
554 585 2010.12-2011.1 美術館 (INFORMATION) P.15
555 585 2010.12-2011.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
556 585 2010.12-2011.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
557 585 2010.12-2011.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
558 585 2010.12-2011.1 生誕100年岡本太郎展 (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
559 585 2010.12-2011.1 高橋禎彦展 (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
560 586 2011.2-3 特集1 : 生誕100年岡本太郎展/特集2 : ガラス★高橋禎彦展
561 586 2011.2-3 <表紙> 岡本太郎 《明日の神話》 下絵 (部分) 1968年 川崎市岡本太郎美術館蔵、高橋禎彦 《 P.[1]
562 586 2011.2-3 「岡本」と「タロー」は手をつなぐか (<特集1>生誕100年岡本太郎展) 成相,肇 P.2-3
563 586 2011.2-3 岡本太郎の芸術と思想 : 一九三〇年代パリ体験再考 (<特集1>生誕100年岡本太郎展) 塚原,史 P.4-6
564 586 2011.2-3 私の仕事 (<特集2>ガラス★高橋禎彦展) 高橋,禎彦 P.6-7
565 586 2011.2-3 歌うガラス : 高橋禎彦展によせて (<特集2>ガラス★高橋禎彦展) 片柳,草生 P.8-9
566 586 2011.2-3 [コレクションを中心とした小企画「空虚の形態学」] 「造形の凹み・穴・空洞」 鈴木,勝雄 P.10
567 586 2011.2-3 [テーマで歩こう「マチエール (画肌) の魅力」] マチエール (画肌) の魅力 : 画面の多様な 都築,千重子 P.11
568 586 2011.2-3 [イベント報告「現代工芸への視点 : 茶事をめぐって」] アーティスト・トークから 唐澤,昌宏 / 諸山正則 P.12-14
569 586 2011.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
570 586 2011.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
571 586 2011.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
572 586 2011.2-3 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
573 586 2011.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
574 586 2011.2-3 パウル・クレー展 : おわらないアトリエ (展覧会予告) 三輪,健仁 P.[16]
575 586 2011.2-3 増田三男 : 清爽の彫金 (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
576 587 2011.4-5 特集1 : パウル・クレー展 : おわらないアトリエ/特集2 : 増田三男清爽の彫金 : そして
577 587 2011.4-5 <表紙> パウル・クレー 《住人のいる室内透視図》 1921年(1921,24) パウル・クレー・セ P.[1]
578 587 2011.4-5 回れ、絵画 : アトリエのパウル・クレー (<特集1>パウル・クレー展 : おわらないアトリエ) 野田,吉郎 P.2-4
579 587 2011.4-5 絵画は目の前にある (<特集1>パウル・クレー展 : おわらないアトリエ) 瀬山,真樹夫 P.5-7
580 587 2011.4-5 増田三男先生のこと (<特集2>増田三男清爽の彫金 : そして、富本憲吉) 山田,禮子 P.8
581 587 2011.4-5 増田先生の思い出 (<特集2>増田三男清爽の彫金 : そして、富本憲吉) 内藤五琅 P.9
582 587 2011.4-5 [テーマで歩こう「マチエール (画肌) の魅力」] マチエールの背後に見えるもの : 香月泰男の《 都築,千重子 P.10-11
583 587 2011.4-5 [作品研究] ルーシー・リー《コーヒー・セット》 内藤,裕子 P.12-14
584 587 2011.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
585 587 2011.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
586 587 2011.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
587 587 2011.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
588 587 2011.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
589 587 2011.4-5 グェッリーノ・トラモンティ展 (展覧会予告) 唐澤,昌宏 P.[16]
590 587 2011.4-5 しまシマ工芸館 (展覧会予告) 北村,仁美 P.[16]
591 588 2011.6-7 特集 : 平成22年度の新収蔵品
592 588 2011.6-7 <表紙> パウル・クレー 《山への衝動》 1939年、松田権六 《鴛鴦蒔絵棗》 1945年 P.[1]
593 588 2011.6-7 平成22年度の新収蔵作品(美術作品)について : 洋画・日本画・版画・水彩・素描・資料 (<特集> 蔵屋,美香 P.2-5
594 588 2011.6-7 平成22年度の新収蔵作品(美術作品)について : 写真 (<特集>平成22年度の新収蔵品) 増田,玲 P.3,5
595 588 2011.6-7 平成22年度の新収蔵作品(工芸作品)について : 陶磁・ガラス・漆工・木・竹工・染織・人形・工業デ 唐澤,昌宏 P.5-8
596 588 2011.6-7 [国際会議参加報告] 新しい美術書誌情報の潮流 : 美術図書館横断検索(artlibraries. 水谷,長志 P.9-10
597 588 2011.6-7 [作品研究] 古賀春江の《海》はどこの海? 大谷,省吾 P.11-12
598 588 2011.6-7 [作品研究] 鈴木長吉の《十二の鷹》 : なぜ、日本の鷹狩りは世界無形文化遺産に登録されなかったの 木田,拓也 P.13-14
599 588 2011.6-7 美術館 (INFORMATION) P.15
600 588 2011.6-7 工芸館 (INFORMATION) P.15
601 588 2011.6-7 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
602 588 2011.6-7 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
603 588 2011.6-7 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
604 588 2011.6-7 イケムラレイコ : うつりゆくもの (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
605 588 2011.6-7 レオ・ルビンファイン : 傷ついた街 (展覧会予告) 増田,玲 P.[16]
606 589 2011.8-9 特集1 : イケムラレイコ : うつりゆくもの/特集2 : レオ・ルビンファイン : 傷ついた街
607 589 2011.8-9 <表紙> イケムラレイコ 《黒に浮かぶ》 1998-99年 豊田市美術館蔵、レオ・ルビンファイン 《 P.[1]
608 589 2011.8-9 うみをこいしがるおもい (<特集1>イケムラレイコ : うつりゆくもの) 林,洋子 P.2-3
609 589 2011.8-9 歪んだ鏡 : イケムラレイコの絵画と彫刻 (<特集1>イケムラレイコ : うつりゆくもの) 堀,元彰 P.4-5
610 589 2011.8-9 私のレオ・ルビンファイン論 (<特集2>レオ・ルビンファイン : 傷ついた街) 谷口,昌良 P.6-8
611 589 2011.8-9 レオ・ルビンファイン「傷ついた街」展によせて (<特集2>レオ・ルビンファイン : 傷ついた街) 生井,英考 P.8-9
612 589 2011.8-9 「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師--グェッリーノ・トラモンティ展」によせて (<特集3>イ 唐澤,昌宏 P.10-11
613 589 2011.8-9 [作品研究] 細川護立氏「談話『作品と人』」再読 : 菱田春草晩年作に関して 鶴見,香織 P.12-14
614 589 2011.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
615 589 2011.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
616 589 2011.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
617 589 2011.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
618 589 2011.8-9 はだかの絵画 : 日本のヌード1890-1945 [仮称] (展覧会予告) 蔵屋,美香 P.[16]
619 589 2011.8-9 ヴァレリオ・オルジャティ展 (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
620 590 2011.10-11 特集1 : ぬぐ絵画 : 日本のヌード1880-1945/特集2 : ヴァレリオ・オルジャティ展
621 590 2011.10-11 <表紙> 古賀春江 《涯しなき逃避》 1930年 石橋財団ブリヂストン美術館蔵、ヴァレリオ・オルジャ 古賀,春江 / オルジャティ, ヴァレリオ P.[1]
622 590 2011.10-11 究極のヌード : 《智・感・情》をめぐる黒田清輝の戦略 (<特集1>ぬぐ絵画 : 日本のヌード1 喜多崎,親 P.2-3
623 590 2011.10-11 日本洋画最初期の裸婦像 : 百武兼行《臥裸婦》 (<特集1>ぬぐ絵画 : 日本のヌード1880- 植野,健造 P.4-5
624 590 2011.10-11 ヴァレリオ・オルジャティへのインタビュー (<特集2>ヴァレリオ・オルジャティ展) オルジャティ,ヴァレリオ / 保坂,健二朗[構成・文責] P.6-7
625 590 2011.10-11 思考の必然性を超えた魅力 (<特集2>ヴァレリオ・オルジャティ展) 五十嵐,淳 P.8-9
626 590 2011.10-11 [特集展示 神原泰]詩と絵画の平行現象 桝田,倫広 P.10-11
627 590 2011.10-11 [作品研究] 輪郭と時間 : アンリ・マティス《ルネ、緑のハーモニー》について 中林,和雄 P.12-14
628 590 2011.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
629 590 2011.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
630 590 2011.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
631 590 2011.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
632 590 2011.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
633 590 2011.10-11 所蔵作品展「人間国宝と近代工芸の名品」 (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
634 590 2011.10-11 「織」を極める : 人間国宝北村武資展 (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
635 591 2011.12-2012.1 特集1 : 修復・表現/特集2 : 所蔵作品展「人間国宝と近代工芸の名品」
636 591 2011.12-2012.1 <表紙>パウル・クレー 《花ひらく木をめぐる抽象》 1925年 東京国立近代美術館蔵 左|表面 右| クレー,パウル P.[1]
637 591 2011.12-2012.1 「修復・表現」について (<特集1>修復・表現) 鶴見,香織 / 三輪,健仁 P.2-7
638 591 2011.12-2012.1 文化庁による工芸技術記録と作家たち (<特集2>所蔵作品展「人間国宝と近代工芸の名品」) 諸山,正則 P.8-9
639 591 2011.12-2012.1 「夏休み!こども美術館」 : 「鑑賞+表現」プログラムの位置づけ ([教育普及リポート] KIDS 一條,彰子 P.10
640 591 2011.12-2012.1 二人三脚による場の創造 : こどもタッチ&トークを中心に ([教育普及リポート] KIDS★MOM 齊藤,佳代 P.11
641 591 2011.12-2012.1 [作品研究] 重力と女性像 : 日本近代彫刻の転換点 鈴木,勝雄 P.12-14
642 591 2011.12-2012.1 美術館 (INFORMATION) P.15
643 591 2011.12-2012.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
644 591 2011.12-2012.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
645 591 2011.12-2012.1 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
646 591 2011.12-2012.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
647 591 2011.12-2012.1 生誕100年ジャクソン・ポロック展 (展覧会予告) 中林,和雄 P.[16]
648 591 2011.12-2012.1 原弘と東京国立近代美術館 : デザインワークを通してみえてくるもの (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
649 592 2012.2-3 特集1 : 生誕100年 : ジャクソン・ポロック展/特集2 : 原弘と東京国立近代美術館 :
650 592 2012.2-3 <表紙> 原弘 《ピカソ展 : その芸術の70年》 1964年、ジャクソン・ポロック 《カット・ア 原,弘 / ポロック,ジャクソン P.[1]
651 592 2012.2-3 [東京国立近代美術館開館60周年ご挨拶] 還暦を迎えた東近美の使命 加茂川,幸夫 P.2-3
652 592 2012.2-3 [60周年シンボルマークについて] 東京国立近代美術館開館60周年シンボルマークのコンセプトと造形の 平野,敬子 P.3
653 592 2012.2-3 Reading Jackson Pollock, Literally (<特集1>生誕100年 : 尾崎,信一郎 P.4-6
654 592 2012.2-3 日本初の回顧展という役割 (<特集1>生誕100年 : ジャクソン・ポロック展) 中西,園子 P.6-7
655 592 2012.2-3 思い出のなかの原弘先生 (<特集2>原弘と東京国立近代美術館 : デザインワークを通して見えてくる 小西,啓介 P.8-9
656 592 2012.2-3 1964年の頃、原弘先生と…。 (<特集2>原弘と東京国立近代美術館 : デザインワークを通して見 山崎,登 / 内藤,裕子[構成・文責] P.9-10
657 592 2012.2-3 近美専属のアートディレクター的役割を果たされた原弘先生 (<特集2>原弘と東京国立近代美術館 : 富山,秀男 / 木田,拓也[構成・文責] P.10-11
658 592 2012.2-3 北村武資 : 経錦 (<特集3>「織」を極める : 人間国宝北村武資) 今井,陽子 P.12-13
659 592 2012.2-3 [特集展示] 描かれたダリヤ 保坂,健二朗 P.14
660 592 2012.2-3 美術館 (INFORMATION) P.15
661 592 2012.2-3 工芸館 (INFORMATION) P.15
662 592 2012.2-3 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
663 592 2012.2-3 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
664 592 2012.2-3 越境する日本人 : 工芸家が夢見たアジア1910-30s[仮称] (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
665 592 2012.2-3 東京国立近代美術館開館60周年記念事業のご案内 大谷,省吾 P.[16]
666 593 2012.4-5 特集1 : 越境する日本人/特集2 : 原弘と東京国立近代美術館 : デザインワークを通して見えて
667 593 2012.4-5 <表紙>本館外壁に設置された60周年記念シンボルサイン 撮影 :大森克己、六角紫水 《理想界の図蒔絵 大森,克己 / 六角,紫水 P.[1]
668 593 2012.4-5 東アジア圏のトランスナショナルデザイン史に向けて :顔水龍の工芸デザイン運動 (<特集1>越境する日 菊池,裕子 P.2-4
669 593 2012.4-5 高麗青磁の「復興」 : 三和高麗焼から日本陶磁の海外進出を考える (<特集1>越境する日本人) 岡本,隆志 P.4-5
670 593 2012.4-5 講演会「バウハウスとグラフィックデザイン」 (<特集2>原弘と東京国立近代美術館 : デザインワー 原,弘 / 大谷,省吾[文字起こし] P.6-10
671 593 2012.4-5 [教育普及リポート] ジャクソン・ポロック展における「表現+鑑賞」連続授業のとりくみ 一條,彰子 P.11-12
672 593 2012.4-5 [所蔵作品展特集] 大下藤次郎から中西利雄へ : 揺さぶられる水彩画 都築,千重子 P.12-13
673 593 2012.4-5 [作品研究] 須田国太郎が《書斎》の影に込めた想いとは? 大谷,省吾 P.13-14
674 593 2012.4-5 美術館 (INFORMATION) P.15
675 593 2012.4-5 工芸館 (INFORMATION) P.15
676 593 2012.4-5 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
677 593 2012.4-5 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
678 593 2012.4-5 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
679 593 2012.4-5 吉川霊華展 : 近代にうまれた線の探究者 (展覧会予告) 鶴見,香織 P.[16]
680 593 2012.4-5 写真の現在4 : そのときの光、そのさきの風 (展覧会予告) 増田,玲 P.[16]
681 594 2012.6-7 特集1 : 吉川霊華展 : 近代にうまれた線の探究者/特集2 : 写真の現在4 : そのときの光
682 594 2012.6-7 <表紙>吉川霊華 《清香妙音》 1927年 個人蔵 吉川,霊華 P.[1]
683 594 2012.6-7 吉川霊華と吉田包春 (<特集1>吉川霊華展 : 近代にうまれた線の探究者) 松尾,良樹 P.2-3
684 594 2012.6-7 吉川霊華にまつわることごと : 市田儀一郎氏に聞く (<特集1>吉川霊華展 : 近代にうまれた線 鶴見,香織[構成・文責] P.4-5
685 594 2012.6-7 反復の空間 : 一九七〇年代以降の自主ギャラリー (<特集2>写真の現在4 : そのときの光、そ 冨山,由紀子 P.6-7
686 594 2012.6-7 「写真作家」たちの自主ギャラリー (<特集2>写真の現在4 : そのときの光、そのさきの風) タカザワ,ケンジ P.8-9
687 594 2012.6-7 平成23年度の新収蔵作品(工芸作品)について (<特集3>平成23年度の新収蔵作品) 唐澤,昌宏 P.10-12
688 594 2012.6-7 [作品研究] 影と遠近法 : 荒川修作と高松次郎 蔵屋,美香 P.13-15
689 594 2012.6-7 60周年記念事業のご報告とご案内 (INFORMATION) P.15
690 594 2012.6-7 所蔵作品展 こども工芸館/おとな工芸館 植物図鑑 (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
691 594 2012.6-7 60周年記念企画 : 夏期休館中の催しについて 柴原,聡子 / 三輪,健仁 P.[16]
692 595 2012.8-9 特集1 : 開館60周年記念企画「夏の家」/特集2 : 美術作品のデジタル記録撮影について
693 595 2012.8-9 <表紙>スタジオ・ムンバイ 《Palmyra House》 2007年 Photo : Helene スタジオ・ムンバイ / Binet,Helene P.[1]
694 595 2012.8-9 スタジオ・ムンバイと越境する可能性 (特集1 : 開館60周年記念企画「夏の家」) ケン・タダシ・オオシマ / 辻 泰岳[英文和訳] P.2-5
695 595 2012.8-9 コレクションの画像の保存と活用をめぐって : デジタル完全移行を見据えての共同研究プロジェクト始動 都築,千重子 P.6
696 595 2012.8-9 撮影側から見たデジタルアーカイブ化へ向けてのトライアルと問題点 (<特集2>美術作品のデジタル記録撮 大谷,一郎 P.7
697 595 2012.8-9 考察と今後の課題 (<特集2>美術作品のデジタル記録撮影について) 室屋,泰三 P.8-9
698 595 2012.8-9 実験の方法と結果 (<特集2>美術作品のデジタル記録撮影について) 原瀬,裕孝 P.10-11
699 595 2012.8-9 [こども工芸館/おとな工芸館 植物図鑑] 富本憲吉の植物モティーフについて 三上,美和 P.12-14
700 595 2012.8-9 美術館 (INFORMATION) P.15
701 595 2012.8-9 工芸館 (INFORMATION) P.15
702 595 2012.8-9 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
703 595 2012.8-9 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
704 595 2012.8-9 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
705 595 2012.8-9 美術にぶるっ! : ベストセレクション 日本近代美術の100年 (展覧会予告) 鈴木,勝雄 P.[16]
706 595 2012.8-9 現代の座標 : 工芸をめぐる11の思考 (展覧会予告) 諸山,正則 P.[16]
707 596 2012.10-11 特集1 : 美術館開館当時、一九五〇年代の美術をめぐって : 60周年記念特別展「美術にぶるっ!セ
708 596 2012.10-11 <表紙>池田龍雄 《怒りの海》(内灘シリーズ) 1953年 東京国立近代美術館蔵 池田,龍雄 P.[1]
709 596 2012.10-11 六〇周年記念特別展「美術にぶるっ!ベストセレクション 日本近代美術の一〇〇年」によせて (<特集1> 桝田,倫広 P.2
710 596 2012.10-11 わたしにとっての五〇年代美術 (<特集1>美術館開館当時、一九五〇年代の美術をめぐって) 池田,龍雄 P.2-5
711 596 2012.10-11 昨日の美術と今日の美術 (<特集1>美術館開館当時、一九五〇年代の美術をめぐって) 野田,吉郎 P.5-7
712 596 2012.10-11 その定式の発見と解体 (<特集2>「現代の座標 : 工芸をめぐる11の思考」について) 関島,寿子 P.8
713 596 2012.10-11 逕路 (<特集2>「現代の座標 : 工芸をめぐる11の思考」について) 八木,明 P.9
714 596 2012.10-11 満たされた光 : ガラスを通して見えてくるもの (<特集2>「現代の座標 : 工芸をめぐる11の 小田橋,昌代 P.10
715 596 2012.10-11 平成二十三年度の新収蔵作品(美術作品)について (<特集3>平成23年度の新収蔵作品) 蔵屋,美香 / 増田,玲 P.11-14
716 596 2012.10-11 美術館 (INFORMATION) P.15
717 596 2012.10-11 工芸館 (INFORMATION) P.15
718 596 2012.10-11 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
719 596 2012.10-11 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
720 596 2012.10-11 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
721 596 2012.10-11 所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆工コレクションから (展覧会予告) 北村,仁美 P.[16]
722 596 2012.10-11 12月1日(土)開館記念日の催しのご案内 大谷,省吾 P.[16]
723 597 2012.12-2013.1 特集1: 所蔵品ギャラリーのリニューアルについて/特集2: 開館60周年をふりかえる/特集3: 所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆工コレクションから
724 597 2012.12-2013.1 <表紙>3階9室「写真・映像」入口。この階にあるものが一目でわかる服部一成のサインと、展示室内のようすが外から見えるガラス窓。撮影:木奥惠三 木奥,惠三 P.[1]
725 597 2012.12-2013.1 整理と表面 : 所蔵品ギャラリーリニューアルで、建築家と美術館が考えたこと (<特集1>所蔵品ギャラリーのリニューアルについて) 西澤,徹夫 / 蔵屋,美香 P.2-4
726 597 2012.12-2013.1 “収蔵品展観覧者不在体質”の克服に向けて (<特集1>所蔵品ギャラリーのリニューアルについて) 河野,通孝 P.5
727 597 2012.12-2013.1 この六〇年に、何が「名品」として選ばれてきたか (<特集2>開館60周年をふりかえる) 大谷,省吾 P.6-7
728 597 2012.12-2013.1 二冊の六〇周年記念刊行物 : 『60年史』と『美術家たちの証言 : 東京国立近代美術館ニュース『現代の眼』選集』について (<特集2>開館60周年をふりかえる) 水谷,長志 P.8-9
729 597 2012.12-2013.1 天然漆の特性と表現 : 《乾漆割貝蒔絵飾箱 半夏生》について (<特集3>所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆コレクションから) 小椋,範彦 P.10-11
730 597 2012.12-2013.1 新たな漆芸「前衛」の流れ (<特集3>所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆コレクションから) 藤田,敏彰 P.12-13
731 597 2012.12-2013.1 [教育普及リポート]鑑賞行為の媒介 : セルフガイドの考察 齊藤,佳代 P.14
732 597 2012.12-2013.1 美術館 (INFORMATION) P.15
733 597 2012.12-2013.1 工芸館 (INFORMATION) P.15
734 597 2012.12-2013.1 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
735 597 2012.12-2013.1 フィルムセンター小ホール (INFORMATION) P.15
736 597 2012.12-2013.1 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
737 597 2012.12-2013.1 フランシス・ベーコン展 (展覧会予告) 保坂,健二朗 P.[16]
738 597 2012.12-2013.1 東京オリンピック1964デザインプロジェクト (展覧会予告) 木田,拓也 P.[16]
739 598 2013.2 特集1: 東京オリンピック1964 デザインプロジェクト/特集2: 所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆工コレクションから/特集3: 所蔵作品展 花咲く工芸
740 598 2013.2 <表紙>森口華弘 《麗光縮緬地友禅訪問着 梅林》 1957年 東京国立近代美術館蔵 森口,華弘 P.[1]
741 598 2013.2 東京オリンピックという「文化装置」 : 都市のメディアと祝祭的な消費をめぐる仕掛け (<特集1>東京オリンピック1964 デザインプロジェクト) 関口,英里 P.2-3
742 598 2013.2 二つの東京オリンピック : 《スタート》がスタートするまで (<特集1>東京オリンピック1964 デザインプロジェクト) 竹内,幸絵 P.4-5
743 598 2013.2 工芸館所蔵作品展寿ぎの「うつわ」解題 (<特集2>所蔵作品展 寿ぎの「うつわ」 : 工芸館の漆工コレクションから) 北村,仁美 P.6-7
744 598 2013.2 森口華弘の花 : 着物に咲くデザイン (<特集3>所蔵作品展 花咲く工芸) 齊藤,佳代 P.8-9
745 598 2013.2 [イベント報告] 東京国立近代美術館60周年記念シンポジウム : 近代美術館の誕生 : 前史から未来へ 松本,透 P.10
746 598 2013.2 [教育普及リポート] 開館60周年記念プログラム「だれでもMOMAT」 一條,彰子 P.11
747 598 2013.2 [作品研究] 川合玉堂《小松内府図》について 中村,麗子 P.12-14
748 598 2013.2 美術館 (INFORMATION) P.15
749 598 2013.2 工芸館 (INFORMATION) P.15
750 598 2013.2 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
751 598 2013.2 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
752 598 2013.2 所蔵作品展 花咲く工芸 (展覧会予告) 内藤,裕子 P.[16]
753 598 2013.2 60周年記念事業をふりかえって 中林,和雄 P.[16]
754 599 2013.4 特集1: フランシス・ベーコンについて
755 599 2013.4 <表紙>フランシス・ベーコン 《叫ぶ教皇の頭部のための習作》 1952年 イエール・ブリティッシュ・アート・センター蔵 ベーコン,フランシス P.[1]
756 599 2013.4 マゾヒズムの逆説 : フランシス・ベーコン展によせて (<特集1>フランシス・ベーコンについて) 平野,嘉彦 / 保坂,健二朗[編集後記] P.2-5
757 599 2013.4 [イベント報告] 国際シンポジウム「戦後日本美術の新たな語り口を探る : ニューヨークと東京、二つの近代美術館の展覧会を通して見えてくるもの」 鈴木,勝雄 P.6-11
758 599 2013.4 [作品研究] 石黒宗麿の<黒釉葉文碗>をめぐって 唐澤,昌宏 P.12-14
759 599 2013.4 美術館 (INFORMATION) P.15
760 599 2013.4 工芸館 (INFORMATION) P.15
761 599 2013.4 フィルムセンター大ホール (INFORMATION) P.15
762 599 2013.4 フィルムセンター展示室 (INFORMATION) P.15
763 599 2013.4 プレイバック・アーティスト・トーク (展覧会予告) 大谷,省吾 P.[16]
764 599 2013.4 ボディ×ボディ×ボディ(仮称) (展覧会予告) 今井,陽子 P.[16]
765 600 2013.6 特集: 創刊600号記念 : 1954-2013
766 600 2013.6 <表紙>[『現代の眼』書影] P.1
767 600 2013.6 多様な美術ファンのために (<特集>創刊600号記念) 加茂川,幸夫 P.2
768 600 2013.6 美術館ニュースの今後 : 『現代の眼』600号発行を機に (<特集>創刊600号記念) 松本,透 P.3
769 600 2013.6 じわっとしぶとい、「MOMATコレクション」のこれから (<特集>創刊600号記念) 蔵屋,美香 P.4-5
770 600 2013.6 [Review] 「美術にぶるっ!ベストセレクション日本近代美術の100年」展を見て 藤井,亜紀 P.6-7
771 600 2013.6 [Review] 美術館のはかなさを編む : 『東京国立近代美術館60年史』 木下,直之 P.8-9
772 600 2013.6 [On view] 「プレイバック・アーティスト・トーク」展を準備しながら考えたこと 大谷,省吾 P.10-11
773 600 2013.6 [新しいコレクション] ジョアン・ミロ《絵画詩(おお!あの人やっちゃったのね)》 蔵屋,美香 P.12
774 600 2013.6 [新しいコレクション] 桂盛仁《盒子 蟹》 諸山,正則 P.13
775 600 2013.6 [作品研究] 人形の原像と近代 : 夢二と柳女の作品から 今井,陽子 P.14-16

ページトップ 


東京国立近代美術館アートライブラリ