美術館のご紹介

※東京国立近代美術館は美術館、工芸館、の2館から構成されています。

美術館について

東京国立近代美術館(The National Museum of Modern Art, Tokyo)は、東京の中心部、皇居のほど近くに建つ、日本で最初の国立美術館です。

 最大の特徴は、横山大観、菱田春草、岸田劉生らの重要文化財を含む13,000点を超える国内最大級のコレクション。明治から現代までの幅広いジャンルにわたる日本美術の名作を、海外の作品もまじえて多数所蔵しています。
日本が急速な近代化を成し遂げた激動の時代、芸術家たちは日本の伝統的な美意識と西洋美術という異文化の間で、真に時代を切り開く表現を求めて模索を続けました。そこからどんな名作が生み出されたのかー。
会期ごとに選りすぐりの約200点を展示する所蔵作品展「MOMATコレクション」(所蔵品ギャラリー、4-2F)は、100年を超える日本美術の歴史を一気にご覧いただける国内唯一の展示です。

 また毎日開催している所蔵品ガイドは、ガイドスタッフや参加者同士との対話を通して、まるで作品の謎解きをするかのような鑑賞体験ができる人気のプログラムで、当館の特徴の一つとなっています。

 さらに年に数回、特定のテーマに基づいて国内外の美術作品を紹介する企画展(企画展ギャラリー、1F)や、展望休憩室「眺めのよい部屋」からの眺望も見逃せません。

周辺には皇居、北の丸公園、千鳥が淵など、日本文化や自然が豊かな環境が広がっており、いずれも国内有数の桜の名所であることから、特に春は地域一帯が華やかに賑わいます。東京駅から徒歩でもお越しいただけ、一年を通して美術館と併せた散策が楽しめます。

主な活動紹介

1.展覧会

・所蔵作品展「MOMATコレクション」:日本画、洋画、版画、彫刻、写真、映像など13,000点を超える所蔵作品から、会期ごとに約200点を展示する国内最大級のコレクション展示。20世紀以降の日本美術の流れをたどることができる国内唯一の展示であり、会期ごとに作品を入れ替えたり、小特集の開催などで、常に新しい楽しみ方を提案している。

・企画展:著名な作家の個展や時代や社会のエッセンスを取り入れたテーマ展などを年に数回開催。

 

2.作品の収集・保管

 およそ明治40年(1907年)から今日までの、日本と海外の美術作品を収集。

 

3.その他の活動

 展覧会に関する講演会・イベント等のほか、所蔵品ガイドや子供のための教育プログラムの実施。さらに展覧会カタログなどの刊行物や、美術関連図書の収集・閲覧などを行っている。