開催予定の展覧会

  • 2017.3.14 - 5.21
  • 企画展

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術

THE COSMOS IN A TEA BOWL :

TRANSMITTING A SECRET ART ACROSS GENERATIONS OF THE RAKU FAMILY

 

茶碗の中の宇宙とは、全ての装飾や美しい形を捨て、手捏ねによる成形でさらに土を削ぎ落としながら造形を完成させていった茶碗を用い、その茶碗によって引き起こされる無限の世界、正しく宇宙のように果てしなく広い有機的空間のことと捉えています。

つまり、一服の茶を点てます。相手は、その茶を飲みます。その行為により二人の関係の全てが茶碗の中を巡ります。その茶碗の中を見つめながらの人間の思いは、他に想像もできないほどの大きく深い意味を有し、まさに宇宙と呼ぶべき無限の世界が広がるのです。

今から450年前、長次郎という人物によって創造された樂茶碗は、一子相伝という形態で現在まで続いています。一子相伝とは、技芸や学問などの秘伝や奥義を、自分の子の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないことであり、一子は、文字通り実子でなくても代を継ぐ一人の子であり、相伝とは代々伝えることです。

この様な考え方で、長年制作が続けられている樂焼は、長い伝統を有していますが、しかし、それらは伝統という言葉では片付けられない不連続の連続であるといえます。長次郎からはじまり15代を数える各々の代では、当代が「現代」という中で試行錯誤し創作が続いています。

本展では、現代からの視点で初代長次郎はじめ歴代の「今―現代」を見ることにより一子相伝の中の現代性を考察するものです。正しく伝統や伝承ではない不連続の連続によって生み出された樂焼の芸術をご覧いただけます。

 

 

見どころ

ロサンゼルス・カウンティ美術館、サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館、モスクワ・プーシキン美術館で開催され約19万人を動員。好評を博した展覧会が、さらに充実度を増し凱旋します。千利休が愛した初代長次郎の黒樂茶碗「大黒」をはじめ、歴代の重要文化財のほとんどを一挙公開。本阿弥光悦の重要文化財をはじめ、よりすぐりの作品も出品されます。

 

◆初代長次郎、光悦の重要文化財が、かつてない規模で揃います

 

◆利休が愛した名碗が揃います

 

◆樂家450年の伝統と技をご覧いただけます

 

◆現代の視点でとらえた初代長次郎はじめ、歴代の「今」をご覧いただけます

 

 

樂焼とは

樂焼は、織田信長、豊臣秀吉によって天下統一が図られた安土桃山時代(16世紀)に花開いた桃山文化の中で樂家初代長次郎によってはじめられました。

樂焼の技術のルーツは中国明時代の三彩陶といわれています。この時代には京都を中心に色鮮やかな三彩釉を用いる焼きものが焼かれはじめていましたが、長次郎もその技術をもった焼きもの師の一人であったと考えられています。

長次郎の残した最も古い作品は、本展に出品される二彩獅子、天正2年(1574)春につくられました。おそらく樂茶碗がつくられるのはそれより数年後、天正7年(1579)頃ではないかと考えられています。

 

 

スペシャル対談 : 坂東玉三郎 × 十五代 樂吉左衞門

2017年3月31日(金)15:00-

*開場は開演30分前

場所:講堂(地下1階)
定員:150名(事前申込制) 参加費:無料(*要当日観覧券

申込: 郵便往復はがき(私製を除く)に住所、名前、電話番号を書いて下記にお送りください。
〒150-8551 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル3F
ユース・プラニングセンター「スペシャル対談」係

*申込締切: 2017年2月20日(月)必着

*応募多数の場合は抽選のうえ、当選の方には入場整理券(1枚で1名入場可)を、落選された方にはその旨をお伝えするご案内をお送りいたします。
*就学前のお子様の同伴、ご入場はご遠慮ください。
*インターネットオークション等での売買を目的としたお申込みは固くお断りします。また売買を目的としたお申込みであると判明した場合には、抽選対象外とさせていただきます。

 


十五代 樂吉左衞門 サイン会

2017年3月14日(火)
2017年4月1日(土)

*詳細は、追ってご案内します。

 

 

*このほか、他のゲストをお招きしてのスペシャル対談や特別茶会などを開催予定。

*会期中の桜の季節には全館イベント「美術館の春まつり」(3月下旬~4月上旬予定)を開催し、華やかな催しや演出で皆様をお迎えします。

 

 


 

  

会場:
東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
会期:
2017年3月14日(火)~2017年5月21日(日)
開館時間:
10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
休館日:
月曜(3/20、3/27、4/3、5/1は開館)、3/21(火)
観覧料:
一般 1,400(1,200)円
大学生 1,000(800)円
高校生 500(300)円
*( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*前売券は2016年12月5日(月)~2017年3月13日(月)販売。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」「マルセル・ブロイヤーの家具:improvement for good」もご覧いただけます。

*主なチケット販売場所:東京国立近代美術館(*開館日のみ)、本展特設サイト(オンラインチケット)、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイドほか
*チケット購入時に手数料がかかる場合があります。

-----------------------------------------------------------------
東京国立博物館×東京国立近代美術館 コラボ企画 -----------------------------------------------------------------
■無料シャトルバス運行!
4/11(火)~5/21(日)の開館中、東京国立近代美術館と特別展「茶の湯」が開催される東京国立博物館の間を無料シャトルバスが運行します。
*乗車には展覧会チケットの提示が必要

■『茶の湯』・『樂』共通チケット
特別展「茶の湯」との共通チケットを販売します。開催期間中は、当日券2展で3,000円のところ2,600円とお得です。
*特別展「茶の湯」4月11日(火)~6月4日(日)東京国立博物館


主催:
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館
NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社
協賛:
日本写真印刷
特別協力 :
樂美術館、国際交流基金
協力:
あいおいニッセイ同和損保
美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
詳しくはアクセスマップをご参照ください。
特設サイト:
http://raku2016-17.jp/

プレスリリース

出品作品リスト