過去のイベント

  • 2018.3.23 - 4.8
  • イベント

美術館の春まつり

Spring Festival in MOMAT, 2018

東京国立近代美術館は皇居や千鳥ケ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーションにあることから、様々な催しで皆様をお迎えします。

春らんまんの展覧会

美術館|所蔵作品展 MOMATコレクション (会期:3月20 日-5 月27 日)

桜を描いた名作、川合玉堂《行く春》(重要文化財)、菊池芳文《小雨ふる吉野》のほか、新収蔵作品として、昭和初期に日本画の革新運動をすすめた船田玉樹の代表作《花の夕》を公開します。華やかな花を描いた艶やかな日本画をご覧下さい。
さらに、岡倉天心らによって創設された日本美術院創立120 年特集として、菱田春草、安田靫彦、速水御舟、小倉遊亀、平山郁夫ら、そうそうたる顔ぶれの代表作もご紹介する、贅沢な展示をお楽しみ下さい。

みどころはこちらから

川合玉堂《行く春》1916年 重要文化財

船田玉樹《花の夕》1938年

工芸館|工芸館開館40 周年記念所蔵作品展「名工の明治」 (会期:3月1 日-5 月27 日)

鈴木長吉《十二の鷹》1893年

明治の鋳金家・鈴木長吉の代表作の一つ《十二の鷹》を、数年にわたる修復後初のお披露目をするほか、明治150 年にちなんで明治の精神を今に伝える名工たちの作品をご紹介します。

みどころはこちらから

体験しよう!ガイドプログラム

美術館|所蔵品ガイド

作品解説を聞く一方向的なものではなく、ガイドスタッフと参加者の皆さまが対話しながら、まるで作品の謎解きをするような鑑賞体験ができると評判のガイドプログラム。作品を自由に感じ、想像をめぐらせ、それを言葉にして語り合うことで、新たな作品の魅力を発見していただける機会となるでしょう。

毎日14:00から開催

詳しくはこちらから

 

美術館|春まつりトークラリー

4月1日の無料観覧日に開催するスペシャルプログラム。ガイドスタッフが20箇所以上の作品の前で皆さんをお迎えします。対話による作品鑑賞を楽しみながら展示室を巡り、作品を鑑賞するごとにもらえるスタンプを3つ以上集めると特製カンバッヂをプレゼント。昨年も大盛況だった年に1度の人気プログラムをお見逃しなく。

4月1日(日) 無料観覧日 12:00-15:00、先着2,000名様

 

工芸館|タッチ&トーク

人間国宝をはじめとする作家の作品をさわったり、展覧会場で会話をしたりしながら、皆さん自身の鑑賞する力を広げましょう。

水曜・土曜の14:00から開催

詳しくはこちらから

 

 

4月1日(日)は無料観覧日!

美術館、工芸館ともに、毎月第1日曜日は所蔵作品展の無料観覧日です。

春まつり期間中は4月1日の日曜日が無料観覧日に当たり、美術館、工芸館で開催中の展覧会が無料でご覧いただけます。

美術館、工芸館周りの散策も併せて、ゆったりとお楽しみください。

 

 

お花見時期だけの特別メニュー

本館では、前庭にご用意する床几台で桜を眺めながらご休憩いただけます。

レストラン「ラー・エ・ミクニ」によるガーデンカフェもオープンし、特製お花見弁当やサンドイッチなどのほか、各種ドリンク、桜色のロゼスパークリングワインも販売します。

※カフェの営業時間等は異なる場合があります。

 

お休み処

お花見時期、前庭には休憩所が特設されます。
テイクアウトしたお食事を前庭でお楽しみいただくもよし、うららかな季節を楽しむもよし。思い思いに春をお過ごしください。

 

レストラン「ラー・エ・ミクニ」

皇居に面した2階にある、三國清三シェフプロデュースのレストラン「ラー・エ・ミクニ」では、春のメニューのほか、皇居の桜を一望できるテラス席でもお料理をお楽しみいただけます。

※レストラン席は桜の季節は特に混みあいますので、ご確認の上ご予約願います。
○問い合わせ先:03-3213-0392(レストラン直通)
○ホームページ:http://lart-et-mikuni.jp/

 

 

 

春らんまんのグッズ販売

美術館ではオリジナル商品のほか、千鳥ヶ淵の桜の枝で染色したスカーフやハンカチなどを期間限定で販売し、売上の一部は桜の保全活動「さくら基金」に寄付します。

開催概要

タイトル:美術館の春まつり

開催期間:2018年3月23日(金)~4月8日(日)

会  場:東京国立近代美術館(美術館・工芸館)
美術館 〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
工芸館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

主  催:東京国立近代美術館

 

開館時間:10:00-17:00(美術館は金・土曜 20:00まで)
いずれも、入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし3月26日、4月2日、4月30日は開館)

アクセス:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より 美術館:徒歩3分/工芸館:徒歩8分
     「九段下駅」美術館:4番出口より徒歩15分/工芸館:2番出口より徒歩12分
     「神保町駅」A1出口より 美術館:徒歩12分
     「大手町駅」C2b出口より 美術館:徒歩20-25分

 

開催中の展覧会:
美術館:所蔵作品展「MOMATコレクション」(4F-2F所蔵品ギャラリー)
工芸館:工芸館開館40 周年記念所蔵作品展「名工の明治」

*美術館の「MOMATコレクション」展の観覧料で入館当日に限り、工芸館「名工の明治」展もご覧いただけます。

*4月1日(日)は「MOMATコレクション」展・「名工の明治」展ともに無料でご覧いただけます。

プレスリリース


平成29年度 文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業