開催予定の展覧会

  • 2018.3.1 - 5.27
  • 所蔵作品展

工芸館開館40周年記念
名工の明治

Master Hands in the Meiji Period

The Crafts Gallery's 40th Anniversary Exhibition―from the museum collection

展覧会について

鈴木長吉《十二の鷹》1893年

明治時代、その優れた技術によって帝室技芸員に任命された鈴木長吉(1848-1919)。当館所蔵の《十二の鷹》は彼の代表作の一つで、1893年アメリカ開催されたシカゴ・コロンブス世界博覧会で発表されました。古来より武将たちが好んで行った鷹狩りで用いられる鷹をモチーフに、本物と見紛うリアルな表現と、金、銀、銅、赤銅、四分一といった金属の色を巧みにちりばめた華やかさで、世界の人々を驚かせました。

当館では、数年をかけてこの《十二の鷹》の修復に取り組んできましたが、このたび修復後初のお披露目をいたします。長らく失われていた鉾垂れ(鷹の止まり木に使用される装飾布)も復元され、発表当初の鮮やかな色合いがよみがえりました。「明治150年」にもちなみ、本展では、高い技術力と表現力を兼ね備え明治の精神を今に伝える名工たちの作品もあわせてご覧いただきます。現代の工芸作品も含めた当館所蔵作品約100点を通して、技と表現が現代にいかに継承されたのか、その展開を探ります。

 

初代宮川香山《鳩桜花図高浮彫花瓶》1871-82年頃

二十代堆朱楊成《彫漆六華式平卓》1915年

トークイベント

 

ギャラリートーク

当館研究員が鑑賞のポイントを分かりやすく解説します。

日程:  2018年4月1日(日)、22日(日)
時間:  14:00~15:00
場所:  工芸館2階

※申込不要・参加無料(要観覧券)

 

タッチ&トーク

工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム。注目の若手作家から人間国宝が手がけた作品や制作工程資料などに触れながら鑑賞する〈さわってみよう コーナー〉と、時代背景や作家の情報などの豊富なエピソードをまじえて作品のみどころをご紹介する会場トークとの2部構成で、さまざまな角度から展覧会を ご案内します。

日程:  会期中の毎週水・土曜日
時間:  14:00~15:00
場所:  工芸館2階

※申込不要、参加無料(要観覧券)

タッチ&トークの詳細はこちら

 

開催概要

会場:
東京国立近代美術館工芸館
会期:
2018年3月1日(木)-5月27日(日)
開館時間:
10:00 - 17:00
※入館は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(3月26日、4月2日、4月30日は開館)
観覧料:
一般250円(200円) 
大学生130円(60円)
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。

高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会賛助会員(同伴者1名まで)MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳をご提示ください。
無料観覧日:
3月4日(日)
4月1日(日)
5月6日(日)
5月18日(金)国際博物館の日
主催:
東京国立近代美術館