平成30年度 東京国立近代美術館工芸館での博物館実習について

※申込み受付は終了しました 

 東京国立近代美術館工芸館では、以下の要領で博物館実習生を受け入れます。

 

■実習期間

2018年7月17日(火)~8月26日(日)のうち、の5日間。

(日程は、実習生希望日と当館事業スケジュールを考慮の上調整いたします。)

 

■受け入れ対象者

工芸史またはデザイン史を専攻する大学または大学院修士課程もしくは博士課程に在学する者。

※ただし、学内にて博物館実習を行う施設がある大学の学生は受け入れません。

 

■受け入れ人数

若干名

 

■申込方法

大学で取りまとめのうえ学長名による東京国立近代美術館長宛の依頼文書で、下記までお申込みください。

①実習希望学生の履歴書(専攻内容と実習希望の要点を記したもの)を必ず同封してください。

※実習希望学生が直接申し込むことはできません。

②実習希望時期を履歴書の備考欄に明記してください。

※希望時期は特定の5日間ではなく「8月上旬の5日間」など、調整が可能な範囲で記載してください。希望日程が少ない場合は、受け入れが難しい場合があります。

 

■申込締切 

平成30年5月31日(木)必着

 

■申込・問合せ先

東京国立近代美術館工芸館 工芸課 博物館実習担当

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1

tel: 03-3211-7781 fax:03-3211-7783

 

■受け入れの通知

申込締切後に書類選考を行い、受け入れの可否を大学宛に通知します。

 

■実習の修了

実習期間中の出席を確認のうえ、当館所定の修了通知を発行します。

なお、実習内容についての評価は行いませんので、あらかじめご了承願います。