こども・ファミリー

こども+おとな工芸館

工芸館の夏の展覧会は工芸を楽しく学ぶための企画です。子どもと大人と一緒になって工芸作品の多彩な魅力にときめきましょう。セルフガイドやさまざまなイベントをご用意いたします。

 

アーカイブ(こども+おとな工芸館)

 

 

セルフガイド

「こども+おとな工芸館」展では、2種類のセルフガイドを配布いたします(先着順・なくなり次第終了します)。掲載作品は子どもも大人もすべて同じ。それぞれのペースで進めるのもよし、一緒に鑑賞すれば、情報を共有したり、刺激しあったり、楽しさがふらみます。

こどもセルフガイド

こどもセルフガイドはスタンプラリー付き。

写真とテキストをヒントに作品の秘密を探ります。
テキストは成長段階にあわせて文字の大きさと解説の難度を分けました。
自発的な鑑賞を促すツールとしてご活用ください。

おとなセルフガイド

おとなセルフガイドは広く、詳しく。

作家の情報や作品のデータ、素材・技法、歴史や作家の言葉など、
さまざまな切り口から作品の魅力に迫ります。
子どもたちの興味が芽生えたところで見方を助言したり、説明を補足するのも有効です。

みんなでつくる工芸図鑑

こどもたちのイチオシ作品を絵とメッセージで紹介してもらいます。会期中、工芸館内で公開します。造形要素を大胆にクローズアップしたり、本質を捉えた鋭いコメントに、思わず会場に戻って作品を見直す大人も少なくありません。会期終了後は「みんなでつくる工芸図鑑」として大切に保管いたします。

「かぜみたいだった」(6歳)

「見た瞬間、ビックリして、うずまきみたいに見えます。」(6歳)

「感想は、黒のところが味があったり、赤のところもツヤがありとてもきれいでした。」(9歳)

「明暗がはっきりしていてきれい」(11歳)

この作品についての情報はこちら

こどもタッチ&トーク

タッチ&トークを体験したあと、驚きや発見を工作として表現します。対象は3歳から小学3年生。プログラムの内容により、対象学年が変わることがあります。【申込制・抽選】

ワークショップ

本格的な工芸作品の制作を通して、造形の特徴を体感・理解します。講師は現在活躍中の工芸作家の皆さん。対象は小学4年生から中学3年生。プログラムの内容により、対象学年が変わることがあります。【申込制・抽選】

家族でタッチ&トーク

作品にさわったり驚きのエピソードを聞けば、工芸はますます面白い!「家族でタッチ&トーク」は、小さなお子さん連れもお気軽にご参加いただけるプログラムです。「こども+おとな工芸館」展会期中の水・土曜日午後2時から。予約不要。小学生以下の参加者にはよく見える?ジロジロめがねをプレゼントいたします。

KIDS★MOMAT

その他のこども・ファミリープログラム

次回開催は決まり次第お知らせします。

メールニュース

東京国立近代美術館で開催する小・中学生向けプログラムの情報をメールでお知らせします(不定期発行・年数回程度)。
配信を希望される方は、下記の登録ページへのリンクよりフォーム画面へお入りいただきご登録ください。

 

新規登録・登録解除・アドレス変更

※メールアドレスを変更される場合は、いったん以前の登録を解除し、新しいメールアドレスで再度登録してください。

 

新規登録/登録解除ページへ

 


*一般向けのメールマガジンの登録については以下をご参照ください。

 美術館・工芸館   MOMATメールマガジン

 フィルムセンター  NFCメールマガジン

 

*ご登録いただいたメールアドレスは、情報メール配信のみに利用します。

東京国立近代美術館ホームページのプライバシーポリシー