過去の上映

  • 2017.1.10 - 1.22

自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井 守

Directed by Mamoru Oshii― His Own Selection

会期:2017年1月10日(火)-1月22日(日)

協力:一般社団法人日本動画協会 

料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料

会場:大ホール
各回の開映後の入場はできません。

定員=310名(各回入替制)

発券=2階受付
・観覧券は当日・当該回のみ有効です。
・発券・開場は開映の30分前から行い、定員に達し次第締切ります。
・学生、シニア(65歳以上)、障害者、キャンパスメンバーズの方は、証明できるものをご提示ください。
・発券は各回1名につき1枚のみです。

★1月の休館日:月曜日、2016年12月27日(火)-2017年1月3日(月)、31日(火)

※2月-3月は電気工事等のため、休館いたします。

概要

PDF版でもご覧いただけます ↓

「NFCカレンダー」
2017年1月号

 恒例となったフィルムセンターの上映企画「自選シリーズ 現代日本の映画監督」。日本のアニメ100周年にもあたる2017年開催の第5回は、押井守監督を取り上げます。TVアニメ−ションの絵コンテ、演出からキャリアをスタートした押井監督は1983年に『うる星やつら オンリー・ユー』で劇場映画監督デビュー。その後、独特の押井哲学に貫かれた『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』、劇場版「機動警察パトレイバー」2部作、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』等の作品は、ジェームズ・キャメロンやウォシャウスキー姉妹等にも多大な影響を与えました。また、アニメーションと実写映画の限界を越え、その地平を押し拡げることに挑んだ『天使のたまご』、『AVALON アヴァロン』、『INNOCENCE イノセンス』、『立喰師列伝』などの実験精神溢れる作品も高い評価を獲得しています。12プログラム、20作品という過去最大規模の押井監督特集でその軌跡を振り返り、トークイベントも交えて、「いま、押井守が目指す映画」をあぶり出していきます。

 

※プログラム9〈ファンタジーの試行〉上映時間変更のお知らせ
『ASSAULT GIRS アサルトガールズ』ほか計6本の作品を上映するプログラム9の上映時間が変更となりました。
計125分 → 計148分
1月13日(金)7:00pm-/1月21日(土)12:30pm-

※押井監督トークイベント時間変更のお知らせ
1月21日(土)の監督トークイベントの開始時間を、以下のように変更します。どうぞご諒解ください。
2:45pm → 3:05pm

赤字は押井守監督による各プログラムのタイトルです。

■(監)=監督 (原)=原作・原案 (脚)=脚本・脚色 (撮)=撮影 (照)=照明 (キ)=キャラクターデザイン (メ)=メカニックデザイン (作監)=作画監督 (美)=美術 (編)=編集 (音)=音楽 (出)=出演 (声)=声の出演
■スタッフ、キャストの人名は原則として公開当時の表記を記載しています。
■特集には不完全なプリントが含まれていることがあります。
■記載した上映分数は、当日のものと多少異なることがあります。

1.<二度目の処女作> うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー (98分・1984・東宝=キティ・フィルム・監・脚:押井守) 2.<天たま少女の冒険> 天使のたまご / Twilight Q / 迷宮物件 FILE 538 (計101分) 3.<悪夢の始まり>紅い眼鏡 (116分・1987・オムニバスプロモーション・監・脚:押井守) 4.<テロリズムの予感> 機動警察パトレイバー2 the Movie (113分・1993・バンダイビジュアル=東北新社=イング・監:押井守) 5.<デジタルの勘違い> GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (85分・1995・講談社=バンダイビジュアル=MANGA ENTERTAINMENT・監:押井守) 6.<身体論の行方> INNOCENCE イノセンス (99分・2004・プロダクションI.G=徳間書店=日本テレビ=電通=ディズニー=東宝=三菱商事・監・脚・絵コンテ:押井守) 7.<アウェイの闘い1 台湾死闘篇> StrayDog  KERBEROS PANZER COPS ケルベロス 地獄の番犬 (99分・1991・バンダイ=フジテレビジョン・監・原・脚:押井守) 8.<アウェイの闘い2 ポーランド死闘篇> AVALON アヴァロン (106分・2001・バンダイビジュアル=メディアファクトリー=電通=日本ヘラルド映画・監:押井守) 9.<ファンタジーの試行> ASSAULT GIRLS アサルトガールズほか5本 (計125分計148分) 10.<戦後映画の終焉> 立喰師列伝 (104分・2006・『立喰師列伝』製作委員会・監・原・脚:押井守) 11.<ホームの闘い 熱海死闘編> ケータイ捜査官7/ 圏外の女ほか1本 (計145分) 12.<危険な子供たち>スカイ・クロラ The Sky Crawlers (計134分) 押井守監督トークイベント

上映作品詳細

1<二度目の処女作> うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(98分・35mm・カラー)

  • 2017年1月10日7:00 PM@大ホール
  • 2017年1月22日1:00 PM@大ホール

1984(東宝=キティ・フィルム)(監・脚)押井守(演出)西村純二(原)高橋留美子(キ・作監)やまざきかずお(作監)森山ゆうじ(美)小林七郎(音)星勝(声)平野文、古川登志夫、神谷明、杉山佳寿子、島津冴子、鷲尾真知子、永井一郎、藤岡琢也、千葉繁

『うる星やつら』の主要キャラを活かしつつ、高揚感に満ち満ちた高校の文化祭前夜を舞台に、夢と現実の世界が拮抗し合うSFスペクタクル。多重構造世界という、その後の作品に通ずるテーマが早くも見られる。


2<天たま少女の冒険> 天使のたまご / Twilight Q / 迷宮物件 FILE 538

  • 2017年1月11日3:00 PM@大ホール
  • 2017年1月22日4:00 PM@大ホール

天使のたまご(71分・35mm・カラー)

1985(徳間書店=徳間ジャパン)(監・原・脚)押井守(原・アートディレクション)天野喜孝(作監)名倉靖博(美)小林七郎(音)菅野由弘(声)根津甚八、兵藤まこ

謎の卵を抱えて廃墟のような世界を歩く少女と若者。特徴的なモチーフが横溢して世界観を形成する「作家・押井守」の出発点。押井自身が実は姉妹篇だと語る『Twilight Q/迷宮物件 FILE 538』と併せて上映。「 FILE 538ごさんはち」のタイトルは「嘘の五三八ごさんぱち」がもと。

Twilight Q / 迷宮物件 FILE 538ごさんはち(30分・35mm・カラー)

1987(ネットワークフロンティア事業部=スタジオディーン)(監・原・脚)押井守(キ)近藤勝也(作監)大塚伸治(美)小倉宏昌(音)川井憲次(声)瀬川哲也、兵藤まこ、千葉繁


3<悪夢の始まり>紅い眼鏡(116分・35mm・パートカラー)

  • 2017年1月11日7:00 PM@大ホール
  • 2017年1月19日3:00 PM@大ホール

1987(オムニバスプロモーション)(監・脚)押井守(脚)伊藤和典(撮)間宮庸介(音)川井憲次(出)千葉繁、鷲尾真知子、田中秀幸、玄田哲章、兵藤まこ、永井一郎、大塚康生、天本英世

20世紀末、警視庁は強化服で武装した特捜班を組織したが、世論の反発を受け武装解除命令を下す。命令を拒絶した一人の隊員は国外に逃亡。3年後に帰国したが…。初の実写映画。予告篇(3分)の上映あり。


4<テロリズムの予感> 機動警察パトレイバー2 the Movie(113分・35mm・カラー)

  • 2017年1月12日7:00 PM@大ホール
  • 2017年1月20日3:00 PM@大ホール

1993(バンダイビジュアル=東北新社=イング)(監)押井守(原)ヘッドギア(脚)伊藤和典(キ)高田明美、ゆうきまさみ(メ)出渕裕、河森正治、カトキハジメ(演出)西久保利彦(作監)黄瀬和哉(美)小倉宏昌(音)川井憲次(声)大林隆之介、榊原良子、古川登志夫、冨永みーな、竹中直人、根津甚八

バッジ・システムのハッキングによって演出された幻の東京爆撃テロ。これを契機に警察と自衛隊は対立を深め、東京を舞台に「戦争」が創出されていく。活劇性よりも押井の考える現代都市論が濃厚に示された。


5<デジタルの勘違い> GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(85分・35mm・カラー)

  • 2017年1月12日3:00 PM@大ホール
  • 2017年1月21日5:00 PM@大ホール

1995(講談社=バンダイビジュアル=MANGA ENTERTAINMENT)(監)押井守(演出)西久保利彦(原)士郎正宗(脚)伊藤和典(キ・作画)沖浦啓之(メ)河森正治、竹内敦志(銃器デザイン)磯光雄(作画)黄瀬和哉(美)小倉宏昌(音)川井憲次(声)田中敦子、大塚昭夫、家弓家正

人間を操る天才ハッカー「人形使い」と草薙素子少佐ら公安9課の攻防を通じ、アイデンティティについての哲学的思索を視覚化。世界の多くのクリエイターにインスピレーションを与えた押井の代表作。


6<身体論の行方> INNOCENCE イノセンス(99分・35mm・カラー)

  • 2017年1月13日3:00 PM@大ホール
  • 2017年1月17日7:00 PM@大ホール

2004(プロダクションI.G=徳間書店=日本テレビ=電通=ディズニー=東宝=三菱商事)(監・脚・絵コンテ)押井守(演出)西久保利彦、楠美直子(原)士郎正宗(キ・作監)沖浦啓之(メ)竹内敦志(作監)黄瀬和哉、西尾鉄也(プロダクションデザイナー)種田陽平(美)平田秀一(音)川井憲次(声)大塚明夫、山寺宏一、田中敦子、大木民夫、榊原良子、竹中直人、Ruby

『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の続篇。3次元の仮想美術セットを基にレイアウトを決めるという独自の方法をとり、ハードボイルドを思わせる作品世界を構築。


7<アウェイの闘い1 台湾死闘篇> StrayDog  KERBEROS PANZER COPS ケルベロス 地獄の番犬(99分・35mm・カラー)

  • 2017年1月14日1:00 PM@大ホール
  • 2017年1月18日7:00 PM@大ホール

1991(バンダイ=フジテレビジョン)(監・原・脚)押井守(撮)間宮庸介(照)保坂芳美(音)川井憲次(プロテクト ギアデザイン)出渕裕(出)藤木義勝、千葉繁、スー・イーチン、松山鷹志

『紅い眼鏡』の続篇となる実写2作目。前作同様、タイトルイメージとはかけ離れた映画となっている。押井が物語として描きたかった「犬狼伝説(ケルベロス・サ―ガ)」は、むしろ劇画などに引き継がれていく。


8<アウェイの闘い2 ポーランド死闘篇> AVALON アヴァロン(106分・35mm・カラー)

  • 2017年1月14日4:00 PM@大ホール
  • 2017年1月17日3:00 PM@大ホール

2001(バンダイビジュアル=メディアファクトリー=電通=日本ヘラルド映画)(監)押井守(脚)伊藤和典(撮)グジェゴシ・ケンジェルスキ(美)バルバラ・ノバク(メ)竹内敦志(音)川井憲次(出)マウゴジャータ・フォレムニャック、ヴァディスワフ・コヴァルスキ

「デジタル技術によって実写をどこまでアニメのように制御できるか」という命題に挑んだ画期的な作品だが、ポーランド映画好きだった押井が、この映画でむしろ実写の可能性に開眼していく様が随所に感じられる。


9<ファンタジーの試行> ASSAULT GIRLS アサルトガールズほか5本

  • 2017年1月13日7:00 PM@大ホール
  • 2017年1月21日12:30 PM@大ホール

『イノセンス』から、身体性を探求し、近年はデジタル技術を導入して日本映画の枠の中でファンタジーを成立させる可能性を追究する押井。『立喰師~』以降、制作された以下の作品にはその試行錯誤の過程が見てとれる。

重鉄騎 STEEL BATTALION(3分・DCP[原版:Qtファイル]・カラー)

2012(カプコン)(監)押井守(撮)佐藤敦紀(出)江面久(出)イヴォナ・ミエルニク

KILLERS キラーズ/ .50 Womanハーフウーマン(18分23分・DCP[原版:BETACAM]・カラー)

2003(東宝)(監・脚)押井守(撮)間宮庸介(音)川井憲次(出)仁乃唯

真・女立喰師たちぐいし列伝/ 金魚姫  鼈甲飴の有理(15分21分・DCP[原版:DVCAM]・カラー)

2007(ジェネオンエンタテインメント)(監・原・脚)押井守(撮)坂﨑恵一(撮・編)湯浅弘章(音)川井憲次(出)ひし美ゆり子、吉祥寺怪人

真・女立喰師列伝/ ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子(8分14分・DCP[原版:DVCAM]・カラー)

2007(ジェネオンエンタテインメント)(監・原・脚)押井守(撮)湯浅弘章(撮・編・VFX)佐藤敦紀(音)川井憲次(出)佐伯日菜子

斬~KILL~/ ASSAULT GIRL 2(11分17分・DCP[原版:Digital BETACAM]・カラー)

2008(ジェネオンエンタテインメント)(監・脚)押井守(演出・撮・編)佐藤敦紀(音)川井憲次(出)藤田陽子、菊地凛子

ASSAULT GIRLS アサルトガールズ(70分・DCP[原版:HDCAM-SR]・カラー)

2009(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント)(監・脚)押井守(撮)湯浅弘章(美)黒川通利(音)川井憲次(出)黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子、藤木義勝、イアン・ムーア


10<戦後映画の終焉> 立喰師列伝(104分・35mm・カラー)

  • 2017年1月15日1:00 PM@大ホール
  • 2017年1月19日7:00 PM@大ホール

2006(『立喰師列伝』製作委員会)(監・原・脚)押井守(演出)西久保利彦(撮)坂崎恵一(美)安宅紀史(音・出)川井憲次(出)吉祥寺怪人、兵藤まこ、石川光久、鈴木敏夫、樋口真嗣、寺田克也、河森正治、品田冬樹、神山健治、山田正紀、今野敏、榊原良子(声)山寺宏一、兵藤まこ、榊原良子、立木文彦

「立喰師」たちの活動を語るフェイクの戦後日本史。めくるめく引用のなかに、押井の批評性が強く刻印される。役者の画像を3DCGの人形に貼り付けて動かす技法(「スーパーライヴメーション」)で制作。


11<ホームの闘い 熱海死闘編> ケータイ捜査官7/ 圏外の女ほか1本

  • 2017年1月10日2:30 PM@大ホール
  • 2017年1月20日6:30 PM@大ホール

ケータイ捜査官7/ 圏外の女 [ディレクターズカット版](49分・DCP[原版:HDCAM-SR]・カラー)

2008(バディ携帯プロジェクトLLP)(監・脚)押井守(原)WIZ, Production I.G(撮)岡雅一(美)丸尾知行(音)池頼広、川井憲次(出)窪田正孝、安藤麻吹、須藤雅宏(声)河本邦弘、大林隆介、渡辺典子

TVシリーズ中、押井が演出した19・20話を編集。シリーズのパターンを離れ、主人公と奇妙な女性の出会いを描く。シリーズ監督は三池崇史。

THE NEXT GENERATION―パトレイバー― / EPISODE: 5, 6 大怪獣現わる(計96分・DCP・カラー)

2014(「THE NEXT GENERATION―PATLABORー」製作委員会)(監・脚)押井守(原)ヘッドギア(脚)山邑圭(撮)工藤哲也、早坂伸(美)上條安里(音)川井憲次(出)真野恵里菜、筧利夫、福士誠治、太田莉奈、ベンガル、松本圭未、奥田恵梨華、丹古母鬼馬二

熱海沖で続発する怪現象の原因は何か。怪獣棲息(?)という非常事態下での人間模様が展開されていく。


12<危険な子供たち>スカイ・クロラ The Sky Crawlers

  • 2017年1月15日4:00 PM@大ホール
  • 2017年1月18日3:00 PM@大ホール

「ショ―としての戦争」に従事することを運命づけられた「永遠に歳を取らない子供(=キルドレ)」の男女に芽生えた人生の実感とは?現代版の『天使のたまご』ともいうべき短篇『JE T’AIME』を併せて上映。

*『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』35mm上映後、DCPプロジェクターへの切り替えに2分間かかります。ご諒承下さい。

スカイ・クロラ The Sky Crawlers(122分・35mm・カラー)

2008(「スカイ・クロラ」製作委員会)(監)押井守(演出)西久保利彦(原)森博嗣(脚)伊藤ちひろ(キ・作監)西尾鉄也(メ)竹内敦志(美)永井一男(音)川井憲次(声)菊地凛子、加瀬亮、谷原章介、山口愛、平川大輔、竹若拓磨、ひし美ゆり子、竹中直人、榊原良子、栗山千明

JE T’AIME(12分・DCP[原版:HDCAM-SR]・カラー)

2010(PRODUCTION I.G)(監)押井守(演出・絵コンテ・キ・作監)西尾鉄也(美)増山修(メ)常木志伸(3DCGI監督)佐藤敦紀(音)GLAY


押井守監督トークイベント

  • 2017年1月10日5:00 PM@大ホール
  • 2017年1月21日3:05 PM@大ホール

■作品によって開映時間が異なりますのでご注意ください。
押井監督のトークイベントの詳細は、こちらをご覧ください。

2017年1月10日

2017年1月11日

2017年1月12日

2017年1月13日

2017年1月14日

2017年1月15日

2017年1月17日

2017年1月18日

2017年1月19日

2017年1月19日3:00 PM@大ホール
2017年1月19日7:00 PM@大ホール

2017年1月20日

2017年1月21日

2017年1月22日

■押井守監督トークイベントのお知らせ

*入場無料(トークイベント前の上映をご覧になった方は、そのままトークイベントに参加することができます。トークイベントのみの参加もできます。)

1月10日(火)14時30分の回 『ケータイ捜査官7/圏外の女』[ディレクターズカット版]『THE NEXT GENERATION―パトレイバー― / EPISODE: 5, 6 大怪獣現わる』上映後

1月21日(土)12時30分の回 『ASSAULT GIRLS アサルトガールズ』ほか5本上映後

関連キーワード