東京国立近代美術館フィルムセンターは2018年4月1日に東京国立近代美術館より独立し、新しい組織「国立映画アーカイブ」となりました。
こちらは、アーカイブされたフィルムセンターの過去のページです。最新情報は、「国立映画アーカイブ」のホームページをご覧ください。
「国立映画アーカイブ」のページはこちら

2016年1月の新着図書紹介

2016年1月の新着図書紹介

一頁のなかの劇場 : 「日本古書通信」誌上映画文献資目録全一〇七回集成 中山 信行 (著)

発行: 稲垣書店
非売品
発行日: 2015/12

 

 [目次]

口絵 一頁のなかの劇場-目録商売十余年
第1部 目録と解説
第2部 文章あれこれ
お客様一覧第
付記
目録データ一覧

 

映画女優 吉永小百合 大下 英治 (著)

出版社: 朝日新聞出版
ISBN-13: 978-4022513359
発行日: 2015/12

 

 [目次]

序章 吉永小百合、映画『母と暮せば』を語る
第1章 映画に魅せられて デビュー~日活映画の頃
第2章 体当たり演技の時代―レコードの大ヒット、独立
第3章 人生の転機―様々な出会い、結婚
第4章 映画女優―殻を破るということ
第5章 円熟の時代―たゆまざる挑戦
第6章 プロデューサーとして―東日本大震災への祈り
終章 映画女優の道、ひとすじ

 

 

オーソン・ウェルズ アンドレ・バザン (著), 堀 潤之 (翻訳)

出版社: インスクリプト
ISBN-13:978-4900997615
発行日: 2015/12

 

[目次]

オーソン・ウェルズの横顔(ジャン・コクトー)
オーソン・ウェルズ(アンドレ・バザン)
1 二〇世紀アメリカのルネサンス人
2 幼年期の虜になった食人鬼
3 『市民ケーン』から『マクベス』へ
4 主題の深さから画面の深さへ
結論
資料
ハリウッドが考えさせようとすると……(ジャン=ポール・サルトル)
脳の肥大(ジョルジュ・サドゥール)
オーソン・ウェルズの天才――(ロジェ・レーナルト)
『市民ケーン』の技法(アンドレ・バザン)
オーソン・ウェルズ フィルモグラフィ
訳者解説 ウェルズとバザン、ふたたび
索引

 

 

高倉健 メモリーズ キネマ旬報ムック

出版社: キネマ旬報社
ISBN-13: 978-4873768236
発行日: 2015/12

 

[目次]

口絵:高倉健がいる風景
高倉健の軌跡
降旗康男監督に訊く
高倉健全作品
東映時代/独立時代/テレビドラマ
高倉健全映画205本解説
全作品フィルモグラフィー
ドキュメント『鉄道員』活動屋たちの記念写真

 

 

ほっかいどう映画館グラフティ 和田 由美 (著), 北の映像ミュージアム (著), 浦田 久 (イラスト)

出版社: 亜璃西社
ISBN-13: 978-4906740185
発行日: 2015/11

 

[目次]

I 札幌の映画館《明治期~戦前》
II 札幌の映画館《戦後~昭和30年代》
III 札幌の映画館《昭和40年代~平成期》 
IV 道内の映画館最古の映画スター 
V 資料編
特別付録 昭和36年(1961)道内映画館一覧

 

 

ウェス・アンダーソンの世界 ファンタスティック Mr.FOX ウェス・アンダーソン (著), 篠儀 直子 (翻訳)

出版社: DU BOOKS
ISBN-13: 978-4907583439
発行日: 2015/12

 

[目次]

イントロダクション by マイケル・スペクター
I ピンクの空
 ウェス・アンダーソン インタビュー
II 丘の上の木
III 3人の農場主
IV 地上の風景
 エリック・アンダーソン インタビュー
V 鳥を盗む
VI トンネル堀り
 リシー・ダール インタビュー
VII 恐怖のトラクター
VIII アナグマの燧石鉱
IX 決死の救出作戦
X カニス・ルプス、ウルペス・ウルペス
ホワイト・マント VS ブラックドッグ
各章扉前・脚本ページの翻訳 一覧
索引

 

 

アルティメット・スター・ウォーズ (完全保存版大百科) ライダー・ウィンダム (著), ダニエル・ウォーレス (著), アダム・ブレイ (著), トリシア・バー (著)

出版社: 学研マーケティング
ISBN-13: 978-4054063174
発行日: 2015/11

 

 [目次]

キャラクター&クリーチャー
ロケーション
テクノロジー
ビークル
索引

 

旧 東京国立近代美術館
フィルムセンター