おやこでトーク 1月24日・30日(2)

1月24日・30日の「おやこでトーク」のご報告の続きです。

全回の記事では柳原義達の彫刻の鑑賞の様子をお伝えしましたが、
建畠覚造の《貌》も、とても面白い作品です。

DSC_0069ユーモラスな形を全身で表現している子どもたち。
実は、子どもたちが取り組む前に、保護者の方が表現するところを見てもらいました。
保護者の方の発言や表現は、子どもたちもやっぱり気になる様子。
「いっしょにみる」が楽しいのは、大人も子どもも同じようです。

 

DSC_0168子どもたちは、細かなところを見つけるのも得意です。
木村荘八の《新宿駅》は、たくさんの人、遠くに見える看板など
細かなところまでたくさんのものが描かれている作品です。
描かれているものをどんどん発見していて、スタッフに教えてくれました。

同じ部屋に展示されている村井正誠の作品は一見抽象的で、
大人には「どう見たらいいのかわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。
でも、単純に色や形に親しむ活動は、子どもも大人も意外と楽しめるもの。

DSC_0207子どもたちが手を動かして楽しめるよう用意したカラーマグネット。
作品に使われている色を選んで並べてみると、共通点や差異が見つかりました。

 

パウル・クレーの《花ひらく木をめぐる抽象》も、色と形に特徴がある作品です。

パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》

パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》1925年

作品鑑賞の前にモザイクのような四角とカラフルな色合いが共通する絵本を見て、
鑑賞後には四角の色紙を並べる活動をしました。

DSC_0090 a  DSC_0209

 

はじめての美術館、というお子さんも多い「おやこでトーク」。
今後も親子で参加できる楽しいプログラムとして継続していきたいと思います。

*「おやこでトーク」の実施情報は「HOME>教育>こども・ファミリー」から確認できます。
*「こども情報メールニュース」への登録もおすすめです。

(記事2/2 研究補佐員H)