おやこでトーク 1月24日・30日(2)

1月24日・30日の「おやこでトーク」のご報告の続きです。

全回の記事では柳原義達の彫刻の鑑賞の様子をお伝えしましたが、
建畠覚造の《貌》も、とても面白い作品です。

DSC_0069ユーモラスな形を全身で表現している子どもたち。
実は、子どもたちが取り組む前に、保護者の方が表現するところを見てもらいました。
保護者の方の発言や表現は、子どもたちもやっぱり気になる様子。
「いっしょにみる」が楽しいのは、大人も子どもも同じようです。

 

DSC_0168子どもたちは、細かなところを見つけるのも得意です。
木村荘八の《新宿駅》は、たくさんの人、遠くに見える看板など
細かなところまでたくさんのものが描かれている作品です。
描かれているものをどんどん発見していて、スタッフに教えてくれました。

同じ部屋に展示されている村井正誠の作品は一見抽象的で、
大人には「どう見たらいいのかわからない」という方もいらっしゃるかもしれません。
でも、単純に色や形に親しむ活動は、子どもも大人も意外と楽しめるもの。

DSC_0207子どもたちが手を動かして楽しめるよう用意したカラーマグネット。
作品に使われている色を選んで並べてみると、共通点や差異が見つかりました。

 

パウル・クレーの《花ひらく木をめぐる抽象》も、色と形に特徴がある作品です。

パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》

パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》1925年

作品鑑賞の前にモザイクのような四角とカラフルな色合いが共通する絵本を見て、
鑑賞後には四角の色紙を並べる活動をしました。

DSC_0090 a  DSC_0209

 

はじめての美術館、というお子さんも多い「おやこでトーク」。
今後も親子で参加できる楽しいプログラムとして継続していきたいと思います。

*「おやこでトーク」の実施情報は「HOME>教育>こども・ファミリー」から確認できます。
*「こども情報メールニュース」への登録もおすすめです。

(記事2/2 研究補佐員H)


おやこでトーク 1月24日・30日(1)

年が明けてはや一ヶ月。
ときには雪もちらつく季節となりましたが、
「おやこでトーク」を開催した1月24日・30日は、晴天・小雨というお天気でした。

未就学児と保護者の方のペアで参加するプログラム「おやこでトーク」では
今回も、さまざまな作品から、各グループ3作品を鑑賞しました。

岸田劉生《麗子肖像(麗子五歳之像)》を子どもと保護者の方でお話ししながら作品を鑑賞したあと、
麗子ちゃんと同じように、額に入って自己紹介。

IMG_5085_S最初はちょっと恥ずかしいけれど、保護者の方と一緒にチャレンジ。
グループのみなさんの名前や好きなものを知りました。

 

子どもたちは、彫刻などの立体作品が大好き。
柳原義達の《道標(風と鴉)》も、保護者の方と手をつないで
いろいろな角度からよく見ています。

IMG_5097_Sこの作品が展示されているエレベーターホールは、
Chim↑Pomの映像作品《BLACK OF DEATH 2013》の音声から鴉の鳴き声が少し聞こえてきます。

IMG_5129_S IMG_5126_S

耳からも目からも鴉を観察したあとは、鴉になりきって体を動かしました。
バサバサと翼の動きを再現したり、羽を閉じたように後に手を回すポーズで休んだり。

 

今会期は、鴉の登場する作品が複数展示されています。
こちらは桂ゆきの《ゴンベとカラス》を鑑賞するみなさんの様子。

IMG_5182_S真剣なまなざしで観察したあとは、色々なお話が飛び出てきました。
「カラスがねらわれていそうな感じ」
「カラスとおサルさんがお話しているように見えた」・・・などなど。

IMG_5209_Sカラスの目に注目して、目の置き方を変えてみる活動を取り入れたグループや、
「ゴンベとカラス」のお話をみんなで聞いたグループもあります。
ぜひ親子で鑑賞を楽しんでほしい作品のひとつです。

(記事1/2 研究補佐員H)


おやこでトーク 6月21日(日)

前日から一転、雨がちらつく日となりましたが、おやこでトーク2日目の開催となりました。

DSC_0184アントニー・ゴームリーの《反映/思索》の鑑賞では、
まずは中と外それぞれからじっくりと見てみました。
そして彫刻と同じポーズをとったり、そのポーズから動いてみたりと心身をほぐします。
雨がやんでいたので、2階バルコニーでのびのびできました。

 

pazzパウル・クレー《山への衝動》は、抽象的に描かれた作品です。
ここでは作品の絵柄のパズルにチャレンジしました。
手を動かしながらの鑑賞で、むずかしいときは保護者の方とも相談します。

 

土方久功《猫犬》は、台の上に展示されている作品です。
まずはいろいろな方向から見てみます。

DSC_0305保護者の方には子どもの視線を体験してもらうため、少しかがんで鑑賞していただきました。
視線の高さをあわせると、親子の距離が縮まっていきます。

DSC_0323子どもたちにも大人の視線の高さを体験してもらうため、ふみ台に乗って鑑賞しました。
視線が上がると、猫でも犬でもない不思議な生き物の顔も、よく見えました!

(研究補佐員H)


おやこでトーク 6月20日(土)

数日間天気が悪かったのが嘘のような快晴に恵まれ、おやこでトークが開催されました。
このプログラムでは、ガイドスタッフと一緒に3作 品ずつを鑑賞します。
作品の前でガイドスタッフと積極的に話す子どもの姿も多く見られました。

DSC_0061

奈良美智《Harmless Kitty》 の鑑賞では、折り紙を使い、絵の中の色を他の色に置き変えてみました。
様々な色や絵柄の折り紙でイメージが膨んだようです。

DSC00694

 

竹内栖鳳の《飼われたる猿と兎》では、猿と兎のポーズを真似してみました。
そのあと、同じ展示室で親子で動物がモチーフの作品を1点選び、ポーズをとりました。
親子で協力してポーズを作ったりと、たくさんの工夫がありました!

DSC00732
6月の「おやこでトーク」は2日間開催。
21日(日)へ続きます。

(インターンH&研究補佐員H)