生涯学習団体向けプログラム 10月29日

このところスクールプログラムのご報告が続いておりますが、MOMATでは、学校団体のみでなく生涯学習団体向けのプログラムも行っています。

この日に来館したのは、乳児連れのお母様方で構成された団体です。
団体代表者の方は、赤ちゃん連れのお母さんが安心して来館できる設備があるか事前に来館してチェック。
ベビーカーの貸出や、1階・2階の多目的トイレの場所を確認しました。

そして迎えた当日、この日最初の鑑賞作品は、藤田嗣治《五人の裸婦》です。

DSC_0055

まずは描かれているものを確認していきました。
5人の女性は、眉がなく不思議な雰囲気。それぞれちがうポーズです。
また背景や、犬・猫のリアルな表現も、一度気になると目がいきます。
近づいたり離れたりして、表面のテクスチャや描き方もじっくり味わいました。

 

DSC_0061

靉光の《眼のある風景》は、見れば見るほど不思議な作品です。
動物、枯れた木、魚、干からびたあばら骨・・・など、さまざまなものに見えてきます。
赤ちゃんと過ごす時間がほとんどのお母さん方、考えを広げて、意見を出し合う鑑賞はいかがでしたでしょうか。

 

DSC_0072

最後の作品、アントニー・ゴームリーの《反映/思索》は、作品を取り囲む環境と共に鑑賞できる作品です。
テラスに出て外から鑑賞する際には、外気に触れてリフレッシュ。
赤ちゃんたちも、ちょっとのびのびできたかも?

 

赤ちゃん連れでは、美術館はなかなか入りづらいと思われがちですが
まずは来てみることろから、ということで、今回、ガイドスタッフによるギャラリートークを行いました。

小さな子ども連れの家族に向けた「おやこでトーク」などのプログラムも最近始まりましたが、さまざまな方が来館しやすい環境づくりは、まだまだ進めていきたいところ。
スタッフも、お客様からたくさん学んでいきたいと思います。

(研究補佐員H)