23$s

「映画関連資料デジタル化の手引」について

“映画”にまつわる資料は、映画産業としての企画・製作・流通等の過程で生み出される資料や、個の映画人の生涯にわたるコレクション資料などをはじめとし、平面・立体などの形態の違いや印刷物・手書原稿・原画など様々な特性をもつといえます。近年、情報技術の発達とともに、これら資料の有効活用のためデジタル化の需要が高まっているものの、デジタル化に伴う技術事項や作業行程の効率化についての知識は、広く一般化していない状況であるといえます。

 

BDCプロジェクトでは、フィルムセンター所蔵のスチル写真、ポスター、脚本、プレス資料、制作資料、その他立体資料など、様々な種別の映画関連資料[※1]を題材にデジタル化を行ってきました。

この度、これらのデジタル化の作業を通じ得られたデジタル化の仕様や、技術の標準化に係る情報を取り纏め、「東京国立近代美術館フィルムセンター映画関連資料デジタル化の手引」(以下、手引書[※2])の作成を行いました。 続きを読む


BDC技術セミナー その4「映画関連資料のデジタル化に関するセミナー」について

今回は、技術セミナーに関する話題の第4回、セミナーのタイトルは「映画関連資料[※1]のデジタル化に関するセミナー」です。

 

前回の記事も併せてご参照下さい)

“映画”にまつわる資料は、映画産業としての企画・製作・流通等の過程で生み出される資料や、個の映画人の生涯にわたるコレクション資料などをはじめとし、平面・立体などの形態の違いや印刷物・手書原稿・原画など様々な特性をもつといえます。近年、情報技術の発達とともに、これら資料の有効活用のためデジタル化の需要が高まっているものの、デジタル化に伴う技術事項や作業行程の効率化についての知識は、広く一般化していない状況です。

本セミナーでは、多様な映画関連資料について、国内の映画(演劇やアニメーションなどを含む)関連資料を扱う組織の事例紹介をはじめとし、デジタル化の目的や資料特性などに応じた技術事項や作業行程の解説などを通じ、資料デジタル化全般について学ぶための機会を設けました。

続きを読む


大藤信郎コレクションのデジタル化資料を活用した調査研究事例紹介 その2(調査結果報告)

平成28年度BDCプロジェクトでの資料デジタル化調査研究(映画関連資料の原資料からのデジタル化作業)では、フィルムセンター所蔵の大藤信郎コレクションの資料デジタル化を行いました。

デジタル化された資料の一部は、ウェブサイト「日本アニメーション映画クラシックス」の大藤信郎記念館のページにおいて公開されており、手書き台本、造形作品や切り紙キャラクターなど、約140点の資料がご覧いただけます。

 

BDCプロジェクトでは、アニメーション史研究者である臼井直也氏に協力を依頼し、デジタル化された大藤信郎コレクションの新たな活用方法について検証を行いました。

本記事は、前回の中間報告からの調査報告結果を紹介するものとなります。

続きを読む


映画アーカイブにおける長期保存システムの調査研究

東京国立近代美術館フィルムセンター(以下「フィルムセンター」)では、近年、映画フィルムのデジタル化やデジタル修復等の研究事業をすすめています。

平成28年度、BDCプロジェクトではそれらの作業行程で生成される各種デジタルデータの長期保存のための調査研究を、株式会社エヌ・ティ・ティ・データに委託研究という形で実施しました。

 

本ブログでは、調査研究の内容を概観するとともに、調査研究にて作成された報告書の本編を紹介したいと思います。 続きを読む


大藤信郎コレクションのデジタル化資料を活用した調査研究事例紹介

平成28年度BDCプロジェクトでの資料デジタル化調査研究(映画関連資料の原資料からのデジタル化作業)では、フィルムセンター所蔵の大藤信郎コレクションの資料デジタル化を行いました。

デジタル化された資料の一部は、ウェブサイト「日本アニメーション映画クラシックス」の大藤信郎記念館のページにおいて公開されており、手書き台本、造形作品や切り紙キャラクターなど、約140点の資料がご覧いただけます。

 

BDCプロジェクトでは、アニメーション史研究者である臼井直也氏に協力を依頼し、デジタル化された大藤信郎コレクションの新たな活用方法について研究しています。

本記事は、臼井氏による中間報告を通して、調査研究活動の内容をご紹介するものとなります。

続きを読む


デジタルサイネージを利用したポスター画像試験展示のお知らせ

フィルムセンターでは、2018年2月28日まで、デジタルサイネージ機器を利用したポスター画像の試験展示を行っています。
デジタルサイネージ機器は1階エントランス、7階展示室にそれぞれ1台ずつ設置しています。

試験展示に使用しているポスター画像は平成27年度BDCプロジェクトでの資料デジタル化調査研究(映画ポスターの原資料からのデジタル化作業)にて作成した画像データを素材として、デジタルサイネージ機器の解像度(1920 x 1080)に合わせたものになります。

続きを読む



デジタル資料閲覧システム 試験運用についてのお知らせ

フィルムセンター図書室では、タッチパネル式端末を設置し、デジタル化した図書資料(戦前期の映画雑誌347冊)を試験的に公開しています。

 

平成28年度BDCプロジェクトでの資料デジタル化調査研究(「映画関連雑誌の原資料からのデジタル化作業」)にて作成された画像データを素材としてシステム構築が行われ、タッチパネルによるページ送りや拡大・縮小など直感的な操作による閲覧が可能です。

続きを読む


「日本アニメーション映画クラシックス」in 幽霊坂KS46Wallギャラリー

期間:2017/11/6~12/5
時間:毎日 10:00–13:00、17:00–22:00
場所:御茶ノ水ソラシティプラザ内、デジタルギャラリー KS46Wallhttp://ocha-navi.solacity.jp/KS46Wall/
企画:東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、国立情報学研究所(NII)

2017/11/6~12/5の1ヶ月間、東京・御茶ノ水ソラシティ内にありますKS46Wallにて、「日本アニメーション映画クラシックス」で公開中のアニメーション作品のうち25作品を上映展示いたします。
続きを読む


デジタル映画の保存・活用に係る法制度等に関する調査

 

EuropeanaやDPLA、Troveなど、オンラインの世界には、新たな知的インフラとしての大規模な文化遺産情報ポータルサイトが次々に現れ、さまざまな文化資源に関する情報へのアクセスが飛躍的に向上しました。この背景にはもちろん、ICTの発展やデジタル化による文化遺産のさらなる資源化に対する国家的あるいは戦略的な支援があり、また著作権法等の改正など法整備も不可欠であったと言えます。

続きを読む


23$s

「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」は文化庁の美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業です。

23$s

BDCプロジェクトはNational Research Project
for the Sustainability of Born-Digital Cinema
の略称です。

事業名は「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」です。