23$s

「日本アニメーション映画クラシックス」ウェブサイト公開しました!

 

先日から、このブログでもご案内していた「日本アニメーション映画クラシックス」ウェブサイト、本日公開いたしました。

 

(画像クリックで「日本アニメーション映画クラシックス」http://animation.filmarchives.jp/に移動します)

blog_jafc_top

フィルムセンターの所蔵するアニメーション映画の中から、現存する最も初期のアニメーション映画『なまくら刀』(1917年公開)をはじめ、1917~41年に製作・上映された64作品を公開しています。配信動画は年代順・作品名順のリスト表示だけでなく、「物語」、「アクション」、「演出技法」、「キャラクター」といったカテゴリーによる複数の切り口からも見つけることができ、また、作家紹介ページから、個々の作家の公開作品を網羅的に見ることもできます。

 

さらに、2010年に開催した企画展「アニメーションの先駆者 大藤信郎」をもとに再構成した「大藤信郎記念館」のページでは、大藤信郎の手書き台本、造形作品や切り紙キャラクターなど、約140点の資料をブラウザ上でご覧いただけます。企画展では見開きだった台本の全ページが読め、キャラクターの切り抜きや未完成に終わった『竹取物語』のセル画の一部が実際に動き出すなど、デジタル展示ならではの試みも見どころです。

 

本サイトは、2017年末まで、試験的に公開を行います。みなさまの感想やご意見など、アンケートを通じてお聞かせいただければ幸いです。

 

最後にもうひとつ。

「日本アニメーション映画クラシックス」ウェブサイトでの公開を目指し、著作権者に関する入念な調査を進めてきたものの、この一覧上の作品の権利者とおもわれる方々の没年や連絡先が現在のところ不明であり、作品の公開には至っていません。追加情報のほか、権利継承者からのお申し出をお待ちしています。

 


アーカイブ

23$s

「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」は文化庁の美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業です。

23$s

BDCプロジェクトはNational Research Project
for the Sustainability of Born-Digital Cinema
の略称です。

事業名は「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究」です。