開催予定の展覧会

  • 2021.10.26 - 2022.2.13
  • 企画展

柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年

100 Years of Mingei: The Folk Crafts Movement

ローカルであり、モダンである。

《羽広(はびろ)鉄瓶》 山形県 1934 年頃 日本民藝館


《スリップウェア鶏文鉢(とりもんはち)》イギリス 18 世紀後半 日本民藝館

今、なぜ「民藝」に注目が集まっているのでしょうか。「暮らし」を豊かにデザインすることに人々の関心が向かっているからなのか。それとも、日本にまだ残されている地方色や伝統的な手仕事に対する興味からなのか。いずれにせよ、およそ100年も前に柳宗悦、濱田庄司、河井寬次郎が作り出した新しい美の概念が、今なお人々を触発し続けているのは驚くべきことです。

 

柳宗悦の没後60年に開催される本展覧会は、各地の民藝のコレクションから選りすぐった陶磁器、染織、木工、蓑、ざるなどの暮らしの道具類や大津絵といった民画のコレクションとともに出版物、写真、映像などの同時代資料を展示し、総点数400点を超える作品と資料を通して、民藝とその内外に広がる社会、歴史や経済を浮かび上がらせます。

 

今回とりわけ注目するのは、「美術館」「出版」「流通」という三本柱を掲げた民藝のモダンな「編集」手法と、それぞれの地方の人・モノ・情報をつないで協働した民藝のローカルなネットワークです。民藝の実践は、美しい「モノ」の蒐集にとどまらず、新作民藝の生産から流通までの仕組み作り、あるいは農村地方の生活改善といった社会の問題提起、衣食住の提案、景観保存にまで広がりました。「近代」の終焉が語られて久しい今、持続可能な社会や暮らしとはどのようなものか―「既にある地域資源」を発見し、人・モノ・情報の関係を編みなおしてきた民藝運動の可能性を「近代美術館」という場から見つめなおします。

 

 

展覧会の見どころ

ホームスパンを着用する柳宗悦 日本民藝館にて 1948年 日本民藝館

1.民藝の歴史的な変化と社会の関係をたどります。
民藝運動はどのような背景のなかで生まれ、変化してきたのでしょうか。関東大震災、鉄道網の発達と観光ブーム、戦争と国家、戦後の高度経済成長―民藝運動の歩みは「近代化」と表裏一体であり、社会の大きな節目と併走するように展開してきました。なぜ今、民藝が注目されるのかをひも解きます。

 

2.手を動かす柳宗悦ーそのデザイン・編集手法を分析します。
宗教哲学者であり、文筆活動を主体として民藝運動を推しすすめた柳ですが、実はなかなかの画力の持ち主。集めた器物をスケッチし、書体(フォント)を作り、写真のトリミングや配置を決め、あるいは建物や製品の設計図を描き、大津絵などの絵画の表具をしつらえるなど、あらゆる「編集」作業に腕をふるいました。柳がさまざまなメディアを通して、自らの美的感覚をどのように示し、伝えたのか―その「手さばき」を解析します。

 

3.衣食住から景観保存まで
ツイードの三つ揃いスーツ、蝶ネクタイに丸眼鏡、ワークウェアとしての作務衣―民藝の人々はみなスタイリッシュでお洒落でした。しゃぶしゃぶにカレー、地方のお土産菓子など、食文化にも民藝は関わっています。民家の特徴を取り入れた建築にウィンザーチェア、日本・朝鮮・西洋折衷のインテリアデザインは良く知られるところですが、鳥取砂丘の景観保存にも民藝が関わっていたこと、ご存じでしたか?

 

作品保護のため、会期中一部展展示替えがあります。
(前期:10月26日(火)~12月19日(日)、後期:12月21日(火)~2022年2月13日(日))

《ボウバック・アームチェア スプラットタイプ》イギリス 19世紀 日本民藝館

《緑黒釉掛分皿(りょくこくゆうかけわけざら)》 鳥取県・牛ノ戸 1930 年代
日本民藝館

《木綿切伏(きりぶせ)衣裳》 北海道アイヌ 19世紀 日本民藝館(前期展示予定)

開催概要

会場:
東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
会期:
2021年10月26日(火)~ 2022年2月13日(日)
休館日:
月曜日[ただし2022年1月10日は開館]、年末年始[12月28日(火)~ 2022年1月1日(土)]、1月11日(火)
開場時間:
10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
チケット・観覧料:
決まり次第発表いたします。
主催:
東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション、毎日新聞社
協賛:
NISSHA
特別協力:
日本民藝館
美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
詳しくはアクセスマップをご参照ください。