開催予定の展覧会

  • 2020.2.26 - 6.14
  • 企画展

ピーター・ドイグ展

Peter Doig

《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》 2000-02年 シカゴ美術館蔵
©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C2966




イギリスが誇る現代の「画家の中の画家」、日本初個展

ピーター・ドイグ(1959-)は、ロマンティックかつミステリアスな風景を描く画家です。今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われています。

彼は、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告グラフィック、自らが暮らしたカナダやトリニダード・トバゴの風景など、多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきました。

私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、どこかで見たことのあるようなイメージを用いながらも、全く見たことのない世界を見せてくれるからだと言えるでしょう。

本展は、ピーター・ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展です。絵画から広がる想像の旅へみなさんをお連れします。

 

 

 

ピーター・ドイグとは

1959年、スコットランドのエジンバラ生まれ。カリブ海の島国トリニダード・トバゴとカナダで育ち、1990年、ロンドンのチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで修士号を取得。1994年、ターナー賞にノミネート。2002年よりポート・オブ・スペイン(トリニダード・トバゴ)に拠点を移す。

テート(ロンドン)、パリ市立近代美術館、スコットランド国立美術館(エジンバラ)、バイエラー財団(バーゼル)、分離派会館(ウィーン)など、世界的に有名な美術館で個展を開催。

同世代、後続世代のアーティストに多大な影響を与え、過去の巨匠になぞらえて、しばしば「画家の中の画家」と評されている。

 

 

 

 

 

*詳細は、決まり次第お知らせいたします。

 

 

 

会場:
東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
会期:
2020年2月26日(水)~6月14日(日)
開館時間:
10:00-17:00 (金曜・土曜は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(3/30、5/4は開館)、5/7(木)
主催:
東京国立近代美術館、読売新聞社、ぴあ
協賛:
マイケル ヴェルナー ギャラリー
協力:
ヤゲオ財団
美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
詳しくはアクセスマップをご参照ください。
特設サイト:
https://peterdoig-2020.jp

プレスリリース