開催予定のイベント

  • 2021.3.23 - 4.11
  • イベント

美術館の春まつり

Spring Festival in The National Museum of Modern Art, Tokyo

 

東京国立近代美術館は皇居や千鳥ケ淵、北の丸公園といった桜の名所エリアに立地しており、散策で巡るにも絶好のロケーションにあることから、春にちなんだ催しで皆さまをお迎えします。題して「美術館の春まつり」。美術館で味わう春を、どうぞご堪能ください。

春らんまんの展覧会

所蔵作品展「MOMATコレクション」 (会期:3月23 日- 5月16 日)※花の作品の特集は5月16日まで

花々を描いた名品を、会場の一室に集めました。桜を描いた名作、川合玉堂《行く春》(重要文化財)、しだれ桜ほか40種類を超える桜が描かれた跡見玉枝《桜花図巻》や安田靫彦《木花之佐久夜毘売このはなのさくやひめ》、船田玉樹《花の夕》、さらに川瀬巴水など「新版画」における桜、染織として釜我敏子《型絵染着物 春の野》など、春を彩る作品が皆さまをお待ちしています。

そのほか、岸田劉生や安井曽太郎、セザンヌなどおなじみの作品も。千鳥ヶ淵はじめ周辺に咲きほこる桜との競演を楽しみながら、自分だけの花をみつける散策にお出かけください。

川合玉堂《行く春》1916年 重要文化財

跡見玉枝《桜花図巻》(部分)1934年

船田玉樹《花の夕》1938年


企画展「あやしい絵展」 (会期:3月23 日-5 月16 日)

甲斐庄楠音《横櫛》1916(大正5)年頃
京都国立近代美術館蔵

 

明治期、あらゆる分野において西洋から知識、技術などがもたらされるなか、美術も西洋からの刺激を受けて、新たな時代にふさわしいものへと変化していきました。
このような状況のもとで生み出されたさまざまな作品の中には、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった「単なる美しいもの」とは異なる表現がありました。これらは、美術界で賛否両論を巻き起こしつつ、激動する社会を生きる人々の欲望や不安を映し出したものとして、文学などを通して大衆にも広まっていきました。
本展では幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図などからこうした表現を紹介します。

詳しくはこちらから

コレクションによる小企画「幻視するレンズ」 (会期:3月23日-5月16日)

「機械の眼」であるカメラは、写真家の想像力と結びつくとき、むしろ眼の前の現実に幻想的な世界への扉を開くことがあります。
川田喜久治「ラスト・コスモロジー」や深瀬昌久「鴉」などを中心に、写真のもう一つの側面を探ります。

詳しくはこちらから

 

 

お休み処 でお花見を

 

美術館前庭に、お休み処として床几台をご用意いたします。
散策や鑑賞後の一休みに、桜を眺めながらのひとときをお過ごしください。

春らんまんのグッズ販売

 

ミュージアムショップでは、桜をモチーフにしたマスキングテープ、チケットファイルなど春らしいオリジナルグッズを販売します。

詳しくはこちらから

開催概要

タイトル:美術館の春まつり

開催期間:2021年3月23日(火)~4月11日(日)

会  場:東京国立近代美術館
     〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1

主  催:東京国立近代美術館

開場時間:10:00-17:00(金・土曜は20:00まで)
いずれも、入館は閉館の30分前まで ※同時期開催の企画展「あやしい絵展」は9:30開場

休館日:月曜日(ただし3月29日は開館)

アクセス:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分
     「九段下駅」4番出口より徒歩15分
     「神保町駅」A1出口より徒歩15分
     「大手町駅」C2b出口より徒歩20-25分

 

開催予定の展覧会:
「MOMATコレクション」(4F-2F 所蔵品ギャラリー)

「あやしい絵展」(1F 企画展ギャラリー)

「コレクションによる小企画 幻視するレンズ」(2Fギャラリー4)

 

*「あやしい絵展」の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」もご覧いただけます。

*「MOMATコレクション」の観覧料で入館当日に限り、コレクションによる小企画「幻視するレンズ」もご覧いただけます。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、開館時間・開催内容等変更する可能性がございます。