開催中の展覧会

  • 2019.11.1 - 2020.2.2
  • 企画展

窓展:窓をめぐるアートと建築の旅

The Window: A Journey of Art and Architecture through Windows

窓をめぐるアートと建築の旅に、さあ出かけよう。
マティスやクレー、デュシャンなど20世紀美術の巨匠から、リヒターやティルマンスなどの現代美術、ル・コルビュジエやカーンら建築家の作品まで。
ジャンルを超えて集まった、58作家、115点をご紹介します。

わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さからわたしたちを守ってくれます。また、室内にいるわたしたちに外の世界の新鮮な眺めをもたらしてくれます。
「窓学」を主宰する一般財団法人 窓研究所とタッグを組んで行われるこの展覧会では、アンリ・マティスの絵画からカッティングエッジな現代美術、また美術の枠を飛び出して世界の窓の歴史まで、さまざまな切り口で窓についてご紹介します。美術家たちが愛し、描いた窓辺の情景や、日常生活に活かせる窓の知識などが、ジャンルを横断して会場に並びます。きれいな作品、楽しい作品、どきっとする作品、考えさせられる作品。さまざまなタイプの作品があるので、誰でもきっとお気に入りがみつかるはず。
展示室を後にしたとき、いつもの窓がちょっと違って見える―― そんな機会になればと願っています。

 

見どころ

①アンリ・マティス、ピエール・ボナール、パウル・クレー、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、マルセル・デュシャン、マーク・ロスコ、ロイ・リキテンシュタイン・・・20世紀美術の名作がぜいたくに並びます。

アンリ・マティス《待つ》1921-22年 愛知県美術館

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー《日の当たる庭》1935年 愛知県美術館

パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》1925年 東京国立近代美術館

藤本壮介《窓に住む家/窓のない家》 2019年 Photo: DAISUKE SHIMA

②美術館前庭には藤本壮介《窓に住む家/窓のない家》が出現。名作《House N》(2012)の大型コンセプト・モデルです。

ピーター・アイゼンマン《住宅第4号》(コネチカット州フォールズ・ビレッジ)アクソノメトリック図 1970-71年頃 カナダ建築センター © CCA Peter Eisenman fonds Collection Centre Canadien d'Architecture/ Canadian Centre for Architecture, Montréal

③東北大学五十嵐太郎研究室制作、全長12メートルの窓と建築とアートの歴史をたどる年表を展示。加えて建築家のドローイングや貴重書をご紹介します。

④ローマン・シグネール、ヴォルフガング・ティルマンス、ホンマタカシなど、現代美術の作品もたっぷり展示。8枚の大きなガラスに思いがけないイメージが映り込む、ドイツの巨匠、ゲルハルト・リヒターの《8枚のガラス》は必見です。

ローマン・シグネール《よろい戸》2012年 作家蔵 © Roman Signer 撮影:木奥惠三

ヴォルフガング・ティルマンス《tree filling window》2002年 ワコウ・ワークス・オブ・アート

ゲルハルト・リヒター《8枚のガラス》2012年 ワコウ・ワークス・オブ・アート © Gerhard Richter 撮影:木奥惠三

⑤タデウシュ・カントル、ユゼフ・ロバコフスキ、ズビグニエフ・リプチンスキと、ふだんあまり見る機会のないポーランドのアーティストの作品をご紹介。新しい発見がたくさんあります。

タデウシュ・カントル《教室――閉ざされた作品》1983-85年 タデウシュ・カントル芸術ドキュメンテーション・センター、クリコテカ Tadeusz Kantor © Maria Kantor & Dorota Krakowska / Tadeusz Kantor Foundation 撮影:木奥惠三

ズビグニエフ・リプチンスキ《タンゴ》1980年 ヴィデオ(35mmフィルムより変換) 8分10秒 ズビグ・ビジョン © Zbig Vision

茂田井武〈ton paris〉より 50 Ce PETIT CHIEN REGARDE le TROTTOIR TOUT LE JOUR(いつも歩道を見ている小犬)1930-33年 公益財団法人大川美術館

⑥新しい発見といえば、思いがけずこんなにかわいらしい作品も。パリの暮らしを描いた茂田井武の画帖〈ton paris〉でほっこりしてみませんか。

西京人(小沢剛、チェン・シャオション、ギムホンソック)《第3章:ようこそ西京に―西京入国管理局》2012年 作家蔵 撮影:木奥惠三

⑦アーティスト・ユニット、西京人の《第3章:ようこそ西京に―西京入国管理局》は、係員に「あること」をして見せないと先に進めません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

トークイベント

◆2019年11月30日(土)14:00-15:30
藤本壮介:窓と建築
数々の世界的なプロジェクトを手掛け、建築の新しい切り口を提起し続ける建築家・藤本壮介氏にご登壇いただきます。

登壇者:藤本壮介(建築家)
モデレーター:五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修/同展学術協力)


◆2019年12月14日(土)14:00-15:30
ホンマタカシ:窓とカメラオブスキュラ
建築を被写体に数々の作品を撮影してきたほか、窓とカメラオブスキュラの親密性に着目する写真家・ホンマタカシ氏にご登壇いただきます。

登壇者:ホンマタカシ(写真家)
モデレーター:五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修/同展学術協力)


会場:東京国立近代美術館 地下1階講堂(開場は開演30分前)
※申込不要(先着130名)、当日10時より受付にて整理券配布
※聴講無料、要観覧券(使用済み半券可)


上映会

◆2019年12月7日(土)14:00-15:30
早稲田大学 中谷礼仁研究室「柱間装置の文化誌」短編映画上映会
日本伝統の窓の概念、柱間装置。開放から閉鎖、昼から夜、古代から未来など、様々に変化していく建築の姿を撮り下ろしの短編映画2作品を通して考察します。   

上映作品:
『Transition of Kikugetsutei』(16分11秒、日本語、英語字幕付、2015年、日本)
『柱都』(10分36秒、日本語、英語字幕付、2019年、日本)

登壇者:
稲垣晴夏(映像作家/offaa)
瀬尾憲司(映像作家/offaa代表)
中谷礼仁(建築史家/早稲田大学教授)
モデレーター:五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修/同展学術協力)


会場:東京国立近代美術館 地下1階講堂(開場は開演30分前)
※申込不要(先着130名)、当日10時より受付にて整理券配布
※聴講無料、要観覧券(使用済み半券可)


ウィークエンド・ギャラリートーク

◆2019年 11月29日(金) 18:00-18:45
◆2019年 12月6日(金) 18:00-18:45
◆2019年 12月7日(土) 18:00-18:45
◆2020年 1月17日(金) 18:00-18:45
本展の美術作品パート(1章、3-13章)を担当したキュレーター、蔵屋美香が、会場で作品を前にお話しします。楽しい話から深い話まで、いろいろ飛び出します。全4回。

キュレーター:蔵屋美香(東京国立近代美術館 企画課長/同展企画者)


会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
※予約不要
※聴講無料、要観覧料


 

 

会場:
東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
会期:
2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)
開館時間:
10:00-17:00 (金曜・土曜は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(11月4日、1月13日は開館)、11月5日[火]、年末年始(12月28日[土]-2020年1月1日[水・祝])、1月14日[火]
観覧料:
当日券
一般 1,200(900)円
大学生 700(500)円


*いずれも消費税込。
*( )内は20名以上の団体料金。
*高校生以下および18 歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者( 1 名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金でご鑑賞いただけます。
*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
*同時開催「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」セット券(一般 1,500円、大学生 800円)もございます。
無料観覧日:
11月3日[日・祝]文化の日
主催:
東京国立近代美術館、一般財団法人 窓研究所
共催:
東京新聞
助成:
スイス・ プロ・ヘルヴェティア 文化財団 、 アダム・ミツキェヴィッチ・インスティテュート/culture. pl /jp
後援:
在日スイス大使館、ポーランド広報文化センター
学術協力:
五十嵐太郎(東北大学教授/建築史・建築批評家/「窓学」総合監修)
美術館へのアクセス:
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
詳しくはアクセスマップをご参照ください。

作品リスト


プレスリリース