ガイドスタッフ7期メンバー募集

MOMATガイドスタッフ 7期メンバー募集案内


\\ みんなで みると みえてくる //

『アートを見るって面白い!』その声を引き出してみませんか?

東京国立近代美術館では、2003年から毎日、展示室で鑑賞プログラム「所蔵品ガイド」を行っており、2020年からは「オンライン対話鑑賞」も展開しています。この進行役を務める解説ボランティアが、「MOMATガイドスタッフ」です。現在、30代から70代までの男女約40名が活躍中です。

 

対面で!オンラインで!
作品との“出会いの場”に立ちあう
 ガイドスタッフは、一方的に作品を解説するのではなく、さまざまな見方を提案したり、発言を引き出したりしながら、「対話鑑賞」の手法を使って”対話”と”多様性”に満ちたギャラリートークを提供します。所蔵品ガイドはこれまでに4000回以上実施され、5万人以上の方が参加しました(2020年3月時点)。
 最近ではICTを利用した鑑賞に興味を持つ学校や企業も増えており、「オンライン対話鑑賞」など活動の幅が広がっています。

鑑賞の切り口は無限大!
 誰でも参加できる所蔵品ガイドの他に、参加者にあわせてプログラムを用意することもあります。小学生から大学生までのスクールプログラム、小さな子どもやその家族のためのファミリープログラム、生涯学習団体やビジネスパーソン向けなどさまざま。参加者に合った作品選びや、作品との出会い方をデザインするのはガイドスタッフ自身です。ときにはガイドスタッフ同士がアイデアを出し合って取り組みます。
 ガイドの手法や作品の調べ方、オンラインツールの使い方などは、養成研修で身につけることができます。ガイドスタッフ自身が作品をよく観察したり、互いのガイドを参考にしたりして経験を積み重ね、ファシリテーション力を高めていきます。
 最初は美術の知識がなくても大丈夫。多様な参加者と鑑賞する喜びを分かち合いたい方、近・現代美術を積極的に学びたい方、ぜひご応募ください。

 

2021年9月11日(土)開催予定
「ガイドスタッフ7期募集 オンライン説明会」 ※申込受付は終了しました

*詳細はこちらよりご確認ください。

 

募集要項

名称 MOMATガイドスタッフ
活動内容

東京国立近代美術館の所蔵品ギャラリーにおいて、来館者の方々に対し、毎日2時からの「所蔵品ガイド」を月1回程度を行うのが基本活動です。その他、希望すれば団体向けガイドや、学校教育の一環として来館する児童・生徒へのギャラリートーク、子ども向けイベントの補助、オンラインプログラムなどを担当することもできます。
*詳しくは MOMATガイドスタッフ のページをご覧ください。

募集人数 15名程度
応募条件

1.2022年4月1日時点で満20歳以上の方。

2.近・現代美術に関心があり、ガイドスタッフとして積極的に学び、活動する意欲のある方

3.事前に行われる7回の養成研修に、原則としてすべて参加可能な方

4.月1回程度の所蔵品ガイド(準備を入れて1回約2時間半)、その他、例会やフォローアップ研修等に参加可能な方
 *所蔵品ガイドは、土日祝日を含め、会期中毎日2時から約1時間
 *学校団体へのギャラリートークは、主に平日に行います。
 *例会(年5回程度)やフォローアップ研修(年1、2回程度)は、通常、土曜日に行います。
 *不定期に、団体向けガイドやイベントのサポートを、希望者にお願いすることがあります。

5.養成研修終了後、2022年4月から活動可能な方

6.Eメールにて連絡の取れる方

7.PC所有、自宅にインターネット接続環境のある方(推奨)
 *面接・養成研修および今後しばらくのガイドスタッフ活動は、オンライン中心になる可能性があります。

8.「ガイドスタッフ7期募集  オンライン説明会」への参加を推奨します
 *要・申し込み。説明会にてオンライン対話鑑賞の見学が可能です。

応募方法

以下より募集要項、応募用紙をダウンロード。 必要事項およびテーマ作文を手書きまたはWord等ソフトでご作成のうえ、下記宛先にお送りください。

募集要項 ダウンロード

応募用紙 ダウンロード

 

締切日
郵送……封筒に「ガイドスタッフ応募用紙在中」と記入。

      2021年9月26日(日) 当日消印有効
メール…添付で送信。 件名:「ガイドスタッフ応募」
      2021年9月26日(日)23時59分まで

宛先
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
東京国立近代美術館 企画課 教育普及室
E-mail:volunteer@momat.go.jp

選考方法 書類選考と面接により養成研修生を選考します。

 *書類選考結果は10月中旬までにご連絡、面接は10月20日(水)~23日(土)を予定しています。
 *応募書類はお返ししませんのでご了承ください。
 *ご記入いただいた個人情報は、募集に関する連絡以外に使用しません。

養成研修 近・現代美術についての講義や、ギャラリートークの実習などによる養成研修(全7回)を行います。随時、課題やレポート提出があります。
 
養成研修スケジュール

2021年 11月13日、11月27日、12月11日、12月25日、2022年1月15日、1月29日および、2月12日/19日/26日のいずれか1日
 *初回以外は、各回午後1時から5時を予定。
 *日程は変更される場合や、オンライン実施となる場合があります。

採用条件

1.  養成研修修了テストに合格された方は、MOMATガイドスタッフ7期生として登録します。

2.  最初の登録期間は、2022年4月(見込み)から2024年3月末までです。その後、継続を希望される方は、館による評価と面談により更新することができます。更新による登録期間は2年間で、更新は2回までとします。

3.  登録後、当館負担でボランティア保険に加入します。

4.  ガイドスタッフ活動1日につき、活動日1,200円を支給します(但し、養成研修中は除く)

問い合わせ

よくある質問もご覧ください

東京国立近代美術館 企画課 教育普及室
E-mail:volunteer@momat.go.jp
Tel:03-3214-2605 Fax:03-3214-2576
受付時間:月~金曜日10:00~16:30 *祝日・振休を除く

 

ガイドスタッフ7期募集 オンライン説明会

東京国立近代美術館では、ガイドスタッフ7期募集のオンライン説明会を行います。
第1部では、ガイドスタッフ活動の大きな柱となる対話鑑賞をオンラインで体験または見学していただけます。
第2部では、活動内容の紹介のほか、現役ガイドスタッフへの質問タイムも予定しています。
ガイドスタッフへの応募をご検討の方は、応募用紙に当館の「所蔵品ガイド」または「オンライン対話鑑賞」の感想を記入する欄がありますので、ぜひ体験会にもお申込みください!


日程    2021年9月11日(土)10:00~12:10

      ■第1部
       10:00 挨拶、本日の流れ
       10:15 「オンライン対話鑑賞体験会」 ★ブレイクアウトルーム
       11:00 終了

       ― 休憩(10分間) ―

      ■第2部
       11:10 ガイドスタッフの活動紹介
       11:30 応募方法のご案内
       11:40 現役ガイドスタッフへの質問タイム ★ブレイクアウトルーム
       12:10 終了


開催方法  Zoom(ウェブ会議ツール)を使用
      ・お申込み後、当日のzoomミーティングIDを含むご案内をお送りいたします。
      ・PC、接続環境やzoomの操作については、各自でご準備をお願いいたします。
      ・スマートフォンではなく、PCやタブレットのご使用をお勧めします。
      ※記録のため録画させていただきます。ご了承の上お申し込みください。


定員    200名
      ・申込多数の場合、期日前に締め切る場合があります。ご了承ください。


参加費   無料


申込方法  ご参加希望の方は、以下よりお申込みください。
      ※申込受付は終了いたしました
   
      申し込み完了後、ご記入のメールアドレスに受付完了メールが届きます。
      当日のZoomミーティング情報(URL、ID、パスコード)が記載されていますので、必ずご確認ください。
      届かない場合、メールアドレス誤入力の可能性がありますので、再度お申込みください。
      (事前に「@artmuseums.onmicrosoft.com」というドメインの受信許可をお願いいたします。)

      ★オンライン対話鑑賞の参加・見学をご希望の方は、申し込み時にいずれかをお選びください。
       オンライン対話鑑賞の詳細はこちら
       「話して参加」希望
        
・対話鑑賞の参加者役を体験できます。応募者多数の場合は抽選となります。
         当選者には前日までに、参加方法のご案内をお送りいたします。
         同日までにメールが届かなかった方はビデオ・マイクOFFでご見学となります。
       「ビデオ・マイクOFFで見学」希望
        
・対話鑑賞の様子を見学できます。
         申し込み完了後に自動返信でお送りする、当日のZoomミーティング情報(URL、ID、パスコード)をご使用ください。


申込締切  2021年 9月 7日(火) ※申込受付は終了いたしました


お問合せ  東京国立近代美術館 教育普及室
      e-mail:volunteer@momat.go.jp
      ※感染拡大防止のため、在宅勤務を実施しております。お問い合わせはメールにてお願いいたします。


 

よくある質問

■仕事、学校、家庭を両立しながらできますか?

可能です。年5回程度の例会ごとに希望する日を提出していただき、世話人が中心となってシフトを組んでいます。ガイド担当日は月1回程度です。午後2時から約1時間、所蔵品ギャラリーで作品解説を行い、日誌等への記録を行います。オンラインプログラムの場合は、PC環境等あればご自宅から取り組んでいただくことも可能です。


■何かの資格が必要ですか?

必要ありません。募集要項の応募条件をご参照ください。


■年齢制限はありますか?

2022年4月1日時点で20歳以上であればどなたでも応募できます。現在、年齢幅は30代から70代まで、職業も大学院生、主婦、定年退職者、会社員など、これまで様々な方々が活躍してきました。


■ガイドの内容は、美術館から教えてもらえるのですか?

いいえ。ご自分で所蔵品に関する下調べを行い、トークプランを立てていただきます。事前準備は、「ガイドスタッフルーム」やアートライブラリを活用して各自が行います。7回の養成研修で、所蔵品に関する講義のほかトークプランの立て方などを実習形式で学びます。


■養成研修は、いつ行われますか?

7期メンバーの養成研修は、2021年 11月13日、11月27日、12月11日、12月25日、2022年1月15日、1月29日および、2月12日/19日/26日のいずれか1日を予定しています。
*日程が変更される場合や、オンライン実施となる場合があります。


■パソコンスキルは必要ですか?

資料をメール添付することが多いので、携帯メールではなく、PCでメールを受け取れることが望ましいです。また、毎回のガイド活動の記録としてメンバーのみが閲覧・投稿できるブログに日誌を記入します。希望する方にはオンラインプログラム(Zoom・PowerPoint・Word等使用)に取り組んでいただけます。


■そのほかの活動はありますか?

a.団体向けガイド

団体見学を希望する生涯学習団体グループへ、所蔵品のガイドをお願いすることがあります。

b.ファミリープログラム

こども・ファミリー向けのプログラム「こども美術館」や「おやこでトーク」では、有志のガイドスタッフが、リーダー役やヘルプ役として活躍しています。希望する方は、勉強会や事前準備に参加することが必要です。

c.スクールプログラム

こども・ファミリー向けのプログラムで経験を積んだガイドスタッフには、「スクールプログラム」でのガイドをお願いしています。主に平日に、学校団体向けのガイドを行います。

d.オンラインプログラム

ウェブ会議ツールZoomを使用した「オンライン対話鑑賞」を不定期(週1~2回)で実施しています。その他にも、学校団体等へオンラインでのガイドをお願いすることがあります。

e.例会とフォローアップ研修

所蔵作品展の展示替(年5回程度)に合わせて例会を行います。内容は、展示に関するレクチャーや、活動に関する話し合いです。このほかに必要に応じてフォローアップ研修を開催することもあります。


■完全に無償のボランティア活動なのですか?

ガイドスタッフ活動1日につき、活動費として1,200円を支給いたします。(研修期間中、活動費は支給されません。) 加えて、美術館の負担によりボランティア保険に加入します。別途の交通費などの支給はありません。

また、所蔵品ガイド等の経験を充分に積み、一定以上のスキルを得て、適性があると認められたガイドスタッフ経験者には、有料プログラムに対応する有償ファシリテーターを依頼することがあります。