美術文献ガイド 6th ed.

美術文献ガイド

6th ed. 2019.10.11


この美術文献ガイド(通称:美的工具書)は、東京国立近代美術館アートライブラリが所蔵する資料を紹介しながら、美術文献へのアクセスを解説するものです。アートライブラリのスタッフが自己研修の一環としてまとめました。

書名・雑誌名等の下線部分をクリックすると東京国立近代美術館OPACの書誌所蔵詳細画面へリンクします。書誌事項末尾の[ ]は、アートライブラリの資料請求記号です。なお、外部機関が作成したサイトについては、原則としてURLを()内に表記しています。


0. 東京国立近代美術館のツールを使う
1. 人物情報の探し方
2. 作品情報の探し方
3. 展覧会情報の探し方
4. 雑誌情報の探し方


改訂履歴

5th ed. 2019.04.27, 4th ed. 2018.04.12, 3rd ed. 2015.03.28, 2nd ed. 2010.07.01, 1st ed. 2003.05.20.


外部リンクに関する免責

当ページでは、多数の外部サイトのURLを明示しております。ご利用者様がリンク先で被った損害について、一切の責任を負いません。ご自身の責任においてご利用ください。


0. 東京国立近代美術館のツールを使う

目 次:

0.1 東京国立近代美術館の展覧会情報の調べ方
0.2 東近美の所蔵作品の調べ方
0.3 東近美の所蔵作家・出品作家に関する資料


0.1 東京国立近代美術館の展覧会情報の調べ方

この項では、東京国立近代美術館(以下、東近美)で開催した展覧会に関する情報の調べ方について説明します。展覧会情報とは、主に下記5点の内容に関する情報です。

○展覧会の会期・会場
○展覧会の出品作品
○展覧会の出品作家
○展覧会を開催するにあたって執筆された論文
○展覧会を評して書かれた短評(展評)

0.1.1 開催展覧会一覧

東近美が開催した展覧会(企画展)の情報は下記のページで通覧することができます。

東京国立近代美術館開催展覧会一覧

0.1.2 展覧会カタログ

展覧会の開催に際して作成された展覧会カタログには、「作品図版」「作品データ・解説」「関係論文」「参考文献」「出品作家の解説・肖像・年譜」等が掲載されています。展覧会開催時における最新の研究成果がまとめられており、作家や作品の情報を調べる際の大変重要な資料となります。

a) 検索方法

東近美OPACで展覧会名や作家名をキーワードにして検索すると、展覧会カタログの項目にヒットします。東近美開催の展覧会のカタログに関しては、カタログの目次内容をキーワードにして検索することも可能です。

b) 請求記号

<参考>東近美展覧会カタログの請求記号 [C*||NMA1||展覧会番号] について

請求記号は3つの部分で構成されています。 例えば[CO||NMA1||457]という請求記号が付けられている場合、「CO」(Catalogue One personの略)は1人の作家が出品した展覧会という事を示し、中央の「NMA1」(National Museum of Artの略)は東近美で開催された展覧会という意味を表しています。もしここで頭の「CO」が「CG」(Catalogue Groupの略)であれば、展覧会で2人以上の作家の作品が展示された事を示します。 最後の数字は、東近美で開催された展覧会に開催年月順で付けた通し番号(展覧会番号)となっています。閲覧室では展覧会番号順に並べています。展覧会番号がわかればすぐにカタログを見つける事ができるでしょう。

例)

CO ←「CO」=個展/「CG」=グループ展
 NMA1  ← 東近美にて開催された展覧会
457 ← 展覧会番号

 

0.1.3 ニュースレター

東近美ニュースレター『現代の眼』は1954年から現在に至るまで刊行されています。記事の内容は時代の変遷とともに変化していますが、企画展の予告や、展覧会に関する論文や報告、また、新収蔵作品の解説、企画展・常設展で取り上げた作家に関する論説など、様々な記事が掲載されています。

a) インターネット

一部の『現代の眼』は「東京国立近代美術館リポジトリ」でご覧いただけます。また、最新号はHP上にも掲載されています。ただし、著作権処理の都合上、作品画像を伏せている場合があります。

東京国立近代美術館リポジトリ
●東近美(本館)HP > 調査研究 > 現代の眼

b) 冊子体

東近美OPACで「現代の眼」のキーワードで検索すると雑誌の項目にヒットします。
「>>バックナンバーを見る」をクリックしていただき、「○巻○号/○年○月」の項目に目的の数字を入れていただければその号を確認することができます。「現代の眼」については、目次内容をキーワードにした検索が可能になっています。

『現代の眼』 No.1(1954- ) [MN||NMA1]

0.1.4 研究紀要

『東京国立近代美術館研究紀要』には、当館研究員などによる美術作品の調査報告、研究論文が掲載されています。

a) インターネット

13号以降は、機関リポジトリおよびHPから読むことができます。ただし、著作権処理の都合上、作品画像を伏せている場合があります。

東京国立近代美術館リポジトリ
●東近美(本館)HP > 調査研究 > 研究紀要

b) 冊子体

東近美OPACで「東京国立近代美術館 研究紀要」をキーワードにして検索すると雑誌の項目にヒットします。
「>>バックナンバーを見る」をクリックしていただき、「○巻○号/○年○月」の項目に目的の数字を入れていただければその号を確認することができます。「現代の眼」については、目次内容をキーワードにした検索が可能になっています。

『東京国立近代美術館研究紀要』第1号(1987)- [MB||NMA1]

0.1.5 年報・活動報告

『活動報告』は年度毎に発行される美術館活動に関する報告書です。1952年の開館から昨年度までに開催された展覧会の記録が掲載されています。「展覧会の内容」「入場者数」「新聞・雑誌等における掲載記事」等が記載されています。展覧会の開催年度がわかれば、その年度の年報を確認することによって、展覧会情報を得ることができます。

また、標記年度に東近美の所蔵品となった作品(新収蔵作品)がジャンルごとに掲載されています。多くが年度ごとに刊行されているため、最新の新収蔵作品を確認する際に便利です。掲載作品データには、「作家名」「作品名」「材質」「寸法」のほか、初出展覧会名や収蔵経緯も掲載されています。ただし、年度によって作品図版が掲載されていない場合もあります。

a) インターネット

2002年以降に発行された『活動報告』は「東京国立近代美術館リポジトリ」でご覧いただけます。また、HP上からも読むことができます。

東京国立近代美術館リポジトリ
●東近美(本館)HP > 調査研究 > 活動報告

b) 冊子体

東近美OPACで「東京国立近代美術館 年報」をキーワードにして検索すると雑誌の項目にヒットします。『国立近代美術館年報』『東京国立近代美術館年報』『独立行政法人東京国立近代美術館年報』『独立行政法人東京国立近代美術館活動報告』の順で誌名の変遷に伴いデータが分かれています。「>>バックナンバーを見る」をクリックしていただき、「○巻○号/○年○月」の項目に目的の数字を入れていただければその号を確認することができます。

『国立近代美術館年報』 1952- [MA||NMA1]
『東京国立近代美術館年報』 昭和42(1967)年-平成11(1999)年, 年刊. [MA||NMA1]
『独立行政法人国立美術館 東京国立近代美術館年報』 平成12(2000)年-平成19(2007)年, 年刊. [MA||NMA1]
『独立行政法人国立美術館 東京国立近代美術館活動報告』 平成20(2008)年-, 年刊. [MA||NMA1]

0.1.6 出品作家

1952年12月から2012年3月までに東京国立近代美術館(本館・工芸館)の企画展に出品された作家名(団体名含む)は、『東京国立近代美術館60年史』発行の際に作成された「本館・工芸館企画展出品作家総索引(和・欧)」で調べることができます。記載されている「展覧会番号」を手掛かりに、「0.1.1 開催展覧会一覧」で紹介した「東京国立近代美術館開催展覧会一覧 」から展覧会名等の情報を確認することができます。

本館・工芸館企画展出品作家総索引(和)[PDF](2,722KB)
本館・工芸館企画展出品作家総索引(欧)[PDF](1,046KB)
『東京国立近代美術館60年史』 東京国立近代美術館, 2012, 884p [MP||NMA1||2012]

東近美アートライブラリ内では、企画展の出品作家名(団体名含む)を検索できるシステムをご利用いただけます。「作家名(和)(欧)(よみ)」「生没年」「別名・別表記」等の作家情報の他に、どの展覧会に出品したか、また出品作品リストへのリンクがあれば、何を出品したかを調べることができます。(各展覧会の出品作品リストは追加作業中です。)各展覧会に関連する『現代の眼』(当館ニュースレター)の記事目次や展覧会関連シンポジウムの映像記録の有無など、当館企画展についてより多角的に調べたい時におすすめです。

東京国立近代美術館 本館・工芸館企画展出品作家総索引(和・欧)検索 【館内のみ】


0.2 東近美の所蔵作品の調べ方

この項では、東近美の所蔵作品に関する情報の調べ方について説明します。作品の情報とは、美術作品に関する「作家名」「作品名」「制作年」「技法」「支持体」「寸法(cm)」「所蔵先」などを指します。

0.2.1 所蔵作品

東近美では、20世紀はじめから現代に至るまでの国内外の美術作品を収集しています。所蔵作品の検索方法は「独立行政法人国立美術館所蔵作品総合目録検索システム」を用いる場合、『所蔵品目録』で探す場合の2種類があります。

a) 総合目録検索システム

「独立行政法人国立美術館所蔵作品総合目録検索システム」では、独立行政法人国立美術館6館のうち、所蔵作品を有する東近美、国立西洋美術館、京都国立近代美術館、国立国際美術館の4館の所蔵作品の情報を検索することができます。所蔵館を「東京国立近代美術館」に絞り込んで検索することもできます。

独立行政法人国立美術館 所蔵作品総合目録検索システム

「作家名」「作品名」「制作年」「技法」「支持体」「形状」「員数」「寸法(cm)」「収蔵年度」「所蔵館名」などが記載されています。また、作品によっては、作品図版や解説、「来歴」(これまでにその作品が誰に所蔵されたか)、「展覧会歴」(どのような展覧会に出品されたか)、「参考文献」(どのような文献で紹介されたか)といった情報も掲載されています。データ更新は原則として毎年度末に行われています。更新状況はサイト上から確認することができます。

b) 所蔵品目録

『東京国立近代美術館 所蔵品目録』は1973年から発行されています。作品分野別に発行されており、所蔵品全作について白黒図版が掲載されいます。作品ごとに、「作者名(生没年)」「作品名」「制作年」「材質・寸法」「最初の発表展覧会名」「収蔵年度」などが記載されています。冒頭に記載された凡例には、分野や年代といった収録範囲が示されています。また、各巻末には索引が設けられており、「作者名」(日英併記)からも調べることができます。

『東京国立近代美術館所蔵品目録』 1973. [CC||NMA1||1973]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 絵画』 2004. [CC||NMA1||2004]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 水彩・素描 書 彫刻(立体造形) 資料 戦争記録画』 2006. [CC||NMA1||2006]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 版画』 1993. [CC||NMA1||1993]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 岸田劉生 作品と資料』 1996. [CC||NMA1]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 補遺』 1994. [CC||NMA1||1994]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 補遺 若林奮資料』 1994. [CC||NMA1]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : 工芸』 2003. [CC||NMA1||2003]
『東京国立近代美術館所蔵品目録 : デザイン』 2003. [CC||NMA1||2003]

なお、東近美の所蔵品目録は、東近美OPACで「詳細検索」を選択し、「請求記号」欄に【CC||NMA1||*】と入力して検索すると確認することができます。

0.2.2 図版や解説

a) 重要文化財

東近美(本館)所蔵の重要文化財は、HP内の「MOMATの国指定重要文化財」から確認できます。

●東近美(本館)HP > コレクション > MOMATの国指定重要文化財

b) 刊行物

『東京国立近代美術館の名作』は、カラー作品図版と共に、日本語・英語による解説が付された資料です。巻末の作品リストで作品名・作家名から調べることができます。

『東京国立近代美術館の名作』岡﨑素子編集・デザイン・文. 国立美術館/誠文堂新光社 (発売), 2019 (国立美術館ガイド:1) [CC||NMA1||[2019]]

『名品選』は、東近美の所蔵作品の中から63点を選び、作品ごとにカラー図版、作品・作家に関する解説が付された資料です。目次からは収録作品の一覧を確認することができます。また、別冊には解説の英訳があります。

『名品選 : 東京国立近代美術館のコレクションより』 蔵屋美香, 保坂健二朗, 桝田倫広編集 東京国立近代美術館, [2016], 2冊, [CC||NMA1||[2016]]

『20世紀の絵画』は、2004年12月時点で所蔵している代表的な絵画作品202点を収録した資料です。カラー図版、日本語による作家・作品解説が掲載されています。巻末に、作品リスト、作家索引が付されています(日英併記)。

『20世紀の絵画 : 東京国立近代美術館所蔵名品選』東京国立近代美術館編 東京国立近代美術館, 2005, 309p. [CC||NMA1||[2005]]

『近代日本美術の名作』は、近代日本美術の動向を、当館だけではなく、他館の所蔵作品も交えながら作品図版と共に解説した資料です。一部の作品には日本語による解説があります。巻末には「作家略歴」「年表」「主要人名索引」が付されています。

『近代日本美術の名作 : 東京国立近代美術館ギャラリー・ガイド』東京国立近代美術館編 東京国立近代美術館, c1997, 167p. [CC||NMA1||1997]

『近代日本美術の名作』は、当館の代表作品を収録した資料です。カラー図版、日本語による作品・作家に関する解説が掲載されています。

『近代日本の美術 : 東京国立近代美術館所蔵作品選 』東京国立近代美術館編 東京国立近代美術館, 1984, 238p. [CC||NMA1||[1984]

『東京国立近代美術館60年史』 は、東京国立近代美術館開館60周年を記念して編まれた年史です。年度ごとに、東近美の主な新収蔵作品10点がセレクトされ、白黒図版や作品データと共に掲載されています。

『東京国立近代美術館60年史』 東京国立近代美術館, 2012, 884p [MP||NMA1||2012]

b) 教材

国立美術館の各館教育普及担当が作成した「国立美術館アートカード・セット」は、国立美術館の所蔵作品を用いた鑑賞学習教材です。冊子には東近美だけではなく、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の収蔵作品カラー図版・情報・解説が、鑑賞のポイントと共に掲載されています。

『国立美術館アートカード・セット』国立美術館編 東京 : 国立美術館, 2017 [MP||NMA||[2017]]


0.3 東近美の所蔵作家・出品作家に関する資料

この項では、当館で作成・整理した資料の中から、所蔵作家や過去の出品作家に関して調査する上で役立つ資料を紹介します。

0.3.1 刊行物

『美術家たちの証言』は、当館のニュースレター『現代の眼』の中から、日本近現代の美術家による71篇の記事をまとめた資料です。巻末には作家名の索引が付されています。

『美術家たちの証言 : 東京国立近代美術館ニュース 「現代の眼」 選集』 東京国立近代美術館編 美術出版社, 2012, 302p [MP||NMA1||[2012]

当館で2013年に開催した「プレイバック・アーティスト・トーク」展は、2005年~2011年にかけて行われたイベント「アーティスト・トーク」を振り返った展覧会でした。そのカタログには「アーティスト・トーク」を行った12人名の作家のトーク内容が掲載されています。

『プレイバック・アーティスト・トーク』 東京国立近代美術館編 東京国立近代美術館, c2013, 55p[CG||NMA1||493]

0.3.2 作家ファイル(東近美アートライブラリ作成)

東近美の所蔵作家・出品作家、約4,100名に関する非図書資料(展覧会案内・チラシなどのエフェメラ)を、作家名ごとにファイルしたものです。2019年7月より、東近美OPACで検索できるようになりました。閲覧を希望される方は、カウンターにお申し付けください。なお、デリケートな資料ですので、閲覧出納に時間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。

作家ファイル

0.3.3 作家シート(東近美アートライブラリ作成)

東近美アートライブラリで作成した約6,200人の美術関係の物故者シートで、新聞などに掲載された死亡記事をスクラップして作家名の五十音順にファイルしたものです(2019年3月末をもって更新停止)。当該ファイルは閲覧室に配架してありますが、東近美OPACで検索できないため、お探しの場合はカウンターにお申し付けください。

このページのTOPへ


1. 人物情報の探し方

目 次:

1.1 人物情報とは
1.2 参考図書とは
1.3 よみかたを調べる
1.4 ことがらを調べる
1.5 資料を探す


1.1 人物情報とは

人物情報と一口に言っても、その対象、内容は様々で、それによって調べ方も変わってきます。例えば、調べたい人物は作家なのか、美術評論家なのか、現存者であるか、物故者であるか、その人物とコンタクトをとりたいのか、略歴が知りたいのかなど。
東京国立近代美術館(以下、東近美)のアートライブラリで、或る人物について調べる場合、東近美OPACで人物名をキーワードにして検索してもある程度の収穫はありますが、参考図書を使って調べる方法も有用です。
東近美OPAC、参考図書、いずれに当たるにせよ、調べたい人物の氏名(日本人ならば漢字表記・よみかた、外国人の場合は原綴・アルファベット表記)、活動年代、活動ジャンルを確認しておくと効率よく調査ができます。


1.2 参考図書とは

参考図書とは簡単に言うと、調べものをする時に使うための基本図書です。レファレンス・ブックともいいます。辞典・百科事典・専門事典・人名事典・便覧(ハンドブック)・年表・年鑑・書誌・索引などの種類があります。この中で、資料を集めるのに役立つものが書誌です。
ここでいう書誌(bibliography)とは、図書・雑誌その他資料形態のものを一定の法則に従って記述した文献リストのことです。著者名、書名、件名、分類等、その目的によって編成され、配列されます。文献目録ともいいます。
書誌は必要な文献にどのようなものがあるかを知りたいとき、あるいはそれがどこに所蔵されているか、その所在を確認したいとき、さらに必要な文献を探すときには欠かせない資料です。書誌に収録される文献は一次資料とみなされます。書誌はそれらを加工して編集したものであることから、二次資料ともいいます。二次資料である書誌を収録対象として再編集したものを三次資料といいます。「書誌の書誌」がこれにあたります。

『日本書誌の書誌』は、単行本の書誌類のほか、図書や雑誌の中の書誌類を収録したものです。総裁編、主題編1~2、人物編1に分かれていて、主題編2および人物編1が「芸術 語学 文学」分野です。主題編2以降は、日外アソシエーツから出版されています。

『日本書誌の書誌』天野敬太郎編 巖南堂書店, 1973-1984, 4冊. [025||A43]

続刊として、主題編3 社会科学編が2006年に刊行されています。

『日本書誌の書誌 主題編3』天野敬太郎編纂 金沢文圃閣, 2006, 324p. [025||A43||5]

「書誌の書誌」には下記もあります。

『日本の参考図書 第4版』日本図書館協会日本の参考図書編集委員会編 日本図書館協会, 2002, xiv, 1081p. [R028||N71||2002]
『邦語文献を対象とする参考調査便覧』片山喜八郎, 太田映子共編 書誌研究の会, 2004, 219, 1237, 317p. [028||Ka84||[2004]]
『「人名辞典」大事典』人名情報研究会編著 日本図書センター, 2007, 2冊. [280.3||J52]

資料の網羅性を重視して編纂した全国書誌や全国販売書誌などを一次書誌と呼びます。これに対し、何らかの選定基準を設けたり、主題領域を限定して収録対象となる文献を選択したりして作成した書誌を二次書誌といいます。選択書誌や主題書誌は二次書誌に含まれます。人物書誌も二次書誌です。

人物書誌には一人の人物を対象とする個人書誌と、複数の人物を対象とする集合書誌とがあります。個人書誌、集合書誌に収録される文献はどちらの場合でも、その人物自身が執筆した文献、すなわちその人物の著作と、その人物について書かれた文献、例えば伝記・評伝、人物論や著作研究などが含まれます。

『人物書誌索引』深井人詩編 日外アソシエーツ, 1979-1994, 2冊. [R280.3||F71]

『美術家書誌の書誌』は、日本語で書かれた美術分野の書誌の中から、約2600人の美術家の個人書誌をまとめたものです。

『美術家書誌の書誌 : 雪舟から束芋、ヴァン・エイクからイ・ブルまで』中島理壽 勉誠出版, 2007, 12, 866p. [703||N34]

『美術家文献目録』の「日本篇」は、日本人の美術家3,899人についての人物書誌で、1991~2010年の間に国内で刊行されたものをまとめています。「外国篇」は、外国の美術家1,886人について、1980~2010年の間に国内で刊行された書誌を収録しています。

『美術家文献目録 日本篇, 外国篇』日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ, 2013, 2冊. [703.1||N71]


1.3 よみかたを調べる

1.3.1 典拠録(事典をひく前に確認しておくこと)

氏名の表記・読み・生没年などを知るため、あるいは人物を特定するために使います。外国人は、原綴からカナ化する時に同一人物でも複数の表記が発生することがあります。日本人は、漢字の表記やよみかたが違うと同定できないことがあります。氏名の表記に誤りがあると、効率よく探すことができません。
人名典拠録の代表的なものを以下にあげました。Union list of artist namesはGetty財団のホームページから、インターネットで検索することもできます。

『TRC人名典拠録』図書館流通センター編 図書館流通センター, 1991, 3冊. [R280.3||To72]
『国立国会図書館著者名典拠録 第2版』国立国会図書館編 国立国会図書館 紀伊国屋書店(発売), 1991, 6冊. [R281||Ko49]
Union list of artist names. by James M. Bower. G. K. Hall, 1994, 4v. [R703||B68]
Union list of artist names (http://www.getty.edu/research/tools/vocabularies/ulan/index.html)

1.3.2 よみかた事典類

姓名のよみかたに困った場合に使います。

『日本姓名よみふり辞典 姓の部, 名の部』日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ, 1990, 2冊. [R288.1||N71]

カナ表記された外国人名の原綴を調べるための簡便な事典です。

『カタカナから引く外国人名綴り方字典』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ, 2002, 5, 586p. [R288.1||N71]


1.4 ことがらを調べる

1.4.1 百科事典

百科事典は、事物や事件を解説し包括的にまとめた事典です。有名なことがらについては、専門事典よりも百科事典の記事のほうが詳しいことがあります。調べものをする場合、専門事典で調べる前に、まず百科事典にあたってみるとよいでしょう。一回で探していた情報が得られることもありますし、そうでなくても探している人物・ことがらについて、概略を知ることができます。

『世界大百科事典』平凡社, 1988, 31冊. [R031||H51]

1.4.2 専門事典

専門事典は、特定の主題に関わる事柄を解説した事典です。

『日本近現代美術史事典』尾崎信一郎 [ほか] 編 東京書籍, 2007, 655p. [702.16||Ta71]
『日本美術館』小学館, 1997, 1247p. [R702.1||N71]
『日本美術史事典』石田尚豊 [ほか] 監修 平凡社, 1987, 1108p. [R703.3||N71]
『オックスフォード西洋美術事典』佐々木英也監修 講談社, 1989, 1338p. [R703.3||O93]
『西洋美術館』小学館, 1999, 1151p. [R703.3||Sh95]
『世界美術大事典』小学館, 1988-1990, 6冊. [703.3||Se22]
The dictionary of art. by Jane Turner. Macmillan, c1996, 34v. [R703.3||D72]
Encyclopedia of world art. McGraw-Hill, c1959-c1987, 17v. [R703.3||E58]

1.4.3 人名事典

人名事典は人名を見出語として、その伝記的事項を記述し一定の順序に編纂した参考図書をいいます。
人名録(名鑑)は社会生活上、その相手方を知るための名簿を指し、生年月日・出身地・専門分野・現職・所属団体・住所などがわかります。その記録の採録時に、現存する人を対象としています。美術関係の事典は作家中心に編纂されるので、評論家や学芸員について触れていない可能性があります。その場合でも、一般的な人名事典には載っていることがあるので、注意して探す必要があります。美術関係の人名事典には下記の資料があります。

『20世紀物故日本画家事典』油井一人編 美術年鑑社, 1998, 445p. [R721.033||Y97]
『20世紀物故洋画家事典』岩瀬行雄・油井一人編 美術年鑑社, 1997, 334p. [R723.1||I96]
『近代日本美術家列伝』神奈川県立近代美術館編 美術出版社, 1999, 347, viiip. [R702.8||Ka43]
『近代日本美術事典』三輪英夫・佐藤道信・山梨絵美子著 講談社, 1989, 414p. [R703.3||Mi69]
『日本美術家事典』藤森耕英構成・執筆 オーアンドエム, [19–]-. [R703.3||N71]
『明治大正文學美術人名辭書』松本竜之助著 国書刊行会, 1980, 917, 36p. [R281.03||Ma81]

日外アソシエーツから出版されている『美術家人名事典』は、古代から現代まで、分野別に一覧できる人物事典です。画家・版画家を扱ったものと、工芸篇、建築・彫刻篇の3冊から成ります。

『古今・日本の物故画家3500人』 (美術家人名事典) 日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2009, 7, 720p. [703.5||N71]
『古今の名工2000人』 (美術家人名事典 工芸篇) 日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2010, 24, 451p. [703.5||N71]
『古今の名匠1600人』 (美術家人名事典 建築・彫刻篇)  日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2011, 7, 543p. [703.5||N71]

『日本人物情報大系 書画編』は江戸時代から昭和までの間に出版された、画家・書家関連の重要な文献を復刻・収集したものです。

『日本人物情報大系 書画編』芳賀登 [ほか] 編集 皓星社, 2001, 10冊. [R702.8||H12]
日本人物情報大系すべての資料を対象とした人物検索フォーム (http://www.libro-koseisha.co.jp/f_j_all.htm)

下記は写真・映像・版画・漫画など、特定の主題関連の人名事典です。

『現代写真人名事典』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ, 2005, 593p. [740.3||N71]
『日本の写真家 : 近代写真史を彩った人と伝記・作品集目録』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ, 2005, 483p. [740.3||N71]
『映像メディア作家人名事典』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 1991, 51, 655p. [778.21||N71]
『事典プリンツ21』室伏哲郎著 プリンツ21, 栄光 (発売), 1997, 1005p. [R749.03||Mu72]
『版画事典』室伏哲郎著 東京書籍, 1985, 1003p. [726.1||N71]
『漫画家・アニメ作家人名事典』日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ, 紀伊国屋書店(発売), 1997, 497p. [726.1||N71]
『漫画家人名事典』まんがseek, 日外アソシエーツ編集部共編 日外アソシエーツ, 紀伊国屋書店(発売), 2003, 36, 482p. [726.1||Ma43]

下記は一般的な人名事典です。

『講談社日本人名大辞典』講談社, 2001, 28, 2238p. [R280.3||Ko19]
『ジャパン who was who : 物故者事典1983-1987』日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 1988, 83, 693p. [R281.03||N71]
『新潮日本人名辞典』新潮社辞典編集部編 新潮社, 1991, 2086p. [R280.3||Sh61]
『日本近現代人名辞典』臼井勝美 [ほか] 編 吉川弘文館, 2001, 1181, 203p. [R281.03||U95]
『岩波西洋人名辞典 増補版』岩波書店編集部編 岩波書店, 1981, 30, 1962, 282p. [R283.03||I95]

下記は洋書の美術分野の人名事典です。

Dictionary of women artists. editor Delia Gaze ; picture editors Maja Mihajlovic, Leanda Shrimpton. Fitzroy Dearborn, 1997, 2v. [R703.3||G11]
The Prestel dictionary of art and artists in the 20th century. Prestel, c2000, 383p. [R703.3||P92]
The world’s master paintings : from the early Renaissance to the present day. compiled by Christopher Wright. Routledge, 1992, 2v. [R703.8||W94]

現在活躍中の美術家について調べるにはSt. James Press社から出ている下記のシリーズが役に立ちます。掲載している以外にも、異なる版があります。

Contemporary architects. 3rd ed. editor, Muriel Emanuel ; advisers, Francois Chaslin … [et al.]. St. James Press, c1994, xix, 1125p. [R520.3||C86]
Contemporary artists. 5th ed. editor[s], Sara Pendergast and Tom Pendergast ; advisers, Jean-Christophe Ammann … [et al.]. St. James Press, c2002, 2v. [R703||C86||5th]
Contemporary designers. 3rd ed. editor, Sara Pendergast ; advisers, Arnold Aronson … [et al.]. St. James Press, c1997, xix, 981p. [R703||C86]
Contemporary masterworks. editor: Colin Naylor. St. James Press, c1991, xvi, 933p. [R703||C86]
Contemporary photographers. 3rd ed. executive editor, Martin Marix Evans ; consultant editor, Amanda Hopkinson ; advisers, Andrey Baskakov … [et al.]. St. James Press, c1995, xxv, 1234p. [R740.3||C86]
Contemporary women artists. editors, Laurie Collier Hillstrom, Kevin Hillstrom. St. James Press, c1999, xx, 760 p. [R703||C86]

下記はフランスのBenezitが編纂した美術家事典です。作家略歴、主要な作品の所蔵館一覧、文献一覧、主要オークションの記録などが載っており、大変便利な事典です。2006年には英語版が出版されました。紙面の構成はフランス語版と同様です。最新のものはオンライン版となっており、「Oxford Art Online」に含まれています。

Dictionnaire critique et documentaire des peintres, sculpteurs, dessinateurs et graveurs de tous les temps et de tous les pays par un groupe d’ecrivains specialistes francais et etrangers. Nouv. ed. E. Benezit. Grund, 1976, 10v. [R703.3||B35]
Dictionnaire critique et documentaire des peintres, sculpteurs, dessinateurs et graveurs : de tous les temps et de tous les pays par un groupe d’ecrivains specialistes francais et etrangers. Nouv. ed. E. Benezit.Grund, 1999, 14v. [R703.3||B35]
Dictionary of artits. Benezit.Grund, 2006, 14v. [703.3||B35]
Benezit Dictionary of Artists(Oxford Art Online) (https://www.oxfordartonline.com/)【館内のみ】

下記はThieme/Beckerの通称で知られる、ドイツで刊行された世界最大の美術家事典です。略歴・参考文献などを紹介しています。

Allgemeines Lexikon der bildenden Kunstler von der Antike bis zur Gegenwart : unter Mitwirkung von 300 Fachgelehrten des In- und Auslandes. herausgegeben von Ulrich Thieme und Felix Becker. Seemann, 1907-1950, 37v. [R703.3||Th4]

下記の事典は、通称をAKLと言い、Thieme/Beckerの全面改訂版として現在も刊行中です。略歴・展覧会歴・参考文献・作品の所蔵館などを紹介しています。巻数が多いため、東近美OPACでは書誌が分かれています。

Allgemeines Kunstlerlexikon : die bildenden Kunstler aller Zeiten und Volker. K. G. Saur, 1992-2004, 40v. [R703.3||Sa91]
Allgemeines Kunstlerlexikon : die bildenden Kunstler aller Zeiten und Volker. K. G. Saur, 2004- [R703.3||Sa91]

美術家ではなく、美術史研究者、美術館長等を対象とした人名事典が、Museum Professionals and Academic Historians of Artより、インターネットで提供されています。日本人としては、岡倉天心等が掲載されています。

Dictionary of Art Historians (http://www.dictionaryofarthistorians.org/)

1.4.4 年鑑

a) 日本美術年鑑

『日本美術年鑑』は一年間の業界の動向を知るための基本的なツールです。その年の美術界の動向、主なニュースなどを扱っています。内容は年代によって多少の違いはありますが、「美術界年史」「主要美術展覧会」「美術文献目録」「物故者」を主に扱っています。物故者情報や作家・美術関係者の連絡先が載っているため、人物情報を調査するのにも使うことができます。
現在、東京文化財研究所美術部から発行されている『日本美術年鑑』は、1936年帝国美術院付属美術研究所によって刊行が始まりました。以降毎年刊行されており、前年の1~12月の動向についてまとめられています。組織名の変更や、冊数が多いなどの理由により、東近美OPACでの書誌は分かれています。

『日本美術年鑑』東京国立文化財研究所美術部編 東京国立文化財研究所, 1995-, 年刊 [R705||N71]

また、東京文化財研究所はインターネットでも「『日本美術年鑑』所載物故者記事」を提供しています。『日本美術年鑑』に掲載された全ての物故者記事が網羅されています。

『日本美術年鑑』所載物故者記事 (http://www.tobunken.go.jp/materials/bukko)

b) その他

『美術界データブック』は、生活の友社から刊行されている年鑑です。作家の経歴や受賞歴、販売価格等を含めた簡単なプロフィールが掲載されています。また、全国の画廊や美術館の情報、鑑定人、評論家など美術界に関わる情報が網羅されています。

『美術界データブック : 美術の窓の年鑑』生活の友社, 2011- , 年刊 [705||B42]

下記は、現在休止している年鑑です。出版当時の情報を調べる際に活用できます。

『美術の窓年鑑』生活の友社, 2007-2008, 年刊 [705||B42]
『美術の窓の年鑑』生活の友社, 2008, 年刊 [705||B42||2009]
『美術手帖. 美術年鑑』美術出版社, 1957-2006, 年刊[ZW||ヒ]
『年鑑』 美術出版社, 1980-2006 [R705||B41]


1.5 資料を探す

1.5.1 作品集・著作・伝記などを探す

a) 国内

作品集・著作集・伝記などの文献を探す際には、下記の参考図書が有用です。

『人物研究・伝記評伝図書目録 新装版』図書館流通センター編 図書館流通センター, 2001, 3冊. [R280.3||To72||1]
『続人物研究・伝記評伝図書目録』図書館流通センター編 図書館流通センター, 2001, 3冊. [R280.3||To73||2]
『伝記・評伝全情報 45/89』日外アソエーツ編 日外アソエーツ, 1991, 3冊. [R280.3||N71||45/89]
『日本件名図書目録77-84 : 15 芸術・芸能・スポーツ』日外アソシエーツ編 紀伊国屋書店, 1985, 2冊. [025||N71||15]
『日本件名図書目録77/84 : 6 伝記・人名』日外アソシエーツ編 紀伊国屋書店, 1985, 700p. [025||N71||6]

下記は20世紀以降の美術動向に関わった作家を年代順に紹介している資料です。作家ごとに略歴と代表作1点がカラー図版で掲載されています。巻末に付された資料編には、「年表」「図版リスト」「人名索引」があり、作家名などからも調べることができます。2019年には英語版も出版されました。

『日本の20世紀芸術』東京美術倶楽部編 平凡社, 2014, 531p. [702.16||To46]
The 20th century art in Japan. Tokyo Art Club, 2019, 393p.[702.16||To46]

b) 海外

外国人作家については、カタログ・レゾネが充実していますので、活用しましょう。「2.2.1 画集、カタログ・レゾネ、展覧会カタログ」の「b) カタログ・レゾネ」をご参照ください。

1.5.2 索引を使う

索引とは、必要とするものの記載個所を容易に検索できるようにしたものです。人名索引、用語索引、事項索引などがあります。以下の索引類は、求める事項がどの事典類に載っているかを確認するのに有用です。

『美術家索引 西洋篇、日本・東洋篇』 恵光院白編 日外アソシエーツ, 1991-1992, 2冊. [703||E44]
『書家画家雅号(呼称)索引 書の部、画の部』 小笠原長則編 日本地域社会研究所, 2000, 2冊. [R728.03||O22]
『人物レファレンス事典 新訂増補 明治・大正・昭和(戦前)編』日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ, 1996-2000, 2冊. [R281.03||N71]
The artists of the world : bio-bibliographical index, A-Z. Engl. ed. K.G. Saur, 10v. [R703.5||Sa91]

下記のオンラインデータベースは、国立国会図書館所蔵の和図書・和雑誌から、日本人の人名情報を収録する人名辞典などの資料を選び、書誌や収録内容のキーワードから調べることができるデータベースです。

日本人名情報索引(人文分野)データベース (https://rnavi.ndl.go.jp/jinmei/)

また、各種の年譜・年表類がどの図書に載っているかを調べるには下記の索引が有用です。

『年譜年表総索引』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 1998-2001, 2冊. [R028||N71]

1.5.3 展覧会カタログ

展覧会カタログ(図録)には出品作品の図版のほか、作家略歴、展覧会歴、作品解説、参考文献一覧などが掲載されています。人物を調べるのにも役に立ちます。

a) ALC

「美術図書館連絡会」(ALC: The Art Library Consortium)では、美術図書館の蔵書の横断検索ができます。

ALCには、神奈川県立近代美術館、国立映画アーカイブ、国立国際美術館、国立新美術館、国立西洋美術館、東京国立近代美術館、東京国立博物館、東京都江戸東京博物館、東京都現代美術館、東京都写真美術館、東京都美術館、横浜美術館の12館が加盟しています(2019年9月現在)。

ALC : 美術図書館横断検索

b) 展覧会カタログ総覧

下記は2009年に出版されたカタログ総覧です。東近美、横浜美術館、国立西洋美術館、東京都写真美術館、国立新美術館、東京国立博物館、東京都江戸東京博物館の全7館が収集した、1880(明治13)年から2007(平成19)年までの128年間に国内で開催された展覧会のカタログ、図録61,300点を収録し、所蔵先を記載した文献目録です。

『展覧会カタログ総覧』日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2009, 2冊 [703.1||N71]

展覧会カタログについては、「3. 展覧会情報の探し方」をご参照ください。

1.5.4 雑誌・新聞記事

展覧会の会期中に、雑誌や新聞に作家や作品に関する記事や展覧会批評が載ることがあります。それらの新聞記事を探すには、各新聞社から出ている縮刷版やデータベースを利用するとよいでしょう。

ここでは美術関係の雑誌記事を探すツールの中で人物情報を探すのに役立つものを取り上げます。下記は美術関係の雑誌記事を探すツールです。

『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 人名編1-6』大宅壮一文庫, 1985, 6冊 [029.9||O94]
『美術関係雑誌目次総覧 明治・大正・昭和戦前篇 人名索引』小林忠編 国書刊行会, 2000, 271p. [027.57||Ko12||4]

雑誌記事の探し方については、「4. 雑誌情報の探し方」をご参照ください。

1.5.5 オーラル・ヒストリー

「日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ」のホームページでは、美術分野に関わりのある人々への口述史料が掲載されています。

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ  (http://www.oralarthistory.org/)

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ

このページのTOPへ


2. 作品情報の探し方


2.1 作品情報とは

作品情報とは、ある美術作品に関する、「作品名」「作家名」「制作年代」「大きさ」「技法」「所蔵先」などの様々なデータのことをいいます。ある美術作品について調べる場合、作品名や作家名をキーワードにして検索する場合が一般的でしょう。しかし、作品名や作家名(特に海外の作品・作家の場合)には名称や日本語表記にばらつきがあるため、注意が必要です。データが見つからなくてもあきらめず、キーワードを変えるなどして、丹念に調べたり、確認したりすることが大切です。


2.2 作品の解説や図版を探す

ここでは、参考図書を使った作品解説や図版の探し方を説明します。

主に美術家の名前をキーワードとして、画集や展覧会カタログ、カタログ・レゾネなどを用いた調査方法を提示します。しかし、東近美OPACは東近美アートライブラリでの所蔵資料を検索対象としているため、東近美アートライブラリで所蔵していない資料は当然ながらヒットしません。また、ヒットしたものも、あくまでも「東近美アートライブラリで所蔵しているもの」であって、それが世の中に存在する資料全てではありません。より多くの資料にあたるためには、他館のOPACを調べるか、参考図書を参照する必要があります。

以下、「作品図版・解説を掲載した本として、世の中にどのような本があるのか」を探す場合と「どの本のどこに作品図版や解説が掲載されているか」を探す場合に有用な資料や方法を紹介します。

2.2.1 画集、カタログ・レゾネ、展覧会カタログ

ここでは、画集、カタログ・レゾネ、展覧会カタログを探すツールを紹介します。

a) 画集

作品図版が多く掲載されている画集は単行本として出版されたものや、全集・シリーズの中の1冊として出版されるものがあります(例: 『現代日本美術全集』(集英社)や、『日本の名画』(中央公論社)など)。下記の『画集写真集全情報』では、画集・写真集を探すことができます。作家名や被写体、テーマから書誌事項を調べることができます。

『画集写真集全情報2002-2006』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ, 2007年, 882p. [720.3||N71||02/06]

b) カタログ・レゾネ(=作品図録総覧)

カタログ・レゾネ(Catalogue Raisonné)とは、ある作家の全作品のデータと図版を、時代別・主題別などに分類整理した目録のことです。

ある特定の作家の作品について調べる場合、その作家のカタログ・レゾネが刊行されていれば、まずそれに当たってみましょう。カタログ・レゾネは画集とは異なり、図版も白黒が多く、作品解説はほとんどついていません。鑑賞よりも作品のデータを提供することに主眼をおいて編集されているためです。掲載されている作品情報は「大きさ」「制作年代」「技法」「素材」「来歴」などの基本事項が中心です。日本ではあまり定着していないため、日本人作家の完全なカタログ・レゾネは少なく、外国人作家について外国語で著されたものがほとんどです。

ここでは、ある作家についてカタログ・レゾネや画集などが出版されているか否かを確認する際に役立つツールを紹介します。下記は作家名のアルファベット順に、レゾネの書誌事項が掲載されています。

Art Books : a basic bibliography of monographs on artists. 2nd ed. ed. by W. Freitag, Garland Pub., 1997, 568p. [R703.1||F46]

下記の資料には書誌事項だけではなく、レゾネの収録ジャンルも掲載されています。

A.C.I. art catalogue index : catalogues raisonnes & critical catalogues of artists 1780-2008 : painting, sculpture, works on paper, prints, contemporary media. compiled and realized by Noëlle Corboz and Cécile de Pebeyre, BFAS Blondeau Fine Art Services, 2009, 512p. [703.1||C88]

下記の2冊は、一部レゾネの書影も掲載しています。テーマ(印象派やフォービズムなど)や国でまとめられた画集を探すこともできます。

19c art books : a bibliography of artists and art in the 19th century. by Eizo Nishio. Art & Books, 2013, 213p. [703.1||N86||2]
20/21c art books : a bibliography of artists and art movements in the 20th and 21st centuries. by Eizo Nishio. Art & Books, 2004, 2v. [703.1||N86||3-1,3-2]

International Foundation for Art Research (IFAR)が提供している下記のサイトでは、既刊書および出版準備中のカタログ・レゾネの出版状況を調べることができます。

●「IFAR Catalogues Raisonnes (IFAR)」(http://ifar.org/cat_rais.php)

最後に、版画分野で活動する作家のレゾネを探すツールを紹介します。国内外の現代版画家100人のカタログレゾネを日本語で解説しています。巻末の作家索引では、作家名(日英表記)から掲載箇所を探すことができます。

『現代版画世界の100人 : カタログ・レゾネ全ガイド』長谷川公之著 栄光, 1996, 367p. [R730.3||H36]

Print Council of Americaが提供している下記のサイトでは、版画家について、各作家のカタログ・レゾネを調べることができます。

●「Index to Print Catalogues Raisonne (IPCR)」(http://www.printcouncil.org/search/)

c) 展覧会カタログ

作品を探す上で欠かせないのが展覧会カタログです。展覧会は個人名を冠した場合もあれば、あるテーマによる場合もあるため、作家名をキーワードにOPAC等で検索しても、見つからないことがあります。そのような場合は「1. 人物情報を探す」を参考に、その作家の所属団体、活動時期などを調べ、作家名以外のキーワードを用いて検索しなおすことをおすすめします。展覧会カタログを探すツールについては、「3. 展覧会情報を探す」で詳しく解説しています。

2.2.2 美術全集

図版や解説を探す際に美術全集にあたることは重要です。しかし、厖大な全集の中から目的の図版を探すことは容易ではありません。そこで参考図書や美術全集の索引を活用しましょう。索引を用いることで、調べている作品の図版がどの全集のどこに掲載されているのかを調べることができます。

2.2.3 参考図書から探す

ここでは主に全集に掲載されている図版や解説の所在を探すための参考図書を紹介します。これらの参考図書を用いることで、目的の作品図版が掲載されている全集の情報を得ることができます。ただし、全ての全集を東近美アートライブラリで所蔵しているわけではないため、未所蔵の全集については、所蔵館を調べる必要があります。

a) 日本美術の作品

『日本美術作品レファレンス事典』は、絵画篇・彫刻篇・工芸篇・建造物篇・陶磁篇・書跡篇に分かれています。作品名の日本語表記五十音順、英語表記のアルファベット順に、図版を掲載している全集名とその頁、図版番号が記載されています。各巻末の索引で作家名で引くことができます。

『日本美術作品レファレンス事典』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 1992-, 冊. [703.3||N71]
『日本の陶磁』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2001, 815p. (同事典 : 陶磁器篇) [703.3||N71||[3-1]]
『中国・朝鮮の陶磁』日外アソシエーツ編 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2001, 514p. (同事典 : 陶磁器篇) [703.3||N71||[3-2]]
『現代日本陶芸』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ 紀伊国屋書店(発売), 2001, 443p. (同事典 : 陶磁器篇) [703.3||N71||[3-3]]

各巻の収録範囲と採録美術全集タイトル数は、『絵画篇-近現代』を例にとると、次のとおりです。

例) 『絵画篇-近現代』

 ・収録範囲=明治以降に制作された作品約17,000件、約1,530名の作家(明治期の浮世絵を除く)
 ・採録美術全集=計60タイトル

b) 西洋・東洋美術の絵画作品

収録対象は、東京都立中央図書館所蔵している各種西洋美術全集(51タイトル/種、1950年代から1997年刊行分)です。約3,100人の欧米人画家の絵画作品、約46,000葉の図版の所載を探す索引ツールです。CD-ROM版もあります。作家(姓名日本語表記の五十音順)ごとに作品名が配列されています。日本語表記が不明であっても、巻頭の索引で外国語の綴りから日本語表記を調べることができます。作者不詳の作品についても調べられます。巻末には作品名(日本語・原綴)索引があります。

『西洋美術作品レファレンス事典』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店(発売), 2005-, 3冊. [703.3||N71||[1-1,2],[2]]
『東洋美術作品レファレンス事典』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店(発売), 2008, 8, 901p. [703.3||N71]
『西洋美術全集絵画索引』 東京都立中央図書館監修 日本図書館協会刊, 1999, 1527p + CD-ROM(1枚 12cm). [R703.1||Se17]

西洋美術作品にみられるカタカナ表記や翻訳の違いによる作品名のゆれを確認する際は、この資料を参照してください。この辞典は西洋の画題や作品データを調べるものですが、画家別に、日本語での作品名に原題のほか、通称・別称・副題などを付してあるため、検索する際のキーワードとして参考になります。13世紀から20世紀の画家が収録されています。

『西洋絵画作品名辞典』 木村三郎[ほか]編 三省堂, 1994, 1078p. [R723.3||Se19]

c) モデルとなった人名から探す

人物画・肖像画などをモデルとなった人名から検索できます。対象作品は日本・東洋・西洋の古代から現代までの人物画・肖像画です。

『美術作品レファレンス事典 人物・肖像篇』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店(発売), 2007, 2冊. [703.3||N71||[1],[1-2]]

d) 古代文明の作品

四大文明はじめ、古代ギリシア・ローマ、中南米のインカ・マヤ・アステカ文明、日本の縄文・弥生・古墳時代などの美術作品を対象に、1945年以降に刊行された美術全集に収録された図版を検索することができるレファレンス事典シリーズです。

『美術作品レファレンス事典 先史・古代美術』日外アソシエーツ編集 日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店(発売), 2007-, [703.3||N71||[2]]

2.2.4 美術全集の総索引から探す

美術全集の総索引から作品情報を調べる方法を説明します。

『世界美術大全集 : 西洋編』は、西洋美術の紀元前1万年~現代までを主題ごとに構成し、その歴史の流れに沿って代表的な作品を掲載しています。各巻巻末に適宜収載されている地図、歴史年表、主要作家年表、用語解説、参考文献、索引も充実しています。総索引は別冊になっており、全28巻に掲載された図版について、原則的に作家名は大項目(姓名の日本語表記五十音順)、作品名は小項目として配列されています。また、巻頭に各巻に載っている図版の代表的なものを掲載してあるので、全巻を通覧するにも便利です。巻末の、年代と各巻の主題の位置関係を示す「巻立・章立の年表」「資料索引」「著者索引」も大いに役に立ちます。

『世界美術大全集 : 西洋編』 全28巻+別巻総索引 小学館, 1992-1997, 29冊. [L708||Se22||1-28]

東洋編も刊行されており、日本を除いた東洋美術の先史時代から20世紀初頭までを取り上げています。全体の構成は西洋編と同様です。

『世界美術大全集 : 東洋編』 全17巻+別巻総索引 小学館, 1997-2001, 18冊. [L708||Se22T||1-18]

『日本美術全集』は縄文時代から20世紀までの美術史を時代ごとにまとめており、時代の変遷と特色を図版と解説とで紹介しています。各巻末に各時代の年表があります。総索引と資料が別冊になっています。総索引は作品名、作家名の両方があります。また「資料 : 収録論文一覧・カラー収録作品データ」には、各巻の解説文の紹介とカラー図版総覧があります。

『日本美術全集』全24巻+別巻(総索引+資料) 講談社, 1990-1994, 26冊. [L708||N71||1-26]

『原色 現代日本の美術』は、明治以降の日本美術について分野ごとに紹介しています。別冊の索引は刊行されていませんが、付録月報の一部に「収録作家・作品一覧表」があります。この一覧表は作家の出身地別になっているため、やや探しにくいです。近代以降の作家で、あらかじめ活動分野が分かっている場合は、各巻の巻末にある年表・作家紹介・収録図版目録を見ることをおすすめします。

『原色 現代日本の美術』全18巻 小学館 1978-1980, 18冊. [L702.16||G34||1-18]


2.3 初出展を探す

東近美OPACで作品を探す場合、初出展(その作品が初めて出品/公開された展覧会)の展覧会名がわかっていれば、まずその展覧会カタログを探してみましょう。個展の場合は、作家名をキーワードにして検索してみましょう。

2.3.1 美術団体に関する資料を探す

初出展が個展ではなく団体展の場合、その団体の展覧会カタログ(以下、団体展カタログ)を探すことになります。団体展カタログを探す場合は、その団体名をキーワードにして検索してみましょう。調査の際は、団体展カタログだけでなく、団体史や団体展記録など、その他の資料も併せて確認するようにしましょう。

2.3.2 団体展カタログ(復刻・集成)

明治初年から第2次世界大戦前までに開催された美術展のカタログを、団体ごとに復刻・集成したシリーズです。各巻のタイトルに収録団体名が付いています。

『近代日本アート・カタログ・コレクション』全89巻 東京文化財研究所編纂 ゆまに書房刊, 2001-2008, 89冊. [702.16||To46||1-89]

2.3.3 団体史

団体史にはその団体の「○○年史」や「○○年記念展」などと表記されていることが多いようです。代表的なものとして、『日展史』、『日本美術院百年史』があります。両者は何分冊にも及ぶ大編となっています。

a)『日展史』

明治40(1907)年の第1回文展から、帝展、新文展、日展、新日展、等を経て現在も続いている(財)日展(改組日展)の記録が網羅されています。各回の出品目録や出品作品の図版だけではなく、受賞者、作品評までも調べることができます。

明治40(1907)年の第1回文展から昭和32(1957)年の第13回日展までは、出品作品を分野別表記した『全出品目録』と、作家名による『出品歴索引』がそれぞれ刊行されており、日展以外の美術界の動向を知る重要なツールでもあります。

『日展史』日展史編纂委員会企画・編集 日展, 1980-2002, 41冊.[706.2||N88||1-41]
『文展・帝展・新文展・日展全出品目録 : 明治40年-昭和32年』 日展史編纂委員会企画・編集  日展, 1990, 617p. [706.2||N88]
『文展・帝展・新文展・日展出品歴索引 : 明治40年-昭和32年 』 日展史編纂委員会企画・編集  日展, 1990, 133p. [706.2||N88]

日展の変遷は、『文展・帝展・新文展・日展出品歴索引 : 明治40年-昭和32年 』に簡単な表がついています。

国立国会図書館が提供している「リサーチ・ナビ」でも「日展」の変遷を簡単に辿ることができます。

●「国立国会図書館リサーチ・ナビ 日展(日本美術展覧会) 調べ方案内(国立国会図書館)」 (https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101097.php)

b)『日本美術院百年史』

明治31年(1898)の岡倉天心の時代から現代まで続く日本美術院の展覧会(通称:院展)の図版・目録を中心に、各巻末には作家紹介・年表・物故同人の回顧・回想・展評など、日本美術院に関する様々な情報が網羅されています。別冊は、総目次索引・人名索引・図版索引となっており、作家の姓名五十音順に、何の作品がどこに掲載されているか、図版の種類ごとに調べることができます。

『日本美術院百年史』 全15巻+索引 日本美術院百年史編纂室編 日本美術院, 1989-2004, 19冊. [706.2||N71||1-15、索引]

2.3.4 年鑑

『日本美術年鑑』は一年間の美術業界の動向を知るための基本的なツールで、年間の美術界の動向、主なニュースなどを扱っています。詳細は「1.4.4 年鑑」をご参照ください。

内容は年代によって多少の違いはありますが、主要団体の一覧のほか、各団体のプロフィールや展覧会、図録や記事情報などの情報が収録されています。昭和48年版までは、その年に発表された注目すべき作品の図版が、出品展覧会名(団体展名・回次)とともに掲載されています。資料のタイトルに標記されている年度と収録年度には注意が必要です。凡例の確認が大事です。例えば、平成29年度(2017年度)の年鑑の収録範囲は、2016年1月~12月になります。

下記の東京文化財研究所刊行物リポジトリには、『日本美術年鑑』が掲載されており、PDFで見ることができます。

●「東京文化財研究所刊行物リポジトリ – 『日本美術年鑑』(東京文化財研究所)」 (https://tobunken.repo.nii.ac.jp/?action=repository_opensearch&index_id=873)

2.3.5 雑誌

主要団体の展覧会であれば当時の美術雑誌に記事が掲載されている可能性もあるため、その時代の美術雑誌索引や目次を探してみると、一層細かい情報が得られる場合があります。

現在刊行中の『月刊美術』には、主要団体展のレビューが掲載されています。

『月刊美術』サンアート 実業之日本社(発売), 1975-, 月刊. [ZW||ケ]


2.4 作品の所蔵先などを探す

作品の所蔵先に関する情報は、ある作家が複数の同一タイトルによる作品を残していた場合、特定の作品を同定する際に役立つことがあります。例えば、古い絵画や絵巻物などは、その所蔵先(旧/現)や来歴などの違いによって「○○本」などと呼ばれ、他のものと区別されます。ここでは所蔵先を探すための総合目録や所蔵品目録をご紹介します。

a) 国内の所蔵先を探す

多くの美術館・博物館では、自館の所蔵品目録や所蔵名品集を刊行しています。

所蔵品目録や図録は、各館の所蔵作品を一覧するために編集されます。あらかじめ作品の所蔵先がわかっている場合は、まず所蔵品目録を調べてみましょう。

次の資料は東京国立博物館の所蔵品目録の具体例です。

『東京国立博物館図版目録』 東京国立博物館編 東京国立博物館 1960- [CC||NM1]

全国美術館会議会員館の所蔵品目録の有無は下記で確認ができます。

●『全国美術館会議会員館 収蔵品目録総覧 2014』 (https://www.zenbi.jp/data_list.php?g=93&d=13)

新収蔵品については、美術館・博物館から刊行される年報にも情報が掲載されていることがあります。

以下は、日本国内の所蔵先を探す際の主な目録です。いずれも作品名・作家名・大きさ・技法・所蔵先など基本的な情報のみが記載されています。

『日本学術資料総目録 : 美術工芸篇 1983年度版』 [朝日出版社編] almic, 1982, 1冊. [R703.8||A41||83]
『日本学術資料総目録 : 書跡・典籍・古文書篇 1983年度版 』[朝日出版社編] almic, 1982, 1冊. [R703.8||A41||83]
『日本学術資料総目録 美術工芸篇 1988年度版』 [朝日出版社編] 朝日出版社, 1988, 1618p. [R703.8||A41||88-1]
『日本学術資料総目録:書跡・典籍・古文書篇 1988年度版』[朝日出版社編] 朝日出版社, 1988, 1343p. [R703.8||A41||88-2]
『全国美術館博物館所蔵美術品目録 : 絵画編 作者別』文化庁編 文化庁 1983, 738p. [CC||JA||3-3]
『全国美術館博物館所蔵美術品目録 : 絵画編 美術館・博物館別』文化庁編 文化庁 1983, 1102p. [CC||JA||3-5]
『全国美術館博物館所蔵美術品目録 : 絵画編 分野(古美術)別』文化庁編 文化庁 1983, 140p. [CC||JA||3-2]
●『全国美術館博物館所蔵美術品目録 : 彫刻編』[当室では所蔵せず]
『全国美術館博物館所蔵美術品目録 : 版画編』文化庁編 文化庁, 1986, 382p. [CC||JA||3-1]

b) 海外の所蔵先を探す

The World’s Master Paintingsでは、13世紀から20世紀までの西洋絵画の、所蔵館と所蔵作品のタイトルがわかります。西洋絵画の所蔵館を探すには、前出の『西洋絵画作品名辞典』などもあります。

The World’s Master Paintings, vol.1-2. ed. by C. Wright. Routledge, 1992. 2v. [R703.8||W94||1,2]

BenezittのDictionary of artistsは美術人名事典ですが、作品を所蔵する美術館のリストや主要なオークション記録なども載っているため、作品情報を探すツールとしても使えます。

Dictionary of artits.[ed. by] Benezit.Grund, 2006, 14v. [703.3||B35||1-14]

『週刊 世界の美術館』は、美術館ごとに代表的な所蔵作品を掲載しており、図版も充実しているため、あらかじめ所蔵館がわかっていれば有用です。100号に「画家別作品総索引」「地域別作品総索引」が掲載されています。

『週刊 世界の美術館』講談社 2000-2002, 100冊. [ZW||シ]


2.5 国宝・重要文化財に関する情報

作品情報として一つの指標となる国宝・重要文化財。ここ数年、明治以後の美術作品が重要文化財に指定される例が多くなっています。

ここでは国宝と重要文化財に指定された作品に関する情報が掲載されている代表的な資料を紹介します。

a) 国指定文化財(~平成10(1998)年度)

下記は国指定の国宝/重要文化財の全図版と基本データが主内容で、解説はありません。『国宝・重要文化財大全 : 別巻』には、所有者や作品名の索引が付されています。

『絵画』上下 [毎日新聞社]第二図書編集部編集, 毎日新聞社, 1997-1999, 2冊. (国宝・重要文化財大全) [709.1||Ko47||1,2]
『彫刻』 上下 [毎日新聞社]第二図書編集部編集, 毎日新聞社, 1998-1999, 2冊. (国宝・重要文化財大全) [709.1||Ko47||3,4]
『工芸品』上下 [毎日新聞社]第二図書編集部編集, 毎日新聞社, 1998-1999, 2冊. (国宝・重要文化財大全) [709.1||Ko47||5,6]
『書跡』上下 [毎日新聞社]図書編集部編集, 毎日新聞社, 1998-1999, 2冊. (国宝・重要文化財大全) [709.1||Ko47||7,8]
『考古資料』 [毎日新聞社]第二図書編集部編集, 毎日新聞社, 1997, 1冊. (国宝・重要文化財大全)[709.1||Ko47||9]
『歴史資料』[毎日新聞社]図書編集部編集, 毎日新聞社, 1998, 1冊. (国宝・重要文化財大全)[709.1||Ko47||10]
『建造物』上下 [毎日新聞社]図書編集部編集, 毎日新聞社, 1998-2000, 2冊. (国宝・重要文化財大全)[709.1||Ko47||11,12]
『国宝・重要文化財大全 : 別巻 所有者別総合目録、[他]』文化庁[文化財保護部]監修, 毎日新聞社,2000, 1冊.[709.1||Ko47||13]

下記は文化財保護法に基づく重要文化財(国宝を含む)である美術工芸品を、平成10(1998)年6月現在で収録した目録で、都道府県別に掲載されています。図版はありません。

『国宝・重要文化財総合目録 : 美術工芸品編』上下 国宝・重要文化財目録編纂会編集 ぎょうせい, 1999, 2冊. [R709||Ko45||1,2]

b) 国指定文化財(平成10(1998)年~)

雑誌『月刊文化財』には毎年5~7月号、『文化庁月報』は同7~8月号に、その年に国が指定した文化財の一覧が解説と共に掲載されています。

例えば、当館が所蔵している和田三造《南風》(1907年)が重要文化財に指定された記事は、『月刊文化財』657号(2018年6月)に掲載されています。

文化庁文化財部. 特集, 新指定の文化財 ―美術工芸品. 月刊文化財. 2018年6月, 657号. [ZW||ケ]

なお、『月刊文化財』の記事は国立国会図書館の雑誌記事索引で検索することができます。『文化庁月報』は510号平(成23年3月)をもって冊子体の刊行は終了しました。511号(平成23年4月)以降は文化庁ホームページにて公開していましたが、546号(平成26年3月号)をもって廃刊となりました。なお、同庁ホームページから引き続きバックナンバーをご覧いただけます。

『月刊文化財』文化財保護委員会監修 第一法規出版, 1963-, 月刊. [ZW||ケ]
『文化庁月報』文化庁長官官房庶務課[編] 文化庁長官官房庶務課, 1968-2011, 月刊. [KB||フ]
●「文化庁月報バックナンバー(文化庁)」(http://www.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/backnumber.html)

c) インターネット

国立博物館の所蔵作品は「ColBase」で検索することができます。また、e国宝では国立博物館4館が所蔵する国宝・重要文化財の画像を解説と共にみることができます。

●「ColBase 国立博物館所蔵品統合検索システム(国立文化財機構)」 (https://colbase.nich.go.jp/)
●「e国宝(国立文化財機構)」 (http://www.emuseum.jp/)

文化庁の「文化遺産オンライン」では、一部の文化財を画像、解説つきで見ることができます。また、「国指定文化財等データベース」では文化財保護法に基づき、国が指定・登録・選定した文化財等の情報を、名称、所在地、所有者等で検索することができます。

●「文化遺産オンライン(文化庁)」 (https://bunka.nii.ac.jp/)
●「国指定文化財等データベース(文化庁)」 (https://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/index_pc.asp)

「ジャパンサーチ」は、書籍や文化財、メディア芸術など、多様な分野のデジタルアーカイブのメタデータをまとめて検索できる「国の分野横断統合ポータル」です。2019年2月より、試行版が公開されています。

●「ジャパンサーチ(BETA) (国立国会図書館)」(https://jpsearch.go.jp/)

このページのTOPへ


3. 展覧会情報の探し方

3.1 展覧会情報とは

展覧会情報とは、主に下記5点の内容に関する情報です。

○展覧会の会期・会場
○展覧会の出品作品
○展覧会の出品作家
○展覧会を開催するにあたって執筆された論文
○展覧会を評して書かれた短評(展評)

以下では美術館等で開催された展覧会の展覧会情報の探し方についてご紹介します。


3.2美術館開催の展覧会情報を探す

全国各地の美術館で開催される展覧会は数多くあり、展覧会情報を得るためには様々なアプローチの仕方が考えられます。当室だけでは情報を確認できない可能性もあるため、ここではインターネットや他の美術系の図書館等を利用し、外部から情報を得る方法も含めて紹介していきます。

はじめに展覧会情報の中でも最も重要な情報源である「展覧会カタログ」の探し方を取り上げ、次に「過去の展覧会情報」「開催中の展覧会情報」「開催予定の展覧会情報」の探し方について順を追ってご紹介します。

3.2.1 展覧会カタログを探す

ここでは東近美OPACを利用した検索方法について紹介いたします。次いで他館の所蔵情報の調べ方をご紹介します。

a) 冊子体の検索方法

東近美OPACで展覧会名や作家名をキーワードにして検索すると、展覧会カタログの項目にヒットします。ヒットが多すぎた場合には、展覧会の開催美術館の固有名や出版年などの検索条件を追加して、絞込みをするとよいでしょう。東近美の展覧会カタログと同様、請求記号の「CO」は個展を、「CG」はグループ展を指している事も知っておくと便利かもしれません。

b) 他館の所蔵情報(データベース)

まず「ALC : 美術図書館横断検索」で調べてみてください。詳細は「1.5.3 展覧会カタログ」の「a) ALC」をご参照ください。

ALC : 美術図書館横断検索

美術系大学図書館、公共図書館等のホームページでも蔵書検索ができます。各OPACを利用する事により、書誌情報の他、展覧会の会期・会場などの確認ができます。

●東京都立図書館 (http://www.library.metro.tokyo.jp/)
●女子美術大学・女子美術大学短期大学部図書館 (http://library.joshibi.ac.jp/)
●多摩美術大学図書館 (https://www.tamabi.ac.jp/tosho/)
●東京藝術大学附属図書館 (https://www.lib.geidai.ac.jp/)
●東京造形大学図書館 (https://www.zokei.ac.jp/)
●武蔵野美術大学美術館・図書館 (https://mauml.musabi.ac.jp/)

c) 他館の所蔵情報(参考図書)

明治期から現在まで、国公立7館の美術館・博物館が収集した国内開催の主要な展覧会カタログ(絵画・彫刻・工芸・写真・書・歴史など)60,000点を体系的に分類、テーマ・分野ごとに一覧できます。
カタログの基礎的な書誌情報に加え、展覧会の会期・会場・主催、カタログの所蔵先も記載しています。巻末には画家名、作家名やテーマから引ける「人名・事項名索引」「主催者名索引」が付いています。なお、最新の情報は「美術図書館横断検索」で検索できます。

『展覧会カタログ総覧』日外アソシエーツ編集, 日外アソシエーツ, 2009.1, 2冊[703.1||N71]

東京都現代美術館が1999年3月までに受入れた約15,000点にのぼる日本語の展覧会カタログの書誌データを収録した目録です。東近美OPACで検索してヒットしなかった1999年以前のカタログは、この目録に当たるとよいでしょう。この目録は本文編と索引編の2冊組になっています。索引編では、「図録(カタログ)タイトル」「美術作家(カナ)」「美術作家(Alphabet)」「美術館(カナ)」「美術館(Alphabet)」から検索することができます。全てのカタログに4桁の数字が付されているので、その数字を元に本文編を引くと、カタログの「タイトル」「出版情報」「会期・会場」「出品作家名」等の情報を得る事ができます。また、本文編は分類番号順に排列されているので、特定の分野に関する展覧会を直接探す事も可能になっています。

『東京都現代美術館所蔵展覧会カタログ目録 本文編・索引編』 東京都現代美術館普及部図書情報係(美術図書室)編, 同館刊, 2000.3-, 冊 [R029.6||To46]

戦前から戦後にかけ百貨店美術部や日本画商(新画商)が開催した「市井(しせい)展」を一覧できます。「展名」「会期・会場」「主催」「出品」はもちろん、それらの典拠や展覧会について書かれた主な文献まで紹介されています。

『淡交会, 珊々会, 尚美展から東京会まで』東京美術倶楽部編, 八木書店, 2012 (市井展の全貌:戦前編), xiv, 521p [706.9||To46]
『東京における百貨店・画商の日本画展観』東京美術倶楽部編. 八木書店, 2015 (市井展の全貌:戦後編), xiii, 719p [706.9||To46||2]

d) 海外の展覧会カタログ

下記は海外の展覧会カタログを探す際のレファレンスツールです。

The worldwide bibliography of art exhibition cataloguesは、1963年から1987年までに世界各国で開催された展覧会カタログに関するデータを収録しています。地理的区分やジャンルごとに排列され、総索引から引く事もできます。

The worldwide bibliography of art exhibition catalogues, 1963-1987 vol.1.-3. ed. by Worldwide Books. Kraus International Pub., 1992, 3 v.[R703.1||W88]

近年のものに関しては、下記のホームページで検索できます。カタログの実物を手に取るためには、ここで得た情報を元に東近美OPACや、ALC、他機関のデータベースでお調べください。

Worldwide Books Exhibition Catalogues and Other Books on Art (http://www.worldwide-artbooks.com/)

「Arcade」は、 New York Art Resources Consortium (NYARC) の3館、Brooklyn Museum Libraries & Archives、 Frick Art Reference Library、The Museum of Modern Art Library のOPACを横断検索できるシステムです。

Arcade (NYARC) (http://arcade.nyarc.org/)

3.2.2 過去の展覧会情報を探す

過去の展覧会情報とは、既に開催された展覧会の会期・会場等の情報や記録を指します。探し方としては、カタログが発行されている場合は前項を参考にカタログを探し、展覧会を開催した美術館名や会期などの情報の特定をするのがよいでしょう。また、カタログが発行されていない場合は、「1.人物情報の探し方」を参考に、作家略歴や展覧会への出品歴等を探し、展覧会に関するデータを集めていく方法があります。以上のようにして、ある程度のデータを集め、開催した美術館や開催年を特定した上で、下記で紹介するレファレンスツールを活用することで、様々な展覧会情報を得ることができるでしょう。

a) 年報・ニュースレター

展覧会の会期・会場の情報を把握している場合は、その会場館で発行された年報やニュースレターを用いることで、その展覧会情報の詳細を得られる可能性があります。求める巻号の所蔵の有無はOPACで確認します。年報やニュースレターには、美術館によって内容は違いますが、展覧会の予告、報告、寄稿文等が掲載されている場合が多くあります。また、展覧会に際して行なわれた関連イベントやシンポジウムの記録等も掲載されている事があります。

b) 年鑑

年鑑は一年間の業界の動向を知るための基本的なツールです。その年の美術界の動向、主なニュースなどを扱っています。内容は年代によって多少の違いはありますが、「美術界年史」「主要美術展覧会」「美術文献目録」「物故者」を主に扱っています。詳細は「1.4.4 年鑑」をご参照ください。

c) 雑誌

『展評』は展覧会評を中心に作られている季刊の雑誌です。

『展評: てんぴょう』アートヴィレッジ, 1999-2003, 季刊[ZW||テ]

他の雑誌にも展覧会評は掲載されているケースが多く、こうした記事は展覧会の評価を知るだけでなく、展覧会の記録としても利用できます。雑誌内の記事情報の探し方は、「4. 雑誌情報の探し方」をご参照ください。

d) その他

日本の美術館 (美術系博物館を含む) における1945年以降の美術展覧会の開催記録をまとめた報告書です。美術館ごとに「展覧会名」「会期」「主催・協力」「東京・横浜の主要な8つの美術図書館の展覧会カタログ所蔵データ」を調べることができます。

『日本の美術展覧会開催実績報告書』国際文化交流推進協会アートカタログ・ライブラリー [編] 国際文化交流推進協会アートカタログ・ライブラリー, 2003.3-,[R706.9||Ko51]

1935年から現在までに主に日本国内で開催された近現代美術関係の展覧会開催情報が登録されています。会場、展覧会名、開催年、の3項目からの検索が可能です。「文化財関連情報」のタブから「美術展覧会情報」を選んでください。

●東文研 総合検索 (東京文化財研究所) (http://archives.tobunken.go.jp/archives/)

1945年から2005年に国内の美術館で開催された企画展・特別展・企画性の高い常設展・所蔵作品展について、会期会場、主催、展覧会カタログの有無を検索することができます。

日本の美術展覧会記録1945-2005 (国立新美術館) 

全国の美術展覧会情報についてキーワード検索が可能です。また、開催中・開催予定の展覧会一覧だけでなく、展覧会タイトル・会場の50音別一覧、開催年別一覧、会場県別一覧があるなど、様々な角度から展覧会情報を調べることができます。

art commons -展覧会情報検索 (国立新美術館) 

3.2.3 開催中(予定)の展覧会情報を探す

ここでは開催中の展覧会やこれから行われる展覧会の情報を探すための方法をいくつかご紹介します。開催中・開催予定の展覧会情報は、雑誌、インターネット等のツールを利用してアプローチすることができます。

a) 国内刊行物

『月刊ギャラリー』は、掲載展覧会数の最も多い月刊の雑誌です。日本各地の開催中、開催予定の展覧会紹介に加えて、美術館・百貨店・画廊に分かれた1ヵ月分のスケジュール、展覧会紹介等が掲載されています。

『月刊ギャラリー』バーズ刊, 1985-, 月刊[ZW||キ]

『BT : 美術手帖』には国内と海外の最新のアート&アーティスト情報・展覧会情報・評論が掲載されています。なお、2018年4-5月号以降は発行されていませんが、小冊子の「ART NAVI (今月の美術館・ギャラリーガイド)」には、その時期に開催されていた展覧会の情報が掲載されています。

『BT : 美術手帖』美術出版社, 1988-, 月刊[ZW||ヒ]

その他、下記にも国内の展覧会スケジュールが掲載されています。

『美術の窓』生活の友社, 2005-, 月刊[ZW||ヒ]
『月刊美術』サンアート, 1975-月刊[ZW||ケ]

『新美術新聞』は、1ヵ月に上・中・下旬号の3部発行されます。その月の上旬に出される新聞には月毎の展覧会スケジュールが掲載されています。また、毎年3月には、1年間の主な展覧会スケジュールが総覧できるようになっています。

『新美術新聞』美術年鑑社, 1971-旬刊[ZW||シ]

b) 海外刊行物

ここでは主要世界都市の展覧会情報を扱っている雑誌を挙げておきます。

The art newspaperには、「Review」という分冊が付いており、その中の「Calendar」の項目では、世界各国の美術館、画廊で行われる展覧会のスケジュールが掲載されています。

The art newspaper. Umberto Allemandi, 1990-, 月刊[ZY||A]

c) インターネット

近年は各美術館の公式ホームページが充実してきたため、ホームページ上で展覧会情報を得る事が容易になっています。下記は各美術館のホームページへのリンク集を含む展覧会情報を提供しているWebサイトです。

「Art Scape」では、トップページの「展覧会スケジュール」から地域別に全国の展覧会情報を調べることができます(毎月1日、15日更新)。同じくトップページの「ミュージアムデータベース」では、全国の美術館・博物館の情報がデータベース化されており、地図から検索することもできます。

Art Scape (大日本印刷) (http://artscape.jp/)

「Internet Museum」では、博物館・美術館の検索で展覧会情報や施設情報を、ミュージアムカレンダーで日付から展覧会・イベント情報を調べることができます。登録中のイベント・展覧会では、チラシの画像や詳細情報を見ることができます。

Internet Museum (丹青グループ) (http://www.museum.or.jp/)


3.3 美術団体の展覧会情報を探す

ここでは美術団体の展覧会情報の探し方を紹介します。美術団体はとりわけ展覧会を活動の場とする事が多く、展覧会カタログは各美術団体を調べる上での重要な情報源となっています。はじめにカタログの探し方を説明し、次に近年復刻された展覧会カタログ及び出品目録を数点紹介します。

3.3.1 美術団体の展覧会カタログを探す

美術団体展の開催に際して作成された展覧会カタログには、「作品図版」「出展作家のリスト」「出品目録」等が掲載されています。「○○年記念」カタログや作品集では団体に関する論文や年譜等が掲載されていることもあります。

東近美OPACで団体名や展覧会名をキーワードにして検索すると、展覧会カタログの項目にヒットします。求める団体のカタログがヒットしたとしても、全ての巻号が所蔵されているわけではないため、必ず各号の所蔵を確認してください。

東近美OPACで展覧会カタログが見つけられなかった場合、各美術年鑑を見ると何かしらの情報を得られる場合があります。『日本美術年鑑』『BT(美術手帖) 増刊:年鑑』等には美術団体の項目が挙げられている事が多く、日本美術年鑑では前述した展覧会情報の中で、会期・会場の他、主要美術団体展に関しては出品された作品の記録まで記載されている事があります。また、「1. 人物情報の探し方」で取り上げている専門事典でも、概略的な説明文が掲載されている場合があります。


3.4 復刻されたカタログ資料を探す

下記は、現在では容易に見る事のできない貴重なカタログ等から得られる資料をそれぞれにまとめたものです。

明治から昭和初期にかけて活動した美術団体を含む美術展覧会の資料を復刻集成したシリーズです。このシリーズでは図版、出展目録、関係論文等の貴重資料を確認する事ができます。

『近代日本アート・カタログ・コレクション』ゆまに書房, 2001-2008, 89冊.[702.16||To46]

ヨーロッパに日本美術を紹介し、日本には印象派を紹介したパリの画商である林忠正が所有していた競売の売立目録や西洋絵画コレクションのカタログ等をまとめたものです。全5巻から成ります。

●『林忠正コレクション』木々康子監修 ゆまに書房, 2000, 5冊.[706.7||H48]

明治期に日本国内で開催された内国勧業博覧会第1回(1877:明治10年)から第5回(1903:明治36年)までの出品作品をまとめたものです。巻末には姓名索引、号名索引があります。

『内国勧業博覧会美術品出品目録』東京国立文化財研究所美術部編 東京国立文化財研究所, 1996, 476, 70p.[R702.16||To46]

幕末から明治期に海外で開催された主要9つの万国博覧会に出品された作品の目録。巻末に姓名索引、号名索引があります。

『明治期万国博覧会美術品出品目録』東京国立文化財研究所美術部編 東京国立文化財研究所, 1997, 403, 109p.[R702.16||To46]

明治期の主要5美術団体が開催した展覧会の出品目録。各団体別ごとに開催順・作家名順で構成されています。

『明治期美術展覧会出品目録』東京国立文化財研究所美術部編 中央公論美術出版, 1994, 236, 285p.[R702.16||To46]

大正期を中心に日本国内で開催された展覧会のうち主要33件の出品目録。巻末には五十音順の出品作家一覧があります。

『大正期美術展覧会出品目録』東京国立文化財研究所美術部編 中央公論美術出版, 2002, 589, 81p.[R702.16||To46]

昭和戦前期 (1926-1945) を中心に日本国内で開催された展覧会のうち主要32件の出品目録。巻末には五十音順の出品作家一覧があります。

『昭和期美術展覧会出品目録』東京文化財研究所美術部編 中央公論美術出版, 2006, 925,153p.[702.16||To46||[1]]


3.5 美術館データを探す

ここでは美術館の所在・連絡先・開館情報等のデータを探すための参考図書を紹介します。

a) 国内の美術館情報

「全国美術館会議」のホームページには「全美の美術館」という加盟館へのリンクページがあります。

●全国美術館会議 (https://www.zenbi.jp/)

『全国美術館ガイド』は、美術館、博物館等、全国の1780館の情報を集録しています。地域別に排列されていますが、巻末にある館名の五十音順の索引から引く事もできます。

『全国美術館ガイド』全国美術館会議編 美術出版社, 2001, 599p.[706.9||Z3]

『個人コレクション美術館博物館事典』は、全国の185の個人コレクションを主体に創立された美術館、博物館等の情報を掲載しています。小規模な美術館、博物館も多く取り上げられていますが、上記の『全国美術館ガイド』と重複する情報もあります。巻末にあるコレクター名から検索できる索引が特徴的です。

『個人コレクション美術館博物館事典』日外アソシエーツ編集部編 同社刊, 1998, 9, 398p.[R703.3||N88]

『人物記念館事典』は、美術作家等の個人を扱う記念館、美術館、資料館等約300館の情報が掲載されています。巻末には館名索引と人名索引があります。

『人物記念館事典』日外アソシエーツ編集部編 同社刊, 1996, 14, 561p.[R069.035||N71]

下記も特定の条件のもとに収集したガイドです。

『歴史博物館事典』 日外アソシエーツ編集部編 同社刊, 1999, 11, 509p.[R069.33||N71]
『企業博物館事典』 日外アソシエーツ編集部編 同社刊, 1997, 9, 423p.[R069||N88]

b) 海外の美術館情報

海外の美術館やギャラリー情報を探す際には、次の参考図書を利用するのがよいでしょう。

International Directory of Artsは、世界各国の美術館・ギャラリー・関連機関等の連絡先情報が3巻で構成されています。美術館を探す場合は、Vol.1を利用します。国名・地名から調べることができます。

International Directory of Arts. De Gruyter Saur, 年刊 [R703.5||I57]

Museums of the worldは、世界各国の美術館・博物館・ギャラリー等の連絡先情報が2巻にまとめられており、国名から調べることができます。Vol.2の巻末に収録されたindexでは、「Distinguished Persons」「Museum Staff」「Subject」から調べることが可能です。

Museums of the world. De Gruyter Saur, 年刊 [705||Sa91]

また、雑誌の中でも美術館やギャラリーの情報を取り上げる場合があります。下記2冊を紹介しておきます。

Art in Americaは、毎年8月号にアメリカ内の美術館・ギャラリーの連絡先情報が掲載されます。展覧会・出展作家のデータ等が含まれる場合もあり、アメリカ国内における美術関連情報の詳細なデータを得る事ができます。

Art in America : an illustrated magazine. Brandt Art Publications, 月刊 [ZY||A]

Art DiaryはイタリアのFlash Art Booksから毎年発行されているディレクトリーです。世界各国の美術作家、美術館、ギャラリーのデータが掲載されています。

Art Diary : the world’s art directory. Giancarlo Politi, 年刊 [705||A79]

このページのTOPへ


4. 雑誌情報の探し方

目 次:
4.1 雑誌情報とは
4.2 雑誌の書誌情報
4.3 各号情報と所蔵情報
4.4 記事情報
4.5 美術関連機関について


4.1 雑誌情報とは

まず、雑誌とは、終期を予定せずに巻号や年月次の順に出版されるものを指します。紙に印刷された冊子体だけでなく、マイクロ資料、CD-ROMやインターネットなどの電子媒体など、様々な形態のものを含みます。これらを図書館では「逐次刊行物」と呼びます。本章では、これらの雑誌を利用する際に知っておくと役立つ約束事と、雑誌情報の探索に利用できる主なツールを紹介していきます。

雑誌情報というと少し漠然としているため、ここでは雑誌記事に絞って話を進めてみたいと思います。雑誌記事の探し方は図書とは異なります。あるタイトルの雑誌を探すことと、雑誌の記事を探すこととは、明確に区別する必要があります。そこでまず始めに雑誌の持つ4つの階層について簡単に整理しておきましょう。

雑誌記事を探すにあたっては「どの雑誌の」「何号の」「なんという記事か」「どこにあるか」の4つを知る必要があります。雑誌の4階層とはこれら4つの事柄に他なりません。

  1. 「どの雑誌の?」という部分は「書誌情報」にあたります。つまり同じタイトルの下に発行された雑誌全体に関する情報です。タイトル以外にも出版者、創刊・終刊はいつか、月刊か週刊か、なども「書誌情報」の一部です。
  2. 次に「何号の?」の部分はここでは「各号情報」と呼びます。何巻何号か、いつ発行されたか、何を特集しているかなど、特定の一号についての情報です。
  3. 最後に「なんという記事か?」は、ここでは「記事情報」と呼ぶことにしましょう。雑誌の各号に掲載された記事一本一本についての情報のことです。記事のタイトル、著者、開始および終了ページなどもこれにあたります。
  4. 図書館で雑誌記事を探すときは、ある雑誌の何号が、「その図書館にあるのか」という第4の要素も確認しなくてはなりません。これは後述するように、「各号情報」のひとつの側面でもあります。具体的にその図書館に何号から何号まであるか、現在も受け入れ中か、という図書館の所蔵に関する情報のことを「所蔵情報」といいます。この「所蔵情報」と求める自分の探す号を突き合わせることによって、はじめて探している号がその図書館にあるかどうかがわかるわけです。

4.2 雑誌の書誌情報

雑誌記事を探す場合、雑誌のタイトルなしにその記事を探すことは困難です。そのことからも分かるように、タイトルは「書誌情報」の最も大切なものだといえます。タイトル以外にも出版者や創刊・終刊時期などの「書誌情報」もわかっていると探しやすいです。というのは、同じタイトルの雑誌が意外と多いためです。

また、雑誌の「書誌情報」に特有のものとしてタイトルの変遷があります。たとえば春鳥會発行の『みづゑ』は昭和16年8月をもって一度終刊し、その後『新美術』へと引き継がれました。それからさらに『美術』へと変遷し、戦後再び『みづゑ』に引き継がれるのですが、このようなタイトルの変更は雑誌にはよくあることです。また、出版者や刊行頻度などが途中で変わることも少なくありません。こうしたことからも探す雑誌についてはなるべく多くの「書誌情報」を持っていることが望ましいです。

a) インターネットで探す

実際に東近美OPACを検索すると、「検索結果詳細」画面で雑誌の「書誌情報」を見ることができます。これらの「書誌情報」から雑誌を特定します。また、東近美アートライブラリで所蔵していない雑誌の「書誌情報」は、他の図書館のOPACや目録に載っていないか確認してみましょう。他の図書館の情報を確認することで、東近美OPACだけではわからなかった「書誌情報」が見えてくることもあります。

東近美OPACを使用しても目的の資料が見つけられない場合には、「ALC : 美術図書館横断検索」で調べてみてください。詳細は「1.5.3 展覧会カタログ」の「a) ALC」をご参照ください。

ALC : 美術図書館横断検索

国立情報学研究所のCiNii ArticlesCiNii Books、国会図書館オンラインや国立国会図書館サーチ都立図書館や美術系大学の図書館のOPACなどでも雑誌書誌の検索ができます。

CiNii Articles (http://ci.nii.ac.jp/)
CiNii Books (http://ci.nii.ac.jp/books/)
国立国会図書館オンライン(https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/)
国立国会図書館サーチ (http://iss.ndl.go.jp/)
●東京都立図書館 (http://www.library.metro.tokyo.jp/)
●女子美術大学・女子美術大学短期大学部図書館 (http://library.joshibi.ac.jp/)
●多摩美術大学図書館 (https://www.tamabi.ac.jp/tosho/)
●東京藝術大学附属図書館 (https://www.lib.geidai.ac.jp/)
●東京造形大学図書館 (https://www.zokei.ac.jp/)
●武蔵野美術大学美術館・図書館 (https://mauml.musabi.ac.jp/)

洋雑誌の場合、ニューヨーク近代美術館(MoMA) やGetty財団などのOPACも参考になります。

DADABASE. Museum of Modern Art, New York (http://arcade.nyarc.org/search~S8)
Getty Research Institute Search Tools and Databases. The J. Paul Getty Trust (http://www.getty.edu/research/tools/)

b) 冊子で探す

『東京都美術館蔵美術雑誌目録』は、薄い小冊子ではありますが、多くの美術雑誌を扱っていると同時に、簡単な解題も付いていて大変便利です。これを始めとする他の図書館の雑誌目録は、実際に足を運ばなくても、書誌事項の確認にも役立ちます。

『東京都美術館蔵美術雑誌目録 昭和62年2月末日現在』 東京都美術館編 同館刊, 1987. [027.5||To46||1987]

特定の雑誌について深く調べたい場合もあると思います。以下では、雑誌について複数の視点から調査するときに参考になるツールを取り上げます。

ある雑誌について、時代的意義やその内容を簡単に説明した解題を確認したい場合は、雑誌の事典を見てみましょう。次に挙げる2冊のうち、最初のものは明治以降の雑誌を扱った代表的な事典です。この事典は本来、近代文学を扱ったものですが美術雑誌も多く含まれています。これに載っていなければ2番目の事典を使って、その雑誌について書かれた文献の所在を調べることができます。

『日本近代文学大事典 第5巻 新聞・雑誌』 日本近代文学館編 講談社, 1977, 461p. [R910.33||N71||5]
『雑誌新聞文献事典』 天野敬太郎編纂 深井人詩補訂 金沢文圃閣, 1999, 315p. (文圃文献類従001) [027.5||A43]

雑誌とその時代背景との関連を知りたい場合には、カタログに掲載された次のような年表も参考になります。

「近代日本美術に関する文献年表 付:主要美術雑誌刊行年表」 東京都美術館編 『近代日本美術の歩み展: 明治・大正から昭和へ』 朝日新聞東京本社, c1979, p.277-303. [CG||145||004855]

『大正期新興美術資料集成』は、大正期の新興美術にまつわる資料集です。「図版編」には、当時刊行された雑誌の表紙の書影が収録されています。「年表編」では、雑誌の創刊年に、その内容や目次などが詳しく記載されています。

『大正期新興美術資料集成』五十殿利治, 菊屋吉生 滝沢恭司[ほか]著 国書刊行会, 2006, 580, 58 p. [702.16||O64]

『創刊号のパノラマ 』は、1867(慶應3)年~1956(昭和31)年に発刊された雑誌の創刊号の表紙を一堂に配した資料です。

『創刊号のパノラマ : 近代日本の雑誌・岩波書店コレクションより』 うらわ美術館, 岩波書店編集部編 岩波書店, 2004.9, x, 133p. [051||U84]

『誌上のユートピア』は、日本近代の主要な美術雑誌を紹介した展覧会のカタログです。雑誌そのものの美的な価値に注目しています。

『誌上のユートピア : 近代日本の絵画と美術雑誌1889-1915』 神奈川県立近代美術館編 美術館連絡協議会, c2008, 358p. [CG||141||005483]

『美術と印刷物』は、2014年に当館で開催した展覧会の記録集です。同展では、1960-70年代の「美術」と親密な「印刷物」に着目し、日本のみならず、アメリカ、ドイツで刊行された雑誌などの様々な資料が取り上げられました。

『美術と印刷物 : 1960-70年代を中心に : 記録集』東京国立近代美術館編集 東京国立近代美術館, 2015, 63p. [MP||NMA1||[2015]]

『日本の70年代 1968-1982』は、2012年に埼玉県立近代美術館で開催された展覧会のカタログです。70年代の世相を色濃く反映した日本の雑誌が多数取り上げられています。

『日本の70年代 1968-1982』埼玉県立近代美術館, 前山裕司, 梅津元, 平野到編 埼玉県立近代美術館, 美術館連絡協議会, c2012, 283p. [CG||141||008887]

『松本竣介と「雑記帳」の画家たち』 は、1986年に神奈川県立近代美術館で開催された展覧会のカタログです。松本竣介らと雑誌『雑記帳』の関係を取り上げています。

『松本竣介と「雑記帳」の画家たち』 神奈川県立近代美術館編 同館刊, 1986, [31]p. [CG||146||007140]


4.3 各号情報と所蔵情報

4.3.1 各号情報の見方

「各号情報」には巻号、発行年月、特集名などといったものがあります。この中で特に大切なのが巻号と発行年月です。例えば文献リストに「芸術新潮 49(7) 1998.7」とだけ書かれていたとします。雑誌名が『芸術新潮』であることはすぐにわかるでしょう。「1998.7」が発行年月であることも想像がつくかもしれませんが、それ以外の数字は何を意味するのでしょうか。「49(7)」は、49巻7号を表しています。

何巻何号という言い方を省略する場合、図書館では、上記のように巻次を書いてそのあとに丸括弧に号数を入れて表記します。雑誌によっては通号のみを表記しているものもありますが、この場合、丸括弧は用いず、通号の号数のみを記述します。次に述べる「所蔵情報」を見るときにも応用が効きますので、この丸括弧を用いた巻号の表記法は覚えておくと便利です。

4.3.2 所蔵情報の見方

「所蔵情報」は、「図書館にあるかどうか」という図書館サイドから見た情報です。
「所蔵情報」を実際にみてみましょう。OPACでは「書誌情報」と「所蔵情報」が確認できるようになっています。「所蔵情報」の「所蔵年」「所蔵巻号」という項目に注目してください。ここではいくつかの約束事があります。

まず「所蔵年」は、その館の所蔵最古号と所蔵最新号の年をハイフン(-)で結んだ形で記されています。1980-1995とあれば最古号は1980 年、最新号は1995年のものということです。ただし、その期間のものを全て所蔵しているわけではありません。この期間のどの号を所蔵しているかを確認するには「所蔵巻号」を確認します。

この「所蔵巻号」を表記するのに、先の丸括弧を使った巻号の記述方法が使われています。例えば「33(5-6,8)」は33巻の5号から6号と8号を所蔵しているというように、丸括弧の中にその巻の何号があるのかが表記されています。欠号がなければ、単に「33」とだけ表記します。なお、雑誌によっては通号のみを表記しているものがあります。この場合は所蔵している通号の号数をそのまま記述します。巻号の最後に「+」がついているものは、継続して受入中であるという意味です。なお、ここで紹介した「所蔵情報」の見方は多くの図書館の目録でも共通しています。

4.3.3 他の図書館の蔵書目録を調べる

東近美アートライブラリで所蔵していない雑誌は、他の図書館で所蔵していないか、他館のOPACや蔵書目録で調べてみましょう。一館だけの所蔵を扱った蔵書目録のほかに、複数の図書館の所蔵を一度に調べることのできる総合目録もあります。まずは一館のみを扱ったタイプの蔵書目録を挙げます。

『国立国会図書館所蔵国内逐次刊行物目録 昭和62年末現在』 国立国会図書館収書部編 同館刊, 1988, 1705p. [027.5||Ko49||87]
『東京都美術館所蔵美術雑誌目録 1992年2月末現在』 東京都美術館編 同館刊, 1992, 98p. [027.5||To46||1992]
『日本近代文学館所蔵主要雑誌目録 1990年版』 日本近代文学館編 同館刊, 1989, 126p. [027.5||N71]
『県立神奈川近代文学館収蔵新聞・雑誌目録 1995年版』 神奈川文学振興会編 同会刊, 1996, 866p. [027.5||Ka43]

1番目の国立国会図書館の蔵書目録は書誌・所蔵項目だけでなく、巻末の「総目次・総索引一覧」に目次の所在が示されているかどうか(☆印)、『雑誌記事索引』に収録されているかどうか(◇印)も分かるようになっています。国立国会図書館の蔵書目録には、上記の『国内逐次刊行物目録 追録 昭和63年1月-12月』ほか、外国の逐次刊行物の目録もあります。東京都美術館の雑誌目録は、4.3でも挙げましたが、こちらはより新しいものです。個々の雑誌の説明は古い版のほうが詳しいです。

この他、国立国会図書館オンライン、都立図書館や美術系大学の各図書館のOPACもインターネットで検索できます。ただし、大学図書館の多くは、利用に際して紹介状が必要であるなど、大学関係者以外の利用は制限されています。

次に複数の図書館の所蔵を一度に調べるためのものとして、国立情報学研究所の総合目録を挙げます。主に国公私立の大学図書館の「所蔵情報」を調べることができます。なお、CiNii Booksはそのインターネット版です。 最新の情報を調べる場合はCiNii Booksのご利用をおすすめします。

『学術雑誌総合目録 和文編 1985年版』 文部省編 丸善, 1986, 3冊. [R027.5||G16||85]
『学術雑誌総合目録 欧文編 1988年版』 学術情報センター編, 1989, 5冊. [R027.5||G16||88]
●CiNii Books (http://ci.nii.ac.jp/books/)


4.4 記事情報

4.4.1 主題・人名から探索

実際に雑誌記事を探す場合、まず記事の所在をつきとめることが最初のステップとなります。まずは主題や人名から探すことのできるツールを紹介します。

a) 冊子で探す

『芸術・美術に関する○○年間の雑誌文献目録』 日外アソシエーツ編 同社刊, 1981. 3冊. [R703.1||N71]
『美学・美術史研究文献要覧』 日外アソシエーツ編 同社刊, 1999, 4冊. (20世紀文献要覧体系30)  [703.1||N71]

いずれも巻頭に「凡例」がありますが、巻号の読み方などはこれまでに説明した方法と同じです。巻末の索引で人名や主題から引くことができます。『芸術・美術に関する○○年間の雑誌文献目録』が『雑誌記事索引 人文・社会編』をもとにした純粋な雑誌の索引であるのに対して、後者には図書や展覧会カタログも含まれています。この二つのシリーズを利用することで戦後に刊行された美術に関する雑誌記事の主要なものはカバーすることができるでしょう。

b) インターネットで探す

1) 国内

まずご紹介したいのは『雑誌記事索引』です。国立国会図書館による雑誌記事索引の提供は、1948年から1995年まで雑誌として刊行されましたが、2002年に国立国会図書館のOPACが全面公開され、これによりデータベース化された雑誌記事索引の全データがインターネットを通じて検索することが可能となりました。国立国会図書館で所蔵している主要な雑誌の記事が検索できます。国立国会図書館オンラインや、国立国会図書館サーチから検索することができます。収録されている雑誌の一覧も国立国会図書館のウェブサイトで公開されています。

●国立国会図書館 雑誌記事索引について (http://www.ndl.go.jp/jp/data/sakuin/sakuin_select.html)
●雑誌記事索引採録誌一覧 (https://www.ndl.go.jp/jp/data/sakuin/sakuin_index.html)

次に、国立情報学研究所(NII)の文献情報検索サービス、「CiNii Articles 日本の論文をさがす」IRDB(学術機関リポジトリポータル)」をご紹介します。「CiNii Articles」では日本の学術論文を中心にした論文情報が提供されています。「IRDB」では、日本の機関リポジトリに登録された、大学や研究機関の教育・研究成果(学術論文、学位論文、研究報告書、学会発表資料、教材等)を検索することができます。

CiNii Articles (http://ci.nii.ac.jp/)
●IRDB (https://irdb.nii.ac.jp/)

2) 海外

「ARTbibliographies Modern (ABM) 」は、モダンアートおよびコンテンポラリーアートを専門とする書誌情報としては唯一のものです。 絵画、彫刻、写真からビデオアート、ボディアート、グラフィティまで、あらゆる芸術形式を網羅しています。 1960 年代後期以降のものから、完全抄録と索引を提供しています。

ARTbibliographies Modern (ABM)【館内のみ】

「Arts & Humanities Database」は、芸術、建築、デザイン、歴史、哲学、音楽、文学、演劇、文化研究を含む数百のタイトルを収録しています。 次の索引を補足するよう設計されています。 ABM, DAAI, British Humanities Index, MLA International Bibliography and Philosopher’s Index等。

Arts & Humanities Database 【館内のみ】

「Avery Index to Architectural Periodicals」は、建築、都市工学分野の記事索引です。1934年以降の建築に関するジャーナル記事を扱っており、建築と建築史、景観設計、都市計画、歴史的保存、インテリアデザインや室内装飾などを網羅しています。

Avery Index to Architectural Periodicals (Avery)【館内のみ】

「Design and Applied Arts Index (DAAI)」は、デザイン・工芸分野にかかわる多様な記事を収録し、1973 年から現在までのジャーナル記事、展覧会批評、ニュース項目を検索できます。 工芸、グラフィックデザイン、ファッション、インテリア、建築、ウェブデザイン、アニメーション、造園など、幅広い分野をカバーしています。

Design and Applied Arts Index (DAAI)【館内のみ】

「International Bibliography of Art (IBA)」は、この分野で最も信頼されている「Bibliography of the History of Art (BHA) 」の継承後誌を公開しているウェブ版データベースで、BHA の編集方針を踏襲しています。 このデータベースには、Getty Research Institute により 2008年から2009 年に作成されたレコード、ならびに同じシソーラスと典拠ファイルを使用して ProQuest により新たに作成されたレコードが含まれます。

International Bibliography of Art (IBA) 【館内のみ】

上記のデータベースはいずれも、ProQuest社が提供しており、共通のプラットフォームを使用しているため、データベースを横断検索することができます。検索画面には英語と日本語の両方がありますが、抄録などのデータ内容は英語だけです。左上の欄に作家名などを入力して検索します。記事が見つかったら出版物の種別を示す「ドキュメントのタイプ」の項目を確認してみましょう。Journal article」とあれば雑誌記事ですので、雑誌のタイトルと巻号を確認し、あらためて東近美OPACを検索し、所蔵を確認してください。

「BHA and RILA」は、西洋美術全般のデータベースで、英語で抄録を読むことができます。「Document Type」に「Article (journal)」と記されていたら雑誌記事です。「Bibliography of the History of Art(BHA)」(1990-2007)、および「Repertoire de la litterature de l’art(RILA)」(1975-1989) が統合されており、同時に検索できます。東近美OPACで所蔵を確認する際は、上記データベースと同様です。

Bibliography of the history of art (BHA). And Repertoire de la litterature de l’arta(RILA), The Getty (http://www.getty.edu/research/tools/bha/index.html)

「JSTOR」は米国非営利公益法人による美術雑誌170タイトル以上を含む学術アーカイブです(2019年9月現在)。

JSTOR 【館内のみ】

OAO は、旧グローブ社美術事典The Dictionary of Art のオンライン版です。The Dictionary of Art のフルテキストを含んだGrove Art Online のほか、The Oxford Companion to Western Art, Encyclopedia of Aesthetics, The Concise Oxford Dictionary of Art Terms, Benezit Dictionary of Artistsも横断検索できます。

Oxford Art Online (OAO) 【館内のみ】

4.4.2 雑誌の総目次からの探索

雑誌が特定できる場合は、その雑誌の総目次や総索引から記事を探してみましょう。とはいえ全ての雑誌に総目次があるわけではありません。また、その形態も一冊の図書であったり、雑誌の一号であったり、はたまた年末の号に一年分の目次を掲載する雑誌もあります。

日本の主な雑誌に関しては、東近美OPACでは「注記」という項目で総目次の所在も示しています。しかし、全ての雑誌に総目次が表示されるとは限りません。総目次がない場合には下記の参考図書を活用してみましょう。

『国立国会図書館所蔵国内逐次刊行物総目次・総索引一覧 平成3年1月末現在』 国立国会図書館逐次刊行物部編 同館刊, 1991, 249p. [027.5||Ko49]
『日本雑誌総目次要覧』 天野敬太郎 深井人詩共編 日外アソシエーツ, 1985, 515p. [027.5||A43]

少し性格は異なりますが、下記の資料は、明治から終戦までの主要美術雑誌53誌の目次を誌名順に並べたものです。人名索引もあり、戦前雑誌の人物情報を探すときにも役立ちます。

『美術関係雑誌目次総覧 明治・大正・昭和戦前篇』 小林忠編 国書刊行会, 2000, 4冊. [027.57||Ko12]

『前衛誌』は、20世紀初頭の未来派・ダダ・構成主義に関連する雑誌やエフェメラについてまとめられた資料です。海外編と日本編が刊行されており、それぞれテキスト編と図版篇の2冊組となっています。

『前衛誌 : 未来派・ダダ・構成主義 外国編』西野嘉章 東京大学出版会, 2016, 2冊. [702.07||N85]
『前衛誌 : 未来派・ダダ・構成主義 日本編』西野嘉章 東京大学出版会, 2019, 2冊. [702.16||N85]

『創作版画誌の系譜』は、日本の近代版画を振り返る際に欠くことのできない、創作版画誌の目次および作品図版の目録です。書誌事項のみならず、解題も掲載されています。収録対象誌は、明治38年から昭和20年までに刊行されたもので、創刊年月順に配列されています。

『創作版画誌の系譜 : 総目次及び作品図版 : 1905-1944年』 加治幸子編著 中央公論美術出版, 2008, 96, 1115p. [732.16||Ka22]

CD-ROMやマイクロフィルムのかたちで復刻された雑誌には、別冊の総目次が刊行されていることがあります。それらを用いることで、探している記事が何巻(何枚)目に収録されているのかを調べることができます。ここでは、例として下記の2点を挙げておきます。

『太陽総目次』 日本近代文学館編 同館刊, 1999, 25, 914, 43p. (近代文学館 : CD-ROM版 ; 6). [027.51||Ta25]
『萬朝報 : CD-ROM 主要記事総目録・解説/No.46』 日本図書センター, 1997, 520p. [027.5||Y84]

4.4.3 特定の年の記事を探す場合

年代を特定できれば日本美術年鑑が最も網羅的です。しかし、編集方針が途中で微妙に変わっているため、探し方に戸惑うことがあるかもしれません。平成12年版は「平成11年1月から12月」までを扱っている、というように版の年号と実際の収録年の間に一年のずれがありますので、ご注意ください。なお、東近美OPACでは年代によって書誌が分かれています。詳細は「1.4.4 年鑑」をご参照ください。

4.4.4 論集

これまで雑誌記事の検索方法をご紹介してきましたが、ここでは特定のテーマや著者でまとめられた論集をご紹介します。これらの初出は多くが雑誌媒体に掲載されたものです。

『海外新興芸術論叢書』は大正・昭和前期に未来派・立体派・表現派の言説をまとめたものです。全22巻から成ります。

『海外新興芸術論叢書  [復刻版]』 日高昭二, 五十殿利治監修 ゆまに書房, 2003-2005, 22冊. [702.06||Ka21]

『コレクション・日本シュールレアリスム』は戦前に出版された単行本や雑誌に掲載されていたシュールレアリスムの言説をまとめたものです。全15巻から成ります。

『コレクション・日本シュールレアリスム [復刻編集版]』 和田博文 [ほか] 編 本の友社, 2000-2001, 15冊. [702.16||Ko79]

『美術批評家著作選集』は美術批評家やジャーナリストごとに主要な言説をまとめた選集です。各巻で取り上げた美術批評家やテーマについては編者による解題も載っています。全21巻から成ります。

『美術批評家著作選集』 一氏義良 [ほか]著 ゆまに書房, 2010-2011, 21冊. [704||B42]

下記は著名な美術批評家ごとに編まれた論集・選集です。

『今泉篤男著作集』 今泉篤男著 求龍堂, 1979, 6冊. [704||I43]
『陰里鉄郎著作集』 陰里鉄郎著 一艸堂, 2007, 3冊. [704||Ka18]
『河北倫明美術論集』 講談社, 1977-78, 5冊. [704||Ka94]
『コレクション瀧口修造』 瀧口修造 [著] みすず書房, 1991-1998, 14冊. [704||Ta71]
『辻惟雄集』 辻惟雄著 岩波書店, 2013-14, 6冊. [702.1||Ts41]
『虚像の時代 : 東野芳明美術批評選』 東野芳明著 ; 松井茂, 伊村靖子編 河出書房新社, 2013, 349p. [704||To63]
『中原佑介美術批評選集』 中原佑介著 ; 中原佑介美術批評選集編集委員会編, 現代企画室+BankART出版, 2011-15, 8冊. [704||N33]
『針生一郎評論』 針生一郎著 田畑書店, 1969-70, 6冊. [704||H33]
『土方定一著作集』 土方定一著 平凡社, 1976-78, 12冊. [704||H56]
『宮川淳著作集』 宮川淳著 美術出版社, 1980-81, 3冊. [704||Mi76]
『ヨシダ・ヨシエ全仕事』 ヨシダ・ヨシエ著 芸術書院, 2005, 591p. [704||Y86]

From postwar to postmodern, Art in Japan 1945-1989は、戦後の日本美術について書かれた論考を英訳してまとめた論集です。

From postwar to postmodern, Art in Japan 1945-1989 : primary documents. edited by Doryun Chong … [et al.]. Museum of Modern Art, c2012, 440 p. [702.16||C53]

下記は海外の美術批評や理論をまとめた論集です。邦訳があるものもあります。

Art in theory : an anthology of changing ideas. edited by Charles Harrison and Paul Wood. Blackwell, 1992-2003, 3v. [701||H33]
Theories and documents of contemporary art : a sourcebook of artists’ writings. 2nd ed., rev. and expanded, Kristine Stiles and Peter Selz. University of California Press, c2012, xxii, 1141, xxii, 24 p. [702.07||St6]
Theory in contemporary art since 1985. 2nd. ed., edited by Zoya Kocur and Simon Leung, Wiley-Blackwell, 2012, xxiv, 527 p. [702.07||Ko15]
Art since 1900 : modernism, antimodernism, postmodernism. 3rd ed., Hal Foster … [et al.]. Thames & Hudson, 2016, 896 p. [702.07||F41]
『Art since 1900 : 図鑑1900年以後の芸術』ハル・フォスター [ほか] 著 ; 尾崎信一郎 [ほか] 編 東京書籍, 2019, 895p. [702.07||F41]
American artists on art : from 1940 to 1980. edited by Ellen H. Johnson. Routledge, 2018, xii, 274 p. [702.53||J64]


4.5 美術関連機関について

最後に美術館以外の機関で美術と関係の深い学会、研究所などを列挙し、その主な出版物を紹介します。東近美アートライブラリに比較的多く出版物が所蔵されているものや、関わりの深いものを中心に挙げています。

a) 学会

美術史学会 (http://www.bijutsushi.jp/)
時代や地域を問わず美術史一般が対象。

『美術史』 美術史學會 便利堂, 1 (昭25.4)-. [ZW||ヒ]

美学会 (http://www.bigakukai.jp/)
ひろく美学を研究対象とする学会。

『美學』 美學會編 寶雲舎. 1巻1号 (1950)-. [ZW||ヒ]

ジャポニスム学会 (http://japonisme-studies.jp/ja/)
ジャポニスム(19~20世紀初めの欧米での日本ブームのこと)を扱う。

『ジャポニスム研究』 ジャポニスム学会刊, No. 18 (1998)-. [KB||シ]
『ジャポニスム入門』 ジャポニスム学会編. 思文閣出版, 2000, 247, 33p. [702.06||J24]

日仏美術学会 (http://www.francojaponais504.jp/)

日本におけるフランス美術研究と、フランスにおける日本美術研究の推進を目指す学会。

『日仏美術学会会報』 日仏美術学会 同会刊, 1号 (juil. 1981)-. [KB||ニ]

明治美術学会 (http://www.meibikai.org/)
日本の近代美術と西洋美術との関係や、日本における「美術」の概念の成立過程など、明治期の美術に焦点をあてた学会。

『近代画説 : 明治美術学会誌』 明治美術学会[編集] 同会刊, 1号 (1992)-. [ZW||キ]

アート・ドキュメンテーション学会 (http://www.jads.org/)
美術に関する「情報」を扱う。

『アート・ドキュメンテーション研究』 アート・ドキュメンテーション研究会編集 同会刊, No. 1 (Mar. 1992)-. [KB||ア] 

日本アートマネジメント学会 (http://ja-am.org/)
芸術文化政策や施設運営などの理論と実践についての研究を行う。

『アートマネジメント研究』 日本アートマネジメント学会[編] 美術出版社, 1号 (2000)-. [ZW||ア]

日本映像学会 (http://jasias.jp/)
写真・映画・テレビなどひろく映像に関する研究を行っている。

『映像学』 日本映像学会 同会刊, Vol. 2, no. 1 (1981)-. [ZW||エ]

b) 美術関係研究所

東京文化財研究所 (http://www.tobunken.go.jp/index_j.html)
文化財全般にわたる調査研究や保存修復、文化財保護の国際協力を行う研究所。昭和5(1930)年に黒田記念館内に設置された美術研究所を前身とする。『美術研究』 (雑誌) と『日本美術年鑑』 (図書)ほかの刊行物を発行。雑誌『みづゑ』の創刊号から90号までの全文をインターネットで提供。執筆者の索引もあり。

『美術研究』 帝國美術院附属美術研究所 美術懇話會, 1號 (昭7.1)-. [ZW||ヒ]
● 東京文化財研究所所蔵資料アーカイブズ みづゑ (http://mizue.bookarchive.jp/)

修復研究所 21 (http://www.ars21.co.jp/)

旧称:創形美術学校修復研究所。

『修復研究所報告』 修復研究所21, Vol. 15 (1999・2000)-. [KB||シ]

c) 各種団体

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)(http://www.jpf.go.jp/j/index.html)
国際的な文化交流の推進を目的として創られた基金。多くの展覧会を主催・後援している。

『国際交流基金フォーラム便り』 国際交流基金, Vol. 0 (Mar. 2000)-. [KN||コ]

鹿島美術財団 (http://www.kajima-fa.or.jp/)
鹿島建設による企業メセナの一環として美術の調査研究や『鹿島美術財団年報』などを発行している。

『鹿島美術財団年報』 鹿島美術財団 同財団刊, 1号 (昭57/58)-. [KA||カ] 

このページのTOPへ