夢土画廊関係資料

夢土画廊関係資料


・夢土画廊関係資料の整理は、ISAD (G)(国際標準記録史料記述一般原則の第2版)に基づいて行った。以下の表で示した項目(番号)はISAD (G)の記述エリアと対応している。
・資料の詳細情報は、「3.3.4編成方法」の各シリーズに付した東京国立近代美術館蔵書検索(OPAC)のリンクから確認することができる。実際に、資料を利用する際は、「3.4.1利用条件」を事前に確認の上、アートライブラリにお問い合わせください。

 ISAD(G)2nded. 項目 記述内容
3.1 識別表示 3.1.1 請求記号 MUDO||(シリーズ番号)||*
3.1.2 資料名 夢土画廊関係資料
3.1.3 年代域 1954~2002年
※主に小林純氏による夢土画廊等の活動時期に関係する資料
3.1.5 資料の分量・規模 書架延長4.5m
3.2 コンテクスト 3.2.1 作成者名(出所) 夢土画廊(MUDO Gallery
3.2.2 作成者の経歴情報 夢土画廊は1960年から2002年11月にかけて、小林純氏(Kobayashi Jun, 1922~2006年)が運営していた貸し画廊。同画廊では荒川修作、稲葉治夫、伊藤隆康、若林奮などの個展が行われた。画廊の命名者は日本画家の山本丘人。画廊経営を始める以前の1954年頃から、小林氏は、今泉篤男の協力を得て「晴日会」という展覧会の企画・運営に携わっていた。その後、1956年に六本木で「六本木画廊」を開設した。1960年に銀座1丁目へ移転し、その際、「夢土画廊」に画廊名を改称した。1976年、銀座6丁目ギャラリーセンタービル7階へ移転し、1995年に新宿区信濃町マヤ2番館へ移転し、2002年11月に閉廊した。
3.2.3 伝来情報 夢土画廊の画廊主であった小林純氏のご遺族より、当館への寄贈申出があり、2017年3月2日に段ボール5箱分の資料の寄贈を受けた。その後、2018年8月9日に封筒1通、2019年3月10日に段ボール1箱分の資料が追加寄贈された。
3.2.4 入手元 個人(ご遺族)からの寄贈
3.3 内容と構造 3.3.1 範囲・内容 小林純氏が夢土画廊等を運営する際に収集した図書、展覧会カタログ、雑誌の他、画廊の案内状、写真アルバム、手稿、スクラップブック等が含まれている。
3.3.4 編成方法 シリーズ(HP上で表記) > フォルダー(OPAC上で表記) > アイテム(OPAC内の「備考」「注記」で表記)
・シリーズ1:運営記録 ※整理中
・シリーズ2:書簡 ※整理中
・シリーズ3:文書 ※整理中
・シリーズ4:作家ファイル
・シリーズ5:画廊ファイル(案内状)
・シリーズ6:画廊外の活動 ※整理中
・シリーズ7:印刷物(図書、展覧会カタログ、雑誌)※アイテム単位で表示されます
・シリーズ8:スクラップブック
・シリーズ9:写真アルバム
3.4 アクセスと利用条件 3.4.1 利用条件 〇一般公開
「シリーズ7:印刷物(図書、展覧会カタログ、雑誌)」は事前予約(原則1週間前)が必要。
「シリーズ5:画廊ファイル(案内状)」に含まれる資料は特別資料閲覧による事前予約(原則2週間前)が必要。
〇限定付き公開
上記以外のシリーズに含まれる資料は利用者から調査内容を伺った上で、著作権法やプライバシー、肖像権、個人情報保護法等に対する配慮を前提に、該当する資料を当館で用意するものとする。資料の利用にあたっては、原則1カ月前までに要相談。
3.4.3 資料の言語 主に日本語
3.4.4 資料の物理的状態 貴重書庫にて保管
3.4.5 探索手段

HP
・OPAC内の「備考」「注記」

3.5 重要な関連性のある他の資料 3.5.3 関連資料  ―
3.5.4 参考文献  ―
3.6 注記 3.6.1 注記 「シリーズ5:画廊ファイル(案内状)」内の請求記号[MUDO||5||1] から[MUDO||5||3]の3ファイルは、寄贈後の作業過程において年代順への並び替えなどを行っており、原秩序が保たれていない。
3.7 記述コントロール 3.7.1 担当者 東京国立近代美術館企画課情報資料室(長名大地、石川明子)
3.7.3 記述年月日 2019年10月15日

※書架延長とは様々な媒体を含むアーカイブズ資料の量を書架の長さで示す用語。