難波田龍起関係資料

難波田龍起関係資料


・ISAD (G)(国際標準記録史料記述一般原則の第2版)に基づく。以下の表で示した項目(番号)はISAD (G)の記述エリアと対応している。
・資料の詳細情報は、「3.3.4編成方法」の各シリーズに付した東京国立近代美術館蔵書検索(OPAC)のリンクから確認することができる。実際に、資料を利用する際は、「3.4.1利用条件」を事前に確認の上、アートライブラリにお問い合わせください。

ISAD(G)2nded. 項目 記述内容
3.1 識別表示
3.1.1 請求記号
NT||*||*
3.1.2 資料名
難波田龍起関係資料
3.1.3 年代域
1925-1953年
3.1.5 資料の分量・規模
書簡21点、刊行物3点
3.2 コンテクスト 3.2.1 作成者名
難波田龍起氏
3.2.3 伝来情報
2020年7月、難波田龍起氏のご遺族より寄贈。
3.2.4 入手元
個人(遺族)からの寄贈
3.3 内容と構造 3.3.1 範囲・内容
1925-1953年にかけて、詩人、彫刻家の高村光太郎(1883-1956)から洋画家の難波田龍起(1905-1997)宛に送られた21点の書簡を中心とする資料群。書簡の他、難波田の個展目録(複写物)や、新聞、雑誌(切り抜き)の3点が含まれる。
3.3.4 編成方法
*シリーズ(HP) > ボックス(OPAC) > アイテム(OPAC注記)
・シリーズ1:書簡
・シリーズ2:刊行物
3.4 アクセスと利用条件
3.4.2 資料本体の公開可能範囲

〇限定付き公開

資料の利用にあたっては、原則2週間までに要相談。

3.4.3 言語 主に日本語
3.4.4 資料の物理的状態 貴重書庫にて保管
3.4.5 検索手段

HP

OPAC

3.5 重要な関連性のある他の資料 3.5.3 関連資料・作品 難波田龍起アーカイブ
3.5.4 参考文献 ・『生誕100年記念難波田龍起展:その人と芸術』(展覧会カタログ)、東京オペラシティ、2005年
・高村光太郎『高村光太郎全集』14・15巻、筑摩書房、1995年
3.7 記述コントロール 3.7.1 担当者 東京国立近代美術館企画課情報資料室(長名大地、石川明子)
3.7.3 記述日 2021年10月29日