年間スケジュール(2021年)

2021年度 工芸館展覧会スケジュール

国立工芸館では、会期ごとに特別展または所蔵作品展のいずれかを開催します。

 

国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅱ
うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション

2021年1月30日(土)-2021年4月15日(木)

*休館日:月曜日(ただし3月29日、4月5日、4月12日は開館)

展覧会詳細

もしも自分の家にこんなものがあったら――、と想像してみること。それは私たちが日常でふと目にしたものを、使ってみたいと思うきっかけの一つになります。一方でこの想像は、作り手が人々に向けて新しいものを生み出す時の原動力にもなります。

本展では、クリストファー・ドレッサー(1834-1904)、富本憲吉(1886-1963)、ルーシー・リー(1902-1995)を中心に、自分自身の、そして誰かの、より快適で美しい生活を夢みたデザイナーと工芸家たちの器や家具をご紹介します。誰もが家の中での過ごし方や社会との関わり方を見直しつつある今だからこそ、展覧会を通してこれからの暮らしを考えてみませんか?

 

国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅲ
近代工芸と茶の湯のうつわ―四季のしつらい―

荒川豊蔵《志野茶垸 銘 不動》1953年頃 東京国立近代美術館蔵

2021年4月29日(木・祝)-2021年7月4日(日)

*休館日:月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(木)

 

日本では茶の湯の発展とともに、さまざまな素材を用いた“茶の湯のうつわ”がつくられてきました。それらは、つねに時代を映す鏡のように、新たな考えや造形を見せています。

本展では、個としての想いを造形や意匠に表している工芸家の 「 作品=茶の湯のうつわ =表現のうつわ」 と、使い手からの「見立てのうつわ」を、四季の取り合わせの中で紹介し、時代によって移りゆく、茶の湯に対する作家の思考や茶の湯の造形について探ります。