年間スケジュール(2021年)

2021年度 工芸館展覧会スケジュール

国立工芸館では、会期ごとに特別展または所蔵作品展のいずれかを開催します。

 

国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅱ
うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション

2021年1月30日(土)-2021年4月15日(木)

*休館日:月曜日(ただし3月29日、4月5日、4月12日は開館)

展覧会詳細

もしも自分の家にこんなものがあったら――、と想像してみること。それは私たちが日常でふと目にしたものを、使ってみたいと思うきっかけの一つになります。一方でこの想像は、作り手が人々に向けて新しいものを生み出す時の原動力にもなります。

本展では、クリストファー・ドレッサー(1834-1904)、富本憲吉(1886-1963)、ルーシー・リー(1902-1995)を中心に、自分自身の、そして誰かの、より快適で美しい生活を夢みたデザイナーと工芸家たちの器や家具をご紹介します。誰もが家の中での過ごし方や社会との関わり方を見直しつつある今だからこそ、展覧会を通してこれからの暮らしを考えてみませんか?

 

国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅲ
近代工芸と茶の湯のうつわ―四季のしつらい―

2021年4月29日(木・祝)-2021年7月4日(日)

*休館日:月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日(木)

展覧会詳細

日本では茶の湯の発展とともに、さまざまな素材を用いた“茶の湯のうつわ”がつくられてきました。それらは、つねに時代を映す鏡のように、新たな考えや造形を見せています。

本展では、個としての想いを造形や意匠に表している工芸家の 「 作品=茶の湯のうつわ =表現のうつわ」 と、使い手からの「見立てのうつわ」を、四季の取り合わせの中で紹介し、時代によって移りゆく、茶の湯に対する作家の思考や茶の湯の造形について探ります。

所蔵作品展
たんけん!こども工芸館 ジャングル⇔パラダイス

稲垣稔次郎《木綿地型絵染壁掛 虎》(部分)1960年
東京国立近代美術館蔵

2021年7月17日(土)~ 2021年9月26日(日)

*休館日:月曜日(ただし8月9日、9月20日は開館)、8月10日(火)、9月21日(火)

展覧会詳細

大切なものごとを思い出させてくれたおうち時間。けれど世界は果てしなく、依然私たちの憧れをかきたてるようです。どこかへ行きたい――そんな時はぜひ工芸館へ。

この夏のテーマは「自然」。工芸というフレームで切り取った表情は、身近なようで奥深く、夢と希望と生の喜びに満ちています。これまで20年にわたり子どもたちとともに取り組んできた鑑賞の成果もあわせてご紹介。工芸初心者も詳しい方もいっしょにお楽しみください。

国立工芸館石川移転開館1周年記念展
鈴木長吉《十二の鷹》と明治工芸(仮)

鈴木長吉《十二の鷹》(部分)1893年
重要文化財 東京国立近代美術館蔵 撮影: エス・アンド・ティ フォト

2021年10月9日(土)~ 2021年12月12日(日)

*休館日:月曜日

 

石川移転後の開館1周年を記念して、国立工芸館所蔵の重要文化財である鈴木長吉(1848‐1919)作《十二の鷹》(1893年)を中心に、近年収集に力を入れてきた 明治工芸を一堂に会した企画展を開催します。

明治維新以後、社会体制の変化とともに、我が国の工芸の在り方も大きく変化しました。今日に連なる近代工芸およびデザインの流れの起点ともなる明治工芸をあらためて見つめなおします。

めぐるアール・ヌーヴォー:モードのなかの日本工芸とデザイン(仮)

初代宮川香山《色入菖蒲図花瓶》1897‐1912年頃
東京国立近代美術館蔵 撮影: アローアートワークス

2021年12月25日(土)~ 2022年3月21日(月)

*休館日:月曜日(ただし1月10日、3月21日は開館)、年末年始(12月27日~1月1日)、1月11日(火)

 

19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパで流行したアール・ヌーヴォー。その誕生に影響を与えたのは日本美術でした。アール・ヌーヴォーは最先端の芸術運動であると同時に、モードへと還流した日本の姿を映しだす鏡でもあったのです。

本展では、アルフォンス・ミュシャやアンリ・ヴァン・ド・ヴェルドの作品、そしてアール・ヌーヴォー風の表現を取り入れた初代宮川香山や杉浦非水など、同時代の日本の工芸やデザインの展開をご紹介します。さらにアール・ヌーヴォーの源泉としての日本工芸に着目し、そこに通底する自然への眼差しが現代にまで受け継がれる様相を多彩な作品でたどります。