工芸館主催事業 2019(令和元)年度

2019(令和元)年度

工芸館巡回展について

近現代の優れた工芸作品をより多くの方々にご覧いただくため、当館所蔵作品による巡回展を全国の美術館・博物館等で開催しています。

本展では、東京国立近代美術館が所蔵する工芸作品から、大正・昭和の日本の工芸作品と関連する西洋のデザイン作品を展示します。新しい表現を求めた工芸作家達が西洋の動向をどのように捉え、独自の表現として昇華していったのか、その過程をご紹介します。

東京国立近代美術館工芸館巡回展 20世紀の工芸 日本×西洋 ―新しい表現を求めて― 川越市立美術館(埼玉県)

会期

2019年4月27日(土)-6月16日(日)

開館時間 9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)

観覧料

一般500円(400円)、大高生250円(200円)、中学生以下無料

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご持参された方、及びその介護者1名は無料。

※()内は20名以上の団体料金

※「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金

会場

川越市立美術館

〒350-0053 埼玉県川越市郭町2丁目30番地1

TEL 049-228-8080

主催

東京国立近代美術館、川越市立美術館

後援

朝日新聞西埼玉支局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、毎日新聞埼玉西支局、読売新聞さいたま支局、NHKさいたま放送局、J:COM川越、テレ玉、FM NACK5

東京国立近代美術館工芸館巡回展 20世紀の工芸 日本×西洋 ―新しい表現を求めて― 身延町なかとみ現代工芸美術館(山梨県)

会期

2019年9月27日(金)-11月24日(日)

開館時間 9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日

火曜日(祝日の場合はその翌日)

観覧料

一般500円(450円)、大高生300円(270円)、小中生100円(90円)

※身体障害者手帳をご持参された方、及びその介護者1名は無料。

※()内は20名以上の団体料金

※施設内の売店・食事処をご利用の場合は団体料金

会場

身延町なかとみ現代工芸美術館

〒409-3301 山梨県南巨摩郡身延町西嶋345
TEL 0556-20-4555

主催

東京国立近代美術館、身延町、身延町なかとみ現代工芸美術館

後援

山梨県、山梨日日新聞社、山梨放送、テレビ山梨、エフエム富士、エフエム甲府、朝日新聞社甲府総局、読売新聞甲府支局、産経新聞甲府支局、毎日新聞甲府支局

工芸館移転連携事業について

東京国立近代美術館工芸館移転連携事業 企画展「絵付けの魅力」 石川県九谷焼美術館(石川県)

東京国立近代美術館工芸館の石川県金沢市移転に向けて開催する収蔵品コレクション展です。工芸館のコレクションのうち陶磁器を展示し、九谷焼の最大の特徴であり、魅力となっている絵付けに着目し選抜した作品40点を紹介します。九谷焼作家北出塔次郎(1898-1968)との関わりが深い富本憲吉(1886-1963)の作品も紹介します。

 

会期

2019年11月1日(土)-12月15日(日)

開館時間 9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日

月曜日(11月4日は開館)

観覧料

一般560円、高齢者(75歳以上)280円

高校生以下無料

※常設展示の観覧料を含む

※加賀市の条例により文化の日(11月3日は観覧無料)

会場

石川県九谷焼美術館

〒922-0861 石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
TEL 0761-72-7466

主催

石川県九谷焼美術館、東京国立近代美術館

共催

石川県

後援

北國新聞社

 

東京国立近代美術館工芸館移転連携事業 人間国宝を中心に・陶磁器の美と技 石川県七尾美術館(石川県)

2020年、東京国立近代美術館工芸館が金沢に移転する一大プロジェクトが予定されています。工芸館は明治以降から近・現代の作家作品を約3800点以上収蔵しており、石川県内ではその移転連携事業として、石川県立美術館を筆頭に加賀、能登の博物館施設でもそれぞれテーマを変えて工芸館所蔵作品の展覧会を開催、県内全体の機運を高めるべく「工芸王国・石川」のさらなる醸成を目指しています。

本展はその連携事業の1つで、当館では重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心に、陶磁器をテーマに名品45点を展覧します。

能登において、人間国宝の陶磁器がこれだけまとまって展示されるのは初めてです。荒川豊蔵、石黒宗麿、加藤土師萌、清水卯一、田村耕一、三代德田八十吉、富本憲吉、濱田庄司、松井康成、三浦小平二、三輪壽雪(十一代休雪)をはじめ、人間国宝の美と技を、ぜひ能登・七尾でお楽しみください。

 

会期

2019年12月14日(土)-2020年2月11日(火・祝)

開館時間 9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日

月曜日(1/13は開館)、12月29日~1月3日、1月14日

観覧料

一般500円(400円)、大高生350円(300円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金  

※祝日は70歳以上の方団体割引。

会場

石川県七尾美術館 第2展示室

〒926-0855 石川県七尾市小丸山台1-1
TEL 0767-53-1500

石川県七尾美術館HP

主催

石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)、東京国立近代美術館

共催

石川県、七尾市

後援

北國新聞社、NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお

 

東京国立近代美術館工芸館名品展 漆・木・竹工芸のみかた 石川県立美術館(石川県)

東京国立近代美術館工芸館は、2020年、石川県金沢市へ移転します。それに先駆け、2016年度より、石川県立美術館をはじめ石川県内の美術館において、工芸館の選りすぐりのコレクションを紹介してきました。4度目の企画となる今回は、漆工・木工・竹工分野から48点を展示します。

 

会期

2019年11月22日(土)-12月22日(日)

開館時間 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休館日

会期中無休

観覧料

一般370(290)円、大学生290(230)円

※( )内は20名以上の団体料金

※高校生以下無料

会場

石川県立美術館 第5展示室

〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580

石川県立美術館HP

主催

「東京国立近代美術館工芸館名品展」等実行委員会、石川県、金沢市、東京国立近代美術館

後援

文化庁、北國新聞社