開催予定の展覧会

  • 2022.12.20 - 2023.2.26
  • 所蔵作品展

工芸館と旅する世界展―外国の工芸とデザインを中心に

Embarking on a Trip around the World at the Crafts Museum: Focus on Foreign Crafts and Design

展覧会について

ルース・ダックワース《無題 No.706201》
2001年
国立工芸館所蔵
撮影:エス・アンド・ティ フォト

国立工芸館では、日本国内の工芸作品のみならず、世界各国の工芸家やデザイナーの作品収集も行い、さまざまな展覧会を開催してきました。コレクションのうち、外国人作家の作品は工芸作品が約180点、デザイン作品が約300点におよびます。
本展では、これまでまとめて展示する機会の少なかった海外作家による作品を中心にご紹介します。工芸やデザイン、それを生み出す場所の歴史や風土との関わりにも目を向ける機会となるでしょう。作品を通して、工芸とデザインをめぐる世界旅行に出かけてみませんか?

国際色豊かなコレクションが一堂に

アルド・ロンティーニ
《リッコリーナ》
1987年
国立工芸館所蔵
撮影:野村知也

国立工芸館=すぐれた手わざを駆使した日本の工芸品の殿堂、という
イメージが強いかもしれませんが、じつは「こんな作品持ってるの 」と驚くような世界各国の作品もたくさん所蔵しています。
本展では、久しぶりにお目見えする作品も含めて、世界の工芸・デザイン作品が一堂に揃います。

A.M.カッサンドル
《ワゴン・リ・クック 旅行サービス社 》
1933 年
国立工芸館所蔵
©www.cassandre.fr APPROVAL by the ESTATE OF A.M.CASSANDRE / JASPAR 2022 E4876

レイモン・サヴィニャック
《ベリグー(清涼飲料)》
1955年
国立工芸館所蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4876

それぞれの国を旅するように作品と出会う

ルネ・ラリック
《カーマスコット ロンシャン》
1929年
国立工芸館所蔵

会場では、国や時代のテーマごとに作品の魅力を紐解きます。工芸もデザインも、それぞれ歴史や文化、時代性と深い関わりがあり、作品を通してその背景に思いを馳せることで、新たな発見があるはずです。

◇フランスのポスターやアール・デコ期の工芸品
(A.M. カッサンドル、ジャン・カルリュ、レイモン・サヴィニャック、ルネ・ラリック、ジャン・デュナンなど)

◇ドイツのバウハウスで活躍した作家たちの家具やデザイン
(マルセル・ブロイヤー、マリアンネ・ブラント、テオドール・ボーグラーなど)

◇イギリスの工芸
(バーナード・リーチ、ルーシー・リー、ハンス・コパー、トム・ディクソン、マイケル・ロウ、ピーター・コリンウッドなど)

◇イタリアの陶芸や工業デザイン
(カルロ・ザウリ、グェッリーノ・トラモンティ、アルド・ロンティーニ、エンツォ・マーリなど)

今、この時代を生きる私たちの道しるべとして

本展の出品作家には、ルーシー・リー、マルセル・ブロイヤー、イサム・ノグチ、ヘンリー・スタイナー、
里見宗次など、国という境界によって、自らのアイデンティティや居場所に影響を受けてきた人々も多く含まれます。病気や戦争、さまざまな災害に今も直面する私たちに、作品が多くのヒントを与えてくれるでしょう。

マルセル・ブロイヤー
《サイドチェア》
1936年頃
国立工芸館所蔵
撮影:エス・アンド・ティ フォト

マイケル・ロウ
《容器 2》
1993年
国立工芸館所蔵
撮影:アローアートワークス

開催概要

会場:
国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)
会期:
2022年12月20日(火)- 2023年2月26日(日)
開館時間:
午前9時30分-午後5時30分
※入館時間は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(ただし1月2日、1月9日は開館)、年末年始(12月28日-1月1日)、1月10日(火)
観覧料:
一般  300円(250円)
大学生 150円( 70円)

※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
※いずれも消費税込
※オンラインによる事前予約もあり

〇無料対象:高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポート・学パスをお持ちの方、友の会・賛助会員の方、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバーパートナーは本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)
〇割引対象:石川県立美術館・金沢21世紀美術館・石川県立歴史博物館・石川県立伝統産業工芸館(いしかわ生活工芸ミュージアム)・金沢市立中村記念美術館・金沢ふるさと偉人館の主催展覧会入場券半券、ならびにSAMURAIパスポート (一般のみ)を窓口で提示した方。
主催:
国立工芸館

プレスリリース >>


プレスリリース 【特集案内】>>


イベント

【講演会】
「トランスナショナルな民芸運動を通して再考する工芸館のコレクション」
日 時:2023年2月12日(日)午後1時30分-午後3時
場 所:国立工芸館 2階多目的室
講 師:菊池裕子氏(金沢美術工芸大学教授)
定 員:80名(会場参加40名、オンライン配信参加40名)※要申込
参加費:無料
主 催:兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会

問い合わせ先はこちら(外部サイト)

*国内外の状況により記載内容に変更が生じる場合があります。