開催予定の展覧会

  • 2022.9.16 - 12.4
  • 所蔵作品展

ジャンルレス工芸展

Genreless kōgei

展覧会について

稲垣稔次郎 《木綿地型絵染壁掛 虎》
(部分) 1960年
東京国立近代美術館所蔵

近年、新しい文脈で工芸が評価されています。近代に入り西洋美術の概念が導入され、絵画や彫刻と異なるとみなされた表現が工芸と命名され分離されてから、その分野の作家たちは工芸について自問自答しながら新しい表現を目指して制作を続けてきました。
並行して評論家も工芸の在り方について研究を重ねてきましたが、交通網やインターネットの普及により、これまでの美術や工芸の概念が揺らぎ始めています。実際、最近では美術や工芸といったジャンルにこだわらずに、工芸素材と技術を用いて自身の表現を追求するという姿勢の作家が増えてきました。そして時を同じくして、専門外の評論家が注目し紹介することで、工芸作品の露出が高まっていきました。
本展は、東京国立近代美術館が所蔵する国内外の優れた工芸・デザイン作品を中心に、あえて工芸と括らずに新しい視点でご紹介する展覧会です。器からオブジェまで形状はさまざまですが、鑑賞者はジャンルを気にすることなく、工芸素材とそれを活かす卓越した技術を用いた幅広い表現に触れることができるでしょう。

展覧会のポイント

▶デザイン、現代アート、工芸といったジャンルを超えた作品を紹介。
 先入観をなくして作品と対峙することで、思いがけない一面に出会えるかもしれません。

▶素材に対する深い理解のもと卓越した技術で、大正から令和にかけて制作された当館所蔵の名品による展示構成。

▶現代アートの分野でも評価の高い青木千絵、池田晃将、見附正康、牟田陽日など10名の作家の新作や近作も展示。

 

 

展示構成

平松保城
《スカルプチャー・ウエイト》
1973年
東京国立近代美術館蔵

デザイン

デザイナーの仕事は視覚領域や空間などの意匠計画や図案などを設計することですが、その発想力をもとにアート作品を制作することもあります。例えばジュエリーデザインを多く手がけた平松保城の《スカルプチャー・ウエイト》はロジウムメッキ独特の硬い質感を生かしながら計算された緻密な作品で、洒落たデザインのウエイトとしても使用可能な、手のひらサイズの愛らしい作品です。

青木千絵
《BODY19-1 孤独の身体》
2019年
写真:今村裕司 提供:艸居

現代アート

漆彫刻家・青木千絵の乾漆作品は、何度も漆を塗り磨くという工程を繰り返すことで、黒漆の美しさを極限まで引き出し、なまめかしく艶をもった人体となっています。この漆は女性の皮膚を想起させる一方、内へ引きこまれそうな魔力も持っています。
青木は潜在意識と対峙することを制作の根底に置いていますが、漆という素材への深い理解がなければ、この艶を出すことはできないのです。

開催概要

会場:
国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)
会期:
2022年9月16日(金)- 2022年12月4日(日)
開館時間:
午前9時30分-午後5時30分
※入館時間は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(ただし9月19日、10月10日は開館)、
9月20日、10月11日
観覧料:
一般  300円(250円)
大学生 150円( 70円)
※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
※いずれも消費税込
※オンラインによる事前予約もあり
〇無料対象:高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポート・学パスをお持ちの方、友の会・賛助会員の方、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバーパートナーは本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)
〇割引対象:石川県立美術館・金沢21世紀美術館・石川県立歴史博物館・石川県立伝統産業工芸館(いしかわ生活工芸ミュージアム)・金沢市立中村記念美術館・金沢ふるさと偉人館の主催展覧会入場券半券、ならびにSAMURAIパスポート (一般のみ)を窓口で提示した方。
無料観覧日:
10月16日(日)[いしかわ文化の日]、
11月3日(木・祝)[文化の日]
主催:
東京国立近代美術館

プレスリリース >>


展覧会関連イベント

【トークイベント 】
①「工芸ってなに?」
日 時:9月17日(土) 午後1時30分~午後3時
場 所:国立工芸館 2階多目的室
登壇者:青木千絵氏(漆彫刻家)、牟田陽日氏(陶芸家)
聞き手:岩井美恵子(国立工芸館工芸課長、本展企画者)
定 員:40名(要予約・先着順)
参加費:無料
主 催:国立工芸館
◎詳細、ご予約はこちら : Peatix(外部サイト)

②「工芸作品を作ること」
日 時:11月5日(土) 午後1時30分~午後3時
場 所:国立工芸館 2階多目的室
登壇者:池田晃将氏(漆芸家)、見附正康氏(陶芸家)
聞き手:岩井美恵子
定 員:40名(要予約・先着順)
参加費:無料
主 催:兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会
◎詳細はこちら(外部サイト)

開館記念日特別公開

「ガラスの向こうの気になる「アレ」」
国立工芸館の開館記念日、10月25日に
エントランス正面の中庭(通常は立ち入り禁止)を開放します。金子潤の作品を間近で鑑賞しませんか。記念撮影もOK!

日 時:10月25日(火)
    午前9時30分~午後5時30分
場 所:中庭(エントランス正面)
*雨天中止
*事前申込不要

 

 

*国内外の状況により記載内容に変更が生じる場合があります。