開催中の展覧会

  • 2021.10.9 - 12.12
  • 特別展

国立工芸館石川移転開館1周年記念展
《十二の鷹》と明治の工芸

―万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿

Twelve Hawks and Crafts in Modernizing Japan:
Changing Phases from the 1870s to the Present
In Celebration of the First Anniversary of the National Crafts Museum’s Move

展覧会について

鈴木長吉《十二の鷹》(部分)1893年
重要文化財 東京国立近代美術館蔵
撮影: エス・アンド・ティ フォト

作品リスト 参考図書リスト

 明治ほど、その工芸から「熱量」が伝わってくる時代はありません。器の表面から飛び出すほどの彫刻的な細工がほどこされた陶器や金属器、まるで生きているかのようにリアルな表情を見せる動物の置物など、私たちの視線をとらえてはなしません。
 そこには江戸から明治へと社会構造が大きく変化した時代にあって、どうにか活路を見出そうとする工芸家たちの必死さがあらわれているようです。
 ひるがえって現在、急速に進むデジタル化のなかで、私たちの生活も大きな変化の只中にあります。インターネットによる情報化や新たなデジタル機器は、モノづくりの領野にも確実に影響を及ぼしています。
 社会構造の変化に、工芸家たちはどのように立ち向かってきたのでしょうか。本展では、明治から現代までの工芸作品を通して、変化し続ける工芸家たちの姿を見つめます。

展覧会のポイント

●鈴木長吉十二の鷹を始めとした明治以降の工芸作品約100点を展示

明治の名工で帝室技芸員に任命された鈴木長吉(1848‐1919)が制作の指揮をとり完成させた大作《十二の鷹》。当時の最高の技に日本の伝統を加味した最新の「美術」として世界に提示しようと、明治26(1893)年にシカゴ万博で発表されました。近年復元された飾り布とともに、発表当時の姿で展示されるのは北陸地域では初めての機会です。

 

鈴木長吉《十二の鷹》1893年
重要文化財 東京国立近代美術館蔵 撮影: エス・アンド・ティ フォト

東京国立近代美術館工芸館開館告知チラシ

●社会の変化に立ち向かう工芸家たちのヒューマン・ストーリー

社会全体が大きな変化の波に揺れ動いた明治時代、工芸家たちはどのように時代に立ち向かったのでしょうか?コロナ禍で加速する社会のデジタル化、新しい生活様式や働き方への対応など、変化に翻弄される今だからこそ共感できる、明治の超絶技巧にひそむ工芸家のヒューマン・ストーリーを、作品を通してご覧ください!

工芸館の歴史を振り返る特設コーナー

当館が東京国立近代美術館工芸館として誕生したのは昭和52(1977)年。皇居に程近い北の丸公園内にある明治生まれの建物、旧近衛師団司令部庁舎からその活動をスタートさせました。それから43年後の2020年、拠点を石川県金沢市に移し、この秋には移転開館1周年を迎えます。本展示では、様々な資料を交えて開館から移転までの工芸館の歴史をご紹介します。

展覧会の構成

駒井音次郎 《鉄地金銀象嵌人物図大飾皿》1876-85年頃
登録美術品

1章 ◇ 明治の工芸 変わらなければ生き残れない!

明治の改元以降、廃藩置県、廃刀令、内閣制度の確立など、近代国家の礎となる政策が矢継ぎ早に打ち出されていきます。武士階級という有力な後ろ盾を失った工芸家たちも、生き残りの方法を模索します。ある者は住む場所を変え、またある者は、社会的な立場を変え…変わらなければ生き残れない、そんな激動の時代を生き抜いた工芸家たちを紹介します。


 

鈴木長吉《十二の鷹》(部分)1893年
重要文化財
東京国立近代美術館蔵
撮影: エス・アンド・ティ フォト

2章 ◇ 鈴木長吉と十二の鷹 新旧の技に挑む!

《十二の鷹》制作の指揮を執った鈴木長吉も、明治という時代にあわせ、自身の活動を大きく変えた工芸家の一人です。海外の美術館やコレクターの所蔵となっている彼の作品はいずれも高さ2メートル近く、あるいはそれ以上の大作です。《十二の鷹》は、日本古来の技法である色金の技術を駆使し、我が国の高い文化的水準を世界に示そうとした作品ですが、近年の研究で、当時最新の技術も使ったのではないかという指摘もなされています。新旧の技を駆使した明治の工芸家の気概をご覧ください。


 

岩田藤七《彩色壺》1935年
東京国立近代美術館蔵
撮影 斎城卓©2006

3章 ◇ 「熱量」のゆくえ~工芸の変わりゆく姿

明治から大正・昭和へと、世相の移り変わりとともに、工芸家たちの制作にも変化が現れます。前へ表へと向かっていたその熱量は、表立ってそれとわかる装飾や大きさに代わって、内面に込めた作家の表現へと、その「熱」の在り処も変わっていきます。一見すると、落ち着き払って見える作品の内奥に見え隠れする工芸家たちの熱量を会場で感じてください。

 

 

開催概要

会場:
国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)
会期:
2021年10月9日(土)-2021年12月12日(日)
開館時間:
9:30 - 17:30
※入館時間は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(10月25日、11月1日は開館)
チケット:
新型コロナウイルス感染症予防対策のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。
こちらから来館日時をご予約いただけます。
※お電話でのご予約はお受けしておりません。
※会場では当日券を販売しています。ただし、ご購入の列にお並びいただく場合やご入館時に販売予定枚数が終了している可能性もございますので、オンラインでの事前のご予約・ご購入をお薦めいたします。
※10名以上での来館をご希望の場合は、事前にお問い合わせください。(050-5541-8600/ハローダイヤル)
観覧料:
一般  500円(400円)
大学生 300円(150円)

※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。
※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
割引対象:石川県立美術館・金沢21世紀美術館・石川県立歴史博物館・石川県立伝統産業工芸館(いしかわ生活工芸ミュージアム)・金沢市立中村記念美術 館・金沢ふるさと偉人館の主催展覧会入場券半券、ならびにSAMURAIパスポート (一般のみ)を窓口で提示した方。
第68回日本伝統工芸展金沢展の入場券半券(10月23日~11月21日に限る)、超絶技巧を超えて 吉村芳生展の入場券半券・前売券(一般のみ、10月22日~11月3日に限る)、金沢マラソン2021参加ナンバーカード又はセキュリティバンド(参加ランナー及び同伴者1名まで、10月29日~11月1日に限る)を窓口で提示した方。
※いずれも消費税込。
無料観覧日:
10月17日(日)と11月3日(水・祝)は観覧無料となります(入館できる人数には制限がありますので、オンラインでの事前予約(無料)をお薦めいたします)。
主催:
東京国立近代美術館

プレスリリース >>


連携事業

講座「《十二の鷹》と現代の工芸」

※申込受付終了しました

漆芸家で富山大学教授の林 曉 氏をお招きし、「《十二の鷹》と現代の工芸」をテーマにお話いただきます。

 日付:2021年11月13日(土)
 時間:15:30開演 (15:00開場)
 会場:国立工芸館 多目的室
 定員:40名予定(参加無料、要申込)
 講師:林 曉 氏(漆芸家・富山大学教授)
 主催:兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会
 問い合わせ先はこちら (外部サイト)

 

 

国立工芸館は昨年、東京から移転開館し、10月25日(月)に1周年を迎えます。

これを記念して10月25日(月)から「1周年記念ウィーク」として様々なイベントを開催いたします。

ぜひご参加ください!

 

期間:10月25日(月)~ 11月7日(日)

※一部イベントは10月9日(土)~12月12日(日)

イベントチラシ

 

1周年記念イベント一覧

① 特別開館日

1周年記念ウィーク中は、通常は休館日の月曜日も特別開館します。

日時 2021年10月25日(月)、11月1日(月)

   9:30~17:30(入館は17:00まで)

 

 

② 国立工芸館長による特別レクチャー
“《十二の鷹》と明治の工芸”展 ココが見どころ!

日時 10月25日(月) 13:00 ~ 14:00

場所 2階多目的室 

講師 国立工芸館長 唐澤昌宏

定員 40名(要予約・先着順)

料金 無料

   ※参加にあたっては、本展覧会の観覧券(半券可)が別途必要です。
    (10月25日(月)の来館予約は10月5日(火)、10:00受付開始予定です。

◎特別レクチャーのご予約はこちら:Peatix(外部サイト)
定員に達しました

 

③ 特別公開 ガラスの向こうの気になる「アレ」

金子潤 《untitled(13-09-04)》 2013年 写真:太田拓実

エントランス正面の中庭(通常は立ち入り禁止)を開放します。

金子潤の《untitled(13-09-04)》を間近で鑑賞しませんか。

記念撮影もOK!

日時 10月25日(月) 9:30~17:30

場所 中庭(雨天中止)

◎当日の開催の有無についてはSNSをご確認ください。

TwitterInstagramFacebook

 

 

④ 来館者プレゼント企画 移転開館1周年を祝して、オリジナルグッズ等をプレゼントします

■国立工芸館特別セレクションプレゼント

期間中にご予約の上、来館された方の中から抽選で、国立工芸館セレクションの本をセットにしてプレゼント!

プレゼント=====================================

以下2冊をセット

中田英寿名誉館長 監修の本に・ほ・ん・も・の 

唐澤昌宏館長おすすめの本木のいのち木のこころ-天・地・人西岡常一 ほか

=============================================

期間 10月25日(月)~11月2日(火)、11月4日(木)~11月7日(日)

対象 日時指定予約の上、期間中に来館された方 ※予約についての詳細はこちら

応募方法 入館時に受付でお渡しする応募券に必要事項を記入の上、館内の応募箱に投函。

 

 

 

■来館者全員プレゼント

期間中にご予約の上、来館された方全員に国立工芸館オリジナルグッズをプレゼント!

期間 10月25日(月)、11月1日(月)

対象 日時指定予約の上、期間中に来館された方 ※予約についての詳細はこちら

 

 

■「#国立工芸館1周年」キャンペーン

国立工芸館の写真を投稿しよう!

開催期間中に、国立工芸館の公式アカウントをフォローし、「#国立工芸館1周年」のタグをつけて、InstagramまたはTwitterに国立工芸館の写真を投稿された方の中から、抽選で次回展覧会の招待券をプレゼント。

プレゼント=====================================

以下を1020名様

「めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン」
(2021年12月25日~2022年3月21日)の招待券

=============================================

期間 10月9日(土)~12月12日(日)

応募方法
(1)国立工芸館のInstagram(@nationalcraftsmuseum)またはTwitter(@ncm2020)アカウントをフォロー
(2)期間中に「#国立工芸館1周年」のタグをつけて、InstagramまたはTwitterに国立工芸館の写真(外観だけでもOK)を投稿
⇒期間終了後に、抽選を行い、当選者には国立工芸館公式アカウントよりダイレクトメッセージにてご連絡いたします。

*投稿写真はご本人が撮影した写真に限らせていただきます。
*撮影時期は問いません。
*一人何回でも投稿可能ですが、当選は1回となります。

 

【参加条件・規約等】

・本企画へ応募の際は公開アカウントでご投稿ください。途中でアカウントを非公開・削除した場合は無効となりますので、ご注意ください。
・ハッシュタグがついていない投稿は、対象外となります。本企画期間内の投稿数に制限はございません。
・コラージュや著しい加工を施したものは対象外となります。
・著作権に違反する写真、公序良俗に反する写真、他人のプライバシーを侵害する写真による投稿は無効です。
・ご投稿の際のインターネット接続料および通信費はご自身のご負担になります。
・投稿写真内で確認できる対象物によって肖像権等の第三者の権利侵害があった場合、当館は一切責任を負いません。
・本企画の参加は、参加者自らの判断と責任において行うものとし、参加に際して何らかの損害が生じた場合、当館はその責任を一切負わないものとします。
・本企画はTwitter社、Instagram社が支援、承認、運営、関与するものではありません。

 

 

イベントに関する注意事項

・プレゼント応募者の氏名、住所、連絡先など個人情報は、当選された方へのプレゼント発送のために利用し、第三者に開示、提供することはありません。
・各イベントの内容について、予告なく変更または中止する場合があります。

「《十二の鷹》と明治の工芸」展述懐 黒川廣子(東京藝術大学大学美術館長・教授)

 近年人気が高まった「明治の工芸」という言葉を添えているとはいえ、ついに《十二の鷹》という作品のタイトルでお客さんが呼べる時代になったのか、とこの展覧会の鮮やかなピンク色のポスターをしみじみ眺めている。学生時代には明治工芸を研究しているというと、諸先輩方から馬鹿にされた私としては、実に感慨深い。藝大美術館で2003年に開催した「工芸の世紀」展に、この《十二の鷹》の図案を藝大で所蔵しているご縁もあり、展覧会のメインビジュアルとして看板や図録にこの作品を据えたが、当時の教員から、なぜ藝大に関係ない鈴木長吉をメインに?と聞かれた。しかし展覧会を観覧した受験生がこの作品を見て工芸家を志したと後から何人もの学生から聞かされ、展示させていただいた甲斐があったことを実感した。実は昨日も、大学の日本金工史の講義でこの作品を中心に取り上げたが、この作品に感動したと語る学生の声から現在の感覚にも通用する傑作であることを、今更ながら確認させてもらっている。
 このたび、私が「《十二の鷹》と明治の工芸」展のレビューを依頼されたのは、展覧会のコラムでも記されている通り、「《十二の鷹》の作り方について、いまだに解明できたとは言い難い」という謎に迫るためである。2014–15年に藝大で実施した自然科学的調査およびクリーニングのプロジェクトにおいて、X線を用いた各種の調査分析および検証の結果、それまでの解釈と実際に行われた材質技法とは異なるものであろうという見解を得ているため、もう少しこれを考えてみたい。
 この作品が明治26(1893)年にシカゴ万博に輸送される前の東京での披露会を、後に帝室技芸員となった鋳金家・香取秀真ほつまが東京美術学校の一年生であった時に見物し、極彩色の燦然たる大作に驚いたと回想した[註1]ように、《十二の鷹》の最大の特徴は、写実に迫る十二羽の鷹がそれぞれ異なる色の金属で表現されたことであろう。作品を構想した林忠正による英文解説書[註2]にシカゴ万博での展示の写真、自身と長吉と鷹匠とが図案に囲まれた写真、および一羽ずつの鷹の写真にgold、silver、bronze、shakudo、shibuichiなどを含む、それぞれに異なる金属の名前をキャプションで示している。解説には、“The twelve falcons now exhibited were first moulded in wax, then cast in bronze, incrusted, chased and coloured by a process unique in Japan.”とその製法を記している。この説明からは、ブロンズで蝋型鋳造した鷹の表面を異なる素材で覆い、彫金と日本独自の着色方法を施した、と読み取れるのだが、incrust という言葉には堅い殻(膜)で覆うという意味合いがあり、キャプションに記した金、銀、赤銅、四分一などの金属層をブロンズの胎の上に施し、たがねで凹凸をつけ、さらに日本古来の色金の着色で仕上げた、と解釈されてきた。ところが、科学分析の結果[註3]、解説書に記載されている金属が検出されないところが複数箇所見られるほか、表層の厚みなどから、電気メッキを用いたであろうという見解に至った。現代の感覚では、incrust という言葉からはメッキを想定しないが、考えてみれば電気メッキの技術はメッキ層を厚く重ねれば電気鋳造となり、ともに当時の最先端の金属加工技術[註4]であった。この当時の最新技術を用いて、鷹のブロンズ胎に異なる金属の表層を施したと説明され、そのように表現されたならば理解できよう。
 鈴木長吉は起立工商会社の鋳造監督をつとめたが、同社の図案(藝大蔵)にも日本の様々な金属の色彩表現の構想を読み取ることができる。例えば、《植木鉢十二図》は、青銅・、梨皮銅りひどう斑紫銅むらしどう・栗色銅・宣徳銅・茶銅・黒地・純素銅・緋銅・古色銅・青紫銅・瑠璃銅るりどうという異なる十二種類の金属の色と材質を記したもので、長吉のもとで構想された各種金属の色を表現した《十二の鷹》に先立つ作品案である[註5]。長吉が金属の色彩をさらに追求するために、当時の最先端の技術を用いたとしても、なんら不思議ではない。
 この展覧会のタイトルは一見、《十二の鷹》とその時代に焦点を当てたようであるが、「万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿」という副題で示唆されるように、現代の工芸につながる、それぞれの時代の先端を行く様々な制作の苦心を「必死ストーリー」として紹介している。各々の作家が取り組んだ造形やスタイルの変遷をたどりながらも、独自な表現を追求する制作に対する変わらぬ情熱が大きなテーマではないだろうか。その時の「現在」での最善を尽くし、誰にも負けない精魂込めた作品を生み出す姿勢はいつの時代においても高く評価されるという、現代への応援歌にも感じた。  

 


1 東京朝日新聞、昭和10(1935)年9月17日。
2 Tadamasa Hayashi, Twelve Bronze Falcons: Exhibited at the World’s Columbian Exposition, Chicago 1893, s.n., 1893。
3 北村仁美「〈研究ノート〉鈴木長吉作《十二の鷹》の自然科学的調査と修復の報告」、『東京国立近代美術館研究紀要』22号、2018年。
4 電気メッキ(鍍金)を厚くすれば銅像や彫刻ができることを解説した当時の文献として、「電気機を用いて銅像を摸し製する法」「電気鍍金法」(宮崎柳条編『西洋百工新書』1876年)、「鍍金術 付り 電流彫刻術」(竹内源太郎『金工独修書』1888年)が挙げられる。寺島慶一、海老名延郎「幕末・明治期刊行図書にみる電気めっき受容の一断面」(『表面技術』45巻5号、1994年)では、日本ではじめて幕末に薩摩藩で行われたところから、明治における電気メッキや電鋳の言葉をめぐる変遷を解説している。さらに、鈴木長吉《孔雀大香炉》(1877–78年、V&A博物館蔵)の上に当初据えられた鳩(現在未確認)4体と同じ形の電気鋳造の複製(1888年にエルキントン社より購入)がV&A博物館で確認されており、これと長吉の作品との関係が研究課題である。
5 黒川廣子、野呂田純一『起立工商会社の花鳥図案』光村推古書院 、2019年。

図1 鈴木長吉《十二の鷹》1893年 重要文化財 東京国立近代美術館蔵 撮影:池田紀幸

図2 (左)No.7 DARK SHIBUICHI、(右)No.10 WET CROW BLACK SHAKUDO
   Tadamasa Hayashi, Twelve Bronze Falcons: Exhibited at the World’s Columbian Exposition, Chicago 1893より転載