Topics

鏑木清方の《築地明石町》三部作が 新たに国の重要文化財に指定されることになりました。

清方重文決定

 このたび鏑木清方(1878-1972)の《築地明石町》1927年、《新富町》《浜町河岸》1930年の3点が新たに国の重要文化財に指定されることになりました。
 東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方は、美人画で広く知られています。《築地明石町》は、清方の代表作ながら、1975(昭和50)年以来所在不明で幻の名作とされていました。
 風景と人物が融合した作品を目指していた清方は、脳裏に焼き付いている外国人居留区だったころの明石町の様子と、そこに似合いの知的でモダンな装いの明治の女性像を重ね合わせることによって、土地の肖像画ともいうべき独自の画境に至りました。同じコンセプトで別の場所を描いた《新富町》《浜町河岸》とともに指定されます。

※現在は展示しておりません。