Topics

CODA美術館(オランダ)カリン・レインダース館長来日記念講演会

講  演: カリン・レインダース氏(CODA美術館 館長)

      「現代オランダのアート・ジュエリー:現況と展望」(仮)

      (講演は英語で行われます。日本語逐次通訳があります。)

 

oranda_1018

CODA美術館館長 

カリン・レインダース氏

Dr. Carin Reinders

Director, CODA Museum (Apeldoorn, The Kingdom of the Netherlands)

 

現代ジュエリーに関してオランダ随一のコレクションを誇るCODA美術館・館長として、数々の展覧会、教育プログラム、国際的に活躍するアーティストの招聘事業を手がける。また、マーストリヒト大学との共同研究として、ジュエリーのデジタル・ラボのプロジェクトを立ち上げるなど、コンテンポラリー・ジュエリーをさまざまな角度から紹介する意欲的な企画を実現。革新的なミュージアムの理念と活動にあたえられる助成金を取得するなど、美術館運営の面においても優れた手腕を発揮している。

 

開催日時:  令和元年10月18日(金)16:00-18:00 (開場15:50)

 

会  場:  東京国立近代美術館地下1階講堂(※工芸館ではありません)

       (千代田区北の丸公園3-1、東京メトロ東西線「竹橋駅」 1b出口徒歩3分)

       詳しくはアクセスマップをご参照ください。

定  員:  先着80名  ※申込不要、聴講無料

主  催:  東京国立近代美術館

協  力:  文化庁

 

*本講演会は、文化庁「令和元年度外国人芸術家・文化財専門家招へい事業」の一環として開催されます。