先生のためのギャラリートーク(恩地孝四郎展)

1月15日(金)~17日(日)まで、当館では「恩地孝四郎展 先生のための鑑賞日」がありました。
「先生のための鑑賞日」は、小学校から高等学校までの先生向けに行うプログラムで、
1階で行われる企画展ごとに実施しています。

DSC_0099
金曜日の夜(18:30~19:30)には「先生のためのギャラリートーク」も行われ、
松本透(当館副館長)が恩地孝四郎展を回りながら
鑑賞のポイントや、当時の時代背景について語りました。

約400点という多数の作品が並ぶ恩地孝四郎展。
先生方はギャラリートークに参加しながら、
版画作品、ブックカバーデザイン、版木などを興味深そうに鑑賞されていました。

「先生のための鑑賞日」に参加してくださる先生方は、図工・美術の先生だけでなくさまざま。
アンケートでは、「日頃の授業に活かしたい、授業のアイデアを得たい」という参加理由が多めです。

以下、アンケートでいただいたご意見からの抜粋です。

・企画展での教職員向けプログラムはとても良いと思います。
 なかなか みに行こうと思っていても出かけられませんが、
 プログラムがあることで”よし。行こう”と思います。

・丁寧な解説、そして点数をしぼって各室を回って下さったので本展の全体像がわかりやすかった。
 ありがとうございました。
 また、情報メールをいただけるので、先々の計画を組んで参加することができます。

日頃忙しい日々をお過ごしの先生方が美術館に親しみ、学んでいただけるよう
「先生のための鑑賞日」は今後も定期的に実施予定です。

*「先生のための鑑賞日」の実施情報、申込方法は、HOME>教育>学校・教員 から確認できます。
*参加ご希望の方は、教員向けプログラムの情報をお届けする
教員向けメールニュース」への登録がオススメです。