スクールプログラム 杉並区立杉並第一小学校

小雨の中来館した、杉並区立杉並第一小学校のみなさん。
雨にも負けず、ガイドスタッフと一緒に3作品を鑑賞したあと、個人での鑑賞も行いました。

DSC_0022よく観察し、意見を述べるときには理由も含めてお話できるみなさん。
野田英夫の《帰路》は、色々なもの描かれていて想像の膨らむ作品です。
中央の男性はなにを考えているのでしょうか?
「貧乏そうだから、小さな男の子に何か食べ物をあげられないか考えている」という意見もありました。
左側の男の子や崩れた足元、頬杖をつく少女も気になるところです。

 

DSC_0014朝倉文夫《墓守》の鑑賞では、隣に並んで立つと・・・そっくりなポーズですね!
ちょっとした疑問から、ブロンズ作品の作り方や、型から同じ形の作品ができることも
ガイドスタッフから教わりました。

(研究補佐員H)