学校・教員

団体来館、教員向け研修・教材のご案内

団体来館

スクールプログラムのお申込み

学校の授業や生涯学習等の教育活動で所蔵作品展の作品解説を希望される場合は、来館1カ月前までにお申込みが必要です。

お申し込みの方法 スクール・プログラムの紹介

 

観覧のみのご予約

前日までに、運営管理部普及担当係までご連絡ください。
小中学生向け教材こどもセルフガイドの配布を希望され、観覧人数が30人以上の場合、1週間前までにセルフガイド配布希望の旨を添えてご連絡ください。

  電話:03-3214-2561(代表)
  受付時間:月~金曜日9:30-18:00 *祝日・振休を除く

ご予約の際に次のことをおうかがいします
・団体名
・観覧日時
・観覧したい展覧会名
・人数(学年、引率者数)
・代表者名
・電話番号
・セルフガイドの配布希望の有無


団体来館の観覧料について

小・中学生、高校生の所蔵作品展観覧料は無料です。引率の先生も無料となります。企画展につきましては展覧会により設定が異なりますので、各展覧会のページをご確認ください。

大学生以上で20名以上の団体には団体料金を設定しております。
団体来館の申込等につきましては運営管理部普及担当係までお問い合せください。

  電話:03-3214-2561(代表)
  受付時間:月~金曜日10:00~17:00 *祝日・振休を除く


学校見学のための下見をされる場合も事前に下記までご連絡ください。下見時の観覧料が無料となります。

  E-mail:school@momat.go.jp
  電話:03-3214-2605(教育普及室)
  受付時間:月~金曜日10:00~17:00 *祝日・振休を除く

 

スクール・プログラム・ガイド

東京国立近代美術館では、小学生から大学生・教職員までを対象に、さまざまな鑑賞プログラムを行っています。これらのスクール・プログラムをご案内する小冊子です(A5判・12ページ)。プログラムを利用する予定が無い場合も、団体来館を検討される際にぜひ参照してください。

「スクール・プログラム・ガイド」ダウンロード(PDF)

 【目次】
・東京国立近代美術館のスクール・プログラム
・こんな作品を鑑賞します
・対話しながらじっくり鑑賞
・見ながら書き込む作品ガイド
・授業に役立つ鑑賞教材
・夏休みの課題やクラブ活動に
・先生もスキルアップ
・推薦のことば
・スクール・プログラム実施概要

授業のヒント

鑑賞教育.jp

国立美術館・博物館の学芸員による作品解説や鑑賞活動の実践例、学習指導要領に 基づく鑑賞学習と発達の関連表などの資料が充実したサイトです。教室で使えるプレゼンテーションモードもあります。

鑑賞教育.jpはこちら

アートカード貸出・販売

鑑賞教材「国立美術館アートカード・セット」貸出・販売についてはこちら

MOMATこどもセルフガイド

鑑賞教材「MOMATこどもセルフガイド」についてはこちら

企画展こどもセルフガイド

企画展関連のこどもセルフガイドについてはこちら

過去の企画展こどもセルフガイドのダウンロードはこちら

鑑賞教材「国立美術館アートカード・セット」

アートカードの特徴

  1. アートカードは鑑賞学習のための教材です。「見る、考える」だけでなく「話す、聞く」という言語活動も取り入れて、楽しく鑑賞の基本を身につけます。
  2. カード作品は、国立美術館の教育担当学芸員が、子どもの対話がはずむ65点の名品を選びました。西洋の宗教画から現代美術まで、絵画・彫刻・版画・写真・工芸・デザインまで幅広いジャンルにわたる、他にはない充実した内容です。
  3. 作品をよく見て自由に発想できるよう、アートカードには作者や作品名を記載していません。作品解説はガイドをご覧ください。作品解説の「みんなの感想」「よくみるためのヒント」「やってみよう」は、ギャラリーで実際に行われるものです。
  4. 図画工作や美術の授業だけでなく、大学の演習や教員研修でも活用できます。どなたでも簡単に始められます。もちろん、ご家庭でも楽しむことができます。

カードの作品は、東京国立近代美術館(本館・工芸館)、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の所蔵作品から13点ずつ選ばれています。5館が協力することにより、日本に限ることなく、中世から現代までの絵画、彫刻、版画、写真、工芸など幅広いジャンルで構成され、対話が弾む作品を取り揃えることが出来ました。授業で、美術館訪問前の鑑賞の導入としてなど、どうぞご活用ください。

 

鑑賞教材「アートカード・セット」の販売

これまで多くの学校に貸し出され、鑑賞授業で活用されてきた「国立美術館アートカードセット」の販売が始まりました。カードの枚数と大きさはそのま まに、扱いやすい薄型に改良し、作品解説が入ったガイドも加えられました。この機会にぜひ、国立美術館各館にてお求めください。

 

価格 2,500円(税込)

・作品カード65枚(各館13枚×5館・A6サイズ)
 東京国立近代美術館
 東京国立近代美術館工芸館
 京都国立近代美術館
 国立西洋美術館
 国立国際美術館の所蔵作品より

・国立美術館建物カード6枚
・ガイド1冊

*箱サイズ:23×17×2cm


販売場所:東京国立近代美術館ミュージアムショップ

ご購入申込用紙ダウンロード(PDF)

郵送販売も承っております。郵送販売につきましては、ミュージアムショップまでお問い合わせください。
お問い合わせ先:03-3214-2561

お支払い金額:郵送購入(本体価格+送料)
*凡例:1セット2,860円(2,500円+送料360円)
2セット以上郵送で購入の場合は、地域によって送料が異なりますので、事前にミュージアムショップまでお問い合わせください。

お支払い方法:郵送販売でのお支払いは、現金書留でお願いいたします。

 

鑑賞教材「アートカード・セット」の貸出

国立美術館で作成した「アートカード・セット」の貸出を行っています。

 

貸出のお申込み・お問い合わせ

1.アートカード・セット貸出申込票にご記入後、FAXにてお申込みください。最大貸出セット数は10セット、期間は貸出開始から3カ月が最長です。

貸出申込票ダウンロード(PDF)

 ファックス:03-3214-2576

2.お申込み後、申込受理のファックス返信をいたします。1週間以上返信が受け取れない場合は、お電話にてお問い合わせください。なお在庫状況により、申込受理できない場合もございます。ご了承ください。

3.美術館での直接受け取り、または宅配便・ゆうパックの着払いによる送付でお届けします。お届けには申込受理より1週間程度かかります。

 

アートカード貸出 お問い合わせ先

 電話:03-3214-2605(教育普及室)
 受付時間:月~金曜日10:00~17:00 


当館以外のアートカード貸出対応館

下記の館で貸し出すアートカード・セットは、当館と同じものです。
在庫切れの場合や、お受け取り場所が遠方の場合は下記の館にもお問い合わせください。

東京国立近代美術館工芸館(東京・竹橋)03-3211-7781
国立西洋美術館(東京・上野)03-3828-5131
国立国際美術館(大阪)06-6447-4680
京都国立近代美術館(京都)075-761-4111

※当館の貸出申込書では申込できませんのでご注意ください

先生のための鑑賞日

小・中・高校の先生方に美術館と美術作品に親しんでいただき、それを通じて児童生徒への鑑賞教育を充実していただくためのプログラムを実施しています。

*年1~2回程度/事前申込制

 

次回開催:詳細が決まりましたら、このページと教員向けメールニュースでおしらせします。

 

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術 展 先生のための鑑賞日

東京国立近代美術館では「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術 展」におきまして先生のための鑑賞日を開催いたします。

「先生のための鑑賞日」は、小・中・高等学校の先生方を対象とした企画展の鑑賞プログラムです。3月17日(金)~19日(日)の3日間、事前に申し込まれた教職員ご本人に限り、本展と、同時開催中の所蔵作品展「MOMATコレクション」を無料でご覧いただけます。
先生方のご参加をお待ちしております。

詳細・お申込みは こちら

 

これまでの教職員鑑賞プログラム

2005年 「ゴッホ展」教職員研修会
2005年 「小林古径展」美術館活用研究会

2006年 「藤田嗣治展」美術館活用研究会
2006年 「モダン・パラダイス」展美術館活用研究会
2006年 「揺らぐ近代」展美術館活用研究会

2007年 「靉光展」美術館活用研究会

2008年 「東山魁夷展」美術館活用研究会

2009年 「ゴーギャン展」先生のための鑑賞講座

2010年 「小野竹喬展」先生のための鑑賞講座
2010年 「麻生三郎展」先生のための鑑賞講座

2011年 「岡本太郎展」先生のための特別鑑賞日

2011年 「パウル・クレー展」先生のための鑑賞講座
2012年 「ジャクソン・ポロック展」先生のための鑑賞講座
2012年 「美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年」先生のための鑑賞講座

2013年 「フランシス・ベーコン展」先生のための鑑賞講座
2013年 「竹内栖鳳展」先生のための鑑賞日

2014年 「映画をめぐる美術展」先生のための鑑賞日
2014年 「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」先生のための鑑賞日
2014年 「菱田春草展」先生のための鑑賞日
2014年 「高松次郎ミステリーズ」先生のための鑑賞日

2015年 「生誕110周年 片岡球子展」先生のための鑑賞日
2015年 「No Museum, No Life?――これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」先生のための鑑賞日
2015年 「Re: play 1972/2015―「映像表現 ’72」展、再演」先生のための鑑賞日

2016年 「恩地孝四郎展」先生のための鑑賞日
2016年 「安田靫彦展」先生のための鑑賞日
2016年 「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」先生のための鑑賞日
2016年 「トーマス・ルフ展」先生のための鑑賞日
2016年 「endless 山田正亮の絵画展」先生のための鑑賞日
2017年 「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術 展」先生のための鑑賞日

教員研修

教員研修のお申し込み

東京国立近代美術館の会議室や展示室で、図画工作科や美術科の研修会を行うことができます。鑑賞教育の事例紹介や、アートカードやギャラリートーク体験、展覧会の観覧などが可能です。

 

申し込み方法

3か月前~1か月前にお電話にてご相談ください。7~8月の研修のみ、4月より申し込みを受け付け、調整のうえ決定します。

電話:03-3214-2605(教育普及室)
受付時間:月~金曜日10:00~17:00 *祝日・振休を除く

 

美術館を活用した鑑賞教育の充実のための指導者研修

主催:独立行政法人国立美術館
平成18年度は当館、19~22年度は当館及び国立新美術館にて開催

この研修は、小・中学校教員、美術館学芸員、指導主事が全国から一堂に会し、美術館を活用した鑑賞教育の充実のために研究討議をすることにより、各地域の鑑賞教育や教育普及事業の実践にあたる人材の育成と各地域の学校と美術館との関係の活性化を図ることを目的としています。

概要や実施報告についてはこちらをご覧ください。

教員向けメールニュース

東京国立近代美術館が学校・教職員を対象に実施するプログラムの情報を、メールでお知らせします(不定期発行・年数回程度)。配信を希望される方は、下記の登録ページへのリンクよりフォーム画面へお入りいただきご登録ください。

※学校教職員の方(非常勤講師を含む)が対象です。

 

新規登録・登録解除・アドレス変更 

※メールアドレスを変更される場合は、いったん以前の登録を解除し、新しいメールアドレスで再度登録してください。

 

 新規登録/登録解除ページへ

 


*一般向けのメールマガジンの登録については以下をご参照ください。

 美術館・工芸館   MOMATメールマガジン

 フィルムセンター  NFCメールマガジン

 

*ご登録いただいたメールアドレスは、情報メール配信のみに利用します。

 東京国立近代美術館ホームページのプライバシーポリシー