JAL プロジェクト2016のご案内

JAL プロジェクト2016のご案内

 

 

下記報告書全文を掲載公開いたしました。

 

公開ワークショップ2016報告書 目次
Proceedings of Open WS of JAL2016: Contents
JAL2016招へい者向けテキスト:アート・レファレンス・ツールを中心に
Guide to art reference tools in Japan for invitees of JAL2016
JAL2016研修見学先ガイド(bilingual)

 


  ENGLISH

 アンサー・シンポジウム ※終了いたしました

「JAL2016WS「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言 III」
への応答 - “またもや”感 を越えて」*

*JAL2016は「平成28年度文化庁文化芸術振興費補助金(地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業)」によるものです。
JAL: Japanese art librarian

 

2017年2月3日(金)14:00-17:00 於,東京国立近代美術館講堂


 昨年の12月9日に開催のJAL2016公開ワークショップ(以下、WS)「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言 III 1)」において、JAL2016の招へい者によって示された「提言」は、一昨年に引き続き、極めて的確かつ明晰に日本側の実行的課題を示すものであり2)、その課題の解消と超克へ向けて、現実的で具体的な施策の策定の可能性を、「提言」への「応答」、「アンサー・シンポジウム」の開催をもって、討議したいと考えました。
 すでにJALプロジェクトにおいてのみならず、様々な場で語られてきたことを、「またもや」感3)で終わらせないためのプラットホームの創成へ向けてのささやかな試み、と言い換えても良いかもしれません。
 登壇の皆様には、ご自身および所属機関での実践などを踏まえ、「またもや」感の超克への「おもい」をご発言いただきます。
 3年継続したJALプロジェクトは、当初より、JALからの「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言」を公開の場へと引き出し、それを、特に日本美術史研究(者)とそこに関わる情報と資料の担い手の文脈へ流す、ということが、プロジェクトの発足時からのねらいであり、達成の目標でありました。しかしながら、JAL2016における招へいメンバー9人による「提言」が、これだけ明確になった以上、もう一歩踏み込んで、今回の「アンサー・シンポジウム」の開催をもって、応答しつつ、収束したいと考えた次第であります。

文責:水谷

※事前申し込み不要。

1) JAL2016については:こちら
JAL2016公開WSのプログラムについては:こちら
を参照されたい。

2)JAL2015の招へい者は7カ国8都市から9名、WSにおける提言は下記報告書を参照されたい。
 http://www.momat.go.jp/am/visit/library/jal2015contents_j/
JAL2016の招へい者は7カ国9都市から9名、氏名所属については:こちら
を参照されたい。
JAL2016WSの基調報告および招へいメンバー9人の3人ずつ3グループによるWS当日の「提言」におけるPPTは下記に掲載:
 JAL2017_Keynote
 JAL2017_1stGR_Presen
 JAL2017_2ndGR_Presen
 JAL2017_3rdGR_Presen

3)「「またもや」感」については、コメンテータの江上敏哲氏の下記サイトを参照されたい。
#JAL2016 その1-3 : ワークショップ「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言III」(海外日本美術資料専門家(司書)研修・2016)のメモ〔egamiday 3 – 2016年12月10/13/16日〕
http://egamiday3.seesaa.net/article/444773560.html
http://egamiday3.seesaa.net/article/444864713.html
http://egamiday3.seesaa.net/article/444924268.html

江上氏のWS当日のコメンテートにおけるPPTは:こちら

本シンポジウムへご参加をお考えの方は、ぜひ、上記資料の閲読を済ませてご出席いただければ幸いです。


プログラム

※以下のプログラムは都合により変更になる場合がございます。プログラムの最終版は本サイトでご確認下さい。
◇詳細はこちら PDF(97KB)

 

13:30~          開場 受付開始

14:00~14:10    趣旨説明:    水谷 長志
              JAL2016実行委員会副会長/事務局長
              東京国立近代美術館企画課情報資料室長
14:10~14:25    基調報告:    江上 敏哲
              JAL2016実行委員会委員/WSコメンテータ
              国際日本文化研究センター図書館資料利用係長
14:25~14:40    登壇発言:    安江 明夫
              元国立国会図書館副館長
14:40~14:55    登壇発言:    茂原 暢
              公益財団法人渋沢栄一記念財団情報資源センター長
14:55~15:10    登壇発言:    永崎 研宣
              一般財団法人人文情報学研究所人文情報学研究部門
              主席研究員
15:10~15:25    登壇発言:    小篠 景子
              国立国会図書館関西館図書館協力課研修交流係長
15:25~15:40    登壇発言:    山梨絵美子
              JAL2016実行委員会委員/東京文化財研究所副所長
15:40~15:50    休憩

15:50~          自由討議     司会(水谷)

※ご発言、ご質問等のすべては、後日刊行のJAL2016事業報告書に文字起こしして掲載し、
あわせてmomatのJAL2016サイトに再録いたします。ご発言等の冒頭にお名前とご所属をお願いいたします。

17:00             終了

 

 


 

2016.12.9 金 10:10-17:30 開場9:30 ※終了いたしました
JAL2016 公開ワークショップ
「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言 Ⅲ」
のご案内

於,東京国立近代美術館講堂

 

 JALプロジェクト実行委員会(会長:馬渕明子東京国立近代美術館長)は、海外日本美術資料専門家(司書)を11月27日に招へいして、11日間、東京・奈良・京都の関係諸機関において研修ならびに交流事業を行います。

招へい者は、イタリア(3)、デンマーク(1)、イギリス(1)、フィンランド(1)、USA(1)、オーストラリア(1)、ブルガリア(1)、の7ヶ国9都市 9人です。
本事業の最終日である12月9日(金)、招へい者によるご自身と所属機関およびJALプロジェクト2016についての報告および「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言 Ⅲ」を企図する公開ワークショップを開催いたします。

この機会にあわせて、ブカレスト大学日本研究センター長を務めるフォクシェネアヌ・アンカ先生に特別招待講演「日本研究の情報取得の必要と困難:東欧からの提言」(仮題)をお話しいただきます(14:15-15:00を予定)。
Prof. Anca Focsenanu: Head, Japanese Language Department / Director, Center for Japanese Studies, University of Bucharest

JALプロジェクトは2014年度の当初より、3年間の連続企画でありますので、本年度が最終年度となります。過去2年間を含んで、今回のWSが、3年間のJALの活動の総括たることを目指し、漸次入念に注力しつつ準備しております。

後援:全国美術館会議 / アート・ドキュメンテーション学会(予定)

ワークショップ後には懇親交流会(18:00-19:30)を館内にて予定しております。
ワークショップのご出席につきましては申し込み不要です。

懇親交流会(会費制)への参加をご希望される方は、
お名前、よみ、連絡先(メールアドレス)、ご所属を下記宛て12月6日(火)までお送りください。
E-mail: jal2014plus■momat.go.jp
※送信時には■を@に代えてお送りください。

◇詳細はこちら PDF(147KB)

※昨年度のJAL2015公開ワークショップの報告書は
http://www.momat.go.jp/am/visit/library/jal2015/
から全文ご覧になることができますので、あわせてご覧下さい。

 

JAL プロジェクト2016について

 東京国立近代美術館は国立新美術館、東京国立博物館、東京文化財研究所ほかとともに「海外日本美術資料専門家(司書)の招へい・研修・交流事業 2016*」(略称:JALプロジェクト)をスタートいたします。JALはJapanese -art librarianの略称です。海外において日本美術資料の扱いに携わる司書など、下記に該当する方々を公募・選考して、11月27日から12月10日のおよそ2週間、日本へ招へいして、研修交流事業を行います。最終日においては、招へい者による「日本美術の資料に関わる情報発信力の向上のための提言 III」のプレゼンテーションを軸に公開のワークショップを開催いたします(ワークショップの開催日は予定です)。
 本プロジェクトにおいては、日本美術の範囲には写真・映像・マンガ・デザイン・建築等の視覚芸術全般を含み、これらに関わる視覚資料の扱いに携わる図書館員ならびにアーキビスト、ヴィジュアル・リソース・キュレータ等も招へいの候補者に含められるものといたします。

 

* 『平成28年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業』
すべての招へい者には、来日のための渡航費、日本国内移動旅費、滞在に関わる 諸経費が支給されます。

※JAL2016の募集は2016.07.31をもちまして〆切ました

 

JAL2016関係書類

◇募集要項  DOC(84KB) / PDF(154KB)
◇応募用紙  XLS(90KB) / PDF(40KB)
◇推薦状   XLS(73KB) / PDF(11KB)

本プロジェクトに関する質問、及び申込書類の宛先は以下のとおりです。

海外日本美術資料専門家(司書)の招へい・研修・交流事業実行委員会
 E-mail: jal2014plus■momat.go.jp
      ※送信時には■を@に代えてお送りください。
 URL: http://www.momat.go.jp/am/visit/library/jal2016/

 〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
 東京国立近代美術館アートライブラリ
   Tel: (03)3214-2606
   Fax:(03)3214-2576

 

■JAL2016における応募者の日本語について/On JAL2016 applicants’ language ability of Japanese: attention! PDF(55KB)

 

JAL2016招へい者向けテキスト:アート・レファレンス・ツールを中心に

JAL2016研修見学先ガイド(bilingual)


 

Announcement of the JAL Project 2016

The JAL* Project Executive Committee at the National Museum of Modern Art, Tokyo is pleased to announce the JAL Project 2016** for inviting, giving training to, and exchanging with, Japanese-art librarians from outside Japan.
The selected participants will be given training at the related institutions such as the National Art Center, Tokyo; the Nara National Museum and so on, from November 27 to December 10, 2016. Each of them will be asked to give a presentation titled “Recommendations for More Effective Dissemination of Information on Japanese-Art-related Materials III” in Japanese during the open workshop on the last day(tentative).
The JAL Project is intended mainly for Japanese-art librarians working on Japanese-art-related materials outside Japan. In the JAL project, the term “Japanese art” comprises all forms of visual art including photographs, videos, manga, design and architecture. Thus, librarians, archivists and visual resources curators specializing in the genres mentioned above may apply for the project.

 

* Japanese-art librarian
** Supported by the Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2016
The JAL Project Executive Committee will provide all the invitees with travel expenses including the airfare for a round trip to Japan, transportation fees within Japan, and accommodations.

 

JAL 2016’s related documents

◇ Call for Application  DOC(74KB)/PDF(55KB)
◇ Application Forms    XLS(90KB)/PDF(40KB)
◇ Recommendation Forms  XLS(73KB)/PDF(11KB)

Please send any questions concerning this project, and completed application forms to the following:

JAL Project Executive Committee
Art Library
 The National Museum of Modern Art, Tokyo
 3-1 Kitanomaru-koen, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8322
 Phone: +81-3-3214-2606
 Fax: +81-3-3214-2576
 E-mail: jal2014plus#momat.go.jp
     *Please change # to @ when you send your e-mail.
 URL: http://www.momat.go.jp/am/visit/library/jal2015/

 

Guide to art reference tools in Japan for invitees of JAL2016

JAL2016 Training destination and tour guide(bilingual)