オンライン対話鑑賞ーMOMATガイドスタッフによる所蔵品ガイド

オンライン対話鑑賞―MOMATガイドスタッフによる所蔵品ガイド

「みんなで、みると、みえてくる」オンライン対話鑑賞

美術鑑賞の新しい方法を試してみませんか?
東京国立近代美術館は、解説ボランティア「ガイドスタッフ」とともに、オンラインによる対話鑑賞プログラムを始めました。

 

プログラム概要

名 称: オンライン対話鑑賞―MOMATガイドスタッフによる所蔵品ガイド
定 員: 6名程度 (各回先着順)
参加費: 無料
開催頻度:

不定期(週1~2回)

※日程についてはPeatixの該当ページをご覧ください
※募集は月2回程度、プログラム数回分の参加者をまとめて募集します。
 一度の募集につき一回分のお申し込みが可能です。
※Peatixにログイン後、当館のアカウントをフォローしていただきますと、
 参加者の募集開始時に通知が届きます

所要時間: 45分程度
開催方法: zoom(ウェブ会議ツール)を使用
鑑賞する作品: 東京国立近代美術館の所蔵作品1点

 

 当日の流れ

10分前 入室開始
開始時刻 チェックイン・進め方の説明などの後、対話鑑賞
※開始時刻を過ぎると入室できなくなることがあります
45分後  対話鑑賞終了、閉室

 

 

お申込み

参加方法

・Peatixの「チケットを申し込む」より、ご希望の日程を選択してお申し込みください。
・お申込み後、当日のzoomミーティングIDを含むご案内をお送りいたします。
・PC、接続環境やzoomの操作につきましては、各自でご準備をお願いいたします。

Peatixで申し込む

 
※募集は月2回程度、プログラム数回分の参加者をまとめて募集します。一度の募集につき一回分のお申し込みが可能です。
※Peatixにログイン後、当館のアカウントをフォローしていただきますと、参加者の募集開始時に通知が届きます。

 

参加にあたってのご注意

・個人情報保護、また著作権の保護のため、当日のガイドスタッフ及び他の参加者、作品画像や共有資料の撮影は固くお断りいたします(スクリーンショットも含む)。
・サービス改善のため、主催者が録画させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

 

お問い合わせ

東京国立近代美術館 教育普及室
volunteer@momat.go.jp