ミュージアムショップ

ミュージアム・ショップには、当館所蔵作品をモチーフにしたオリジナル・グッズや、海外のグッズがございます。また、展覧会にあわせてカタログや書籍(和書・洋書)を取りそろえております。展覧会をご覧にならなくてもご利用できますので、どうぞお気軽にお越しください。

 

<オリジナル・グッズ>

【マグカップ】

  当館所蔵の人気作品より、マグカップを作りました。

  国産陶磁器製品。 電子レンジで使用できます。

  ・古賀春江《海》

  ・パウル・クレー《花ひらく木をめぐる抽象》

  ・船田玉樹《花の夕》

   以上、3種類です。 各¥1,650(税込)

 

 【伝統柄マスク・手ぬぐい】

   当館所蔵作品、鏑木清方作《明治風俗十二ヶ月》の中にも

   着物や浴衣の柄として描かれている「矢絣」・「むじな菊」の

   手ぬぐいで作ったマスクです。

   表地は手ぬぐい生地、裏地は晒生地の綿100%なので、

   生地が汗を吸い取り、心地良いです。男女兼用サイズ。

   同柄の手ぬぐいも販売しています。

伝統柄マスク 各¥880(税込)

伝統柄手ぬぐい

古賀春江《海》手ぬぐい 各¥990(税込)

 【チケットファイル】

  当館所蔵の人気作品より、チケットファイルを作りました。

  マスクケースとしてもお使い頂けます。

  ・船田玉樹《花の夕》

  ・跡見玉枝《桜花図巻》

   跡見玉枝《桜花図巻》は2種類。計3種類です。

             各¥385(税込)

横山大観《生々流転》マスキングテープ

 【マスキングテープ】

  日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や

  40種類の桜が描かれた《桜花図巻》がマスキングテープに!

  ・横山大観《生々流転》(重要文化財)

  ・跡見玉枝《桜花図巻》

               各¥550(税込)

 

 現代の眼(東京国立近代美術館ニュース)の一覧はこちら

過去のカタログ(図録)の一覧はこちら

 

*************

 

 [営業時間]

 10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)
 

[定休日]

美術館の休館日に準じます。
・毎週月曜日
*祝日または振替休日に当たる場合はオープンし、翌日がお休みとなります。

・美術館の展示替期間
・年末年始 


[お問合せ先]

03-3214-2570(直通) 

販売中のガイド・目録・展覧会カタログ一覧

◇館内のミュージアムショップにて販売

◇郵送での販売

*ご注文は、必ず現金書留でお願いいたします。
*送料に梱包料100円が含まれています。
*記載の送料は各1冊当たりのものです。2冊以上ご購入の時は、ミュージアムショップまでお問い合わせください。【ショップ対応時間:美術館の開館時間に準じる】

〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
東京国立近代美術館内
近代美術協会
TEL 03-3214-2570

◇価格(送料)
赤字は特別価格

 

所蔵品ガイド 所蔵品目録

東京国立近代美術館 所蔵品目録「絵画」(2004年) 2410円(1140円) – 1250g
東京国立近代美術館 所蔵品目録「水彩・素描・彫刻・戦争記録画」(2006年) 2410円(1140円) – 1200g
東京国立近代美術館 所蔵品目録「版画」(1993年) 3450円(1140円) – 1550g
東京国立近代美術館 所蔵品目録「若林 奮」(1994年) 1780円(460円) – 680g
東京国立近代美術館 所蔵品目録「補遺」(1994年) 420円(280円) – 120g
東京国立近代美術館 所蔵品目録「岸田劉生」(1996年) 1570円(460円) – 560g
「工芸館名品集-陶芸」(2007年) 1050円(460円) – 750g
「工芸館名品集-人形」(2010年) 1250円(460円) – 650g
「たんけん!こども工芸館 東京国立近代美術館の鑑賞教育プログラム」(2007年) 840円(460円) – 560g
新版 近代工芸案内(2015年) 1220円(460円) – 650g
国立美術館ガイド1 東京国立近代美術館の名作(2019年) 1320円(410円) – 380g
国立美術館ガイド[4冊セット]1 東京国立近代美術館の名作、2 京都国立近代美術館の名作、3 国立西洋美術館の名作、4 国立国際美術館の名作(2019年) 5280円(1140円) – 1150g

 

展覧会カタログ(美術館)

*京橋の国立映画アーカイブ(旧フィルムセンター)で開催した写真展を含みます

沖縄・プリズム1872-2008 (2008年)
明治以降の沖縄はいかに表現されてきたか。本土と沖縄双方の観点から、文化を生み出す沖縄という磁場を問う。

1540円→780円-(460円) – 690g
ヴァレリオ・オルジャティ展 (2011年) 720円→370円(410円) – 260g
吉川霊華展 近代にうまれた線の探究者 (2012年) 1850円→950円(810円) – 860g
ドキュメント 14の夕べ(2013年) 2750円(810円) – 700g
MOMAT コレクション
特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。(2015年)
820円→410円(410円) – 350g
endless 山田正亮の絵画(2016年) 2970円(1140円)– 1350g
アジアにめざめたら アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代(2018年) 2240円(810円)– 920g
福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ(2019年)

2420円 

※送料は地域により異なります。上記ミュージアムショップまでお問い合わせください。

窓展 窓をめぐるアートと建築の旅(2019年)

2750円(460円)– 700g

眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで(2020年)

2420円(810円)-780g

隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則 (2020年) 

2200円(370円)– 580g

 

展覧会カタログ(工芸館)

*美術館ギャラリー4で開催したデザイン展を含みます

本野東一の染色 (1999年)
流動的な蝋と染料の表情を見つめながら、ひたすらクールに「モダン」ということを考え続けた作家の世界観。

930円→470円-(410円) – 450g
オーストラリア現代工芸3人展:未知のかたちを求めて (2003年) 410円→210円-(315円) – 210g —在庫僅少

開館30周年記念展Ⅰ 工芸館30年のあゆみ (2007年) 
近代工芸の展開を展覧会開催と収集作品とで明らかにしてきた工芸館の30年の歩み

1540円→780円-(1140円) – 1220g

「織」を極める 人間国宝 北村武資(2012年)
「羅」と「経錦」という古代の技術で現代造形に挑む人間国宝・北村武資の世界。詳細な年譜と技法解説付。

1850円→950円(460円) – 940g
越境する日本人-工芸家が夢みたアジア 1910s-1945(2012年) 1750円→900円(410円) – 470g
クローズアップ工芸(2013年) 1030円→520円(410円) – 310g
現代のプロダクトデザイン-Made in Japan を生む(2013年) 930円→470円(410円) – 300g
栗木達介展 (2015年) 1830円→910円(460円)- 870g
革新の工芸“伝統と前衛”、そして現代(2016年)  1530円→770円(410円)- 490g
マルセル・ブロイヤーの家具(2017年) 2240円(810円)- 810g
陶匠 辻清明の世界 明る寂びの美(2017年) 2240円(1140円)- 1080g
イメージコレクター・杉浦非水展(2019年) 2240円(460円)- 670g
国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術 素材・わざ・風土(2020年) 2000円(460円)– 730g
国立工芸館石川移転開館記念展Ⅱ うちに こんなの あったら 展 気になるデザイン×工芸コレクション(2021年) 600円(180円)– 130g
国立工芸館石川移転開館記念展Ⅲ 近代工芸と茶の湯のうつわ ―四季のしつらい―(2021年) 900円(370円)– 250g