展覧会

会期終了 企画展

第4回東京国際版画ビエンナーレ展

会期

会場

東京国立近代美術館

今回の国際大賞はアンドレイ・イェメックで、前回に続いてユーゴスラヴィアの作家の受賞となった。国立近代美術館賞は池田満寿夫(1934‒97)が受賞したが、審査委員会議長のウィリアム・リーバーマンは「国立近代美術館賞の授賞は日本人作家に限られており、もしそういう制約がなければ、池田が国際大賞をとったと思う」と述べ、授賞制度の見直しが次回以降検討されることになった。なお、特別展示として今回は広重の作品を陳列した。

開催概要

会場

東京国立近代美術館

会期

1964年11月14日‒12月20日(32日間)

入場者総数

10,481人(1日平均328人)

共催

読売新聞社

国際審査員

ヘンリー・トルーブナー トゥイ・テレンス・バロウ ジャラルディン・アメッド デメンティ・アレクセヴィッチ・シュマリノフ ウィリアム・S.リーバーマン 久保貞次郎 山田智三郎

カタログ

23.5×18.0cm(114)p.

出品点数

527点

出品作家数

196人

Page Top