コレクション

福田平八郎

1953

基本情報

作品名
作家名
福田平八郎 作家詳細
制作年
1953
収蔵方法
購入
支持体
紙本
素材・技法
彩色
形状
作品サイズ
108.7×86.5

作品解説

雨というタイトルなのに描かれているのは瓦ばかり。しかしよく見るとそこに雨粒が点々と跡を残しています。瓦は、画家が画室の窓のすぐ下にいつも見ていたもの。「ある日、夕立が来るなと窓を開けてみると、もう大きな雨粒がぽつぽつと落ちはじめていた。雨粒は真夏の太陽に熱せられた瓦のうえで、大きな雨脚を残しては消え、残しては消えてゆく」という光景を、そのままに写した作品です。写実を、ほんのちょっとした操作で抽象に接近させる、そのような平八郎の得意技が、はっきりと示されています。

Page Top