展覧会

開催予定 企画展

ハニワと土偶の近代

会期

会場

東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー

古の地層から出土するハニワや土偶のイメージは日本中に浸透し、いまや押しも押されもせぬキャラクターと化しているといっていいでしょう。出土遺物は、美術に限らず、工芸、建築、写真、映画、演劇、文学、伝統芸能、思想、さらには教育番組にいたるまで、幅広い領域で文化現象を巻き起こしてきました。戦後、岡本太郎やイサム・ノグチによって、それまで考古学の資料として扱われていた出土遺物の美的な価値が「発見」されたというエピソードはもはや伝説化しています。なぜ、出土遺物は一時期に集中して注目を浴びたのか、その評価はいかに広まったのか、作家たちが「遺物」の掘り起こしに熱中したのはなぜか――本展は美術を中心に、文化史の舞台に躍り出た「出土モチーフ」の系譜を、明治時代から昭和戦後にかけて追いかけつつ、ハニワや土器、土偶に向けられた視線の変遷を探ります。

開催概要

会場

東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー

会期

2024年10月1日(火)~12月22日(日)

休館日

月曜日(ただし10月14日、11月4日は開館)、10月15日、11月5日

開館時間

10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-20:00)

  • 入館は閉館の30分前まで
観覧料

一般  1,800円(1,600円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 700円(500円)

  • ( )内は20名以上の団体料金、ならびに前売券料金(販売期間調整中)。いずれも消費税込。
  • 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
  • キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金でご鑑賞いただけます。
  • 本展の観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」(4-2F)もご覧いただけます。
チケット

詳細が決まり次第お知らせします

主催

東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション、毎日新聞社

協賛

JR東日本、光村印刷

アクセシビリティへの取り組み

どなたさまにもゆっくり作品を鑑賞いただけるよう心がけています。

  • 受付でのご案内はご用意があります 受付でのご案内
  • 車椅子、ベビーカーの貸し出しはご用意があります 車椅子、ベビーカーの貸し出し
  • 受付での筆談ボードはご用意があります 受付での筆談ボード
  • 会場内の写真撮影(一部の作品を除く)はご用意があります 会場内の写真撮影(一部の作品を除く)
  • 補助犬同伴可はご用意があります 補助犬同伴可
  • 手荷物用コインロッカーはご用意があります 手荷物用コインロッカー
  • お身体が不自由な方のための駐車場はご用意があります お身体が不自由な方のための駐車場
  • 館内に座って休める場所はご用意があります 館内に座って休める場所
  • 多目的トイレはご用意があります 多目的トイレ
  • 救護スペースはご用意があります 救護スペース
  • 授乳室はご用意があります 授乳室
Page Top