過去の展覧会

  • 2022.7.5 - 9.4
  • 所蔵作品展

こどもとおとなの自由研究 工芸の〇△□✕展

Independent Study for Kids & Adults: 〇△☐✕ for Crafting Crafts

展覧会について

四谷シモン《解剖学の少年》
1983年 東京国立近代美術館所蔵
撮影:斎城卓

作品リスト 参考図書リスト

○に△、□に✕。もっとも基本的な図形や記号として、日頃から見慣れ、使い慣れたイメージではないでしょうか。工芸を観察すると、ここでも実にさまざまな○や△、□や✕に出合います。たとえば曲輪造りの盛器。ガラスピッチャーのシャープな注ぎ口。サイズ、用途も豊富な箱。素材のしなやかさを頼みに、たわめ、ギリギリの力加減で組み合った状況が並ぶ籠目など、いずれも使い手と作り手双方が描く「こうしたい」と願うイメージを実現するために、それもより善く、さらなるカッコイイを目指した結果、浮かび上がった〇△□✕です。

工芸をめぐる数々の秘密を○△□✕のフレームを通して読み解くこと。それがこの夏、工芸館から皆さんに送るミッションです。子どもと大人がそれぞれのペースで、あるいは力をあわせて挑戦しませんか?お助けツールのほか、楽しく学べるプログラムを各種用意してお待ちいたしております。

特別陳列 北村武資

北村武資(1935-2022)は京都生まれの 染織家。西陣で得た高度な技術と現代的な感覚は、伝統の立場をとりながら も「織物の組織そのものが表現」とする造形思考によって新たな地平を切り開きました。1995年に「羅」、2000 年には「経錦」で重要無形文化財保持者に認定。国内外で高く評価される日本を代表する染織家の一人です。

北村作品の魅力は、既成の価値観に甘んずることなく、織の根源を探求しづけたことから生まれました 。「羅」も「経錦」も一度は衰微した技法ですが、北村の挑戦は古代織の再生にとど まらず、経糸の大胆な動きで文様と陰翳とを構築する「透文羅」、伝世品の 数倍も大きな文様を構築し経錦など、過去に類例のない織造形の可能性もって私たちの感嘆を誘いました。

2011‐12 年、京都国立近代美術館と東京国立近代美術館工芸館は「『 織 』を 極める人間国宝 北村武資」展を開催いたしました。今回の陳列では、回顧展の後も進み続け、さらなる展開への想いが止むことのなかった作家の意欲と造形思考に触れていただけましたら幸いです。

出品点数22 点

北村武資《藍地透文羅裂地》(部分)
1992年  東京国立近代美術館蔵
撮影:斎城卓

北村武資《渦流文経錦》(部分)
2021年 個人蔵
撮影:斎城卓

展覧会のポイント

●身近なかたちのフレーミングだから気軽にはじまる「あった」や「見つけた」。
 美術館ビギナーのちびっ子ちゃんから大人まで、リラックスできる鑑賞体験を。

●○△□✕に集約された工芸の歴史や物理化学的特性、そして作家の想い。
 学校の課題のヒント探しはもちろん、学びの楽しさを大人の方にも。

●紙とデジタルのセルフガイドで“自由研究”を深めよう。
 小学生以下には工芸館オリジナル「ジロメガネ」をプレゼント(先着1,000名)。

 

 

こうげいかんで楽しみっしょん

1、探す・見つける・見えてくる

まずは肩の力を抜いて作品を眺め、○△□✕を探しむこと。
そのうち○だと疑わなかったものに□みを感じたり、1つ2つどころか5つ6つ…というか無数!?と唖然としたり。発見の喜びが連れてくるひらめきとスリルを楽しみましょう。

 

2、味わう・感じる

次は○△□✕が発散するエネルギーを味わうこと。
○の循環、△のスピード、□の安定、✕の広がり…シンプルさの中に厳選・圧縮された力を皆さんの感性で解き放ちましょう。そしてなぜそのかたちが選ばれたのかを想像して。思いめぐらせた その先で、つくり手の眼差しと向かい合う瞬間があるかもしれません。

 

3、知って・驚く

ガイドツールで鑑賞チップ(ヒント)を集めること。
○△□✕は姿かたちだけでなく、構造の奥の奥にも潜んでいたりする。心の琴線に触れた美しさやカッコよさは案外そんなところから来ているのかも。実はとっても見えていたご自分の目の良さ勘の鋭さにも驚いてください。

 

開催概要

会場:
国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)
会期:
2022年7月5日(火)- 2022年9月4日(日)
開館時間:
9:30 - 17:30
※入館時間は閉館30分前まで
休館日:
月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
チケット:

会場では当日券を販売しています。
会場の混雑状況によって、当日券ご購入の列にお並びいただいたり、入場をお待ちいただく場合がありますので、オンラインでの事前のご予約・ご購入をお薦めいたします。

こちらから来館日時をご予約いただけます。
※お電話でのご予約はお受けしておりません。

※10名以上での来館をご希望の場合は、事前にお問い合わせください。(050-5541-8600/ハローダイヤル)

観覧料:
一般  300円(250円)
大学生 150円( 70円)
※( )内は20名以上の団体料金および割引料金
※いずれも消費税込
〇無料対象:高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポート・学パスをお持ちの方、友の会・賛助会員の方、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバーパートナーは本人のみ)、キャンパスメンバーズ、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)
〇割引対象:石川県立美術館・金沢21世紀美術館・石川県立歴史博物館・石川県立伝統産業工芸館(いしかわ生活工芸ミュージアム)・金沢市立中村記念美術館・金沢ふるさと偉人館の主催展覧会入場券半券、ならびにSAMURAIパスポート (一般のみ)、藤井フミヤ展 デジタルとアナログで創造する多様な想像新世界-The Diversity入場券半券・前売券(一般のみ、7/29-8/28に限る、会場:金沢21世紀美術館)を窓口で提示した方。
主催:
東京国立近代美術館
夜間開館:
2022年7月8日(金)-8月13日(土)の毎週金曜および
土曜は20:00まで開館 ※入館時間は閉館30分前まで

17:30以降の観覧料
一 般 150円
大学生 70円
※ほかの割引との併用不可
※いずれも消費税込
※無料対象は通常通り

プレスリリース >>


イベント

 こどもの○△□×
 ・ジロメガネ(紙製のぞきメガネ)キットとともにシール付きセルフガイドを配布。
  ジロメガネは作品と出あうきっかけづくりにぴったり。
  セルフガイドは解説を読んで学ぶだけでなく、シールを貼りながら子どもたち自身の発見を記録して
 いきます。先着1000名。

 おとなの○△□×
 ・ご自身のスマホやタブレットで、展示作品のみどころや歴史的背景、作者の想いなど をご紹介します。
 ・「特別陳列 北村武資」セルフガイド(リーフレット)も配布。
  作者の言葉を交えながら展示を楽しむヒントをお届けします。先着10000名。

工芸トークオンライン

工芸トークオンライン
工芸のことを知りたいけれど、専門用語がいっぱいでなんだか気後れしてしまう…そんな方はいらっしゃいませんか?でも本当に大切なのは、専門用語の奥にある作り手の想い、そしてそれを受け取るセンサーです。
工芸トークオンラインは、参加された皆さんが、ご自身の見る力と感じる心に気づいていただくための時間です。といっても、眉間にしわを寄せなくても大丈夫!工芸の豊かな質感や技術の粋を味わいながら、色・かたち、好き嫌いなど、短く簡単なフレーズからはじめましょう。ときには「ああ!」や「おや?」などの感動詞が、作品のエッセンスを呼び起こすかもしれません。
工芸のことを語れるとちょっとカッコイイです。私たちの内にある伝統と広い世界の共通言語がそこにはあります。ぜひお試しください。

日 時:7月27日(水)11:00開始(約40~50分)*申込は終了しました
    7月28日(木)15:00開始(約40~50分)申込は終了しました
    8月17日(水)14:00開始(約40~50分)申込は終了しました
    8月30日(火)14:00開始(約40~50分)
    8月31日(水)14:00開始(約40~50分)申込は終了しました
※参加人数に限りがありますので、上記日程から1つをお選びください
複数お申込みの場合は全日程とも自動的にキャンセルさせていただきます
※こどもトークは別のページからご予約ください
定 員:各回6名程度 (先着順/ご家族での参加は1アカウントにつき2名まで)
対 象:どなたでも
参加費:無料
開催方法:オンライン開催(Zoomミーティング使用)

◎詳細、ご予約はこちらPeatix(外部サイト)


\こども/工芸トークオンライン

こどもには工芸はむずかしそう?いえいえ、大丈夫!
質感豊かな工芸の美にまっすぐ突き進んでいくこどもたちの力に、毎回工芸館が驚かされるほどです。
高精細画像ならではの迫力を堪能しながら、のんびり楽しくおしゃべりしましょう。

日 時:7月30日(土)11:00開始(約30~40分)*申込は終了しました
    8月20日(土)14:00開始(約30~40分)

※参加人数に限りがありますので、当イベントへのお申込みは1アカウントにつき1回とさせていただきます
※おとなトークは別のページからご予約ください
定 員:各回6名程度 (先着順/ご家族での参加は1アカウントにつき2名まで)
対 象:5歳~小学生以下の子どもを含むご家族
参加費:無料
開催方法:zoom(ウェブ会議ツール)

◎詳細、ご予約はこちらPeatix(外部サイト)


「おとなの自由研究 工芸の〇△□×」トーク

詳細
「こどもとおとなの自由研究 工芸の〇△□×展」にあわせ、展覧会トークをオンラインにて開催いたします。おとなの方に工芸をより深く、楽しくご覧いただくための企画です。
8月は特別陳列・北村武資の作品をご紹介します。

・日時:7月30日(土)15:00~16:00※申込は終了しました
    8月12日(金)18:30~19:30

・開催方法:オンライン開催(Zoomミーティング使用)
・トーカー:今井陽子(国立工芸館主任研究員・本展企画者)
・定 員:40名(予約制・先着順)
 ※申込締切:8月11日(木)0:00
・参加費:無料

◎詳細、ご予約はこちらPeatix(外部サイト)

【オンライン】ピカ☆ボコワークショップ(事前申込制・抽選)

作品のなかの〇△□×を観察してから、ピカ☆ボコバッジに挑戦しましょう。つくって楽しい、つかって嬉しいこのワーク。カンタンなのに意外なほど素敵な仕上がりです。

日 時:8月26日(金)14:00~15:30
        9月3日 (土)14:00~15:30
定 員:各回6組※1家族3名まで(小さなお子さまのサポートのみの大人は人数外)
対 象:5歳~小学生を含むご家族
   ※事前にお送りするワークショップ材料を受け取り可能な方
    (8月19日頃に金沢より発送予定)
参加費:無料
開催方法:zoom(ウェブ会議ツール)
   ※申込締切:8月15日(月)

・当選者には8月16日(火)に国立工芸館よりメールをお送りいたします
・連絡事項へのメール返信をもってご参加確定といたします

◎詳細、ご予約はこちらPeatix(外部サイト)

関連事業

全国・いしかわの工芸講演会「工芸技術を支える人々」※終了しました

染織の専門家である東京文化財研究所の菊池理予氏をお招きし、専門家が感じる「ときめき」を工芸初心者の方々と共有するトークイベントです。

日 時:令和4年8月21日(日)14:00~15:00
会 場:国立工芸館
講 師:菊池理予氏(独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所 無形文化遺産部 主任研究員)
定 員:80名(会場参加40名、オンライン配信40名)※無料、要申込
主 催:兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会
問い合わせ先はこちら(外部サイト)

国立工芸館来館者10万人記念イベント開催

2020年に石川県金沢市に移転・開館した国立工芸館。
おかげさまで近日中に来館者が10万人に達成する予定です。
そこで、感謝の気持ちを込めて記念イベントを開催します。

期間:2022年7月5日(火)~9月4日(日)

①来館者プレゼントキャンペーン

予約来館者全員に応募券を配布し、記載のクイズに答えて応募すると正解者の中から抽選で5名に親子で楽しめる冊子をプレゼント!
期間:2022年7月5日(火)~9月4日(日)
対象:期間中にチケット予約サイトで日時指定予約の上、来館された方
プレゼント:「ボディ☆ブック」「ボディ☆ノート」2冊セット(東京国立近代美術館発行)

こちらから来館日時をご予約いただけます。
※お電話でのご予約はお受けしておりません。

②ショップキャンペーン

期間中ショップで1,000円(税込)以上お買い上げの方、先着500名に国立工芸館オリジナルミネラルウォーター1本(350㎖)をプレゼント
期間:10万人達成セレモニー翌日~9月4日(日)
※セレモニーの開催日は決定次第公式HPとSNSでお知らせします。

③SNSキャンペーン

期間中、キャンペーンの投稿をInstagramでフォロー&いいね!、もしくはTwitterでフォロー&RTした方の中から抽選で20組40名に次回展覧会「ジャンルレス工芸展」(会期:2022年9月16日(金)~12月4日(日))の招待券をプレゼント
期間:2022年7月5日(火)~9月4日(日)
応募方法:(1)国立工芸館のInstagram(@nationalcraftsmuseum)、またはTwitter(@ncm2020)アカウントをフォロー
(2)期間中に「#国立工芸館来館者10万人キャンペーン」のついた当館の投稿を、Instagramはいいね、TwitterはRT、で応募完了!
⇒ 期間終了後に、抽選を行い、当選者には国立工芸館公式アカウントよりダイレクトメッセージにてご連絡いたします。
*公開アカウントにてご投稿ください。
*一つのアカウントにつき複数の投稿をいいね、RTが可能ですが、当選は1回となります。

【参加条件・規約等】
・本企画へ応募の際は公開アカウントでご投稿ください。途中でアカウントを非公開・削除した場合は無効となりますので、ご注意ください。
・ご投稿の際のインターネット接続料および通信費はご自身のご負担になります。
・本企画の参加は、参加者自らの判断と責任において行うものとし、参加に際して何らかの損害が生じた場合、当館はその責任を一切負わないものとします。
・本企画はTwitter社、Instagram社が支援、承認、運営、関与するものではありません。

「特別陳列 北村武資」に寄せて 土屋順紀(染織家・重要無形文化財「紋紗」保持者)

 会場に入って思ったのはとてつもなくすごい。北村武資先生は作品発表の都度、何か挑戦があるんですね。日本伝統工芸展などで拝見するのは1会期に1点ずつです。こうして一堂に並んだところを前にすると、組織、糸遣い、そして効果と変化が明確となりました。同じものは全くないのです。すべてが挑戦で、そこに集約された考えの軌跡が見え、この展示で焦点を当てた2012年からの10年がこんなにも濃厚で凝縮された織の美だったのかと感動いたしました。
 1996年の重要無形文化財「羅」伝承者養成研修会で接した仕事場での北村先生は、織のシステムを知り尽くし、身体の動きもそこにぴったり連動し、一連の流れは北村マジックと呼びたくなるようでした。それが糸の質感であるとか、経糸と緯糸の重なりとか、生地のおもてに出るもの、裏に回る、あるいは陰に潜むものとあらゆることに目を行き届かせた結果、あの織物でなくてはできないデザインとなったのだと思います。

図1:北村武資《透文羅「田相文様」》 2020年 個人蔵

 2020年の《透文羅「田相文様」》(図1)は、今回印象に残った1点です。透文羅は70年代にファイバーアートに関心を持ったのが制作を始めたきっかけの1つとなったと書いていらっしゃいましたが、なるほどと、面白く読んだのを覚えています。以前の透文羅といえば単彩としての仕事で、動くような経糸が特徴的な織構造をご自身の表現とみなされていました。ふつうはそこで完成形です。ところが《田相文様》は経糸を黄、緯糸は青とはっきり色を変えてありました。新たな奥行が生まれ、実際の色数以上に、玉虫のようにいろんな色が見え始めてきます。不思議、と見る人に思わせますね。こうした試みや変化はバリエーションの範疇に収まらない。それでいて透文羅でなければできないことだとも思います。
 もともと私は先生の透文羅が好きで、実は経錦は透文羅ほどには惹かれていなかったのですが、今回あらためて経錦の魅力に開眼しました。《渦流文経錦》(2021年)は流水や巴文のような、元をたどれば古典に行き着くのでしょうが、今の時代の感性に基づいたデザインになっているんですね。第一、経錦は3色の経糸を1セットとして機にかけ、それが入れ替わりながら文様を織成していくなかで、あれだけの自然な曲線が描かれたというのは実に見事です。
 

図2:北村武資《経錦帯「春苑」》 2012年 東京国立近代美術館蔵

 経錦といえば2012年の《経錦帯「春苑」》(図2)は衝撃的な作品です。日本伝統工芸染織展会場で大いに驚き、そのすごさを前に、皆と一緒にもう笑うしかありませんでした。70センチ幅にあれだけの大輪の梅です。経糸の操作が難しいから経錦は小さな文様しか織れないという常識が一気に覆されましたからね。色遣いも大胆で、でも品格に満ちている。ある種の挑戦状だということは間違いありません。
 能ではよく「老木に花」といいますね。「花は散らで残りしなり」(世阿弥『風姿花伝』)。そこに理想的な価値が認められるとされます。ところが展示を見ていると、北村先生の場合はまだまだ燃えていて、これからどうなっていくのかと期待してしまうほどです。挑戦される姿を本当にもっと見ていたかったし、勉強したかった。しかし北村武資先生は今年の3月末に他界され、喪失感の大きさが会場で感じたもう1つのことでした。
 先生がよくおっしゃっていたのは、ご自分も古代の羅という織から奮起して進んできた。良い物を残しておきたい。そうすれば違う時代、違う国であっても誰かの光となるかもしれないのだと。私が最初に師事した志村ふくみ先生(重要無形文化財「紬織」保持者)に、「なぜ、ひとは/ガラス絵や、貝殻や、玉をみるように/織物をみようとしないのだろう」という詩があります。まさしくそのとおりだと思います。北村先生は70センチという広幅の裂地で制作を続けられましたが、それがただ掛かっている状態、それだけで十分すぎるほどに美しいのです。

 工芸には「用の美」という言葉がついて回りますが、切畑健先生(京都国立博物館名誉館員)は「真の鑑賞」、見るだけでいい、それもまた用の美であるとおっしゃいました。「誰が袖図屏風」にしろ、日本には本来そういう美的価値観があったはずなのです。北村作品の建築的立体的な構造の美に入り込めたなら、あるいはそうした境地が開かれるのかもしれません。

 

インタビュー・文責:今井陽子(国立工芸館主任研究員)