コレクション

クォ・ヴァディス

北脇昇

1949

基本情報

作品名
クォ・ヴァディス
作家名
北脇昇 作家詳細
制作年
1949
収蔵方法
寄贈
素材・技法
油彩
支持体
キャンバス
形状
作品サイズ
91.0×117.0

作品解説

道しるべの脇で立ち尽くす男。表情をうかがい知ることはできませんが、遠くを望んでいるように見えます。左と右のどちらへ行こうか、思い悩んでいるのでしょうか。タイトルの「クォ・ヴァディス(Quo vadis)」とは、「あなたはどこへ行くのか」という意味のラテン語です。この作品が、太平洋戦争の余波がなお色濃い時代に描かれた事実を考えれば、戦後の混乱の中で、自らの進路を決めかねている様子を、その後ろ姿から読み取ることができます。左前方に見える、赤旗を掲げた行列に加わるのか、それとも、右の方に待ち受ける嵐の中へ向かってゆくのか。男の行方は、見る者の想像にゆだねられていますが、道しるべのもとに咲く花が、彼が進もうとする方角を暗示しているようにも見えます。

Page Top