水のいろ、水のかたち展の検索結果

水のいろ、水のかたち展の検索結果

  • コレクション0
  • その他0

水のいろ、水のかたち展

展覧会について 本展は「水」をテーマに、工芸・デザイン作品に表現された水や、水をいれる器の形に注目して国立工芸館の所蔵品を中心にご紹介する展覧会です。 私たちの生活に欠かすことの出来ない「水」は、決まった形も色もありません。それでも水は古来より海や川を始め様々な形や色で描かれ、工芸作品においても多くの作家に着想を与え、様々な形や色、技で表現されてきました。例えば蒔絵で描かれた波紋や、急流を思わせる竹の編み方、多数の色糸で織り上げた水辺の景色…そのほかにも様々な形や色、技で表現されています。とらえどころのないものだからこそ、作家の観察眼によって個性が表れる水の表現をお楽しみください。 また人々は水甕や花瓶、水差しなど、形のない水をいれるために様々な器を作ってきました。そして今も多くの作家やデザイナーが水をいれる器に向き合い、日々新しい器が生まれています。本展では用途とその形にも改めて注目します。 展覧会の構成 展覧会のポイント 誰にとっても身近な「水」を題材にした作品や、水を入れるための器を展示。工芸作品を初めて鑑賞する方やお子さんとの鑑賞にもおすすめ! 出品作品の水に関するエピソードを掲載したリーフレットを来館者全員に配布予定。鑑賞にお役立ていただけます。 展示の構成 第1章 水のいろ、水のかたち 様々な形や色で水を表現した作品をご紹介。作家が水とどのように向き合い、どのように捉えて作品に昇華させたのか、エピソードもあわせてご覧いただけます。 第2章 水のうつわ 水をいれる器をご紹介。水差しやグラス、文房具の水滴、そして茶の湯における水の器、水指にも注目します。同じ用途をもった器であっても意匠やデザインは様々です。 第3章 水とともに 作品タイトルから水を連想したり、船や魚、貝といったモチーフから水を連想できる作品をご紹介。鑑賞者それぞれの「水のいろ、水のかたち」を想像しながらご覧ください。 開催概要 国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2) 2023年7月7日(金)- 9月24日(日) 月曜日(ただし7月17日、9月18日は開館)、 7月18日(火)、9月19日(火) 午前9時30分-午後5時30分 ※入館時間は閉館30分前まで 7月14日(金)~8月12日(土)の金曜土曜は 午前9時30分~午後8時 ※入館時間は閉館の30分前まで 観覧料 国立工芸館

「水のいろ、水のかたち展」こどもセルフガイドの作り方

国立工芸館では、夏季開催の展覧会にあわせて、子ども向けセルフガイドを作成しています。移転前の東京国立近代美術館工芸館時代から数えて、工芸館のオリジナルこどもセルフガイドは、今夏の「水のいろ、水のかたち展」で21種目となりました。 当館のこどもセルフガイドの大半は折本で、次に多いのはカード形式です。無償配布なので予算の都合…というのもありますが、完全に綴じた冊子体とは異なる構造も、鑑賞を促す仕掛けのひとつとなります。まず紙をどう折るか。作品図版との出合いのリズムやタイミングを計ります。全部伸ばし切ったときのサイズ感。子どもがタテに持っても引きずりにくく、ヨコに広げて一覧する視線の動きも想定します。そしてオモテとウラとの関係性。石川移転後の工芸館は、会場が1階(展示室1)と2階(展示室2・3)とに分かれたので、今回はフロアを表裏に分けてレイアウトしました。畳んだときの外側には1階の作品2点。表紙と奥付要素は作品数が少ないこちらの面にまとめ、「2階へつづく」矢印で、鑑賞者の館内でのアクションと連動させます[図1上]。紙を返した中面には、階段を上がり、2部屋に分かれた展示品をずらりと並べました。着物は会期半ばで展示替するので、延べ5点を掲載[図1下]。図版サイズを小さくしたくなるところですが、写真に切り取った視覚情報を目の前の展示品と比較し、発見を促すためにどんとアップで迫った印象とするのが工芸館風。文字は図版に沿わせて、視界に収めやすい2ページ(2折)単位で基本レイアウトを考えます。文字を読むときには写真がチラ、写真を眺めるときにも見出しがスッと忍んで来る、そんな風にしたいのです。 ここまで、セルフガイドの枠組み——形式やサイズと作品の割付などの話にずいぶん文字数を費やしてしまいました。とはいえ実際の制作でも、私たちにとってはここが一番の思案のしどころです。掲載作品の選定はこの時点までに、印刷物の設計と同時に進めています。展覧会のテーマをより効果的に伝えるために、印刷物のなかでもうひとつの展示空間を開く感覚です。ここまできたら、あとは必要な作業に集中するだけです。作品を通して伝えたい事柄を一旦写真に抽出し、そこにキャプションを添えていきます。 青い大きな文字は平仮名だったら読める小さなお子さん用。「読める」というのは文字を覚えた子どもたちにとっては誇りであり、新たな文字群は挑戦状です。まだ黙読は難しいと思いますので、会場ではぜひ声に出して読み、自らの声が耳に届き、頭蓋をそっと震えさせる体験とともに作品を味わいましょう。ただし「優しい声」で。どんな声が「優しい声」なのかは、案外子どもたち自身が工夫を凝らしてくれます。 さて、青い文字で書いたのは、作品を見るうえで提案したいキーワードです。まずは「ざぶーん」「うるうる」のような五感を起点とするオノマトペのグループ。「みぎへ ひだりへ」「つかってみたい」「ごーじゃす!」などの語句には、子どもたちの日常や経験を作品へのアプローチに重ねました。反対に「どとう(怒濤)」と「あぼし(網干)」は難解です。前者は荒々しい大波を指し、後者は漁網を干す情景から生まれた日本の伝統文様の名前ですが、きっと大人でもすぐに説明できなかったり、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。タイトルや主題であっても触れずにおくのが一般的かもしれません。が、子どもたちと一緒に鑑賞していると、こうした難しい言葉は「大人っぽく」て「カッコイイ」らしく、呪文のように嬉しそうに唱える子も多いのです。まずは未知の語感を楽しみ、そこに含まれる日本の美的感性に瞬時触れる機会となればと思います。 青い文字の下、少し小さな文字で書いたテキストは大きなお子さん用です。キーワードに収れんさせた造形の力やそれを支える素材・技法をほんの少しずつ紹介しました。うっかりするとレシピブックのようになりがちな工芸の解説ですが、このセルフガイドでは、展覧会の趣旨に従い、「水」という普遍的な主題との距離感に焦点を置きました。 配布対象は「小学生以下」で、未就学児にも(ベビーにも!)お渡ししています。発達段階や個人差で受け止められる範囲や質は異なりますが、それも今年の夏だけの輝きです。一緒にお渡しする「ジロメガネ」(紙製の単眼鏡)とあわせ、ご家族のコミュニケーションツールとしてご活用いただけたらと願っております。 図1 「水のいろ、水のかたち展」こどもセルフガイド    外面(上)、中面(下)|六折・B6サイズ(折畳み時) 図2 「水のいろ、水のかたち展」 配布物一式|左は大人用リーフレット (『現代の眼』638号)

「水のいろ、水のかたち」の豊富なバリエーション

国立工芸館で開催したばかりの「水のいろ、水のかたち展」を拝見した。私事で恐縮ながら、工芸館の金沢移転は、ガラス芸術を専門とする私にとって、大変ショッキングな出来事だった。東京北の丸公園にあった工芸館は、展示品の鑑賞はもちろんのこと、学芸員の方々にさまざまにご教示いただいたり、作品をお借りしたり、最も回数を重ねて通った美術館のひとつであった。展示品の魅力もさることながら、旧近衛師団司令部庁舎(重要文化財)の建物の醸し出す風情が、たまらなく好きだった。すぐ側を首都高速道路が走る都会の只中にあって、ひとたび敷地内に入るとタイムスリップしたかのような、そんなノスタルジーを感じさせる存在であった。移転が話題になった頃、なんとも複雑な想いであったが、まさか自分が同館と同じく2020年に隣県富山に移住するとは…、一方的に不思議なご縁を感じていることを、この場を借りてお伝えさせていただきたい。 さて、「水」にまつわる展覧会と聞いて、どんな展示なのか想いを巡らしながら金沢に向かった。人々の生活に必要不可欠な水は、なおさら海に囲まれた島国・日本において非常に馴染み深く、草花と並んで、漆工や陶芸、染織品等、工芸品を飾るさまざまな文様になっている。流水文、波涛(はとう)文、漣(さざなみ)文、穏やかに連なる波が未来永劫続く平穏への想いと重ね合わされた青海波(せいがいは)文、波に鳥を併せた浜千鳥(はまちどり)文は、共に荒波を乗り越えていくという意味から家庭円満の吉祥文となった。また夏のひととき、暑さを和らげる夕立は着物の柄となり、涼をもたらす藍色は水を想起させ、ガラスの酒器に最も取り入れられた色である。しかし、第一章の「水のいろ、水のかたち」で紹介される作品群は、そんな伝統文様を纏った器や通念としての水の色をした作品ではなく、各作家が思い描く変幻自在な水の姿であった。まず惹きつけられたのは、生野祥雲斎の《竹華器 怒濤》[図1]であった。編む竹の幅を微妙に変えて大海原の荒波のうねりを大胆に表した作品は、轟音が聴こえてきそうなリズム感溢れる造形である。生野の作品が「動」であれば、同じ竹工芸で対照的に「静」として映ったのは、勝城蒼鳳の《波千鳥編盛籃 溪流》であった。故郷である栃木を流れる那珂川の水面が、石に砕け千変万化に移ろう姿を表したという平盆は、作者が考案した波千鳥編によって、起伏に強弱をつけながら揺らぐ川面を思わせる。波千鳥編とはよく言ったもので、せせらぎを鳥が啄む姿が見えるようである。また、松崎森平の漆器《螺鈿棗 海平らけし》には情緒が溢れていた。アトリエ近くの観音崎の海から発想を得たという棗には、日の光を受けて煌めく漣が、象嵌された螺鈿片の連なりによって繊細に表されている。「平らけし」とは平穏という意味だそうで、作家は観音崎公園の太平洋戦争の慰霊碑にある上皇陛下の詠まれた歌の「海平らけし」の言葉に感銘を受けたという。 さて、第二章「水のうつわ」では、さまざまな場面で使われる水の容器が展示されていた。日常の飲器として、淡島雅吉の愛嬌のあるコップ類《しづくグラスと氷入れ》がトップを飾り、ガレのデカンタ、ドームの水差し他、各国の容器が立ち並ぶ。クリストファー・ドレッサーと言えば機能主義とばかり思っていたもので、民藝調の陶製《水差し ラクダの背》の藍と緑が溶け合う色合いと曲線によるプロポーションが新鮮に映った。水を入れると言えば花器や茶器も含まれるが、その種類も素材もバリエーション豊かで見応えがある。重要文化財《伊賀塁座水指 銘 破袋》の、縁から腰へと分厚い釉薬が弾け飛び、大胆な亀裂の入った高台による堂々たる佇まいは、歴史を重ねた器こそが纏う風格すら感じられた。 最後となる第三章は、「水とともに」。直接水の表現ではないものの、何らかの「水」を想起させる器や染織、人形等が紹介される。中島直美の《Nature’s Talk 2005 –grenouille–》[図2]は、絹にシルクスクリーンで印刷された薄手の蛙の大群が、ぬめぬめとした水分を帯びながら侵食してくるようで、独特な不気味さを帯びている。一方で石井康治の清々しい青色の《礁》は澄んだ海を、岩田藤七の《貝》は夏の海の思い出を想起させるだろう。山田貢の《麻地友禅着物 朝凪》は、伝統文様である網干文が重なり合い、夏の早朝の穏やかな海辺の一コマを観る者に思い起させるだろう。「水」と言ってここまで多種多様な工芸品を紹介できるのは、世界各国、近現代のあらゆる工芸の秀作を網羅した工芸館のコレクションの厚みがあってこそと痛感した。 図1 生野祥雲斎《竹華器 怒濤》1956年 国立工芸館蔵撮影:米田太三郎 ©1984 図2 中島直美《Nature’s Talk 2005 –grenouille–》2005年 国立工芸館蔵撮影:石川幸史  (『現代の眼』638号)

【ワークショップ】ファミリープログラム☆水のいろとかたちでスプラッシュ!

水のいろとかたちでスプラッシュ! 「水のいろ、水のかたち展」にちなみ、水のパワーがほとばしるメッセージカード作りに挑戦します。 9月2日(土)10:30~12:00 5歳~小学6年生のお子さんとその保護者※お子さんだけ、または大人だけのお申し込みはできません 24名(先着順/1家族につき5名分のチケット申込み可) 国立工芸館 2階多目的室 無料。ただし入館に際し「水のいろ、水のかたち展」観覧料が必要です。一般 300円 大学生 150円※高校生以下および18歳未満、65歳以上は観覧料も無料※その他の割引詳細は関連する展覧会「水のいろ、水のかたち展」からご確認ください。 ①10:15~10:30に国立工芸館に集合②「水のいろ、水のかたち展」を鑑賞し、カードデザインのヒントを集める③イベントルームへ移動してスプラッシュカードを作ります 主催・お問い合わせ 国立工芸館 教育普及室メール:kogei-edu2023@momat.go.jp

【工芸トークオンライン】2023年9月

工芸トークオンラインは高精細画像を見ながら対話を通して鑑賞を深めるプログラムです。「水のいろ、水のかたち展」の出品作の中から1点を参加者の皆さんとじっくり味わいます。 プログラム概要 9月23日(土)14:009月27日(水)10:309月28日(木)10:309月29日(金)10:30 無料 各回6名程度 zoomミーティング

【\こども/工芸トークオンライン】2023年8月

※満席となりました 工芸トークオンラインは高精細画像を見ながら対話を通して鑑賞を深めるプログラムです。こどもには工芸はむずかしそう?いえいえ、大丈夫!高精細画像ならではの迫力を堪能しながら、のんびり楽しくおしゃべりしましょう。「水のいろ、水のかたち展」の出品作の中から1点を参加者の皆さんとじっくり味わいます。 プログラム概要 8月20日(日)11:00(約30~40分) 無料 6名程度 5歳~小学生以下の子どもを含むご家族 zoomミーティング

【工芸トークオンライン】2023年8月

工芸トークオンラインは高精細画像を見ながら対話を通して鑑賞を深めるプログラムです。「水のいろ、水のかたち展」の出品作の中から1点を参加者の皆さんとじっくり味わいます。 プログラム概要 8月24日(木)11:008月28日(月)14:008月30日(水)11:00 無料 各回6名程度 zoomミーティング

先生のための工芸館タイム

小・中・高等・特別支援学校の先生方を「水のいろ、水のかたち展」にご招待します。工芸を題材とする鑑賞授業のイメージづくりに、学外研修にご活用ください。図画工作・美術専科以外の先生も大歓迎です。 実施期間 7月21日(金)~9月24日(日) 当日の入館について 小・中・高等・特別支援学校の教員であることが確認できる身分証(職員証、保険証、名札など)を受付にご提示ください。受付にて、学校名、氏名の記入をお願いいたします。ご提供いただいた個人情報は、本プログラムの実施状況確認以外には使用いたしません。ご協力をお願いいたします。

【こどもファスト・トラック】

妊婦の方・小学生以下のお子様連れの保護者の方を対象に、優先入館をご案内します。入口の係員にお声がけください。 日時:2023年8月13日(日) 対象展覧会:水のいろ、水のかたち展

No image

夜間開館と特別割引料金のお知らせ

国立工芸館は、2023年7月14日(金)~8月12日(土)毎週金曜日および土曜日の10日間、開館時間を20時まで延長いたします。※入館は閉館30分前まで。 なお、夜間開館実施日の17:30以降は開催中の「水のいろ、水のかたち展」を特別割引料金でご観覧いただけます。 「水のいろ、水のかたち展」観覧料一般大学生9:30~17:30に入館の場合300円150円17:30~19:30に入館の場合150円70円 また、夜間開館期間中に下記イベントを開催します。詳細はリンク先をご覧ください。

Page Top