展覧会

開催予定 企画展

心象工芸展

会期

会場

国立工芸館

展覧会について

絵画や彫刻作品は、描かれているモチーフや色合い、その制作された背景、または制作した画家や彫刻家の歴史を知ることでより深い感動や共感を覚え、楽しめるにもかかわらず、工芸作品は見どころや見方がわからないという声を耳にすることがあります。確かに工芸は素材に対する深い理解とそれに伴う技術で表現されているので「何が表現されているのか」といったことよりも「どのようにこの作品が制作されているのか」といった点に注目が集まりがちかもしれません。しかし実際には多くの工芸家が自身の心象や社会とのかかわりといったモチーフにも重点を置いて制作しています。

本展では、現代の表現を提示する6名の作家の作品を展示します。刺繍の沖潤子は生命の痕跡を刻み込む作業として布に針目を重ねた作品を、ガラスの佐々木類は土地と自然の記憶を留める作品を、金工の髙橋賢悟は現代における「死生観」と「再生」をテーマにした作品を制作しています。また金工の人間国宝である中川衛は伝統工芸の世界で各国の風景を抽象模様化した作品を、漆芸の中田真裕は心奪われた一瞬の光景を共有するための作品を、陶芸の松永圭太は自身の原風景と時間を留める地層を重ねモチーフにして作品を制作しています。
この機会に、工芸家それぞれの技術だけでなく今を生きる作家としての彼らの心の表現をご覧ください。

沖潤子 《水蜜桃》
2020年 個人蔵
撮影:木奥惠三

展覧会の構成

展覧会のポイント

心に寄り添いながら、 工芸の見方を再発見

素材と技術から工芸を読み解くだけではなく、作家の個人的な創作背景や感情に注目することで没入感のある新しい鑑賞体験を生み出します。

佐々木類《植物の記憶/うつろい(如月)》
2024年 作家蔵
撮影:野村知也
松永圭太 《蛻》
2024年 作家蔵
撮影:野村知也

世界でも評価される日本工芸の最前線を知る

工芸や現代美術の領域で国際的に活躍する6名の作家が集います。作家たちの代表作や最新作に込められた、柔軟な発想と伝統への敬意を感じ取ることができるでしょう。

中川衛 《象嵌朧銀花器「荒磯波」》
2023年 作家蔵
撮影:野村知也
中田真裕 《Spotlight》
2022年 個人蔵
撮影:野村知也

幅広い分野の作品展示と大胆な会場空間を実現!

刺繍、漆芸、陶芸、ガラス、金工と幅広い分野の作品が本展で展示されます。その特色を活かし、展示空間を作家ごとのイメージで統一するなど深みのある会場を作り上げます。

髙橋賢悟 《還る》
2024年 個人蔵
撮影:野村知也

開催概要

会場

国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)

会期

2024年9月6日(金)- 12月1日(日)

休館日

月曜日(ただし9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、24日、10月15日、11月5日

開館時間

午前9時30分-午後5時30分
※入館時間は閉館30分前まで

主催

国立工芸館

観覧料

個人 団体(20名以上)
一般 1,000 900
大学生 800 700
高校生 500 400

個人

一般

1,000

大学生

800

高校生

500

団体(20名以上)

一般

900

大学生

700

高校生

400

*()内は20名以上の団体料金・割引料金。いずれも消費税込。
*中学生以下、 MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバーパートナーは本人のみ)、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。
*キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金でご鑑賞いただけます。
*いしかわ文化の日 (10/20)は団体料金・割引料金。
*文化の日(11/3)は無料。

Page Top