現代の眼 オンライン版

『現代の眼』は、1954年の創刊以来、東京国立近代美術館、国立工芸館で開催される展覧会の特集記事や所蔵作品の解説、作家によるエッセイなどを載せた美術館ニュースです。1954年の創刊以来634号まで刊行してまいりました。
当初はモノクロ8ページの月刊でスタートしましたが、1996年4月より部分カラー16ページの隔月刊へと以降。2013年の600号の節目を機に、オールカラー化しレイアウトを一新しました。その後2017年4月より季刊化。そして2020年より、より多くの方にご覧いただけるよう電子ジャーナルとして生まれ変わりました。
ウェブサイト上の記事をまとめ、年1回のペースで PDF 版も発行しています。
最新号(637号)はこちら
電子ジャーナル『現代の眼』637号(2022年度)
読む
工芸館石川移転開館記念特集 現代の眼 オンライン版

国立工芸館の建築と松田権六の仕事場の移築・再生

森田守

読む
工芸館石川移転開館記念特集 現代の眼 オンライン版

国立工芸館における作家アトリエの再現展示「松田権六の仕事場」

北村仁美

Page Top