現代の眼

『現代の眼』について

東京国立近代美術館、東京国立近代美術館工芸館で開催される展覧会の特集記事や所蔵作品の解説、作家によるエッセイや、美術館の教育普及活動などを載せた美術館ニュース『現代の眼』は、1954年の創刊以来634号まで刊行してまいりました。当初はモノクロ8ページの月刊でスタートしましたが、1996年4月より部分カラー16ページの隔月刊へと移行。2013年の600号の節目を機に、オールカラー化しレイアウトを一新しました。その後2017年4月より季刊化。そして2020年より、より多くの方にご覧いただけるよう電子ジャーナルとして生まれ変わりました。
ウェブサイト上で展開した1年度分の記事をまとめ、年1回のペースで発行していきます。当該年度の活動をまとめたアーカイブとして読んでいただけるよう、展覧会の会場風景なども豊富に交えて電子ジャーナル版『現代の眼』としてお届けします。
600号(2013年6-7月号)より、記事のPDFを公開しています。(リポジトリへ)

最新号(636号)のご案内

電子ジャーナル『現代の眼』636号(2021年度)【PDF】

※PC環境によっては文字が正しく表示されない場合があります。
パソコンにダウンロードの上、お読みいただくことをお勧めします。

 

美術館

コレクション展レビュー

版表現で見せる現代美術の動向/滝沢恭司[町田市立国際版画美術館学芸員]
幻視するレンズ─川田喜久治とウジェーヌ・アジェ/伊藤貴弘[東京都写真美術館学芸員]
新しい素材/冨井大裕[美術家/武蔵野美術大学准教授]
協働とクラック/木下知威[手話マップ]

新しいコレクション

出来事を興す 加藤翼インタビュー/加藤翼《The Lighthouses—11 .3 PROJECT》/聞き手・構成:成相肇[美術課主任研究員]
畠山直哉《「Untitled (tsunami trees)」より 2019年10月6日岩手県陸前高田市》/増田玲[美術課主任研究員]
冨井大裕《board band board #2》/三輪健仁[美術課主任研究員]
野口彌太郎《巴里祭》/大谷省吾[美術課長]
舟越桂《森へ行く日》/成相肇[美術課主任研究員]

企画展レビュー

あやしい絵展の二つの衝撃/松嶋雅人[東京国立博物館学芸研究部調査研究課長]
「あやしい絵展」をのぞく時/トミヤマユキコ×清田隆之【対談】
ネコロジカル・シティ/石川初[慶應義塾大学環境情報学部教授]
「ゆるさ」を徹底する/市川紘司[東北大学大学院工学研究科助教]
「もの」と「こと」のバランス/山崎亮[コミュニティデザイナー]
投げかけられた「問い」のその先へ─民藝再考の契機として/加藤幸治[武蔵野美術大学教授/民俗学]

アートライブラリ

資料紹介#1│難波田龍起関係資料/石川明子[企画課研究補佐員]
研究員の本棚#1 │写真室の仕事/年表で見る写真関係資料 増田玲[美術課主任研究員]/聞き手・構成:長名大地[企画課研究員]
研究員の本棚#2 │絵画をめぐる、知覚と言葉の本 中林和雄[美術館副館長]/聞き手・構成:長名大地[企画課研究員]
カタログトーク#1│座談会「民藝の100年」展 黒川典是[編集]、木村稔将[デザイナー]、花井久穂[企画課主任研究員]、鈴木勝雄[企画課長]/聞き手・構成:長名大地[企画課研究員]

教育普及

「MOMATコレクションこどもセルフガイド」のデジタル化 継続性を意識した鑑賞教材のデザイン─大岡寛典氏に聞く/聞き手・構成:細谷美宇[企画課特定研究員]
自宅からの美術館デビュー─活動報告おやこでトークONLINE/細谷美宇[企画課特定研究員]
コロナ禍の教育普及活動(3)─ ICTを活用したスクールプログラムの多様化と定着/浜岡聖[企画課研究補佐員]

 

工芸館

展覧会レビュー

「近代工芸と茶の湯のうつわ」展によせて/新里明士[陶磁器作家]
「たんけん!こども工芸館ジャングル⇔パラダイス」 金沢移転後初の「こども工芸館」に寄せて/冨田康子[横須賀美術館学芸員]
「《十二の鷹》と明治の工芸」展述懐/黒川廣子[東京藝術大学大学美術館長・教授]
めぐるアール・ヌーヴォー/並木誠士[京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長]

新しいコレクション

荒川豊蔵《志野茶垸 銘 不動》/唐澤昌宏[工芸館長]
鈴木治《馬》/中尾優衣[工芸課主任研究員]

教育普及

たんけん!こども工芸観:Crafts Museum for Kids & Adults/今井陽子[工芸課主任研究員]

 

ファンドレイジング

MOMAT支援サークル 設立から6年を経て─現状と今後について/境雅実[独立行政法人国立美術館ファンドレイジング担当]

635号(2020年度)

電子ジャーナル『現代の眼』635号(2020年度)【PDF】

※PC環境によっては文字が正しく表示されない場合があります。
パソコンにダウンロードの上、お読みいただくことをお勧めします。

 

本館

展覧会レビュー(美術館 ギャラリー4)

宇宙を視るためのレンズ─北脇昇のオブジェに寄せて/副田一穂[愛知県美術館学芸員]
男性彫刻、それともオス彫刻?/木下直之[静岡県立美術館館長/神奈川大学特任教授]

新しいコレクション

浅見貴子《梅に楓図》/都築千重子[美術課主任研究員]
杉戸洋《the secret tower》/保坂健二朗[美術課主任研究員]
吉田克朗《触“体—47”》/古舘遼 美術課研究員
速水御舟《寒牡丹写生図巻》/鶴見香織[美術課主任研究員]

岡﨑乾二郎│TOPICA PICTUS たけばし 特集

TOPICA PICTUS:私的断章/永田晶子[美術ジャーナリスト]
作品はどこにあるのか。どこからどこまでが作品なのか。そもそも作品とは何なのか。/小野正嗣[作家]
岡﨑乾二郎と「具象」/上﨑千[芸術学]

ピーター・ドイグ展特集

没入する眼差し、再訪する絵画─「ピーター・ドイグ」展を見て/吉村真[美術史研究者]
開かれた絵画空間/横山由季子[金沢21世紀美術館学芸員]
絵画の理由─ピーター・ドイグ展に寄せて/天野知香[お茶の水女子大学教授]
画面の手前で/松浦寿夫[画家/批評家]
錯綜と連想─ピクチャレスクから見たドイグ/近藤亮介[美術批評家/東京大学助教]
レンズの秩序と絵具の論理のはざまで/松下哲也[近現代美術史家]
東独具象絵画とドイグ/大浦周[埼玉県立近代美術館学芸員]
内なるスタジオ/梅津庸一[美術家]
「裏」からピーター・ドイグの絵画を見ること/田口かおり[修復士/東海大学情報技術センター特任講師]
画家ピーター・ドイグをめぐるエセー(企て)/椹木野衣[美術批評]

展覧会レビュー(美術館 企画展ギャラリー)

絵画のまどろみ、あるいは理性への抵抗/東海林洋[ポーラ美術館学芸員]
「眠り展」から捉える睡眠文化/鍛治恵[NPO法人睡眠文化研究会事務局長]

教育普及

コロナ禍の教育普及活動(1)─代替プログラムでの新たな試み/細谷美宇[企画課特定研究員]
コロナ禍の教育普及活動(2)─ ICTを活用したスクールプログラムの新展開/一條彰子[企画課主任研究員]

 

工芸館

工芸館石川移転開館記念特集

新しい国立工芸館/唐澤昌宏[工芸館長]
国立工芸館と私/島敦彦[金沢21世紀美術館館長]
「これからの工芸館」をイメージできる顔/原田祐馬[UMA / design farm 代表]
国立工芸館の建築と松田権六の仕事場の移築・再生/森田守[株式会社金沢伝統建築設計 代表取締役]
国立工芸館における作家アトリエの再現展示「松田権六の仕事場」/北村仁美[工芸課主任研究員]

新しいコレクション

金子潤《Untitled (13-09-04)》/唐澤昌宏[工芸館長]

教育普及

「工芸とであう」鑑賞システムの試み/今井陽子[工芸課主任研究員]

展覧会レビュー

「移動」のプロジェクトのはじまり─国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ「工の芸術─素材・わざ・風土」/山崎剛[金沢美術工芸大学 学長]
工と芸との間に─国立工芸館の立つ丘で/森仁史[山鬼文庫代表]
デザインと工芸と快適な暮らし/岩井美恵子[パナソニック汐留美術館学芸員]
「うちにこんなのあったら展」を観たら。/須藤玲子[テキスタイルデザイナー]

ファンドレイジング

国立美術館のクラウドファンディング第2弾プロジェクト 国立工芸館 石川移転開館記念事業 12人の工芸・美術作家による新作制作プロジェクトについて/境雅実[独立行政法人国立美術館ファンドレイジング担当]

 

 

過去の号(~634号)の購入方法

 

価格:360円(税込)

美術館のミュージアムショップで販売しています。

送付ご希望の方は、お名前、ご送付先、ご連絡先をお書き添えの上、
500円(送料込み)を切手にて下記宛先までお送りください。

宛先:
〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
東京国立近代美術館内 近代美術協会

*複数部数の購入をご希望の場合やバックナンバーに関するお問い合わせ先
 TEL: 03-3214-2570
【ショップ対応時間:定休日(月曜日等)を除く10:00-17:00(金・土曜日は20:00まで)】

 

 

過去の目次・特集

 

創刊号(1954年12月号)~594号(2012年6-7月)の一覧です。