現代の眼

『現代の眼』は、東京国立近代美術館、東京国立近代美術館工芸館で開催される展覧会の特集記事や所蔵作品の解説、作家によるエッセイなどを載せた美術館ニュースです。1954年の創刊以来634号まで刊行してまいりました。

当初はモノクロ8ページの月刊でスタートしましたが、1996年4月より部分カラー16ページの隔月刊へと移行。2013年の600号の節目を機に、オールカラー化しレイアウトを一新しました。その後2017年4月より季刊化。そして2020年から記事ごとにweb化し、より多くの方にご覧いただけるよう電子ジャーナルとして生まれ変わりました。635号より年度毎に記事をまとめたPDF版(年刊)を発行しています。

600号(2013年6-7月号)より、記事のPDFを公開しています。
東京国立近代美術館リポジトリ
ウェブサイト上の記事をまとめ、年1回のペースで PDF 版も発行しています。
最新号はこちら
電子ジャーナル『現代の眼』638号(2023年度)【PDF】
読む
現代の眼 新しいコレクション

冨井大裕《board band board #2》2014年

三輪健仁

読む
現代の眼 展覧会レビュー

新しい素材

冨井大裕

読む
現代の眼 アートライブラリ

連載企画 「研究員の本棚#1|写真室の仕事/年表で見る写真関係資料」

読む
現代の眼 展覧会レビュー

「あやしい絵展」をのぞく時

トミヤマユキコ×清田隆之

読む
現代の眼 展覧会レビュー

幻視するレンズ─川田喜久治とウジェーヌ・アジェ

伊藤貴弘

読む
現代の眼 展覧会レビュー

版表現で見せる現代美術の動向

滝沢恭司

読む
現代の眼 新しいコレクション

畠山直哉《「Untitled (tsunami trees)」より 2019年10月6日 岩手県陸前高田市》(2019年)

増田玲

読む
現代の眼 展覧会レビュー

あやしい絵展の二つの衝撃

松嶋雅人

読む
現代の眼 教育普及

コロナ禍の教育普及活動(2)――ICTを活用したスクールプログラムの新展開

一條彰子

読む
現代の眼 教育普及

コロナ禍の教育普及活動(1)――代替プログラムでの新たな試み

細谷美宇

読む
現代の眼 展覧会レビュー

作品はどこにあるのか。どこからどこまでが作品なのか。そもそも作品とは何なのか。

小野正嗣

読む
現代の眼 展覧会レビュー

岡﨑乾二郎と「具象」

上﨑千

Page Top